ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Button's Mill, Diss - Wikipedia

ボタン風車: Google map ストリート・ビュー

ディスのボタン風車 (Button's Mill, Diss)

ジェイの風車 (Jay) 、ボタン風車、あるいはビクトリア・ロード風車 (Victoria Road Mill) はイングランド、 ノーフォーク州ディスの塔風車であり、 切り詰められて、住宅に転換された。

ボタン風車、1911 年頃
  1. 歴史
  2. 説明
歴史

ボタン風車 (Button's Mill) は 1817 年頃にディスの共有地にトーマス・ジェイ (Thomas Jay) のために建設され、彼は土地を買収して、その年にそこに風車が建設された。 ジェイ (Jay) はスタストン・ロード (Stuston Road) にも柱風車を所有していた。 この風車は 8 枚帆で建設されたが、帆は 1836 年 11 月 28 日に吹き飛ばされた。 スタストン・ロード (Stuston Road) のジェイの柱風車は 4 日前に突風で吹き飛ばされていた。 この塔風車ミルライトのヘンリー・ラッシュ (Henry Rush) により修理されたが、 現在は 4 枚帆を見せているだけである;代わりの柱風車も建設された。

トーマス・ジェイ (Thomas Jay) は 1847 年 4 月 3 日に亡くなり、 風車は彼の未亡人のサラ (Sarah) が操業した。 風車は 1853 年 9 月 5 日にディスのキングズ・ヘッド・ホテル (King's Head Hotel) の 競売で売りに出されたが、売れなかった。 これは 1856 年 10 月に再び売りに出され、 マイケル・ホウズ (Michael Hawes) により買収された。 ウィリアム・ホウズ (William Hawes) が後を継ぎ、1880 年に引退した。 風車はキングズ・ヘッド・ホテルの競売で売却され、 ジョン・ボタン (John Button) が買収した。 ボタンはディスの周辺の色々な柱風車で仕事をし、その時には 24 年間 事業についていた。 蒸気エンジンがこの時までに補助動力として設置されていた。 1892 年にはローラー製粉装置 (roller milling equipment) が追加された。 蒸気エンジンは後でオイル・エンジン (oil engine) で交換された。

帆が 1928 年に失われ、この時までに、ジョン B. ボタン (John B. Button) が風車で働いていた。 風車は 1929 年まで、1 対の帆の組で仕事をし、 この時にファンテールが被害を受けた。 帆の残りの組は、以前に サフォーク州フラムリンガム (Framligham) のマウント・プレザント風車 (Mount Pleasant Mill) にあったもので、1936 年頃に売却され、 エセックスのターリング風車 (Terling Mill) で更に使用された。 これらはターリング (Terling) まで鉄道で輸送され、最後の旅程は馬と荷馬車によった。 キャップが取り除かれ、風車は 1 階の高さを切り詰められた。 これは次に製材所の 1 部分として使用された。 1968 年に、風車が買収されて住居に転換された。

説明

ボタン風車 (Button's Mill) は 6 階建ての塔風車で、ドーム (dome) のキャップが付き、 ファンテールで風向きを向いた。 これは 8 枚帆で建設されたが、1837 年に 4 枚のダブル特許帆 (double Patent sails) で再建された。 帆は差し渡し 66 フィート (20.12 m) あり、幅が 9 フィート (2.74 m) ある。 帆は鋳鉄製の風車軸に搭載されていた。 木造のブレーキ・ホイール (break wheel) は直径が 11 フィート 6 インチ (3.51 m) であり、 鉄製のセグメント歯 (segment teeth、弓型歯) が付いていた。 4 組のフランス製のバー臼石 (Burr millstone) がオーバードリフトで駆動されていた。

製粉業者