ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

SS Savannah - Wikipedia

SS は steam ship (蒸気船) の意味です。

SS サバンナ (SS Savannah)

SS サバンナ は 1818 年に建造された、帆船と舷側外輪蒸気船のあいの子 (hybrid) の米国製の船である。 この船は大西洋を横断した最初の蒸気船として有名で、この偉業は 1819 年の 5 月 から 6 月にかけて達成された。 もっとも、ほんの一部分の区間のみ蒸気力を使用した。 歴史的な航海にもかかわらず、蒸気船として商的に成功したわけでなく、 ヨーロッパから帰還した後すぐに帆船に戻された。


サバンナ

サバンナ は 1821 年にロング・アイランドの沖で難破した。 サバンナ の草分け的な航海の後、ほとんど 30 年以上もの間、 米国人の所有する蒸気船は大西洋を横断しなかった。 二隻の英国の舷側外輪蒸気船である ブルネルの SS グレート・ウェスタン と メンジー (Menzie) の SS シリウス が 1838 年ニューヨークまで競争し、 どちらも蒸気力だけで航行した。

  1. 開発
  2. 解説
  3. 初期の奉仕
  4. 歴史的大西洋横断航海
  5. 後の歴史
開発

サバンナ は元々 フィケット・クロケット (Ficket and Crocket) のニューヨークの造船所でパケット船 (乗客郵便帆船、packet) として建造された。 船がまだ造船台 (slipway) にいる時に、モーゼズ・ロジャース (Moses Rogers) 船長が、 ジョージア州サバンナの豊かな運送企業である スカバロー・アイザックス (Scarborough & Isaacs) を説得したことは: 船を購入して蒸気船に変更し、世界で最初の大西洋横断の蒸気船輸送に就任する名声を得ること、であった。

従って、サバンナ は帆に加え、蒸気エンジンと外輪 (paddlewheel) を備えることになった。 モーゼズ・ロジャースは自ら機械の設置を監督し、 義理の兄弟のスティーブン・ロジャース (血はつながっていない) は船体と艤装の建造を監督した。

船には帆があり、蒸気エンジンが駆動する外輪にもっぱら依存したわけではなかったので、 ある人々は最初の海洋蒸気船は SS ロイヤル・ウィリアム (SS Royal William) であると主張している。この船は数年後の 1831 年に進水した。 ロイヤル・ウィリアム はほとんど完全に蒸気エンジンの動力のみで大西洋を横断した船である。 (大西洋を横断したことを) 主張できる別の蒸気船は、英国で建造されオランダ人が所有した キュラソー (Curaçao)で、 この船は 1827 年に大西洋をどちらの方向に横断した時にも、数日間、蒸気力を使用した。

解説

ニューヨークのアレア (Allaire) 鉄工場は サバンナ のエンジン・シリンダーを供給し、 これ以外のエンジンの部品と動作装置はニュージャージー州のスピードウェル (Speedwell) 鉄工場が製造した。90 馬力の低圧エンジンは傾斜直接駆動形式で、 直径 40 インチ (100 cm) のシリンダーと 5 フィートのストロークがあった。 モーゼズ・ロジャースは適当なボイラーを見つけるのに困難となり、 幾つかを拒絶した後で、最後にボイラーの専門家であるダニエル・ドッド (Daniel Dod) の銅製のモデルに落ち着いた。 船の錬鉄製の外輪は直径 16 フィートで、外輪 1 つあたりに 8 個のバケットが付いていた。 燃料として、船は 75 トンの石炭と 25 コードの木材を積載していた。 SS サバンナ は小さすぎて多くの燃料を運べなかった。 そこで、風が穏やかで、帆だけでは少なくとも 4 ノットの速度が得られない時にエンジンを使用することになっていた。 引きずりを減少し、エンジンを使用していない時に損傷を避けるために、 外輪のバケットは棒ではなく鎖で接続されており、 外輪は扇のように折りたたんで甲板に収納することができた。 同様に、外輪の覆いはキャンバスで出来ていて、金属製の枠の上に広げられていた。 この金属製の枠も必要がない時は畳んでしまうことが出来た。 外輪と覆いを折りたたむ全過程は 15 分もかからなかった。 サバンナ は折りたたみ可能な外輪を装着した唯一つの船である。


