ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Wabash and Erie Canal - Wikipedia

現在は運河は残っていないのですが、運河上の点で座標がわかるものがあるので、 簡単な地図を作ってみました。

ウォバッシュ・エリー運河の地図
ウォバッシュ・エリー運河
(Wabash and Erie Canal)

ウォバッシュ・エリー運河は輸送用の運河で、 五大湖とオハイオ川を人工水路を経由して接続した。 運河は交易商人に五大湖からはるばるメキシコ湾に至るまでの接続を提供した。 この運河は 460 マイル以上もの長さがあり、 北米で建設された運河の中では最長であった。

1850 年代にもまたその後にも、 ウォバッシュ・エリー運河と呼ばれた運河は、 実際の所、 4 つの運河の組み合わせであった: オハイオ州トリードの近くのモーミー川からオハイオ州ジャンクションまではマイアミ・エリー運河、 ジャンクションからインディアナ州テレ・ホート (Terre Haute) までは元々のウォバッシュ・エリー運河、 インディアナ州テレ・ホートからインディアナ州ワーシントン (Worthington) (ポイント・コマース (Point Commerce))まではクロス・カット運河、 そしてワーシントンからインディアナ州エバンズビルまでは中央運河であった。


運河の復元された区間
インディアナ州デルフィー
  1. 建設
  2. 操業
  3. ルート
  4. 旅行
建設

米国議会は運河建設のために 1827 年 3 月 2 日に土地を授与した。 インディアナ議会の総会で 1828 年 1 月 5 日に、授与を受け取り、3 人の委員を任命した。 これらの委員は運河はオハイオ州まで拡張すべきであると結論し、 彼らが選んだ委員会を任命するように州に嘆願した。 州議会はこの計画を認め、新しい委員が任命された。 鉄道推進派による議会での戦いの後で、 インディアナ州議会の総会は建設を始めるために $200,000 を借りることを承認した。 1832 年 2 月に起工式が開催され、建設が始まった。 運河の建設は 1837 年までにローガンズポート (Logansport) まで到達した。 1837 年恐慌はインディアナ州の内部改良計画を荒廃させたが、 建設を完全に止めることにはならなかった。 運河は 1843 年にラファイエット (Lafayette) に到達し、 1848 年にテレ・ホートに到達し、 1853 年にはエバンズビルに到達した。 1991 年の夏に、 インターステート 469 の建設中に、インディアナ州ニュー・ヘブン (New Haven) で グローナウアー水門 (Gronauer Lock) が発見された。 これは発見された唯一つの無傷な木製の水門である。 グローナウアー水門の一部分は今ではインディアナ州立博物館に展示してある。


運河のデザイン

運河の高い部分は保守費用も高いことが判明し、 この修繕は、そのうち運河会社を崩壊させたものである。 最悪の犯人は普通の マスクラットで、このあたりにいっぱいいた。 マスクラットは運河の壁の側面に穴を掘り、 一旦穴が反対側に貫通すると、水がすぐにも堤防の壁全体を押し流してしまい、 修理するまで運河を無益なものとしてしまった。

操業

運河は 1843 年の夏に操業を始めた。 操業してから、およそ 10 年ぐらいに運河は経済的に存続できないことが 明らかとなった。 運河のボートを著しく遅い速度で操業しても、 堤防は急速に浸食され、 運河を操業するためには常に浚渫する必要があった。 テレ・ホートには 1847 年から 1876 年まで運河の本部があり、 1876 年には運河の土地は、 ビーゴ郡 (Vigo County) 裁判所で 在留受託者 (resident trustee) のトーマス・ダウリング (Thomas Dowling) による競売で売却された。


デルフィーの運河のボート

ウォバッシュ・エリー運河の最後のボートは 1874 年に インディアナ州ハンティントン (Huntington) で最後の接岸をした。 しかし他の区間は何年も前に閉鎖していた。 1887 年に、ポールディング郡 (Paulding County) で、 オハイオ州の住民が運河システムの棺桶の最後の釘を打ち付けた。 住民は蚊がシックス・マイル貯水池の停滞水域で繁殖することに不満となり、 「貯水池戦争」で堤防を切り裂き、貯水池の水を空にした。 運河の多彩な歴史には同じ問題による他の幾つかの「貯水池戦争」があり、 これにはインディアナ州の「クレイ郡運河戦争」(Clay County Canal War) もあった。

