ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Kings Norton Junction - Wikipedia
キングス・ノートン・ジャンクション
(Kings Norton Junction)

キングス・ノートン・ジャンクションは運河ジャンクション (canal junction) の名称で、 ストラトフォード・アポン・エイボン運河が 英国バーミンガムのキングス・ノートンでウスター・バーミンガム運河で終了・接続する場所である。


移動橋がウスター・バーミンガム運河を横断。
ストラトフォード・アポン・エイボン運河が右上で開始。
  1. 歴史
  2. 場所
歴史

ウスター・バーミンガム運河は 1791 年の議会法で認可を受けた。 これはスタッフォードシャー・ウスターシャー運河バーミンガム運河会社の反対を 克服した後のことである。 スタッフォードシャー・ウスターシャー運河は新しいルートを直接競合すると見なし、 バーミンガム運河会社は 2 つの運河の間のジャンクションを許さなかった。 運河はバーミンガムから南に向かって建設され、 バーミンガムでは、この運河とバーミンガム運河との間には 7 フィート (2.1 m) のギャップがあった。 キングス・ノートンを過ぎてからすぐに、丘の尾根を 2,726 ヤード (2,493 m) の ワストヒル・トンネル (Wast Hill Tunnel) で貫いた。 工事は 1791 年に開始し、1807 年にはボートはターデビジ (Targebigge) まで 到達できた。 その後、活動がなかったが、運河は 1815 年に終にディグリス・ベイスン (Diglis Basin) まで到達し、セヴァーン川に達した。 同じ年に、この運河とバーミンガム運河との接続をするための停止水門を建設することの合意が得られた。

ストラットフォード・アポン・エイボン運河は 1793 年に認可され、 新しい運河のルートの繁栄がストラットフォード・アポン・エイボンを素通りすることがないことが 確約された。建設はキングス・ノートン・ジャンクションで始まった。 このジャンクションはセリー・オーク・ジャンクション (Selly Oak Junction) から 3 マイル (4.8 km) 以内にあり、 セリー・オーク・ジャンクションではウスター・バーミンガム運河が ラパール・トンネル (Lapal Tunnel) によりダドリー (Dudley) 運河 No. 2 と接続していた。 このルートにより、ダドリー炭坑に容易に接続できた。 最初の 3 年間は資金不足から前進するのが遅かった。 1803 年にラップワース (Lapworth) のキングスウッド・ジャンクションに到達すると、 ここでウォリック・バーミンガム運河 (後のグランド・ユニオン運河の一部) と 接続され、大量の交通が運河とキングス・ノートン・ジャンクションを使用するようになった。 ラップワースからストラットフォード・アポン・エイボンへの最後の区間は 1812 年から 1815 年 に建設された。

(運河が衰退してから) ストラトフォード・アポン・エイボン運河の南部は閉鎖されたが、 北の区間は公的にはそうならなかった。 しかしながら、1939 年以後はほとんど交通がなく、停止水門より少し先にあるリフォード橋は 1942 年以後リフトすることが なくなった。これはグレート・ウェスタン鉄道がこの橋を修理する時に橋の動きを止めたからである。 ここは生まれて間もない内陸水路協会の最初のキャンペーンの舞台の 1 つとなり、 トム・ロルト (Tom Rolt) がジャンクションを通過して、運河を航行する意図を 1947 年に表明した。 鉄道会社は橋をジャッキで持ち上げて、彼のボートを通過できるようにしなければならなかった。 そして、この出来事は新聞で広く報道され、有益な宣伝となった。

場所

ウスター・バーミンガムの料金所の壁に 1793 年の料金表のレートが 1993 年に再現され、 高々と掲げられている。 料金は 1 トン 1 マイルあたり、石灰が 1/2 d (ペンス)、食糧や完成品は 1 3/4 d である。

2 つの運河会社の水は近くのリフォード・レーンのギロチン停止水門により分離され、 この水門は 2 つの木製のゲートから構成され、ゲートが鉄の枠を垂直に移動した。 現在では 2 つの運河のどちらもブリティッシュ・ウォーターウェイズにより管理されているため、 どちらのゲートも開放され、1948 年の運河の国有化以来これが継続していた。 停止水門はグレード II の指定建造物である。 これは傾いた鋳鉄製の枠組みと柱やカウンターウェイトがもとのままだからである。

ジャンクションに近い所にグレード II に指定された家があり、 赤いレンガで 1802 年に建設され、中央のドア通路のまわりに ドリス式 (doric) の柱の飾りがある。 これは大半の水門守の小屋よりは幾分大きい。 ジャンクションの橋は幅広の楕円のアーチがウスター・バーミンガム運河を越え、 ここを曳船道が通り、ストラトフォード・アポン・エイボン運河につなげている。 この橋はジャンクションの北にあり、これも又、指定建造物である。

ウスター・バーミンガム運河の
キングス・ノートン・ジャンクション
の料金所
料金表のレートの現代の復元
料金所の壁に掲示
リフォード・レーンの
ギロチン停止水門
ストラトフォード運河、200 m 先

ジャンクションからウスター・バーミンガム運河は北に向かって水平で、 5.5 マイル (8.9 km) 先にある バーミンガム運河水路網とのジャンクションである ウスター・バー・ジャンクションに至っている。 南に向かえば 8.6 マイル (13.8 km) の間水平であり、ワストヒル (Wast Hill)、 ショートウッド (Shortwood)、ターデビジ (Tardebigge) を通り抜け、 ターデビジの 30 層の連続水門のトップ水門に到達する。 ストラトフォード・アポン・エイボン運河は最初は東に向かい、 次に南東に向かい、10.8 マイル (17.4 km) の間水平である。 この後に 19 基の水門で運河はキングスウッド・ジャンクションに降下し、 グランド・ユニオン運河に到達する。