ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Thames steamers - Wikipedia
テムズ川の蒸気ボート (Thames steamers)

蒸気ボートによる輸送は 1815 年頃にテムズ川で開始して、 25 年近く、乗客輸送で使用された蒸気の使用方法であり、 その後、イングランド南部で鉄道が登場した。 この期間に、少なくとも 80 隻の蒸気ボートがテムズ川で記録され、 1819 年の 「蒸気ボート法律」は公共のために、新しい技術の安全性を規制する最初の法律であった。 この期間に、 外輪駆動の木造船は、 テムズ河口で、それ以前に使用されていた帆船や手漕ぎのボートよりも、より速く、より信頼できることを何とかして確立した。

ウィリアム・サイミントンが 1803 年にスコットランドで シャーロット・ダンダス により確立した実用的な蒸気ボートの初期の優勢は継続せず、 最初の蒸気ボートの乗客輸送は 1807 年にロバート・フルトンが彼の蒸気ボート ノース・リバー により米国のハドソン川で確立した。 使用したエンジンはバーミンガムで製造したものであった。 テムズ川の最初の乗客輸送は マージェリー (Margery) により適切に確立された。 もっとも リッチモンド が 1813 年に乗客輸送を始めているかもしれない。


遊覧船がタワーブリッジの下を通過、1900 年
  1. 初期の外輪蒸気ボート
  2. 貨物タグ・ボートと蒸気ボート
  3. 遊覧蒸気ボート
  4. テムズ川上流
  5. 2012 年の即位 60 周年記念テムズ川船舶ページェントに参加した蒸気ボート
初期の外輪蒸気ボート

イングランドは蒸気エンジンの誕生の地であり、 エンジンを素早く川のそばでも川の中でも使用した。 地上配備されたニューコメン揚水エンジンが 1742 年にピムリコ (Pimlico) で設置され、 他の揚水エンジンもこれに続いた。 1803 年にはウィリアム・サイミントンの シャーロット・ダンダス があり、 1812 年にはヘンリー・ベルによって、クライド川の乗客輸送のために蒸気ボート PS コメット が建造され、 蒸気ボートはまもなくテムズ川に航行した。

記録に残る最も初期のものの一つは マージェリー で、 この船は 1814 年にダンバートンで進水し、クライド川で数ヶ月走ったあとで、 ロンドンの会社のコルティス社 (Cortis & Co.) により買収された。 この船は東海岸を南下し、1815 年 1 月にグレーブセンド (Gravesend) に到着した。 テムズ川の最初の蒸気ボートとなる競争者は リッチモンド (Richmond) で、 この船は 1813 年にドーソン氏 (Mr. Dawson) によりブリストルから購入されたが、 これは成功ではなかった。 土木技術者のジョージ・ドッド (George Dodd) は同じく リッチモンド と呼ばれる蒸気ボートの注文を、 1814 年にヤーマス (Yarmouth) の Lepinghall 社 (Lepinghall & Co.) に出し、 これは同じ年あるいは翌年に、ロンドンからリッチモンドに至るルートで輸送業務に就任した。 ドッドは次にスコットランドの蒸気ボートの デューク・オブ・アーガイル (Duke of Argyll) を購入した。 この船は 1815 年の 6 月 12 日にロンドンに到着し、海上で 756 マイルを走破した後のことであった。 この船はロンドンとマーゲイトの間で テムズ の名称で輸送業務に付いた。 ここはテムズ川の河口の三番目に重要なルートで、 大陸からの乗客や、更にはロンドン子がケント海岸に行く気晴らし旅行にも使用された。

