ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Glamorganshire Canal - Wikipedia

原文で railway (線路) と書かれている部分は 「鉄道」 に翻訳しています。 これは実際に鉄の線路を使用しているかどうか不明ですが、ゴロが悪くなるのでこうしています。

グラモーガンシャー運河
(Glamorganshire Canal)

グラモーガンシャー運河は英国、サウス・ウェールズにあった 峡谷の壁 (valley-side) にある運河で、 マーサー・ティドビル (Merthyr Tydfil) からカーディフ (Cardiff) に至っていた。

グラモーガンシャー運河、
ナイチンゲールズ・ブッシュ、ポンティプリッド
  1. 歴史
  2. 今日
歴史

グラモーガンシャー運河は建設が 1790 年に始まった時にその生命が始まった。 マーサー・ティドビルの豊かな製鉄業者たち -- これにはシファースファ製鉄所 (Cyfarthfa) のリチャード・クローシェイ (Richard Crawshay) が含まれた -- に注目され、運河は 物資 (鉄鉱石、石炭、そして石灰岩) を谷からカーディフに輸送する問題の解答として考えられ、 カーディフから世界中に出荷された。 トーマス・ダドフォード (Thomas Dadford) が採用されて、運河のルートが調査・計画され、 カーディフ卿の支援の下に、1790 年 6 月 9 日に運河は議会に承認された。

ほとんど £90,000 が運河建設の準備に集められ、 運河の 4 マイル以内のすべての工場は運河の支線と鉄道 (railway、ワゴンウェイ) により接続される ことになった。 しかしながら、カーディフの数マイルに近づくと、 運河は深刻な水不足に苦しみ、物資がカーディフに定刻に到着しないことになった。 この問題を解決するためにポンプがメリングリフィス (Melingriffith) に導入されて、 主な目的がタフ川 (River Taff) から運河に給水することになった。 メリングリフィス・ブリキ工場から遠くない所に (タフ川とグラモーガンシャー運河のちょうど間に)、 これは 1807 年に建設されたが、ポンプの由来には議論があり、情報源に依存している。 歴史家はシファースファ製鉄所 (Cyfarthfa Ironworks) のワトキン・ジョージ (Watkin George) により デザイン (1793 年) されたものか、ジョン・レニー (John Rennie) によりデザイン (1795 年) されたものとしている。

建設

グラモーガンシャー運河水路の所有者の会社 (Company of Proprietors of the Glamorganshire Canal Navigation) が認可されたことは; 資本で £60,000 を集め、必要であれば £30,000 を集めて運河本線を建設することと、 ルート沿い 4 マイル (6.4 km) 以内のいかなる工場とも運河を接続する接続鉄道 (feeder railway、ワゴンウェイ) の建設であった。 これらの鉄道は運河自身の一部分とみなされ、 鉄道の土地は必要であれば強制的に買収できた。 建設は 1790 年 8 月に開始し、 この時、トーマス・ダドフォード -- 運河の技術者であるジェームズ・ブリンドリー (James Brindley) の弟子 (pupil) -- が現場に到着し、 トーマス・シースビー (Thomas Sheasby), 子息のトーマス・ダドフォード, Jr.、 そして労働者の一団が随行した。 建設はマーサー・ティドビルから開始した。 マーサー・ティドビルから クローシェイのシファースファ製鉄所 (Crawshay's Cyfarthfa Irobnworks) への 延長も建設された、 もっともこの支払いには紛争があり、結局は調停により解決した; しかしドウライス (Dowlais) 製鉄所 とペン=ア=ダレン (Penydarren) 製鉄所に至る支線の建設は たった 1.75 マイル (2.82 km) で 411 フィート (125 m) 上昇し、取りやめとなり、 2 本のトラムロードで代替され、各工場ごとに一本づつ建設された。

マーサー・ティドビルからニューブリッジ (Newbridge, 後にポンティプリッド (Pontypridd) に改名) への区間は 1792 年 6 月に完成し、 運河の残りは漸次開通した; Pwllywhyad (トレフォレスト (Treforest)) は 1793 年 1 月、 タフズ・ウェル (Taffs Well) は 1793 年 6 月であった。 このころまでにプロジェクトは予算をはるかに越えており、 カーディフへの最後の区間は 1794 年 2 月に開通したが、うまく建設されておらず、1794 年に 修理のために何回かの閉鎖があった。 運河は 12 月に決壊したが、ダドフォードは彼の契約期間にもかかわらず、 支払い無しに修理を開始することを拒否し、直ちに労働者を解雇して、仕事から去った。

