ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Mississippi River System - Wikipedia
ミシシッピ河川システム
(Mississippi River System)

ミシシッピ河川システム (Mississippi River System) は西部河川 (Western Rivers) とも呼ばれ、ミシシッピ川と接続水路を含む河川網の大半である。 ミシシッピ川は米国で最大の排水域 (drainage basin) がある。 米国ではミシシッピ川の排水域は国中のおよそ 41% の河川を排水している。

ミシシッピ川のコース
流域、主な支流
ミシシッピ川支流

自然の地理学 (geograph) と水文学 (hydrogy) の観点からは、ミシシッピ河川システムは、 ミシシッピ川自身、その数多くの自然な支流、及び分流から構成されている。 主な支流はアーカンソー川、イリノイ川、ミズーリ川、オハイオ川、及びレッド川である。 流量の事を考えれば、オハイオ川の支流 -- アレゲニー川 (Allegheny)、テネシー川 (Tennessee)、及びウォバッシュ川 (Wabash) -- はミシシッピ川の重要な支流と考えられる。 ミシシッピ川がメキシコ湾に至るまでに、 川はその分流 -- アチャファラヤ川 (Atchafalaya River) -- に注いでいる。

現代的な商用航行の観点からは、流域には上記以外にも人工的な方法で接続された航行河川水路が含まれる。 重要な接続水路にはイリノイ水路 (Illinois Waterway)、 テネシー・トンビッグビー水路 (Tennessee - Tombigbee Waterway)、 及びメキシコ湾内陸水路 (Gulf Intracoaster Waterway) が含まれる。 この水路のシステムは米国工兵隊により、 プロジェクト水深 6 フィート - 12 フィート (2.7 m - 3.7 m) に維持され、 ハシケの交通 -- 主にバラ積み物資 (bulk commodity) -- を収容している。

ミシシッピ川は米国の穀物輸送の 60% を運び、 オイルとガスの 22% を運び、石炭の 20% を運んでいる。

  1. 主な支流
  2. 主な分流
  3. 歴史的用途
  4. 現代的用途
  5. 貿易
  6. エコロジー
主な支流
河川 長さ
上流ミシシッピ川 1,250 マイル
アーカンソー川 1,469 マイル
イリノイ川 273 マイル
ミズーリ川 2,522 マイル
オハイオ川 981 マイル
レッド川 1290 マイル
上流ミシシッピ川 (Upper Mississippi River)

上流ミシシッピ川はイタスカ湖 (Lake Itasca, 正確な発音はアイタスカ湖) からケアロ (Cairo) に至るおよそ 1,250 マイルにわたっている。 上流ミシシッピ川はドリフトレス地域 (Driftless Area) の中心を通り抜け、 ドリフトレス地域はミネソタ州、ウィスコンシン州、 アイオワ州、及びイリノイ州におけるおよそ 15,000 平方マイルの地域で、 過去 200 万年間に氷河期の流れが見られない場所である。 この場所は数多くの石灰岩の絶壁で囲まれ、 最後の氷河期以来に氷河からの氷が溶けることによって形成されたものである。 川床は粘土、ドロ、 ローム (loam)、及び砂の薄い層から構成され、 氷河による堆積物の層 (stratum of glacial outwash) の上に載っている。

訳注
Driftless Areaによると、 ドリフトレス地域 (Driftless Area) は米国中西部 (Midwest) ウィスコンシン州とイリノイ州北西部の地域で氷河で覆われなかった場所の事である。 口語的には用語は拡張され、刻み込まれた、より広い古生代の台地 (Paleozoic Plateau) を含み、 これは深く掘り下げられた峡谷を含み、ミネソタ州南東とアイオワ州北東に広がっている。
上流ミシシッピ川
国立野生生物・魚類保護区

上流ミシシッピ川はミシシッピ川の全長のおよそ半分である。 ミネアポリス/セント・ポールからオハイオ川に至るおよそ 850 マイル が航行可能である。 川は多くの種類の水生生物を支え、これには 127 種類の魚と 30 種類の淡水性のマスル (mussel) が含まれる。

