ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Eling Tide Mill - Wikipedia

エリング潮汐ミル: Google map

エリング潮汐ミル (Eling Tide Mill)

エリング潮汐ミルは、 イングランド、 ハンプシャーのエリング (Eling) の人工の土手道 (causeway) にあり、 英国で 2 つしかない操業可能な潮汐ミルのうちの 1 つである。 もう 1 つは、 サフォーク (Suffolk) の ウッドブリッジ潮汐ミル (Woodbridge Tide Mill) である。 1 つのミルが 1086 年の ドゥームズデイ・ブック (Domesday Book) に言及されているが、 現在のミルと何らかの関連があるか否かは不明である。 現在のミルはおよそ 200 年前に再建されたもので、1770 年代の嵐の被害の後のことであった。 エリング潮汐ミルを焦点にしているのは 2009 年に創設された「エリング潮汐ミル体験」 で、 これは、この潮汐ミル、 近くの トットン & エリング歴史遺産センター (Totton & Eling Heritage Centre)、そして コーティ―浜辺 (Coatee Beach) とバートリー・ウォーター (Bartley Water) の野外歩行路 (outdoor walks) が 同じ管理とマーケティング (marketing) の下に置かれた時にできたものである。 これはグレード II* の指定建造物である。

ミル池のそばからミルを見る。
料金所の小屋が手前
ハンプシャーにおける
エリング潮汐ミルの場所
  1. 操業
  2. 歴史
操業

潮汐ミルには独立な水車の組があり、各々 2 セットの ミルストーンを駆動する。水車一基と付属するミルストーンが 操業状態に復元されて、小麦粉を製造して、売却している。 もう一つは表面的に復元されて静的に展示されている。 稼働水車、製粉用機械、とそれ以外の機械が製粉業者と訪問客の安全のためにケースに入れられている。 一方、静的展示された水車は動くことがなく、 これにより訪問客が詳細に見ることができる。機械が動いていると、安全ケースによって詳細が見えないからである。 水車は毎日 5 時間 - 7 時間の間で生産が可能である。

エリングの復元されていない静的展示の詳細
歴史

ミルはその生涯の大半で、 ウィンチェスター・カレッジに所有されていた。 リースが 1418 年から始まり、 この時カレッジは Thomas Mydlington にリースし、彼にミルと土手道の保守を要求した。 土手道は崩壊しやすく、例えば 1887 年に押し流された。 この問題は 1940 年まで続き、この時、現代工学の計算から明らかになったことは、 原因が導水路 (sluices) のデザインであったことである。 そして、これは補正された。

ミルの賃貸には土手道を使用する車に通行料を課す権限が含まれる。 4 輪車は 6d (2.5 p) が課せられ、2 輪車には 4d を課せられた。 この彫金は 1970 年まで変化しなかった。 もっと最近では料金は 「トットンとエリング」 の町議会によって管理され、 1 日 車 1 台に付き 1 ポンド課金されている。 1967 年には通行料徴収係はトム・マックレル (Tom Mackrell) で、 彼はミルが 1946 年に閉鎖した時にミルを操業していた最後の人達の 1 人であった。 トムは通行料徴収係且つミルの監督で、 エリング潮汐ミルの操業業者のマスターである兄弟のために働いていた。 ミルは 1980 年に再開し、今では「エリング潮汐ミル体験」として営業している。