ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Mackinac Bridge - Wikipedia

マキノー橋: Google map

マキノー橋 (Mackinac Bridge)

マキノー橋 (Mackinac、/ˈmækɪnɔː/ MAK-in-aw) はマキノー海峡に架かる吊り橋で、 米国ミシガン州のアッパー半島 (Upper Peninsula) とロウアー半島 (Lower Peninsula) を接続している。 26372 フィート (4,995 マイル、 8.038 km) の橋は (親しみを込めて "ビッグ・マック" (Big Mac) とも "マイティ・マック" (Mighty Mac) とも呼ばれ)、 1957 年に開通し、世界で 19 番目に長い主スパンを持ち、 西半球でアンカレッジ間が最長の吊り橋である。 マキノー橋は州間道路 75 の一部で、 海峡を横断する "五大湖周遊路" (Great Lakes Circle Tours) のミシガン湖・ヒューロン湖の部分である; 橋はまた 米国北国国内景勝トレイル (US North Country National Scenic Trail) の区間でもある。 橋は北のセント・イグナス市 (St. Ignace) と南のマキノー・シティ村 (village of Mackinaw City) を接続している。

橋は 1880 年代に思い描かれ、 建設するための何十年にもわたる努力の後で始めて、技術者のデイビッド B. スタインマン (David B. Steinman) により、 デザインされ、1957 年に完成した。

マキノー橋 マキノー橋はセント・イグナス
とマキノー・シティを接続
  1. 長さ
  2. 歴史
  3. 事実と数字
  4. 橋歩き
  5. 観光
  6. メディアで
長さ

橋は 1957 年 11 月 1 日に開通し、何十年もの間フェリー (渡し船) で接続されていた 2 つの半島を接続した。 一年後、橋は公式に 「アンカレッジ間で世界最長の吊り橋」 となり、 塔の間の中央スパンがより長い金門橋、 及び中央にアンカレッジがある サンフランシスコ=オークランド・ベイ・ブリッジとの最高の比較が可能となった。

橋は西半球で、2 つの塔を持つ吊り橋でアンカレッジ間が最長のままである。 アンカレッジ間でより長い橋は東半球で建設され、 これには日本の明石海峡大橋 (12,826 フィート、3,909 m) が含まれる。 しかし、マキノー橋のアンカレッジまでの長い接続により、海岸間の長さは 5 マイル (8 km) となり、 明石海峡大橋 (2.4 マイル、3.9 km) よりも長い。

橋の主スパンの長さは 3,800 フィート (1,158 m) で、 これにより米国で 3 番目に長い吊り橋となり、世界中で 19 番目に長い吊り橋となる。 この橋は全体としては世界最長の橋の 1 つである。

歴史
初期の歴史

17 世紀にヨーロッパ人が到来するまでにこの海峡に住んでいた アルゴンキン族 (Algonquian people) はこの場所を Michimackinac (ミチマキノ) と呼んだ。 これは 「偉大な亀」の意味であると広く理解されている。 これは今ではマキノー島 (Machinac Island) とよばれる場所の形を指していると思われている。 言葉の解釈は学者によって議論されている。 マキノー海峡の交易所 (trading post) は夏のトレードシーズンには人口がピークに達した。 ここは部族間の会合場所としても発展した。

国の鉱物と材木資源の開発が 19 世紀に増えると、この地域は重要な輸送の中枢となった。 1881 年に、海峡に到達した 3 つの鉄道会社 -- ミシガン・セントラル (Michigan Central)、 グランド・ラピッズ & インディアナ (Grand Rapids & Indiana)、 及び、デトロイト、マキノー & マーケット (Detroit, Mackinac & Marquette) -- は共同してマキノー輸送会社を設立して、 海峡横断の鉄道フェリーを操業させ、2 つの半島を接続した。

ロウアー半島の東岸に沿った道路交通が改良されると、海峡地域の自動車交通が増加し、 これは 1910 年代に始まった。 ミシガン州はマキノー・シティとセント・イグナス (St. Ignace) の間の自動車フェリーを 1923 年に開始した; ミシガン州はまもなく 9 隻のフェリー・ボートを操業し、これは毎日 9000 台の車両を運んだ。 待ち行列は 16 マイル (26 km) にも及んだ。

バケーションランド、
最大で最後のミシガン州
自動車局の自動車フェリー
マキノー橋の完成前に任務に就く
橋の計画

ブルックリン橋が 1883 年に開通してから、地元の住民はそのような橋が海峡を横断するかもしれないと想像し始めた。 1884 年に、セント・イグナスの店の所有者が新聞広告を出して、 画家によるブルックリン橋の絵を印刷し、キャプションに "マキノー海峡を横断する橋の提案" とした。

橋のアイデアは早くも 1880 年代にミシガン州議会で議論された。 この当時、マキノー海峡は観光地になり始めており、とりわけ 1875 年にマキノー島に マキノー国立公園ができた後はこうであった。

