ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Sonestown Covered Bridge - Wikipedia
ソーンズタウン覆い橋: Google map
ソーンズタウン覆い橋
(Sonestown Covered Bridge)

ソーンズタウン覆い橋バー・アーチ・トラス 覆い橋で、 米国ペンシルバニア州サリバン郡 (Sullivan County) のデイビッドソン・タウンシップ (Davidson Township) でマンシー川 (Muncy Creek) に架かっている。 橋は 1850 年頃に建設され、 長さが 110 フィート (34 m) あり、 1980 年に国の歴史登録財 (NRHP, National Register of Historic Places) になった。 橋は近くの法人化されていない村にちなんで名付けられ、 デイビッドソン覆い橋 とも呼ばれる。 橋は製粉所に行くために建設され、製粉所は 20 世紀初頭まであった。

ソーンズタウン覆い橋
西の入口と北側
ペンシルバニア州における位置

ペンシルバニア州は覆い橋が米国で最初に建設された場所で、 19 世紀、20 世紀、21 世紀に覆い橋が最も多くあった州である。 州の大半の場所では覆い橋は石の橋から金属の橋への移行期のもので、 屋根と側板が木造構造を気象から守った。 ソーンズタウン橋はバー・アーチ・トラス型式で、 荷重を支えるアーチが多重キングポスト・トラスを挟んで、強さと剛性を与えるものである。 この橋の建設はサリバン郡に現存する他の 2 基の覆い橋よりは粗削りで、 各バー・アーチは滑らかな曲線ではなく、 6 個の真っすぐな梁が角度を持って構成されたものである。

橋は 1969 年頃に修理され、 1996 年、2005 年、2013 年の洪水の後に修理された。 橋は 2001 年にも修復された。 修理と修復にもかかわらず、 2012 年現在では、国内橋梁台帳 (National Bridge Inventory) におけるこの橋の充足率 (suffciency rating) はわずか 19.0% でしかなく、 橋の状態は 「構造的に不十分」 と思われた。 (橋は修理のために 2012 年にも閉鎖された。) 橋は郡で最短の覆い橋で、 2015 年現在もまだ使用され、 2010 年の平均交通量は車両 50 台であった。

  1. 概説
  2. 歴史
  3. 大きさ
概説

覆い橋はデイビッドソン・タウンシップでマンシー川を横断し、 チャンピオン・ヒル・ロード (タウンシップ・ロード 310) を通し、US ルート 220 のすぐ東にある。 ソーンズタウン村は橋の北 1 マイル (1.6 km) のルート 220 沿いにあり、 その名前をソーンズタウン覆い橋に与えた。 橋はルート 220 沿いのマンシー・バレー村の 1 マイル (1.6 km) 東でもある。 NHRP における橋の公式名称はソーンズタウン覆い橋である。 橋はタウンシップの理由から、デイビッドソン覆い橋とも呼ばれる。 サリバン郡はペンシルバニア州中央北にあり、 フィラデルフィアの北およそ 123 マイル (198 km) にあり、 ピッツバーグの北東およそ 195 マイル (314 km) にある。

橋の南側、2008 年 10 月

デイビッド・タウンシップとなった地域には 1806 年に初めて定住者があり、 1833 年にタウンシップに法人化された。 タウンシップで、ジョージ・ソーンズ (George Sones) が製材所を建設し、 1843 年に法人化されていないソーンズタウン村を設立した。 これらの出来事は全て、1847年 3 月 14 日にサリバン郡がライカミング郡の一部から形成される前に起きた。 橋は 1850 年に建設され、 19 世紀末には木材産業がサリバン郡で成長するにつれ、ソーンズタウンは「気が狂ったようにブームで沸いた」。 村には当時、樽を作るためのおけ板を製造する工場があった。 村には 1903 年から 1929 年まで、洗濯バサミの工場があったが、 1930 年代までにほとんどすべての産業が失われた。 1996 年現在では、ソーンズタウンの人口はおよそ 200 名程度で、 マンシー (Muncy)、モントゥアズビル (Montoursville)、そしてウィリアムズポート (Williamsport) に通勤している。 1996 年には村に少々の店と、レストランを備えた宿があり、旅行客や猟師を引き付けた。