フォート・ウェイン (Fort Wayne) を通る通行権は 「ニューヨーク・シカゴ・エリー湖鉄道」 (ニッケル・プレート鉄道) が買収し、この鉄道はバッファローからシカゴまで走った。 これにより、鉄道は 1 つの家屋も壊さずに、重要な中西部の市の中心地を通り抜けることができた。 運河の通行権はダウンタウンに直接隣接する場所にあったため、 新しい鉄道は乗客にも多くの事業にもとても便利なものとなった。 ナポーリアン (Napoleon) からトリードに至る運河の上に U.S. ルート 24 が建設された。

ルート

ウォバッシュ・エリー運河はエリー湖畔のオハイオ州トリードから オハイオ川沿いのインディアナ州エバンズビルに至る 497 マイルを進んでいた。 運河のルートはトリードからはモーミー川の左岸あるいは北側に沿い、 デファイアンス (defiance) の近くで、南側の右岸に移り、 まもなくインディアナ州フォート・ウェインで源流に達する。 ここからは、インディアンの歴史的ポーテッジ・ルートにしたがい、ウォバッシュ川に至る。 ウォバッシュ川に沿って進む時に、再び北側を進むが、これは今や右岸である。 運河はデルフィーに向けて下流に進む。この場所で運河は左岸 (東側) に横断する。 ウォバッシュ川を下りづけ、テレ・ホートに至り、運河はウォバッシュ川から南東に向きを変え、 幾つかの他の水路を使用して、エバンズビルでオハイオ川に到達する。


インディアナ州のウォバッシュ・エリー運河
モーミー川区間

マイアミ・エリー運河はトリードからシンシナティまで走るが、 ナポーリアン屈曲部 (Napoleon Bend) まではウォバッシュ・エリー運河がエリー湖に到達するのに 使用される。共通のルートには次の町と市がある。

トリード、ベンド・ビュー・メトロパーク (曳舟道が保存、Bend View Metropark)、 サイド・カット・メトロパーク (曳舟道が保存、元々 6 基からなる水門の 3 基が保存、Side Cut Metropark)、 プロビデンス・メトロパーク (操業中の運河の区間、Providence Metropark)。

訳注
Google map: ベンド・ビュー・メトロパーク サイド・カット・メトロパーク プロビデンス・メトロパーク

モーミー、ウォータービル、プロビデンス/グランド・ラピッド (水門と他の運河の造作)、 インデペンデンス (Independence)。

デファイアンス、 デファイアンスではマイアミ・エリー運河はモーミー川を横断し、南に向きを変え、 オーグレーズ川 (Auglaize River) をさかのぼる。このルートにより運河は南に進み、グレート・マイアミ川との 分水嶺に至り、そのうちにシンシナティのオハイオ川に至る。 一方。ウォバッシュ・エリー運河はモーミー川に沿って西に進み続け、 インディアナ州のフォート・ウェインでポーテッジ・ルートに至る。 2 つの運河はオハイオ州ジャンクションで分離している。

 
2 つの運河がオハイオ州プロビデンス
で同じインフラを使用する。
モーミー川から
マイアミ・エリー運河
への入り口
 
プロビデンスの水門
西の古い運河の河床
プロビデンスの工場と倉庫
の復元

インディアナ州ニュー・ヘブン

グロナウアー水門 2 である「ウォバッシュ・エリー運河の水門が 1991 年 6 月に発見され、 これは基幹道路 (highway) 建設のための発掘調査の最中のことであった。 水門はヘンリー・ロッツ (Henry Lotz) により建設され、水門管理人のジョセフ・グロナウアー (Joseph Gronauer) の名前から命名された。 希少でよく保存された材木の枠組みでデザインされた水門は 115×40 フィート、 隔室は 90×15 フィートで、全構造の 2/3 が発掘されて取り出された。」