サバンナの図式
ロープと帆の平面図

サバンナ の船体と艤装はスティーブン・ロジャース船長の指揮の下で建造され、 後に彼はこの船の航海長になった。 この船は通常の帆船と同じように完全艤装されていたが、 ロイヤル・マストとロイヤル (最上位の帆) が付いていなかった。 同時代の版画から判断するとサバンナのメイン・マストは通常の帆船よりも船尾に方にあり、 エンジンとボイラーを収容するためと思われる。

内装

サバンナには 32 の乗客用の寝台があり、 16 の専用室に 2 つずつあった。 女性用の区画は男性用の区画と 「まったく違う所」 にあると報告されている。 三室の完備した談話室もあり、 輸入品のカーペット、カーテン、壁掛けがあり、鏡で飾られていた。 専用室は大きく快適で、 内装は蒸気パケット船のものよりは、遊覧ヨットのものに、 もっとよく似ていたと記述されている。

初期の奉仕

サバンナが大西洋横断便を目指していることが知られると、 この船はニューヨークで 「蒸気の棺桶」 とすぐにもあだ名を付けられた。 モーゼズ・ロジャースはニューヨークでは乗組員を雇うことが出来なかった。 彼はコネチカット州ニュー・ロンドンに赴かざるを得なかった。 そこでは有能な船長としての彼の名声が確立しており、 船の仕事に従事する船乗りを見つけることができた。

1819 年 3 月 22 日の月曜日に、 サバンナ はニューヨーク港で、およそ 2 時間程度の成功裏な試行を実施し、 エンジンをテストした。 3 月 28 日の月曜日の午前 10 時に帆の力で処女航海を開始し、 ニューヨークからジョージア州サバンナの基地に向かった。 翌朝、午前 11 時に始めて蒸気を焚いた。 たった半時間エンジンを使用しただけで、荒れた天候により外輪をしまい込み、 帆の力に戻った。 船は 4 月 6 日に目的地に到着し、207 時間の航海中、 全部で 41.5 時間、エンジンを使用した。 午前 4 時に到着したのにもかかわらず、 大勢の群衆が出向いて船の入港を歓迎した。

大統領の遠足

サバンナ がサバンナ港に到着した数日後に、 米国大統領 ジェームズ・モンローが近くのサウスカロライナ州チャールストン市を訪問した。 これは大西洋岸の兵器庫、要塞、公共事業の査察の長期旅行の一環であった。 この訪問のことを聞いて、 サバンナ の所有者であるウィリアム・スカバローは ロジャースは指示を与えて、 チャールストンに向けて北に航行し、 大統領を招待して船に乗せてサバンナ市に連れて来るように仕向けた。


ジェームス・モンロー大統領はサバンナ が歴史的航海
に出発する少し前に、この船で遠足をした。

サバンナは 4 月 14 日にチャールストンに向けて、蒸気で航行し、 1 晩ティビー灯台で停泊し、チャールストンに 2 日後に到着した。 スカバローの招待状が送られたが、 地元の人は大統領がサウス・カロライナ州を離れる時に、 ジョージア州の船に乗ることに反対したので、 大統領は後で船を訪問することを誓約した。 4 月 30 日に サバンナ は再び母港に向けて蒸気で進み、 27 時間航行して翌日に到着した。