訳注
  1. 上の文章はオハイオ川のことまで触れており、言っている意味が理解しにくいが、 上流ミシシッピ川のミネアポリス/セント・ポールからケアロまでの 850 マイルが航行可能。
アーカンソー川 (Arkansas River)

アーカンソー川はミシシッピ河川システムの重要な支流の 1 つである。 川は西から東に流れ、コロラド州で開始し、ミシシッピ川に流入する。 長さ 1,496 マイルの川はコロラド州、カンザス州、オクラホマ州、アーカンソー州を通り抜ける。 これは米国で 6 番目に長い川で、ミシシッピ川で 2 番目の長さの支流で、 世界で 45 番目の長さの川である。

イリノイ川 (Illinois River)

イリノイ川はミシシッピ川の主な支流で、 米国イリノイ州にあるおよそ 273 マイル (439 マイル) の川である。 この川はアメリカ原住民とフランス人のトレーダーに取り重要であった。 というのは、この主要ルートは五大湖とミシシッピ川を繋いでいたからである。 イリノイ川は グラフトン (Grafton) の近くの、 パー・マーケット州立公園 (Pere Marquette State Park) で合流している。 2 つの川の合流点は終わりがないような光景を与えている。

イリノイ川航空写真

イリノイ川はミシシッピ川のように比較的浅い。 付け加えると、イリノイ川はミシシッピ川と同様に 「管理された」 川である。 1848 年に、 イリノイ・ミシガン運河が開通して、ミシガン湖とミシシッピ川がイリノイ川を経由して 接続され、トレードが奨励された。

ミズーリ川 (Missouri River)

ミズーリ川は長い川で南西のモンタナ州を起点とし、2,522 マイルを南東に流れ、 6 つの州を通過してから終にセント・ルイスでミシシッピ川に流入する。 ミズーリ川は北米で最長の川である。 ミズーリ川は 19 世紀米国の河川流域の主なルートの 1 つであった。

オハイオ川 (Ohio River)

オハイオ川は長さ 981 マイル (1582 km) で、 ペンシルバニア州ピッツバーグでアレゲニー川 (Allegheney River) とモノンガヒラ川 (Monongahela River) の合流点で開始し、 イリノイ州ケアロ (Cairo) で終了し、ここでミシシッピ川に流入する。 オハイオ川は 6 つの州を通り抜け、これに含まれるのは:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州、ケンタッキー州、 ペンシルバニア州、及びウェスト・バージニア州である。

川は 500 万人以上に十分な水を供給する容量がある。 川幅が最大の場所はスミスランド・ダムの 1 マイルである。 平均の深さは 24 フィートで、これにより複数種類の魚が安全に生活できる。

オハイオ川の幅が最も広い場所

川は 150 種類の魚の住処となり、ナマズから、ある種のサケ、マスに至っている。 この深さにより、ハシケによる川でのトレードが可能となっている。 平均して、オハイオ川は 23000 万トンの貨物を運ぶ。 典型的には船で運ばれる貨物は石炭のようなエネルギー資源である。 このような資源は貨物の 70% を占める。 オハイオ川はエネルギー資源を船で運ぶと共に、 ダムなどの発電施設でエネルギーを造り出している。 オハイオ川には 20 ヵ所のダムと、それ以外の 49 ヵ所の発電施設がある。

レッド川 (Red River)

レッド川は米国で 10 番目に長い川で、長さは 1,290 マイルである。 この川はロッキー山脈のすぐ外側を起点にして、複数の州を通り抜け、 主な区間はテキサス州にある。 川はオクラホマ州、アーカンソー州、ルイジアナ州を通り抜け、ルイジアナ州でミシシッピ川と接続している。 レッド川の大半は田舎の牧場で取り囲まれ、 取り囲んでいる主な都市はルイジアナ州シュリーブポート (Shreveport) と ルイジアナ州アレクサンドリアのみである。レッド川は多くの油田がある場所で、 油とガスの生産は川の主な側面の 1 つである。

