ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

South Hardley Canal - Wikipedia
サウス・ハードリー運河
(South Hadley Canal)

サウス・ハードリー運河はマサチューセッツ州のサウス・ハードリーにあるコネチカット川に 沿った運河である。 これは米国で最も初期の航行可能な運河であると言われ、1795 年に操業を開始した。 「国の歴史登録財」(National Register of Historic Places) には「サウス・ハードリー運河歴史地区」(South Hardley Canal Historic District) として登録されている。

  
運河の地図 運河の残滓
訳注
Google map: サウス・ハードリー運河

運河は 1792 年の 2 月にさかのぼり、この時、 マサチューセッツ州西部の 指導的な市民がサウス・ハードリーのグレート・フォールズ (大滝、Great Falls) を迂回する運河を建設することを提唱した。 グレート・フォールズは 53 フィート (16 m) の落差をコネチカット川に作り、 ボートによる輸送を邪魔していた。 当時は、すべての貨物は陸揚げして、 滝の周りの 2.5 マイル (4.0 km) を陸送し、 マサチューセッツ州ノーサンプトンからコネチカット州ウィンザーに 1 ブッシェルの小麦を輸送するコストが、 ハートフォードからボストンまで海上輸送する場合のコストの倍になっていた。 当時、マサチューセッツ州知事であったジョン・ハンコックは 「コネチカット川の水門と運河の事業者」を法人化する認可状に署名した。 会社のハンコには座右の銘である"SIC TRANSIT - Public & Private Good" (かくして通過する - 公的 & 私的物資) が記載されていた。

資金が地元でも国際的にも集められ、 オランダの投資企業 4 社が 50% をわずかに超える株式を所得した。 運河は 240 名程度の地元の労働者により建設された。 1795 年の 4 月に商用輸送に開通した。 (近くのターナーズ・フォール運河は 3 年後に開通した。) 1 トンあたり 75 セントで、初年度は収入が $3,109 であった。 1816 年には収入は $16,000 に増えた。 1826 年には、コネチカット川で操業した最初の蒸気船であるバーネット (Barnet) が、 バーモントに向かう途上でサウス・ハードリー運河を通過した。 しかしながら、1843 年には競合する鉄道が収益を侵食し始め、 1862 年に非経済的となり、運河が閉鎖した。

運河は水門を使用する代わりに、 普通とは違いインクラインを建設し、 20×60 フィート (6.1×18 m) の平底船を滝越しに輸送した。 インクラインは 1788 年に建設された英国のケットリー運河が草分けと思われる。 サウス・ハードリー運河のインクラインは米国の運河で最初に使用されたものであり、 他の使用の鋳型となり、これにはニュージャージー州のモリス運河が含まれている。

サウス・ハードリー運河のインクラインでは、ボートは最初に特別性の荷車に搭載され、 堅い石でできた傾斜路で牽引された。傾斜路は長さが 275 フィート (84 m) で、 幅が 30 フィート (9.1 m) であり、強固な木製の厚板で覆われ、傾きが 13.5 度であった。 動力は、直径が 16 フィート (4.9 m) の上射式の水車で提供され、 水車はインクラインの両側についており、荷車とは鎖で接続されていた。 荷車には大きさが同じでない車輪が付いていて、輸送中にボートを水平に保っていた。 全輸送時間はおよそ 15 分であった。 しかしながら、使用を開始してからおよそ 10 年後に、インクラインは 5 基の水門で交換された。 この時、運河を深くする必要があったからである。

運河公園は歴史的な記念場所となり、運河の残滓を保存している。