5 月 7 日と 8 日に サバンナ は石炭を積み、 5 月 11 日モンロー大統領は約束を守り、船で遠足をするために来訪した。 大統領と随員が乗船して歓迎を受けてから、 サバンナ は午前 8 時頃にティビー灯台に向けて蒸気で出発し、 午前 10 時 30 分に到着し、11 時に再び街に向けて出発した。 モンローは船上で食事をとり、米国の船が世界で最初の大西洋横断の輸送に就任する展望に関して、 船の所有者であるスカバロー氏に対して熱意を表明した。 大統領はまた サバンナ の機械に大いに印象を受け、 サバンナ が大西洋横断を済ませたあとに、 ワシントンまで船を持ってこさせるようにスカバローを招待した。 こうすれば、キューバの海賊対策として船を購入することを視野に置いて 議会が船を調べることが出来るからであった。

歴史的大西洋横断航海

モンローが去ってから数日間、 モーゼズ・ロジャース船長が指揮をとり、 スティーブン・ロジャースが航海長となり、 サバンナ の乗組員は大西洋横断の最後の準備をした。 5 月 15 日、スコールの最中に船は係留から解き放され、 外輪に少々の被害があったが、船は無傷であった。

サバンナの所有者は航海のための乗客と積み荷を確保するためにあらゆる努力をしたが、 誰もが、このような新奇な船で生命や財産を危険にさらすことをしたがらなかった。 5 月 19 日に、遅い広告が地方紙に掲載され、 出発日が 5 月 20 日であると公表された。 実際には サバンナ の出発は 2 日遅れた。 これは乗組員の 1 人がひどく酔って船に戻り、 タラップを踏み外して溺死したためである。 しかしながら、この遅延にもかかわらず、乗客は誰も現れず、 船は歴史的航海を真に実験ベースで実施することになった。

航海

サバンナ港を出港し、 ティビー灯台で数時間ぐずぐずしたあとで、 サバンナ は 5 月 24 日の月曜日の午前 5 時に歴史的航海を開始し、 蒸気と帆で英国のリバプールに向かった。 同日の午前 8 時に外輪が始めてしまい込まれ、船は帆で前進した。 数日後の 5 月 29 日にスクーナーの コントラクト (Contract) が一隻の船が 「多くの煙を出している」 ことを見つけ、 船上火災と想定し、数時間追跡したが、追いつけなかった。 コンタクト の船長は間もなく煙を出している船はヨーロッパに向けて大西洋横断をしている蒸気船であると結論し、 「ヤンキーの技術と冒険心を誇りに思うこと」 となり、 称賛の言葉を発した。


帆と蒸気で航行する サバンナ

6 月 2 日に サバンナ は 9 ノットから 10 ノットの速度で航行し、 帆船の プルトー (Pluto) を通り過ぎた。 ロジャース船長が彼の新奇な船が 「すごく調子が良い」 と伝えると、 プルトー の乗組員は サバンナ に 「大西洋で最も幸福な天才機械」 と 3 回歓呼した。 サバンナ が (他の船と) 遭遇したことはアイルランド沖の 6 月 19 日までは記録になく、 この時に、カッター (Cutter) の HMS カイト (Kite、これは軍艦) に遭遇したが、 この船も 3 週間前の コントラクト と同じ間違いをして、 蒸気船を数時間追跡し、帆船が火災を起こしていると信じた。 船に追いつくことができず、カイト は間もなく何回かの警告砲撃をし、 ロジャース船長は彼の船を停止した。 これにより カイト が追いつくことができ、司令官は船を査察する許可を求めた。 許可が容認され、英国海軍の乗組員は好奇心を満たされて 「とても喜んだ」 と言われている。

6 月 18 日に サバンナ は (アイルランドの) コーク沖で静まりかえったが、 これはエンジンの燃料がつきたからであった。 しかしながら 6 月 20 日には船はリバプールへの道を完走した。 何百隻もの船が、この普通とは違う船を出迎えた。 この中には英国の戦闘スループ (sloop-of-war) があり、 この船の士官が サバンナ の航海長のスティーブン・ロジャースに叫んだ。 ロジャースはたまたま甲板に居合わせた。 コネチカット州のニュー・ロンドン・ギャゼット (New London Gazette) 新聞は この遭遇を次のように報告している:

