ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Vignoles Bridge - Wikipedia
ヴィニョル橋 (Vignoles Bridge)

ヴィニョル橋はイングランド、ウェスト・ミッドランズのコヴェントリー市にある 「古代モニュメント一覧」の一つである。 橋はシェボーン川 (River Sherbourne) にかかる単一スパンの鉄の歩道橋であり、 コヴェントリー市のすぐ西に在り、シェボーン・ハウス (コヴェントリー市議会のオフィスビル) の西北西 100 メートル (330 フィート) の 所にある。

ヴィニョル橋 ヴィニョル橋の位置

トーマス・テルフォードは建設資材として鋳鉄の可能性を最大にする最初の技術を開発し、 より軽量なフレームがより平らな角度を使用でき、 木製の橋ほど、がっしりした基礎が必要ではない。 しかも、この際に 単一スパンであることを維持することができ、 橋の下の水路の航行可能性を維持できる。 イングリッシュ・ヘリテッジは イングランドにおける「古代モニュメント一覧」に責任を持ち、 鉄の橋のすべての実例で元々の組織を随分と保持している橋が重要であると考えている。 ヴィニョル橋がとりわけ興味があるのは、 「うまく生き延び、元々の造作を保持し、従って、技術デザインを実際に見せ、製造工程を反映しているから」である。 もっとも、橋は元々の場所から移動させられているが...。

橋は元々オクスフォード運河 (コヴェントリーからオクスフォードまで走っている) にあった。 これは鋳鉄製で、 1835 頃にディップトンのホースリー鉄工場 -- 工場名が橋げたの一方に鋳造されている -- で建造されている。 橋はチャールズ・ヴィニョルによりデザインされ (橋の名は彼の名に由来)、 1969 年に現在の場所に移動された。 歩道は舗装されて、両側に鋳鉄製の バラスターがあり、 橋を川の堤防と接続している迫持台はレンガ製である。