グロナウアー水門 2 の場所

「多くの人工物と 750 個の材木片が取り出された。 広範囲な保存処理をした後で、 水門の全構造のおよそ 5 パーセントがインディアナ州立博物館に展示されている。 ウォバッシュ・エリー運河は米国最長で、およそ 460 マイルあり、 オハイオ州トリードのエリー湖とエバンズビルのオハイオ川を接続した。」

フォート・ウェインはモーミー川とウォバッシュ川の間のポーテッジ・ルートに位置している。 ここで運河はリトル・ウォバッシュ川に向けて 5 マイルを横断し、 インディアナ州を走り、下流に向かった。 ここが運河の最高点 (つまりサミット) なのでフォート・ウェインは「サミット・シティー」と呼ばれることになった。

ウォバッシュ川区間

ロアノーク (Roanoke)

ハンティントン (Huntington) -- ノース・ジェファーソン・ストリートとイースト・ワシントン・ストリートの交差点。

ワシントン・ストリートの運河の上陸点 -- ハンティントンでの上陸点はワシントン・ストリートの西 120 フィートで開始し、 チェリー・ストリートの水門まで続いていた。 ウォバッシュ・エリー運河はこの地点で 4 フィートの深さで 100 フィートの幅があった。 他の水門はファースト・ストリート (First St.) とバイロン・ストリート (Byron St.) にあった。 運河はフォート・ウェインからハンティントンまで 1835 年 7 月 3 日に完成し、 トリードからエバンズビルまでの 459 マイルは 1854 年に完成した。 ハンティントンまでは、運河は鉄道よりも 20 年早く、初期の定住を駆り立て、 1873 年に運河が見捨てられた。

ロック・ハウス (の標識) (Rock House) -- イースト・パーク・ドライブ ( U.S. 224) とウォーレン・ストリートの交差点の (南西の) 建物の南の壁にある。

訳注
  1. 昔のウォバッシュ・エリー運河沿いにはあちこちに運河標識 (or 歴史標識) があって色々と説明があり、 Wabash & Erie Canal Markers (ウォバッシュ・エリー運河標識) に列挙されています。 Wikipedia は ロック・ハウス (Rock House) を ルーク・ハウス (Rook House) と誤解しています。 以下記載されていることは、この標識 (Marker) に書かれていることです。以下の写真では不鮮明で 読めませんが 鮮明な写真では明白に Rock House と記述していることが分かります。
  2. ロックハウスの標識がある建物: ストリート・ビュー Google map
    ストリート・ビューでは「ロックハウス標識」は見えるのですが、小さくて読めません。 このストリート・ビューで後方を振り返ると「バークス水門歴史標識」が見えます。

ハンティントンの最初の恒久的なホテルがジョン・ティップトン将軍により、 1835 年に、この場所に石で建設された。 この建物はウォバッシュ・エリー運河の堤防に建設され、 商業上、政治上、社会上の中心になった。 1862 年から 1872 年にかけて、この建物は公立学校となったが、 1873 年に破壊された。【訳注:ロックハウス標識に書かれている内容】

ワォバッシュ分岐公園 (Forks of the Wabash Park) (博物館)

訳注
原文にはこれ以上何も書いていないのですが、英文の Wikipedia には Forks of the Wabashの項目があり、そこから座標がわかります。 これは博物館というよりは博物館公園 (Museum Park) という方が正しい。野外博物館 (Open Museum) ともいえる。
Google map: Historic forks of the Wabash (ウォバッシュの歴史的分岐)
ロック・ハウス標識 ロック・ハウス標識【訳注:右端】
のある建物
バークス水門
歴史標識
ウォバッシュ・エリー運河
の地図
歴史的運河のルート
は現在では US 24

リッチバレー、ペルー、ローガンズポート (Richvalley, Peru, Logansport)

訳注
Google map: リッチバレー (Richvalley)、 ペルー (Peru)、 ローガンズポート (Logansport)