1888 年 7 月にマキノー島のグランド・ホテルの経営委員会 (board of directors) の会合で、 こーにリアス・ヴァンダービルト 2 世 (Cornelius Vanderbilt II) が提案したことは、当時スコットランドのファース湾で建設中であった橋と 同じデザインで、海峡を横断する橋を建設することであった。 こうすれば、この地域のトレードは前進し、ホテルのリゾート・シーズンは長くなるからであった。

公式の行動が取られないまま、何十年も過ぎた。 1920 年に、ミシガン州道路長官は海峡を横断する浮きトンネルを主張した。 州議会の招待により、ニューヨーク市の C. E. ファウラー (C. E. Fowler) はマキノー・シティの 17 マイル (27 km) 南東のシボイガン (Cheboygan) からセント・イグナスに至る海峡横断の一連の土手道と橋の計画を提案し、 ボイ・ブラン島 (Bois Blanc)、ラウンド島 (Round), マキノー島を中継点にした。

公式の計画

1923 年、州議会は州道路局に海峡横断のフェリー事業の確立を命令した。 毎年、ますます多くの人がフェリーを利用し、利用されるたびに橋を建設する活動が増えた。 かっての州知事のチェース・オズボーン (Chase Osborn) は次のように書いている:

ミシガン州は自分自身を統一し、 ミシガン州を通り抜けてスペリオール湖に至る壮大な新しいルートはマキノー海峡を経由して発展している。 これは一年のいずれの場合にも扱いにくく、不適切なフェリーのままで成長することはできない。

1928 年までに、フェリー事業はとても人気が高く、操業するのにとても費用がかかることになったので、 ミシガン州知事フレッド W. グリーン (Fred W. Green) は道路局に海峡横断の橋建設の実現可能性の調査を命令した。 道路局はアイデアが実現可能であると考え、費用を $3000万 (2016 年の $21.1億 と等価) と見積もった。

1934 年に、ミシガン州議会はマキノー海峡公社 (Machinac Straits Bridge Authority) を作って、提案されている橋の建設と資金繰りの可能な方法を調査した。 州議会は公社がプロジェクトの資金を求めることを認可した。 1930 年代中頃の大恐慌の最中に、 数多くのインフラ・プロジェクトが連邦政府の援助を得た時に、 公社はプロジェクトで連邦資金を手に入れる試みを 2 度したが不成功であった。 陸軍工兵隊とフランクリン D. ルーズベルト大統領はプロジェクトを支持したが、 国会は資金を割り当てなかった。 1936 年と 1940 年の間に、公社は準備的な調査に基づき、 橋のルートを選択した。ボーリングがルートの詳細な地質学的調査のために実施された。

橋の準備的な計画が呼び物としたのは: 3 車線の道路、橋の 1 階で鉄道が横断、 サンフランシスコ=オークランド・ベイ・ブリッジと類似な中央アンカレッジ、2 重吊り橋であった。 これでは海峡の最も深い場所にアンカレッジを沈めることが必要となるため、 このデザインの実用性は問題があった。 およそ 4000 フィート (1,219 m) のコンクリートの土手道が北岸から突き出ており、 1939 年から 1941 年に浅瀬で建設されていた。 しかしながら、比類のない工学的な挑戦が、 橋の基底に作用する巨大な力によって作られていた。 これは冬期に湖が凍結することによっており、大きな流氷が橋に巨大な重圧を引き起こすからであった。

その当時は、プロジェクトの資金は確かではなく、更なる工事は第二次世界大戦の勃発により保留された。 マキノー海峡橋公社 は 1947 年に州議会によって廃止されたが、 同じ組織が 3 年後の 1950 年に新しいマキノー橋公社を創設した。 1950 年 6 月に、技術者はプロジェクトのために維持された。 この時までに報告されている所では、 マキノー・シティのフェリーの車の待ち行列は 5 時間経てもセント・イグナスに 到達しない事であり、 典型的に一時間に車両 460 台の容量は、 橋の場合の 1600 台の推定台数に匹敵しないことであった。

1951 年 1 月の技術者による報告の後で、州議会は $8500万 (2016 年では $20.8億 に等価) の債権の売却が 1952 年 4 月 30 日に橋建設のために認可された。 しかしながら 1953 年の債権市場の弱さから、債権が発行されるまで一年以上の遅延が必要であった。

設計と建設

デイビッド B. スタインマン (David B. Steinman) は 1953 年 1 月にデザイン技術者として、 採用され、1953 年末までに見積もりと契約が交渉された。 会社の土木技術者であるアブル・ハスナット (Abul Hasnat) は橋の準備的な計画をした。 その当時の全経費の見積もりは $9500万 (2016 年の $22.3 億に等価) で、完成が 1956 年 11 月 1 日に見積もられていた。 徴収される料金は 20 年で建設経費を償還することになっていた。 建設は 1954 年 5 月 7 日に始まった。 US スチール アメリカン・ブリッジ部門が $4400万 (2016 年の $10.5億 に等価) 以上の契約を受注して、鋼の上部構造を建設することになった。