歴史
背景

米国で最初の覆い橋は 1800 年に建設され、フィラデルフィアのスクーカル川に架かった。 「ペンシルバニア州の覆い橋:ガイド」 の著者であるスーザン M. ザッカー (Susan M. Zacher) によると、 最初のバー・アーチ・トラスのデザインの覆い橋もペンシルバニア州に建設された。 ペンシルバニア州はかって少なくとも 1500 基の覆い橋があったと見積もられ、 1830 年から 1875 年の間で国中で最多であったと思われている。 2001 年にペンシルバニア州には他のどの州よりも多くの現存する歴史的な覆い橋があり、 67 郡の中で 40 郡に 221 基が残っている。

覆い橋は石の橋から金属の橋への移行期のもので、後者は鋳鉄、あるいは鋼で作られた。 19 世紀のペンシルバニア州では、木材は橋の建設用の豊富な資源であったが、 木材は気象にさらされると長くはもたなかった。 覆い橋の屋根と囲い込む側壁は構造要素を保護し、 このような橋の幾つかを 1 世紀以上も生き延びさせることを可能にした。 バー・アーチ・トラスは荷重を支えるアーチが多重キング・ポストを挟み込むことによって構成され、 一方のみの要素から構成するよりも、もっと強固で、もっと剛性のある構造になった。 1890 年には、サリバン郡には 30 基以上もの覆い橋があったが、 1954 年には 5 基のみしかなく、2015 年現在では 3 基しか残っていない: フォークスビル覆い橋ヒルスグローブ覆い橋、 そしてソーンズタウン覆い橋である。

建設と説明

サリバン郡の 3 基の覆い橋全ては 1850 年、あるいはその頃にバー・アーチ・トラスで建設された。 建設時には、ソーンズタウン橋はサリバン郡の 5 番目の覆い橋であった。 橋はマンシー川を横断し、 ジョニー・ヘイズン (Jonny Hazen) の製粉所に行けるようにした。 この製粉所も 1850 年に建設された。 大半の情報源はソーンズタウンの橋の建設者を挙げていないが、 サリバン郡の残りの覆い橋に関しての 2 つの新聞記事は サドラー・ロジャース (Sadler Rodgers) が、 この橋に関してもデザインし、恐らくは建設したであろうと報道していた。 ロジャーズはフォークスビル生まれで、フォークスビルとヒルスグローブの橋を共に 1850 年に建造した。 これは彼が 18 才の時であった。

1980 年 7 月 24 日に、ソーンズタウンの橋は ブラッドフォード郡、サリバン郡、そしてライカミング郡の 7 基の覆い橋の 多重歴史遺産提案 (Multiple Property Submission) により、NRHP に登録された。 ソーンズタウンの橋は 2012 年の国内橋梁台帳 (NBI, National Bridge Inventory) にも載り、 台帳では、この橋は長さ 110 フィート (33.5 m)、 道路幅は 13 フィート 6 インチ (4.11 m)、 最高荷重は 5.0 米トン (4.5 トン) である。 しかしながら橋のそばに公示されている最大荷重は 3.0 米トン (2.7 トン) しかない。 NRHP によると橋の 「路面の幅」 は 15 フィート (4.6 m) で、 これは一車線の交通に十分なだけである。

NRHP の様式によれば、ソーンズタウン橋は 「ペンシルバニア州南東の類似の橋よりは軽量建設である」。 覆い橋は石と漆喰の橋台の上に設置され、橋台はその後コンクリートで強化された。 入口は路面下の翼壁に支えられている; これらは角度を持って橋台から延長し、「進入盛土の土壌を保持」 している。

橋の路面は橋の軸に垂直になるように敷かれた広い板から構成され、 この上に 2 枚の車輪が載る板 (runner) があり、これが橋の全長を走っている。 橋を支えるバー・アーチはサリバン郡の他の 2 基の覆い橋よりも粗削りである; アーチは滑らかな 「連続的な円弧ではなく、直線状の弦が角度を持って接続されたもの」 である。 橋の南側 (下流側) のバー・アーチの頂上は北側 (上流側) のアーチの頂上よりは目に見えて低くなっている。

橋の内部、角ばったアーチが見える。
左 (南側) が 右 (北側) より高い。

垂直な板が側面を覆い、橋の入口は赤色に塗装されている。 橋には中央の両側に小さな窓 (2013 年の修復までは窓がなかった) と、ひさしと壁板の間に開口部があり、これは橋の全長を走っている。 切り妻屋根は木造のこけら葺きで覆われている。 垂直余地が 10 フィート 0 インチ (3.05 m) であることを示す標識が各入口の上に掲示されている。 橋には鋼の補強材がない。