デルフィー (Delphi)、 運河説明センター (Canal Interpretive Center) (水のある区間、運河のボート、橋、工場)。 デルフィーで、運河はウォバッシュ川を横断して、左岸 (北側) から右岸 (南側) に移る。 ウォバッシュ川のピッツバーグ (Pittsburg) にダムが作られ、停滞水域が作られて水道橋がなくても川を横断できた。

訳注
下の地図を広げるとデルフィーの領域が赤く表示され、 デルフィーの左上の部分をズームインすると「カナル・パーク」(運河公園) が登場する。
Google map: デルフィー (Delphi)
 
水のある運河の区間
インディアナ州デルフィー
復元された運河の町
カナル・パーク・ビジターセンター
【訳注:ここが運河説明センター】

ラファイエット (Lafayette)、 アッティカ (Attica)、 ファウンテン郡 (Fountain County)、 コビントン (Covington)、 モンテズーマ (Montezuma)、 テレ・ホート (Terre Haute)

訳注
Google map: ラファイエット (Lafayette)、 アッティカ (Attica)、 ファウンテン郡 (Fountain County)、 コビントン (Covington)、 モンテズーマ (Montezuma)、 テレ・ホート (Terre Haute)
クロス・カット運河区間

イール川区間 (Eel River Section) はテレ・ホートとワーシントンの間の 42 マイル (68 km) の長さの部分で、 法的にはクロス・カット運河と呼ばれる。 これは中央運河への接続を提供し、エバンズビルに至るルートを提供していた。 クロス・カット運河の他の区間は考えられたこともなく、建設されたこともないので、 クロス・カット運河は歴史的にウォバッシュ・エリー運河の一部と考えられている。 運河は頂上区間で 78 フィート (24 m) を克服しないといけない。 水はイール川給水線 (Eel River Feeder)、バーチ川貯水池 (Birch Creek Reservoir)、 スプランジ川貯水池 (Splunge Creek Reservoir) により給水された。 工事は 1836 年に開始したが、1839 年に (一旦) 見捨てられた。 計画は 1850 年に完成し、1861 年に至るまでウォバッシュ・エリー運河システムの一役を担った。 クロス・カット運河はウォバッシュ・エリー運河システムの一部と考えられている。

イール川給水ダムは 180 フィート (55 m) の長さで、16.5 フィート (5.0 m) の高さである。 ダムは 1839 年に完成した。 これは提案されたクロス・カット運河のボートの航行を可能とするための十分な水を提供するために 建設された。給水ダムは 1850 年に修理・拡張され、264 フィート (80 m) の長さとなった。

ライリー (Riley)、ワーシントン (Worthington)

ホワイト川の西の分岐

ニューベリーの南から、ウォバッシュ・エリー運河は中央運河のルートを取った。 中央運河は ローバンズポートからインディアナポリスを抜けてエバンズビルに至るまで計画された。 ニューベリーの南の区間とインディアナポリスの数マイルが建設されただけであった。


インディアナ中央運河
インディアナポリス

ニューベリー (Newburry)、エドワーズポート (Edwardsport)、ピータースバーグ (Petersburg)、 フランシスコ (Francisco) (ここでピジョン川 (Pigeon Creek) 区間が開始)、 エバンズビル (Evasille)。

旅行

運河の旅行はパケット船によっていた。 貨物用パケット船と乗客用パケット船があった。 乗客用パケット船は全長に沿った一連の部屋から構成されていた。 前の方には主談話室があり、ここで食事をした。 この部屋は (夜間には) 男子用の共同寝室に変更された。 女子の談話室はボートの後方にあり、夜間には女子用の共同寝室になった。

訳注
パケット船とは郵便船のことで、乗客や荷物も運ぶ。

パケット船は 3 匹の馬、牛あるいは馬と牛の混成で引いた。 当時の雑誌で確認されている最も普通の問題は、 暑さ、蚊、そして隣の乗客との近さであった。

 
乗客用パケット船
インディアナ州デルフィーの
運河説明センターの好意による
喫水を除いて、これは普通のパケット船。
インディアナ州ハンティントンの
ウォバッシュ分岐博物館