ボートの士官は (ロジャースに) 訊ねた: 「マスターはどこにいる」。彼が端的に答えたことは: 「俺にはマスターはいない」、 「それでは船長はどこにいる」、 「下にいる。会いたいか ?」、「そうだ」。 船長は下層にいたが、士官が何を望むのかを訊ね、これに応えた。 「なぜ旗を掲揚しているのか ?」、 「我が国がこれを許可しているからだ」、 「司令官はこの旗が侮辱していると考えている。 もしも旗を降ろさなければ、軍隊を派遣して旗を降ろさせる」。 ロジャース船長は次に技術者に向かって叫んだ:「熱水エンジンを用意しろ」。 このような機械は船上にはなかったが、 望んだ効果が得られ、ション・ブル (英国人のこと、John Bull) はできる限り速く漕ぎ去った。
訳注
戦闘スループ (sloop-of-war) を日本語の Wikipedia では 戦闘用のスループとしているが、説明が sloop-of-warと食い違っている。英語版の Wikipedia の説明では、 18 世紀から 19 世紀にかけての英国の軍艦は搭載している大砲の数で等級づけがされていたが、 これは大砲の数が 20 門以上の場合で、それ以下の場合には等級付けされていなかった。 戦闘スループは等級付けされていない軍艦全てのことで、大砲を搭載したスループの意味ではなく、 大砲を搭載したカッターも含まれるとのことです。

街に近づくと、サバンナ は桟橋や家屋の屋上にいる群衆によって歓呼された。 船は午後 6 時に錨を降ろした。航海は 29 日と 11 時間続き、 この間に船はエンジンを全部で 80 時間使用した。

リバプールにて

サバンナ のリバプールでの滞在中に何千人もの人が歩いて船を訪問した。 このような人に、陸軍や海軍の士官、あるいは 「身分と影響力がある人」 がいた。 最近の 1812 年の戦争で二国が互いに抱く疑惑を反映して、 ある者は、この船がセント・ヘレナ島で投獄されているナポレオン・ボナパルトの救出を計画していると勘ぐった。 ナポレオンの兄弟のジェローム (Jerome) は最近、このようなことに対して多額の報酬を提供していた。

サバンナは 25 日間リバプールに滞在し、その間に乗組員は船体をこすり落としてペンキを塗り直し、 エンジンをテストし、燃料や食料などの補給をした。 7 月 21 日に船はリバプールを立ち、ロシアのサンクトペテルブルクに向かった。

スウェーデン

サバンナ は 8 月 9 日にデンマークの ヘルシンゲルに到着し、 ここで 5 日間検疫でとどまった。 14 日に船はスウェーデンのストックフォルムに向い、 これによってバルト海に進入した最初の蒸気船となった。

サバンナ は 8 月 22 日にストックフォルムに到着し、28 日には スウェーデン=ノルウェーの皇太子の訪問を受けた。 9 月 1 日には、地元の島をめぐる船による遠足が手配され、 これに米国などの大使、貴族、著名な市民が列席した。 ストックフォルムの港にいる間に、 スウェーデン政府は船舶を購入することを申し入れたが、 モーゼズ・ロジャースにとって有利な条件でなかったので、 彼は申し入れを断った。 出立する前にスウェーデン王 カール 14 世ヨハンはストーン・アンド・ミューラの贈り物を ロジャースに与えた。 9 月 5 日に サバンナ はロシアの クロンシュタット (Kronstadt) に向けて出発し、 9 日に到着した。