これらの 3 つの重要なルートは少なくとも 17 世紀以来、帆船 (hoy) と手漕ぎのボート (tilt-boat) の混成により確立していた。後者のボートは大きなボート (最低 15 トン) であり、40 名までの乗客を運んだ。 1802 年以来、8 隻から 9 隻の定期乗客郵便船 (80 トン - 100 トン) が夏季に毎日運航し、 ロンドンとマーゲイトの間で 20,000 人の乗客を輸送した。帆船と手漕ぎのボートは新しい競争に対して強く反応し、 設備を改善したり、ロング・フェリー の船上に余分の乗務員を配置した。 1826 年までに、蒸気ボートが勝利したことは明らかで、この用途のための新しい桟橋が川沿いに建設された。 もっとも、ウォーターメンズ会社 (Watermen's Company) -- これは伝統的な独占にしがみつこうとした -- が 1841 年になってようやく、ウォーターメンズ蒸気郵便会社を設立して、自分たちの蒸気輸送を操業した。

マーゲイト蒸気郵便船会社は 1815 年に新しい技術を開発するために設立された最初の新しい会社であった。 これに引き続いて、1817 年にグレーブセンド蒸気郵便船会社が設立された。 しかし、重大な事故が間もなく起きた。 テムズ川で最初に建造された蒸気船の リージェント (Regent) -- イザムバード・キングダム・ブルネルがデザインし、 ヘンリー・モーズリー (Henry Maudsley) が建造し、それ以前のボートより 112 フィート長かった -- が 1817 年 7 月 2 日にウィスタブル (Whitstable) の近くで火災を起こし、完全に消失したが、 幸いにも人名は失われなかった。 原因は煙突と木製甲板の梁の間に耐火性の裏打ちがなかったことである。 ボイラーの爆発は珍しいわけではなく、例えば 1817 年に リッチモンド の船上で起きた。 その結果、調査委員会が設立され、事件を究明し、 1819 年の 「蒸気ボート法」 となった。 これにより、乗客輸送をする蒸気船はすべて登録して、 有能な技術者が 1 年に 1 度検査することが義務付けられた。

ゼネラル蒸気航行会社 (GSNC, General Steam Navigation Company) は当初 1821 年に設立され 1824 年に法人化されたが、これはロンドンの事業家の企業組合 (syndicate) により設立されていた。 この事業家の中に船主のウィリアム J. ホール (William J. Hall) と トーマス・ブロッケルバンク (Thomas Brockelbank) とジョン・ブロッケルバンク (John Brockelbank) の兄弟がいた。 ブロッケルバンク兄弟はデトフォード (Deptford) に材木置き場と造船所を持っており、 彼らの外輪ボート イーグル はロンドンとマーゲイトの間の乗客輸送をしていた。 1825 年までに GSNC はデトフォードで建造した 15 隻の船団を操業し、 デトフォードのストーイッジ (Stowage) の造船所 (東インド会社の以前の倉庫) で保守をした。

その当時の他の船舶は マジェスティック (Majestic) と デファイアンス (Defiance) であった。 1821 年の ヒーロー (Hero) は地元で建造されて仕事に就いた。 1822 年にマーゲイト蒸気郵便会社だけでもマーゲイトへの往復で 27,000 人の乗客を輸送し、 競争は活発であった。 最大のブームは 1830 年代に到来し、この時 スター蒸気郵便船会社、 ダイアモンド蒸気郵便船会社、 ウーリジ蒸気郵便船会社 が創られ、多くのもっと新しいボートが付け加えられた。 1834 年に彼らがグレート・ウェスタン鉄道の設立と戦っている時に、 テムズ川航行委員会 (Thames Navigation Commission) の委員が豪語したことは、 彼らは 「テムズ川の航行を英国で最も完全なものにしている」 ことであった。 1835 年にダイアモンド蒸気郵便船会社が報告したことによれば、 会社は、その年 250,000 人の乗客を輸送した。

鉄のボートがシティー蒸気ボート会社により 1845 年に導入され、 彼らのシチズン・ボートはテムズ川鉄工場で建造された。 ウェストミンスター会社も鉄のボートを持ち、シティーからウォータールー駅 -- 1848 年に川の南岸で開業 -- まで乗客を運ぶことに特化した。 このルートは間もなく地下の ウォータールー・シティー線に引き継がれた。 これらのボートは標準料金により 「ペニー・ボート」 と呼ばれた。 競合する 「半ペニー・ボート」の クリケット は短命で、 ボイラー爆発 -- 一名が死亡 -- により引退した。