主な分流
ミシシッピ川デルタ地帯 (Mississippi River Delta)

ミシシッピ川デルタ地帯はミシシッピ川がメキシコ湾の北岸に何千年もの間、 砂、粘土、有機物を堆積することで造られた。 デルタ地帯は大量の野生生物の住処で、アメリカが超大国として 成功した原因で、これはデルタ地帯がもたらした経済発展の理由からであった。

ミシシッピ川デルタ地帯
羽毛のような沈殿地

過去 3 世紀の間、デルタ地帯は連続的に縮小し、 これは人間が河川システムを変更したことによっている。 土地の自然保護はデルタ地帯が縮小する度に悪化している。 米国経済同様に、デルタ地帯はそれが支える野生生物と人間にとり重要である。 もしも土地の喪失が現在のペースで進めば、これらの恩恵はすべて消滅するかもしれない。

アチャファラヤ川 (Atchafalaya River)

アチャファラヤ川はミシシッピ河川システムの重要な分流の 1 つである。 これは 170 マイルにわたり、ミシシッピ川で最長の分流の 1 つである。 英語にされた川の名称の意味は 「長い川」 で、これはアメリカ原住民の言葉に由来している。 この川はトレードにとり重要である。 というのはこれはメキシコ湾との距離を縮めるからで、これにより企業は時間と経費を節約できる。

アチャファラヤ川デルタ地帯

ミシシッピ川の流れがアチャファラヤ川に流入する流量に関しての米国工兵隊の ポリシーは 30% のみを許可することである。

歴史的用途

河川システムは周辺に住む人達の生活に常に重要な役割を演じた。 幾つかの異なるアメリカ原住民が周辺に住んでいた。 これにはオジブウェー族 (Ojibwa)、 ウィニバーゴ族 (Winnebago)、 フォックス族 (Fox)、 チョクトー族 (Choctaw) がいた。 資源が豊富であることと、場所の大きさが、これらの部族を引き付けて水辺に定住させた。 彼等がミシシッピ川を命名した。 川は農業の助け、魚とり、他の物とのトレードに使用された。

河川領域の原住民の大半は ハンター・ギャザラーであった。 川の最大の使用者は今日マウンド・ビルダー (塚建設者、Mound Builders) と呼ばれる人たちで、彼らは川沿いに重要な農業集落を作った。 水で堆積されるドロの理由から、周辺地域はとても肥沃で、 農業には理想的な場所になっていた。 (これらの人が) 塚を建設した理由は不明であるが、 恐らくは宗教的、儀式的な目的に使用されたものと思われる。

訳注
マウンド・ビルダー ( Mound Builders) の中には エンジェル・マウンズを作った人たちもいる。

河川システム、とりわけミシシッピ河川システムは南軍により、 侵入方法として使用され、南北戦争の最中に幾つかの大きな戦いがあった。 マーク・トウェインは今日の米国文学の鋳型の作成に大きな影響を与えた。 というのは、川の冒険と生活に関しての彼の深い作品の理由からである。

現代的用途

今日、ミシシッピ河川システムは、 その接続支流と共に、 農産物と製造物資の国の全長にわたる輸送に使用されている。 このような製品には鉄、鋼、鉱業製品がある。 河川システムの中の最大の川であるミシシッピ川とミズーリ川は 物資輸送の最大の輸送量を共有している。 それぞれ 46000万米トン (42000万トン) と 325 万米トンが輸送されている。 最も普通の貨物の輸送方法はタグボートによる押し出し牽引である。

ミシシッピ川で操業するタグボート
貿易

ミシシッピ河川システムは米国経済の巨大な供給者である。 巨大さゆえに、未開状態がシステムの周りで繁栄でき、 中西部での最も大きな市場の 1 つである。 ミシシッピ河川システムは国の農産物輸出の 92% を占め、 世界の穀物飼料と大豆の 78% を占めている。 ミシシッピ河川システムにはサウス・ルイジアナ港や ニューオーリンズ港のような米国で最大の港の幾つかがある。