運河会社はダドフォード父子から £17,000 を回収しようとし、 彼らを逮捕した。 しかし技術者のロバート・ウィットワース (Robert Whitworth) により採用された 独立の測量技術者は大まかにはダドフォード父子に有利に判断し、£1,512 が払い戻されたのみである。

運河は長さがおよそ 25 マイル (40 km)、 落差がおよそ 542 フィート (165 m) で、 50 基の水門が必要となった。 運河はナビゲーション (Navigation, 現在はアベルカノン (Abercynon) と呼ばれる) に至るまでは峡谷の西側斜面を通り、 ナビゲーションでタフ川を水道橋で横断し、 カーディフに至る大半のルートでは東側斜面を通った。 第二の議会法は 1796 年 4 月 26 日に獲得され、これにより運河を 1 マイル (0.8 km) 延長して、カーディフ・ドック (Cardiff docks) の海水門 (sea lock) で終了することが可能となった。 これは 1798 年 6 月に開通し、開通式は海軍の行列と艦砲の発射で祝福された。 運河の全経費は £103,600 で、これには土地の買収費用が含まれ、 ダドフォード父子との契約が含まれたことは無論のことであった。

ダドフォード父子は隠れて運河を去ったが、 彼らの仕事はウィットワース (Whitworth) により正当化され、 彼らは近くの峡谷で運河を建設し続け、彼らの業績は 1796 年にジョン・バード (John Bird) によりまとめ上げられた: 運河は素晴らしい巧妙さにより、山からの風景を通り抜けて、持ち込まれた。

操業

リチャード・クローシェイ (Richard Crawshay) は運河会社の主要な株主であり、 自分に有利になるように影響を行使したと思われ、運河を私物のように扱った。 彼が他の製鉄業者から利益を搾り取ろうとした試みから、 他の人たちはマーサー・ティドビルからカーディフまでトラムロードの建設を提案して、 運河と競争しようとした。 クローシェイはこれに抵抗し、運河料金は少々削減されたが、 タフ峡谷の東岸の製鉄業者はまもなくマーサー・トラムロード (Merthyr Tramroad) を 建設し、これは 1802 年に開通し、 彼らの製鉄所とアベルカノンの運河をタフ川水道橋の近くで接続した。

アベルカノンのナビゲーション・ハウスは
1792 年に建設され、運河会社の本部であった。
2012 年にケルト肉料理レストラン (Celtic Carvery) になった。

運河の頂上の水はシファースファ製鉄所の排水路 (tail race) から得られ、 これは、以前はタフ川に戻され、プリマス製鉄所 (Plymouth ironworks) に 再使用された。 この給水を保護するためには、3 番目の水門から排水されるすべての水は 下流の運河ではなく、プリマス工場の給水に使用されるべきはずであった。 これは何年もの間、紛争の原因となり、法的な行動がどちら側からも開始され、 時々暴力行為があって、実際にプリマス工場に確実に給水されるようにした。 この状態はマーサー・トラムロードの開通と共に終了した。 というのは上流区間には交通は多くなく、水門により水がそれほど消費されなかったからであった。

運河は長年の間、利益があった。 配当は議会の認可法により 8% に制限されていた、 そこで 1804 年と 1828 年の間には、利益はトレーダーに払い戻したり、 通行料が課せられなかったり、法律で固定された通行料の 1/4 に削減されたりした。 鉄道が 1841 年から運河の領域に侵入し始め、 この時タフ峡谷鉄道 (Taff Vale Railway) がマーサー・ティドビルに向けて開通した。 運河はもう 20 年間持ちこたえたが、製鉄所は 1870 年代に閉鎖し始め、一方ある業者は鋼を製造するようになった。 1876 年は運河会社が完全に 8% の配当を支払えなかった最初の年で、この後、利益は急速に減少した。 運河はビュート侯爵 (Marquess of Bute) に売却され、 彼はカーディフ側の端を少々改良したが、 6 つの鉄道会社が 1886 年までにマーサー・ティドビルに進入し、すべてが交通を求めて競争し、 上流区間、とりわけアベルバン (Aberfan) の 4 マイル (6.4 km) の水平区間は石炭採掘の結果、 深刻な地盤沈下で苦しめられた。 検査が実施され。1898 年 12 月 6 日にマーサー・ティドビルからアベルカノンまで運河が閉鎖されて、 アベルバンの村を守った。