潮汐の影響を受ける場所でのテムズ川の最初の蒸気フェリー (渡し船) はウーリジ・フリー・フェリー (Woolwich Free Ferry) で、 1889 年の 3 月 23 日に開業した。 元々の船団は 3 隻の舷側外輪蒸気ボート -- ダンカン (Duncan)、 ゴードン (Gordon)、 ハットン (Hutton) -- から構成されていた。 1900 年代初頭には スクワイアー (Squire)、 ゴードン (Gordon)、 ベン (Benn)、 ウィル・クルックス (Will Crooks) が使用されていた。 ティルベリーの別のフェリーでは キャサリン (Catherine)、 イーディス (Edith)、 ガートルード (Gertrude)、 ローズ (Rose) を使用した。 ダートフォード (Dartford) にはカー・フェリーがあり、 Mimmie、テッサ (Tessa) が操業していた。 川の更に上流には多くの橋や幾つかのトンネル (最初のものは 1843 年開通のテムズ・トンネル) が建設され、川を横断する交通を通している。


1906 年建造のフェリー・ボート SS ガートルード
グレーブセンドとティルベリー間で撮影
1924 年もしくは 1925 年
貨物タグ・ボートと蒸気ポート

テムズ川の最初の蒸気タグ・ボートは 1816 年の マジェスティック (Majestic) であった。 タグ・ボートを使用して帆船を誘導し、ロンドンの川で、乗客と貨物をを上流に移動することは操業の効率を随分と増大し、 外輪船は最大の利点を見せつけた。 外輪船は、どちらの方向にも直ちに全出力を投入でき、 各外輪に別々のエンジンを搭載すれば、ほとんどその場で旋回できる。

ロンドン港は 18 世紀末には年間で 12,000 隻の沿岸船と 3,000 隻の外洋船を処理しており、 すぐにも蒸気ボートに依存した。 これ以前には手漕ぎのボート (複数) に乗った一群の労働者が風や潮流に逆らって港まで引いていた。 1830 年までに、蒸気タグ・ボートの使用は競合するドック会社の戦場となった。 というのはロンドン・ドック会社とセント・キャサリン・ドック会社は蒸気ボートを使用して、 ウェスト・インディア・ドックスを通り過ぎて船舶を上流に牽引したからである。 1860 年までに、スクリュー・タグ・ボートが登場し始めたが、 外輪タグ・ボートは 19 世紀を通じて建造され続け、終に姿を消すのは 1920 年代のことで、 この時ディーゼル駆動が到来した。

テムズ川のタグ・ボートの
ベン・モア、1884 年
ガスライト・コーク会社の
SS サントラップがウーリジで
ナイン・エルムス・ガラス工場に遡上、1931 年

木材と小麦はロシアから持ち込まれ、 中国からの茶はバトラー波止場に持ち込まれ、 砂糖はテイト&ライル (Tate and Lyle、企業名) に持ち込まれ、 廃物は下流に運ばれた。 魚はトロール船によってビリングスゲート・マーケットに牽引され。 ワインはフランスとポルトガルから持ち込まれた。 1 年間に何百万トンもの石炭がノース・イースト (北東部) からロンドンに持ち込まれて 街にガスを供給し、まもなくデトフォード (Deptford) とバタシー (Battersea) のプラントから電気が供給されるようになった。 上流のプラントに貢献する船舶の煙突は傾けることができないといけない。 これによってロンドン橋や他の橋を通り抜けて上流に進むことができる。 部品や原料はダグナム (Dagenham) のフォード工場に牽引され、 ビールはオルトゲート (Aldgate) から輸出された。 化学プラントと製油所は、シェルや BP のものも含め、川の下流に点在していた。 一隻の蒸気タグ・ボートがセント・キャサリン・ドックスで生き延びている: ST チャレンジ (Challenge)。