サリバン郡の覆い橋に対する態度は 20 世紀の後半に随分と変化した。 1954 年に残っていた 5 基の覆い橋の 2 基が 1970 年に破壊され、 この時ペンシルバニア州輸送局はフォークスビル覆い橋も壊すことを考えていた。 (しかし橋はその歴史的価値と観光客が気に入る理由から壊されずに修復された。) ヒルスグローブ覆い橋は 1973 年に NRHP に追加され、 それ以外の 2 つの橋は 1980 年に追加された。 ペンシルバニア州歴史・博物館委員会は州内の NRHP の覆い橋の修復工事に自身の承認を要求し、 これらの橋の破壊を禁止している。

使用と修復

19 世紀にはソーンズタウン覆い橋は 1865 年 3 月 1 日と 1889 年 6 月 1 日の大洪水を生き延びたが、 これはサスケハナ川西支流 (West Branch Susquehanna River) の流域の他の橋を破壊した。 2 つ目の洪水は 2200 名が亡くなったジョンズタウンの洪水を引き起こした同じ嵐によって引き起こされた。 1885 年に、マンシー川に沿ったウィリアムズポート & ノース・ブランチ鉄道 (Williamsport and North Branch Railroad) がソーンズタウンに到達し、 橋のすぐ東を通過した。鉄道は木材、石炭、そして乗客を運び、 1938 年に閉鎖した。

覆い橋は製粉所に行けるように建設され、1915 年のサリバン郡の州道路地図にはマンシー川の 東岸の橋の下流に製粉所が見える。 1941 年の地図 (1939 年のデータを使用したもの) には水力製粉所はもはや見えない。 もっとも川の東岸には 2 つの建物が見え、 1 つは橋のすぐ上流で、もう 1 つは橋のすぐ下流にある。 このどちらの建物も 1999 年までに消え失せている。 NRHP の様式では橋は最近 1969 年に修理され、追加の保守工事が必要であると述べている。 その当時にされた工事に含まれるものは: 幾つかの側板の交換、橋台をコンクリートで強化すること、 及び 「トラス構造にわずかな鋼を追加すること」 であった。

橋の南側と東の入口、そして以前の
製粉小屋の場所、2008 年 12 月。

1996 年 1 月にペンシルバニア州中で大洪水があった。 1 月 6 日 - 1 月 8 日の大吹雪により雪が 40 インチ (100 cm) までつもり、 これに続いて 1 月 19 日 - 1 月 21 日に 3 インチ (76 mm) 以上の雨が降り、 気温が高くて 62 °F (17 °C) にも達し、 風が時速 38 マイル (61 km/h) にも達した。 雨と雪解け水はペンシルバニア州中に洪水を引き起こし、 流氷 (ice jam) は多くの川で洪水を更に悪化させた。 近くのライカミング郡ではウィリアムズポートとその近辺で、 ライカミング川の洪水により 6 名が死亡して何百万ドルの損害を引き起こし、 プランケット川の流氷 (ice jam) は 19 世紀中頃の石のアーチ橋を破壊した。 これも NRHP に登録されたものであった。

ソーンズタウン覆い橋に対する洪水の圧力により、 橋の中心はほとんど 1 フィート (0.30 m) 下流に移動した。 これと他の大きな被害から橋は 1996 年の 1 月から 12 月まで閉鎖された。 橋はペンシルバニア州で公的に所有されていた橋で、洪水により破壊されたり、閉鎖した 69 基の橋の 1 つであった。 サリバン郡がこの橋を所有し、修理費を支払った。 これは橋が NRHP に登録されているため、州から命令されたことによっていた。 元々の入札は $93,000 であったが、 修理はウィリアムズポートのライカミング・サプライ社 (Lycoming Supply Inc.) が $89,000 で 11 月中頃からクリスマスの間の 60 日間で実施した。 橋の閉鎖により、通常は帰宅したり仕事に行くために橋を使用していた人は 5 マイル (8 km) の迂回をする必要があった。

修理が完成した後でさえ、 橋の元々の制限を超えた重い車両や大きな車両は橋を使用できなかった。 ビール輸送用トラックが橋を横断できなかったため、 橋の南東の米国在郷軍人会基地 (American Legion Post) への配達は手押し車で実施された。 2000 年 11 月 12 日に新しい 「復員軍人記念橋」 (Veterans Memorial Bridge) が 覆い橋のすぐ下流で落成した。 新しい橋もチャンピオン・ヒル・ロード (タウンシップ・ロード 310) の一部で、 すべての車両がマンシー川を横断することができた。