建設は 1939 年 - 1941 年の土手道を使用して実施され、 3 年半 (夏 4 回で実施され、冬には建設されなかった) で全経費 $10000万 がかかり、 5 人の労働者が亡くなった。 一般に信じられている事とは違い、橋が彼らの墓になったわけではない。 橋は 1957 年 11 月 1 日に、予定通りに開通し、フェリーは同時に廃止された。 橋は 1958 年 6 月 25 日に公式に落成した。

橋の北の塔の光景

G. メンネン ウィリアムズ (G. Mennen Williams) はマキノー橋の建設中に州知事であった。 彼は レイバー・デー (Labor Day, 労働の日) 毎に州知事が橋を歩いて渡る 伝統を開始した。 米国上院議員のプレンティス M. ブラウン (Prentiss M. Brown) は "マキノー橋の父" と呼ばれ続け、 マキノー橋会社によって造られた特別製の橋の記念 トークン (token) で栄誉を受けている。

橋は落成後ちょうど 40 年で、1998 年 6 月 25 日に 1億番目の横断を達成した。 橋の開通 50 周年祭は 2007 年 11 月 1 日に催され、 セント・イグナス土手道に隣接する見晴らし公園 (viewing park) でマキノー橋公社により後援された。

橋デザインの歴史

マキノー橋のデザインは最初のタコマ・ナロウズ橋 (Tacoma Narrows Bridge) の教訓で直接影響を受けた。 この橋は強風における不安定性から 1940 年に崩壊した。 大惨事の 3 年後にスタインマン (Steinman) は吊り橋の安定性問題の理論解析を出版し、 奨励している点は将来の橋のデザインが以下を含むことであった: 橋の路面を支えるための深い硬化トラス、風の抵抗を削減するための開放格子路面。 これらの造作のどちらもマキノー橋のデザインに組み込まれている。 硬化トラスは風の抵抗を削減するために開放されている。 路面は翼の形をして横からの風で浮力を受け、 中央の 2 車線は開放格子で垂直の (上向きの) 風を通し、 これは正確に浮力を打ち消し、路面が時速 150 マイル (240 km/h) までの風でデザイン上安定になっている。

事実と数字

マキノー橋は現在、州間道路 75 (I-75) の有料橋である。 I-75 が到来するまでは橋は US 道路 27 (US 27) を通していた。 橋は料金を取られる I-75 の 3 つしかない区間の 1 つである: 料金を取られる他の区間は: ミシガン州スー・セント・メリー (Saut St. Marie) の近くの国際橋の米国側の半分、 フロリダ州のアリゲーター・アレー (Allegator Alley) である。 現在の通行料は自動車 $4.00 で、 トラックは車軸ごとに $5.00 である。 マキノー橋公社は 2007 年に通行料を引き上げて、 $3億 の修復プログラムの資金繰りをしている。 修復には橋の路面を完全に交換することが含まれている。

橋の塔の光景 南岸からのマキノー橋 夜間のマキノー橋

毎年レイバー・デー (労働の日、Labor Day) には橋は "マキノー橋歩き" (Mackinac Bridge Walk) の歩行者に解放されている。

橋は 2009 年 9 月 6 日に 1.5億台目の車両横断を祝った。

工事と主な死亡事故

5 名の労働者が橋の建設中に亡くなった。

5 人はすべて橋の北端 (見晴らし公園 (Bridge View Park)) の銘板に記念されている。 伝承とは違い、誰もコンクリート漬けされて埋葬されたわけではなかった。

貨物船が橋の下を通る。

1 人の労働者は橋が完成してから死亡した。 ダニエル・ドイル (Daniel Doyle) は 1997 年 8 月 7 日に、足場から 60 - 70 フィート (18 - 21 m) を 落下した。彼は落下で死亡しなかったが、水温 50 °F (10 °C) で死亡した。 彼の亡骸は翌日 95 フィート (29 m) の水中で発見された。

2 台の車が橋から落下した。

1978 年 9 月 10 日に、小さな個人所有の飛行機が、 米国海兵隊予備役将校の Virgil Osborne 少佐、 James Robbins 大尉、Wayne W. Wisbrock 大尉を乗せて、濃霧の中を飛行中に橋の吊りケーブルに衝突した。 衝撃により翼が飛行機から引き剥がれ、飛行機はマキノー海峡に墜落した。 3 人とも死亡した。