衰退と閉鎖

ビュート侯爵による運河の引き継ぎは少々遅すぎて、何らの大きな効果もなかった。 カーディフの改良は新しい水門 No.51 の建設が含まれ、これは、 こことクロッカーブタウン水門 (Crockherbtown) の間の水位を上げ、 ジャンクション運河、ウェスト・ビュート・ドック、及び イースト・ビュート・ドックがすべて同じ水位になった。 新しい水門は 「トレード委員会」 (Board of Trade) の 1888 年の復帰 (returen) には 含まれていないので、この日以後に建設されたはずである。 運河のこれ以外の交通は凋落し続け、1915 年に Cilfynydd で決壊が起きた時に、 会社は修理に投資しないことを決定し、その代わりに決壊ヶ所の周りに木製の 導水路 (flume) を建設し、従って Elen Deg 給水線の水がなお運河に到達できるようにした。 更なる決壊が 1942 年 5 月 25 日にナントガル (Nantgarw) の近くで起き、 技術者たちは問題の調査をしたが、何の工事も実施されなかった。

カーディフ市 (Cardiff Corporation) は素早く行動し、 運河を £44,000 で買収することに同意した。 この提案は 1943 年 8 月の 「カーディフ市法」 (Cardiff Corporation Act) に法制化され、 1944 年 1 月 1 日に市が運河をコントロールすることが名可能となり、 直ちに運河の閉鎖を宣言した。大半の事業は 1942 年に事実上終了していた。 しかしながら、法律の第 27 条は砂のトレーダーが使用する限りは海水門の上流の最後の 1 マイルを 閉鎖することができなかった。 戦争輸送省 (Ministry of War Transportation) が第 27 条を発動して、 海水門の水平区間は現在の非常事態が終了した後 6 ヵ月間は航行可能でなければならないと 裁定した時に、砂のトレーダーを立ち退かせる試みが失敗した。 戦争非常事態は 1950 年 10 月 8 日まで終了が宣言されなかった。

一方、2 つの 「砂・砂利会社」 は海水門と水平区間を継続して使用し、彼らの事業を実施した。 しかしながら、 1951 年 12 月 5 日の晩にこれが終了し、この時、 キャザリン・エセル (Catherine Ethel) と呼ばれ、154 トンの 蒸気吸引浚渫船 (steam suction dredger) が内部の水門ゲートに衝突した。 ゲートが崩壊し、1 マイル (1.6 km) の長さの水平区間のすべての水が河口に排水された。 ゲートは決して修理されることがなく、 運河を閉鎖する困難な仕事はカーディフ市にとり、一晩で解決した。

今日

今日、運河の限られた痕跡が残り、およそ半分がカーディフから マーサー・ティドビルに至る A470 基幹道路に覆われ、 これは 1970 年代に建設された。 アベルカノンとマーサー・ティドビルの間のタフ・トレイル (Taff Trail) の多くは運河のルートをたどっている。 トングインライス (Tongwynlais) からウィッチチャーチ (Whitchurch) の メリングリフィス・ブリキ工場 (Melingriffith Tin Plate Works) に 至る区間に水があり、釣りに使用されているが、現在は グラモーガンシャー運河地方自然保護区 (Glamorganshire Canal local nature reserve) になっている。 付け加えると、破壊されなかった幾つかの橋と水門がある。 ナイチンゲールズ・ブッシュ (Nightingales Bush) とポンティプリッド (Pontypridd) の水門 31 と水門 32 に水のある短い区間もある。 ここを復元する計画がある。 一台のボート計量機械 -- 英国運河で存在していたとして知られる 4 台しかない機械の一台 -- で、元々トングインライス (Tongwynlais) に設置され、 後でカーディフのノース・ロード (North Road) に移動したものが 1955 年ni 英国輸送委員会に贈呈され、 1964 年にストーク・ブルーアーン運河博物館 (Stoke Bruerne Canal Museum) で再設置されている。 カーディフ城の近くで運河を横断した歩道橋が、 今では城の近くで歩行者が道路の下を通り抜けるための地下道 (underpass) として使用されている。

フォレスト・ファームの近くの使用されていないこの運河区間
は現在は自然保護区。M4 自動車道の」近くであるが静かである。