訳注
ストーン・アンド・ミューラ (stone and muller)は絵の具を混ぜる道具。
ロシア

クロンシュタットで、ロシアの皇帝が サバンナ に乗船し、 ロジャース船長に金時計と 2 つの鉄の椅子を贈った。 ロジャースはクロンシュタットからサンクトペテルブルクに航行し、 9 月 13 日に到着した。 リバプールからサンクトペテルブルクに至る旅程の中で、この行程が サバンナ のエンジンが最も頻繁に使用された時で、 全部で 241 時間使用された。

サンクトペテルブルクでは、米国の駐露大使が多くの著名な市民を船に招待した。 9 月 18 日、21 日、23 日に サバンナ はサンクトペテルブルクの水域で蒸気で何回かの遠足をし、 ロシアの王族や貴族、はたまた陸軍、海軍の士官が乗船した。 船がサンクトペテルブルク滞在中にロシア政府もまた船の購入を申し入れたが、 再びモーゼズ・ロジャースにとって有利な条件ではなく、 受け入れることがなかった。

9 月 27 日と 28 日には、サバンナ は帰路のための石炭と蓄えを積み込むのに専念した。 ストックホルムからサンクトペテルブルクまでイングランドのリンドック (Lynedoch) 卿が サバンナ に乗船しており、 立ち去る前にモーゼズ・ロジャース船長とスティーブン・ロジャース航海長に、 それぞれ純銀製の (蛇口がついた) コーヒー沸かし (coffee urn) と金製かぎ煙草入れ (snuffbox) をプレゼントした。


リンドック卿がモーゼズ・ロジャースに
プレゼントした純銀製のコーヒー沸かし
故郷に向けての横断

9 月 29 日に サバンナ クロンシュタットに航行し、 これは故郷に向けての横断の最初の行程 (leg) であった。 数日間荒れた天候に遭遇し、 クロンシュタットでは錨と大索を失い、サバンナは 10 月 10 日にクロンシュタットを蒸気で出立し、 デンマークのコペンハーゲンに向い、17 日に到着した。 コペンハーゲンではパイロットを雇い、 このパイロットが船を操縦してノルウェイ海岸のアレンダール (Arendal) に誘導し、 ここで錨を降ろした。

サバンナ はアレンダールから故郷に向けて大西洋横断を開始した。 米国への帰途では、ほとんどすべて、強風と荒れた海に遭遇し、えんじんは故郷の水域に到達するまでは使用することがなかった。 横断には 40 日かかった。 サバンナ はサバンナ川を蒸気で遡上し、11 月 30 日の午前 10 時に母港に無事到着した。 これは出発してから 6 ヶ月と 8 日を経た後であった。

後の歴史

サバンナ は母港で 12 月 3 日まで滞在し、 12 月 3 日にワシントン D.C. に向けて航行し、16 日に到着した。 1820 年の 1 月に大火災がサバンナ市を焼き払い、 ビジネス街に重大な被害を与えた。 サバンナ の所有者であるスカバロー・才ザックスは火災により、 資金的な被害をこうむり、その結果、船を売却することを余儀なくされた。 サバンナ のエンジンは取り除かれ、$1,600 でアレア鉄工場に再売却された。 この鉄工場が元々エンジン・シリンダーを建造していた。 シリンダーはアレア鉄工場の主勇者であるジェームス P. アレア (Jamess P. Allaire) により、 保存され、後に 1856 年の ニューヨーク水晶宮博覧会で展示された。 サバンナ はエンジンを取り除かれてから、パケット帆船として使用され、 ニューヨークとジョージア州サバンナの間で操業したが、 1821 年 11 月 5 日にロング・アイランドで座礁して崩壊した。

サバンナは蒸気船が大西洋を横断できることを実証したが、 公衆は大洋でのそのような輸送方法に信頼を置くことにまだ準備不足であり、 エンジンと燃料の占める多大な空間はどのような場合でも非経済的であった。 蒸気船により大西洋の定期横断が開始するのはほとんど 20 年後のことで、 米国が所有する別の蒸気船がこれを開始するのは 1847 年のことで、ほとんど 30 年後のことであった。