橋は歩行者では進入できないため、橋からの飛び降り自殺は稀で、 最も最近の確認できた事例は 2012 年 12 月 31 日に起きた。 橋からの飛び降り自殺はおよそ 1 ダースほどある。

橋の横断

ある人達は橋を渡ることが困難で、gephyrophobia (渡橋恐怖症、ジファイロフォビア) と呼ばれる。 マキノー橋公社には渡橋恐怖症を持ったドライバーあるいは誰かに運転を代わってもらうことが良い人に、 運転支援プログラムがある。 1000 名以上の人がこのサービスを毎年利用している。 興味ある人は、電話もしくは料金徴収所で手配して、 車やオートバイを運転してもらって反対側に行くことができる。 このサービスには追加料金が不要である。 自転車と歩行者は通常橋では許可されない。 例外は年に 2 回の自転車旅行である。 公社は、毎日 $5.00 の料金で、自転車と自転車乗りを橋を横断して運んでくれる。

マキノー橋を横断する旅行者は AM 放送によって、 橋の歴史を聞き、ドライブ情報を聞くことができる。

橋歩き

マキノー橋歩き (マキノー・ブリッジ・ウォーク、Machinac Bridge Walk) は 1958 年に州知事 G. メンネン ウィリアムズ (G. Mennen Williams) が先頭に立って開催して以来、 毎年開催されている。 最初の橋歩きは 6 月末の橋の落成記念日に開催され、 1959 年以来、レイバー・デー (労働の日、Labor Day) に開催されている。 マキノー・シティから橋歩きをする人をスクール・バスで各地区からセント・イグナスまで運んで、歩きを開始する。 伝統的にミシガン州知事が何千人もの人々の先頭に立って、 5 マイル (8 km) の橋をセント・イグナスからマキノー・シティまで歩く。 1964 年より前には、 人々はマキノー・シティからセント・イグナスまで歩いた。 2017 年より前には橋の 2 車線が車両交通に解放されていた。 この政策は 2017 年に変更され、イベント中に橋全体を車両交通に閉鎖した。 橋歩き (ブリッジ・ウォーク) は北国国内景勝トレイル (North Country National Scenic Trail) をハイキングで歩くことができる一年で唯一の日である。

マキノー橋・橋歩き
観光

夏の間にアッパー半島 (Upper Peninsula) とマキノー橋は主要な観光の目的地になる。 マキノー島への観光客に付け加え、橋は色々な観光客の興味を引き寄せ、 これには橋の熱狂家、野鳥観察、写真家がいる。

マキノー島フェリーが
マキノー橋の前を通る。
メディアで

1958 年 6 月 25 日に、 1957 年 11 月の開通の 1958 年の祝賀と合致させるために、 米国郵政公社 (USPS, United States Postal Service) は 3¢ の記念切手を発行して、最近完成した橋を呼び物にした。 これは "ミシガン州の 2 つの半島を接続する" と題されており、 107,195,200 枚が発行された。 USPS は 2010 年の優先郵便用の $4.90 の切手の主題としてマキノー橋の栄誉を讃えた。 これは 2 月 3 日に発売が開始された。 橋公社と MDOT (ミシガン州輸送局) は切手を公表し、 これはランドマーク (橋) のカモメから見た光景を呼び物にし、 眼下には貨物船が通過している。 芸術家のダン・コスグローブ (Dan Cosgrove) がパノラマ写真からこの作品を創り上げた。 これはコスグローブが USPS のために作った幾つかのデザインの 1 つである。

"マイティ・マックを建設するために" と題された長編ドキュメンタリーがハリウッドの 映画製作者であるマーク・ハウエル (Mark Howell) により 1997 年に製造され、 PBS で放送された。 このプログラムは橋を作ったキーとなる人々との多くのインタビューを呼び物にしており、 橋の建設の 16 mm のカラー映画の復元が含まれている。

橋の歴史と建設は ヒストリー・チャンネルの 「現代の驚異」 (Modern Mrvels) の 2003 年のエピソードで呼び物にされている。

2007 年 7 月 19 日に、 デトロイト・サイエンス・センター (Detroit Science Center) は長さ 80 フィート (24 m)、 高さ 19 フィート (5.8 m) のマキノー橋のスケール・モデルの除幕をした。 この展示は橋の 50 周年記念の一部である。 Sherwin-Williams はプロジェクトのために本物のマキノー橋の色をしたペンキを提供した。

橋とその保守要員は ディスカバリー・チャンネルの 2007 年 8 月 7 日の ダーティ・ジョブズ (Dirty Jobs) のエピソードで呼び物にされた。 ホストのマイク・ロウ (Mike Rowe) と保守要員が 2007 年 5 月にエピソードを撮影するために数日間を過ごした。

MDOT (ミシシッピ州輸送局) はまた 50 周年を記念するために 2007 年の州道路地図の表紙で橋を呼び物にした。

2008 年橋のパノラマ、マキノー島から