ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Meldon Viaduct - Wikipedia

メルドン高架橋: Google map、 ストリートビュー: 真下から見上げる フォトスフィア

メルドン高架橋 (Meldon Viaduct)

メルドン高架橋はウェスト・オケメント川 (West Okement River) を横断して、 ロンドン & サウス・ウェスタン鉄道 (LSWR, London and South Western Railway) を通し、 イングランド南西の デボン州 ダーとムーアの (オークハンプトン (Okehampton) の近くの) メルドンにある。 このトラス橋は、石とレンガのアーチではなく、錬鉄と鋳鉄から建設され、 LSWR の主任技術者の WR ガルブレイス (Galbraith) の指示の下に建設された。 建設するのに 3 年かかった後で、複線の橋 [訳注:最初は単線] が 1874 年に開通した。 使用はあるクラスの機関車に制限されていた。 というのは高架橋には車軸の負荷に制限があったからである。 定期運航は 1968 年に廃止されたが、橋は地元の砕石場の列車の入れ替えに使用された。 1990 年代に高架橋が鉄道輸送を通すのに弱体化しすぎていると思われてから、残っていた単線が除去された。

橋は今ではダートムーアを横断する長距離自転車道の 「花崗岩道」 (The Granite Way) として使用されている。 高架橋は 「モニュメント一覧」 (Scheduled Monument) の一つで、 鋳鉄製のトラスを支える錬鉄製の格子橋脚を使用した英国で現存する二基しかない橋の一基である。 (もう一基はノッチンガムシャー州とダービーシャー州の間にある ベナーリー高架橋である。)

メルドン高架橋
  1. 歴史
  2. デザイン
歴史

19 世紀に LSWR はロンドンから デボン州 コーンウォール州に至る乗客列車を走らせることで、 グレート・ウェスタン鉄道 (GWR) と競争をしていた。 しかし GWR の提携会社であるサウス・デボン鉄道はエクセター・セント・デイビッズ駅 (Exeter St. David's) からプリマスに至るまで、南海岸に沿う鉄道を技術者 イザムバード・キングダン・ブルネルの指揮の下ですでに建設していた。 LSWR とその技術者のウィリアム・ガルブレイスには ダートムーアの高地を横断するルートしか残されていなかった。

ダートムーア鉄道
訳注
この区間の LSWR はダートムーア鉄道と呼ばれるようで、上の路線図の上方が エクセターに至り、 エクセターからメルドン高架橋に至るまでにオークハンプトン (Okehampton) の地名が見え、 高架橋を通り過ぎると 2 つに分岐し一方がバッド (Bude、北) に向かい、 もう一方がプ リマス (Plymouth, 南) に向かうことがわかる。

工事は 1871 年にメルドン高架橋で開始した。 橋が 1874 年 10 月 10 日に開通した時に、 橋はオークハンプトンを経由して、プリマスとバッド (Bude) に至る LSWR のルートの一部となった。 元々橋は単線で、LSWR のエクセターからプリマスに至る LSWR の路線の一部であったが、 1878 年に軌道が複線になった。 この時、類似のデザインの鋼の高架橋が隣接して建設され、2 つの橋が結合された。 高い足場の必要性を不要にするために、 元々の橋に搭載した デリックによって架台 (trestle) を設置した。 トラスは鉄道の側線で建設して、多くの重り (balast) を載せた二台の鉄道クレーンで持ち上げ、 元々の橋に押し出され、クレーンのアームを旋回して定位置に設置した。 各トラスはこのようにして、およそ 2 時間 30 分で設置することができ、 工事を時刻表に沿って配置し、どの段階でも鉄道を閉鎖する必要性を避けることができた。 この方法は技術者の T. ライトソン (Wrightson) が考案し、 W. Jacomb が現場で監督し、非常にうまくいき、新しい橋は工事開始後 16 週間以内に完了した。 1931 年 5 月 5 日に大工の F. ルーク (Rook) が下りの木造路面を交換中に事故死した。

乗客輸送は 1968 年に廃止され、その後鉄道は単線に戻り、 主にメルドンのバラスト砕石場の貨物列車の入れ替えに使用された。 1970 年に高架橋に道路が建設されて、 メルドン・ダムの建設でトラックが進入できるようにした。 橋は 1990 年に列車を通すのに弱体化しすぎていると査定されて、 軌道が取り除かれた。 6 年後、高架橋は 「花崗岩道」 -- 自転車・歩行者用の道 -- として一新されて再開通した。 橋は現在では 「モニュメント一覧」 の一つである。

橋は現在ではメルドン高架橋会社 -- 高架橋を守るために 1999 年 2 月に設置された非営利組織 -- によって所有されている。

鉄道閉鎖以来、色々な折に地元の人や熱狂家が鉄道再開の運動をした。 この運動は 2014 年に冬の嵐によって 2 月に グレート・ウェスタン鉄道がダウリッシュ (Dawlish) で不通になった時に注目を集めた。 ネットワーク・レールによるとメルドン高架橋の状態が鉄道再開の重要な障害で、 鉄道再開の前に橋を交換する必要があるとのことである。

デザイン

高架橋は錬鉄と鋳鉄で建設されており、 英国に現存する二基の錬鉄製のトラス・ガーダー鉄道橋の一基である。 これ以外に現存する唯一の実例はベナーリー高架橋でノッチンガムシャー州とダービーシャー州の間にある。 橋は 6 基のウォーレン・トラス・スパンから構成され、各々長さ 90 フィート (27 m) で、 5 基の格子架台で支えられている。 元々の橋 (現在は上り線の一部分) は中央が 5 フィート (1.5 m) 離れた一対のトラスから構成されている。 橋が後に複線操業にするために拡幅された時に、 ほとんど同一な第二の橋が元々の橋から 7 フィート 6 インヂ (2.29 m) 離して設置され、 すき間は木材の路面を渡した。 トラスは高さが 9 フィート 4 インチ (2.84 m) で、古いトラスは変わっていて、 伸張要素 (基底要素) が丸めたガーダーではなく金属の板で作られている。 架台は高さが変化し、48 フィート (15 m) から 120 フィート (37 m) まで変わり、 水平と斜めの支えが付く 4 本の錬鉄の橋脚から構成されている。 架台は上方に向かうと細くなり、24 フィート (7.3 m) 幅の石の基礎の上に設置されている。

メルドン高架橋のビクトリア時代の鉄の
構造が 165 m の峡谷を横断する時に
ゆっくりとカーブしていることが見える。

高架橋は長さ 163 m (355 フィート) で、一番高い場所で、谷から 46 m (151 フィート) の高さがある。 高架橋はわずかにカーブして、吹きさらしの状態と組み合わされて、 横断する列車に速度と重量制限が適用されていた。 架台は 1938 年と 1944 年に強化され、 より重い交通が第二次世界大戦中に高架橋を使用できるようにした。 更に架台の強化が 1959 年と 1960 年に実施された。