ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

King's Norton Stop Lock - Wikipedia
キングス・ノートン停止水門
(King's Norton Stop Lock)

キングス・ノートン停止水門はグレード II* の 「指定建造物」 (listed building) で、 ストラトフォード・アポン・エイボン運河ウスター・バーミンガム運河 とのジャンクション (接合部) である キングス・ノートン・ジャンクションにある。 これは運河の停止水門で、唯一のギロチン形式のものである。

水門の西ゲート 水門の東ゲート
説明

この停止水門は水が一方の運河から他方の運河に流れることを防止するためのもので、 どちらの側がたかくてもよいが、 通常はストラトフォード・アポン・エイボン運河の方が 6 インチ高い。 運河会社は自身が給水した水の保存に常に懸念した。 この水門に隣接する料金所もあった。

木造のギロチン・スタイルのゲートは少し斜めになった鋳鉄製の梁枠 (girder frame) に鎖でつるされ、 鎖はゲートの小さな塊を通り抜けている。 鎖の一方の端は 2 つの大きな車輪を通過してウィンチ機構に至っている。 もう一方の端はもう 2 つの大きな車輪の上を通り、水門の側壁に組み込まれて隠されたカウンター・ウェイトに至っている。 水門を充満したり、空にするパドル・ギアの必要性はない。 水位差が非常に小さいので、ギロチン・ゲートを簡単に持ち上げて水を出し入れできる。

既存のゲートは恐らく 19 世紀のものである。 1948 年の運河の国有化以来、一方の運河から他方の運河への水の損失は問題ではなく、 ゲートはもはや使用されることがなく、どちらも開放されている。 ゲートが使用された最後の記録は 1959 年である。

橋により、水門の上をリフォード・レーン (Lifford Lane, 通り名) が通過し、 これゆえ、水門は時々、リフォード・レーン停止水門と呼ばれる。