エコロジー
地質時代の歴史

およそ 20 億年前に地殻のテンションにより、ミシシッピ川流域の環境が変化し、 北米の山岳システムが造られた。 浸食により、大地にくぼみが形成された。 この後、長時間に、近くの大洋からの絶えざる氾濫により、 ミシシッピ河川システムが形作られ続けた。 およそ 200 万年前ごろに厚さ 6,500 フィートまでの氷河が環境を妨害し続けた。 最後の氷河期の終わりの 15000年前に氷河が退却し始めると、北米に大量に水が残り、これにより川ができた。

ミシシッピ川はミネソタ州北のアイタスカ湖から流れ出した。 ここでは川は小さな流れであった。 この川はメキシコ湾までの 2,350 マイルを形作った。 今日、ミシシッピ川は何百もの支流と接続され、ミシシッピ河川システムを作っている。

野生生物

ミシシッピ川と氾濫原は多様な種のすみかとなっている。 ミシシッピ川を通じ、少なくとも 260 種類の異なる種類の魚がいる。 米国の渡りをする水鳥の 40% は春秋の渡りの季節にミシシッピ回廊を使用する。 すべての北米の鳥の 60% (326 種) は渡りの道に流域を使用する。 イリノイ州ケアロ (Cairo) から上流のアイタスカ湖まで見ることができるマスル (mussel) には 38 種類の 記録された種がある。

上流ミシシッピ川国立野生生物保護区
えさを奪い合うワシ

ミシシッピ川の下流には 60 種類以上もの異なるマスル (mussel) が見いだされる。 50 種類以上もの哺乳類がミシシッピ川上流をすみかにし、更には少なくとも 145 種類の 両生類と爬虫類がミシシッピ川上流の環境に生きている。

人間の影響

人間がミシシッピ河川システムに与える最も大きな影響は 汚染の形から来る。 もっと多くの汚染が水路に入ることを規制・防止する政府の努力は 幾分か汚染を防いだが、いずれにせよ汚染は水に進入し続けている。 肥料と殺虫剤は水に押し流され、 環境生態系を変更し続けている。

ミシシッピ川は 21 世紀に入った時にはシステムが人間の行動によって深く影響されていた。 加速する排水と加速する堆積は流れる水と関係し、 農業的に重要な場所で、表土に影響する浸食で、システムに随分と影響した。

洪水

1993 年に、ミシシッピ川の洪水は 17000 平方マイルの土地を壊滅させ、 9 つの州にわたった。 これは米国の歴史で最悪の異常な洪水であった。 これは 100 年洪水とも呼ばれた。というのはこれが起きる確率は、どの年でも 100 年に 1 度であるからである。 50 名以上の人が洪水で亡くなり、更には深刻な家屋の損傷と 経済損失が $100億 -$120億 に達した。 洪水地帯を取り囲む人口の 20% が経済的な困窮と個人的なトラブルにより土地を離れた。 今日では、ミシシッピ河川システムは米国の深く統合した自然のトレードマークである。

ミズーリ州ペリービル、1993 年 7 月
洪水の航空写真、災害により
引き起こされた被害の大きさを示す。

工兵隊は現在川を適切に保持してもっと洪水が起きないようにすることすべてを監視している。 彼等はミシシッピ川を強化し、水路化し、整え、拘束する目的に忍耐している。 洪水が起きる可能性を和らげるために、 工兵隊は堤防を作り、 一マイルごとに分割して、川を制限し、洪水を制御している。 堤防の舗装のされ方により、川は岸を侵食できない。 システム中に幾つかの放水路があって、大量の水が累積することを防いでいる。 その代わりに、累積した水がこの放水路を通り抜ける。 これらは洪水を防ぐ助けになるが、周囲の場所の幾つかでは農業が繁栄するのを抑制している。