遊覧蒸気ボート

1838 年のロンドン・グリニッジ鉄道の到来と 1844 年のドーバーに至るサウス・イースタン鉄道の開業により、 テムズ川の乗客輸送は最初の挑戦を迎えることになった。 しかしながら、1849 年のグレーブセンド線の開業により、テムズ川乗客船の全盛期の終焉となった。 「1851 年以後、蒸気ボートは最早、速くも、安くも、安全でもなくなった。 夏季休暇や週末には蒸気ボートは満員であったが、もうけは多くの船舶を維持するのには十分ではなかった。」

河口をめぐる夏の遊覧船は人気があり、 ウーリジ蒸気郵便船会社は 1834 年に建造した (複数の) ボートを使用していたが、 1878 年に SS プリンセス・アリス (SS Princess Alice) が沈没し、 650 名以上もの命が失われた。 ニュー・メドウェイ蒸気郵便船会社は 1924 年の後発組で、 PS メドウェイー・クイーン (PS Medway Queen) を使用した。 クラクトン、マーゲイト、サウスエンドは蒸気ボートによる遠足で人気の高い場所になった。 ハンバー・フェリーズは水上レストランとして使用された。


SL ナンハム はテムズ・セバーン運河
のブリムスクーム港でエドウィン・
クラーク会社により建造 (1898 年)
テムズ川上流

リッチモンドやトゥイッケナム (Twickenham) はテムズ川の蒸気ボートの現実的な上限であった。 もっとも、ロンドンを通り抜けるルートの競争は非常に厳しく、どちらの方向にも短い区間では 運賃が 1/2 ペンスに下がった。 外輪蒸気ボートは狭い水門を通り抜けることが困難で、 1843 年に至るまで、蒸気ボートはテディントン水門を通過することが禁止され、 通過したボートも川の大半が雑草だらけであることに気が付いた。 テムズ川管理局 (Thames Conservancy) が 1877 年になってようやく雑草を取り払い、 これによりスクリュー蒸気ボートが現実的な提案となった。 この時、ハンプトン・コート (Hampton Court) とステーンズ (Stains) の間で、 ラニミード (Runnymede) を使用した輸送が開始した。 1878 年に 「テムズ川・イシス川蒸気ボート会社」 (Thames and Isis Steamboat Company) がキングストンとオクスフォードの間で輸送を開始し、 (蒸気ボートの) イシス では 3 日かかった。 1888 年にソルター兄弟社 (Salter Bros) は競合する輸送会社となって、 蒸気ボート アラスカ (Alaska) を使用し、 それ以来、川で重要な役割を維持し続けた。

ボートは改造されて、乗客数を最大にし、 低い橋の下をくぐり抜けるための上空余地を最小にするようにした。 輸送は繁栄期を迎え、これに続く 50 年間継続した。 ディーゼル・エンジンが引き継ぐのは第二次大戦後のことであった。

2012 年の即位 60 周年記念テムズ川船舶ページェント
に参加した蒸気ボート

エリザベス女王 2 世のそばを通り抜ける 1000 隻のボートに多くの蒸気ボートが参加した。 蒸気ピンネス (pinnace, 船舶積載艇) No. 438、 SS エリザビーサン (SS Elizabethan)、 SS エドワーディアン (SS Edwardian)、 ザ・フェロウズ (the Fellowes)、 クレイトン・ナロー・ボートの プレジデント (President)。 ソルター兄弟社の蒸気ボートも参加した。 タグ・ボートの ポートウェイ (Portway) は HMS ベルファースト のそばで静止し、警笛で王族を楽しませた。 他の蒸気ボートには ヤーマス・ベル (Yarmouth Belle)、 アラスカ (Alaska)、 ケネット (Kennet)、 ウルスラ (Ursula) そして サブリナ・オブ・グロスター (Sabrina of Gloucester) がいた。

訳注
この船舶ページェントは テムズ・バリアの完全閉鎖テストと抱き合わせで実施されています。
ギャラリー
シソン 3 段膨張蒸気エンジンと
石炭を燃料とするスコッチ・ボイラー
がSL ナンハムに設置
SS ロビンがローストフトを
出る準備、2010 年 9 月