ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Chesterton Windmill - Wikipedia

チェスタートン風車: Google map フォトスフィア

チェスタートン風車 (Chesterton Windmill)

チェスタートン風車はアーチの基礎がある 17 世紀の石の塔風車で、 ウォリックシャー州チェスタートン村の外にある。 これはグレード I の指定建造物で、南東ウォリックシャー州の著しいランドマークである。

ウォリックシャーのチェスタートン風車
  1. 歴史
  2. 建設
  3. 作業場所 (Workings)
  4. 復元
  5. 米国ロードアイランドの類似な構造
歴史

この風車はウォリックシャー州の最も有名なランドマークの 1 つである。 これはチェスタートン村を見下ろす丘の頂上に立ち、 ローマの フォス・ウェー (Fosse Way) の近くにあり、 ウォリックのおよそ 5 マイル (8 km) 南東にある。 これは 1632 年 - 1633 年頃に建設され、恐らくはサー・エドワード・ピートウ (Sir Edward Peyto) によるもので、 彼はチェスタートン荘園邸 (Chesterton Manor House) の領主であった。 この時にイニゴ・ジョーンズ (Inigo Jones) の弟子であるジョン・ストーン (John Stone) はチェスタートンにおり、 新しいチェスタートン荘園邸をデザインしていた。 彼は恐らく風車でも支援した。 サー・エドワード (Sir Edward) は数学者、占星術師で、恐らくは風車の建築家自身である。 しかし元々、塔は天文台として建設されたとの主張がされたのにも関わらず、 今では「ウォリック記録事務所」 (Warwick Record Office) にある地所の説明文書から、 常に風車であったことがわかり、これにより、 これがイングランドで最も初期の塔風車となり、 どの作動部分も保持されている。

建設

これは地元の石灰岩で建設され、 詳細部は砂岩で建設され、直径が 71 フィート 9 インチ (21.87 m) の浅い足場の上にある。 風車の塔は、キャップの高さが 36 フィート (11 m) あり、 構造と機構で世界的に独特で、半円アーチに支えられて橋脚に載り、 外側の面は共通の中心から放射する円弧である。 砂岩の石層 (string course) は 6 個のアーチの上に載り、 塔の周りで窓の下を走っている。 塔には 4 つの窓があり、2 つが小さく、2 つがより大きく、 石のムリオン (mullion) の付いた窓である。 帆の反対側の屋根の上にある 3 つの明かり採りのある窓は、 その上に小さな刻板があり、 "E.P.1632" の文字が刻まれている。

作業場所 (Workings)

開放された地表フロアー以外に風車の中にもう 2 つのフロアーがあり、 最初の下層フロアーと、地表から 15 フィート上の臼石フロアー (stone floor) があり、 格納しているのは:  臼石 (ミルストーン (millstone)) 、 大平歯車ハースト枠 (hurst frame)、 フロアーの落とし扉 (trap) を通る袋持ち上げロープ、 及び、ブレーキ・ホイールのある上方フロアー (第二フロアー、あるいは持ち上げフロアー)、 主歯車 (転がり歯車 (wallower))、持ち上げプーリー (pulley)、 巻き上げウィンチの一部分である。 風車軸 (windshaft) と風に向ける装置の主要部分 -- これには風向き指示器が含まれる -- がキャップの中に設置されている。 アーチの中の空間には、1930 年まで、 穀物を貯蔵する木造構造と 製粉フロアーに到達するための開放木造階段があった。 この構造は取り除かれて、破壊行為 (vandalism) を防止した。 風車のキャップは浅いドームで、鉛の板で覆われていたが、 破壊行為 (vandalism) の理由から、今ではアルミで覆われている。 キャップと壁の上端の間にはローラーのシステムが軌道板を走り、キャップが簡単に回転できるようになっている。 風の方向指示器が屋根の上にあり、これは内部までつながり、下端には小さな反復指示器があり、 製粉業者は仕事を離れずに風車を設定できた。 格子型式の帆は差し渡し 60 フィート (18 m) で、反時計式に回転し (風車の外から見た時;  世界中のほとんど大半の風車は風車の中から見ると (風の下では) 時計式に回転する), これに 450 平方フィート (42 m2) のキャンバスがあった。 アーチの付いた塔はとても小さな半径 22 フィート 9 インチ (6.93 m) に広がり、、 これにはイングランドの風車としては普通とは違う、"キャップの中に" 回転装置があり、 キャップが手動操作のウィンチで風向きになり、ここに歯車と ワーム・ギアが付いている。

復元

風車は 3 回の主な再建を経たように思われる。 1776 年に 1 回あり、この時は風車軸 (mill shaft) が作り直され、日付が軸の後端 (tail) に刻まれている。 1860 年に 1 回あり、この時は古い縁 (curb) とキャップの枠が変更された。 1910 年までに、これは風車として機能しなくなった。 というのは、回転歯車が機能しなくなり、最後の製粉業者であるウィリアム・ヘインズ (William Haynes) は風車のキャップを 回転して、帆を風に向けることがもはや可能でなくなったからである。 彼はこの風車を見捨てて、1 マイル東のハーベリー (Harbury) 塔風車に移動した。 1930 年代に、風車は時々、'好調な' 風の時に製粉に使用された。 帆と風向計の小規模な修理が実施された。 1950 年代始めに、1 枚の帆が壊れ、何年も後に修復された。 1969 年になって始めて、チェスタートン風車のより大きな再建がウォリックシャー州議会の下で、 再び始まり、議会が今では風車の維持と機械の再建に責任があった。 風車の修理は 1971 年に終了し、毎年夏に数日間公開されている。 (近くの村のボランティアが公開日の開催を支援し、イベントの世話役を提供している。)

帆の無い風車

2006 年、帆の 1 つが公開日に落下し、観光客の 1 人が負傷した。 当初は事故に引き続き、この一帯にはロープが張られ、観光客が風車に近づくのを防止した。 次に、帆自身が取り除かれて、強化された。 これらは 2007 年についに取り換えられた。

1975 年に、シビック・トラスト・ヘリテッジ賞 (Civic Trust Heritage Award, 市民活動歴史遺産賞) の 1 つを授与された。

米国ロードアイランドの類似な構造

ニューポート塔 (Newport Tower) -- チェスタートン風車に類似の石の塔 -- が米国 ロードアイランドのニューポートにある。 一般的に受け入れられている理論は、これは 1676 年頃にベネディクト・アーノルド (Benedict Arnold) により建設されたことで、 これはそれ以前の木造風車が 1675 年に吹き飛ばされた後のことであった。 これはチェスタートン風車と全く同じわけでなく、8 個の円筒形の柱がある、 しかし随分似ていた。 アーノルド家 (Arnold) は、その起源が議論されているが、 レミントン (Leamington) であるか、 もしくは フォス・ウェー (Fosse Way) を更に下がったサマセット (Somerset) の イルチェスター (Ilchester) であり、1635 年にロードアイランドに移民し、 ここで Benedict は 1663 年に州知事になった。 この事実と、アーノルド (Arnold) の遺言における塔の風車としての使用に関しての文書上の証拠と、 17 世紀以前にこの場所が使用され事の考古学的証拠がないこととあわせて、 一般的に認められている理論は、 ニューポート島はチェスタートン風車に基づいていることである。 しかしながら、歴史家によっては、アマチュアの研究者と同様に、 この理論に異論をとなえ、これが数世紀古いと主張し、ニュー・イングランドにおける コロンブス以前の (バイキングの) 定住の証拠であるとしている。

2004 年米国、ニューポート塔