橋の東の入口と南側、重量制限と
車高制限が表示されている。

NBI (国内橋梁台帳) のデータによれば、覆い橋は 2001 年に修復された。 2004 年 9 月の ハリケーン・アイバンの洪水と、それい続く 2005 年 4 月の豪雨により、橋台に穴が開き、支持構造が弱くなった。 修理は 6 週間かかり、2005 年中頃の 8 月に実施された。 同じ年の 8 月に捨て石 (riprap) を設置し、川を埋めて橋台を更に保護した。 デュショア (Dushore) の 「レクサーのドリルとコンクリート社」 (Rexer's Drilling and Concrete) が $9,250 の経費で実施した。 2004 年 9 月の浸食は橋の上流 200 フィート (61 m) の家を破壊した。 そのためサリバン郡政委員は更なる浸食による被害を防ぐことになった。 工事は私有地で実施され、ペンシルバニア州環境保護局の許可が必要とされ、 2006 年夏に実施された。

橋の下。捨て石 (大きな岩) が
西の橋台を守っている。
新しい橋から見た覆い橋、
2006 年 8 月。マンシー川の
浸食防止工事の泥水。

NRHP の様式は橋の状態を 1969 年には 「かなり良好」 (fair) とし、 1980 年には 「良好」 (good) と述べている。 ザッカーの 1994 年の本もエバンスの 2001 年の本もこの橋を 「良好」 な状態と述べている。 この事実と修理と修復にもかかわらず 2006 年の 連邦道路管理局国内橋梁台帳 (Federal Highway Administration National Bridge Inventory) は橋の構造の充足率が 18.6% しかないことを指摘している。 これは橋の基礎が土砂の擦り取り (scour condition) (流れが基礎を流し出す可能性) には安定しているが、 柵 (rail) が 「現在の許容できる標準」 を満たしていないとした。 全体的な状態は 「基本的に許容できる高い優先度で修正することが要求される」 とされ、 橋の改良経費を $108,000 と見積もった。

1996 年に、ソンズタウン橋をクリスマスに向けて飾り、ライトアップする伝統があった。 橋の 1 日当たりの平均交通量は 2006 年には車両 50 台であった。 2016 年現在では、橋はなお使用され、マンシー川を横断する唯一の残存する覆い橋であった。 もっともマンシー川の流域にはレアーズビル覆い橋もあり、 これはライカミング郡でリトル・マンシー川に架かっている。 ザッカーによると 「サリバン郡の橋は、その配置から州で最も魅力的なものである」。

橋は 2011 年 9 月 7 日に熱帯低気圧リー (Tropical Storm Lee) が 引き起こした 12 インチ (300 mm) 以上の雨で洪水したマンシー川により被害を受けた。

2011 年 9 月の熱帯低気圧リー
が温帯低気圧になった後の
橋の南側の木と他の被害。
大きさ

次の表は異なる情報源で、異なる方法による、長さ、幅、荷重の公表値の比較で、 更には名称あるいは引用されている名称の比較である。 NBI は橋の長さを橋台の背面の間の距離、あるいは橋の両端の舗装の溝の間の距離とし、 道路面の幅を縁石あるいはレールの間の最も制限がある最小距離としている。 NRHP の様式はペンシルバニア州歴史・博物館委員会 (PHMC, Pennsylvania Historical and Museum Commission) によって準備されたもので、 これはペンシルバニア州のすべての覆い橋に関して、 (複数の) 郡の技術者、歴史協会、覆い橋協会などに調査したものである。 エバンズは 2001 年にペンシルバニア州のすべての覆い橋を訪れ、各橋の長さ (入口から入口まで) と (入口の) 幅を本のために測定した。 ザッカー (Zacher) の本のデータはペンシルバニア州のすべての覆い橋の 1991 年の調査に基づくもので、 この調査は PHMC とペンシルバニア州輸送局が地方政府と民間機関の協力を得て実施したものである。 これは基本的には NBI と NRHP のデータを使用している。 というのはこれは全国調査だからである。

長さ 荷重 名称 情報源 (年)
33.5m 4.11m4.5t ソンズタウンNBI (2012)
30.2m 4.6m 2.7t ソンズタウンNRHP (1980)
36.20m4.42m記載なしソンズタウンエバンス (2001)
31.1m 4.6m 記載なしソンズタウンザッカー (1994)