ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Illinois and Michigan Canal - Wikipedia

イリノイ・ミシガン運河は水がない部分もあるのですが、かなりの部分で曳舟道を追うことができます。

イリノイ・ミシガン運河の曳舟道の地図

但し、あとにできた運河のせいでシカゴに近い部分では痕跡がない。 またジョリエットの街の中ではコースを追えない。オタワとノース・ユティカの 間では水がない区間があり、グーグルの地図によって、ここでも曳舟道をたどることが できるが、衛星写真を見ると歩けない可能性があるので、この部分は省略した。

イリノイ・ミシガン運河
(Illinois and Michigan Canal)

イリノイ・ミシガン運河は五大湖をミシシッピ川、メキシコ湾に接続した。 運河は 96 マイル (154 km) を走り、シカゴのブリッジポート (Bridgeport) のシカゴ川から ラサル・ペルー (LaSalle-Peru) のイリノイ川に至っていた。 この運河はシカゴ・ポーテッジ【訳注:分水嶺の名前】を横断し、 鉄道時代の前にシカゴが米国の輸送の中心となることの手助けをした。 運河は 1848 年に開通し、大方は 1900 年の「シカゴ衛生・船舶運河」 (Chicago Sanitary and Ship Canal) によって取って代わられ、 1933 年の「イリノイ水路」の完成により輸送業務を終えた。

訳注
Google map: ブリッジポート

イリノイ・ミシガン運河の水門と曳舟道 -- ロックポート (Lockport) とラサル・ペルーの間の 8 基の工学的構築物と運河の区間の寄せ集め -- は 「イリノイ・ミシガン運河・米国歴史遺産回廊」(Illinois and Michigan Canal National Heritage Corridor) に指定された。

運河の一部分は埋め立てられている。 かっての運河の大半は、とりわけ「歴史遺産回廊線」(Heritage Corridor transit line, 鉄道の通勤線の名称) の近くでは、「イリノイ・ミシガン運河・米国歴史遺産回廊」の一部として保存されている。


イリノイ州セニカの光景
  1. 重要性
  2. 歴史
  3. 隣接する自治体
  4. 関連した人々
重要性

運河は当時の幹線道路 (highway) であった。 イリノイ・ミシガン運河はミシシッピ盆地を五大湖盆地 (Great Lakes Basin) に接続した。 運河はイリノイ州の北の境界に影響を及ぼした。 エリー運河とイリノイ・ミシガン運河は南部よりは北東部との文化・交易の結びつきを強固にした。 運河以前には、この地域の農業は生きるための農業に限定されていた。 運河はイリノイ州北部の農業をもうかるものにし、 東部の市場を開放した。農業の拡張により、運河はシカゴ市を創った。 運河による当初の刺激なくしては、シカゴは実際にそうなったように、 人口、鉄道、産業を引き寄せることはなかったであろう。

歴史
概念

この地域を旅行したことで知られている最初のヨーロッパ人である マルケット神父 (Father Marquette) とルイ・ジョリエ (Louis Joliet) は 帰途でシカゴ・ポーテッジを通り抜けた。 ジョリエは次のように述べている: 運河があればポーテッジをする必要がなくなり、 フランスは大陸をまたがる帝国を作ることができる。

訳注
ポーテッジとは (水域と水域の間で) ボートなどを陸送することです。 (アレゲーニー・ポーテージ鉄道の冒頭を参照。)

何年も後に、この地域は今や米国のものとなった。 最近幾つかの奴隷州が合衆国 (Union) に編入されたため、 ナサニエル・ポープ (Nathaniel Pope) とニニアン・エドワーズ (Ninian Edwards) はイリノイを州にするチャンスと考えた。 州の境界はミシガン湖の南岸から運河が 1 つの州内に収まるように提案された。 彼らは、運河が自由州と強固に連携すると信じ、 イリノイは人口要件を満たさなかったが、米国議会はイリノイに州の地位を与えた。

訳注
米国領のある地域が条件を満たすと、米国議会の審議を経て州の地位を与えられ、 議員を選出できるようになります。当初は北部の自由州と南部の奴隷州の数が同数になるように 処理されていました。(Slave and free states - Wikipedia)

イリノイ・ミシガン運河の位置とコース
建設

1824 年に、サミュエル D. ロックウッド (Samuel D. Lockwood) -- 最初の運河の委員の 1 人 -- は許可されて、運河のルートを測量する請負業者を採用することになった。

運河の建設は 1836 年に開始した。もっとも工事は 1837 年恐慌 (Panic of 1837) に関連したイリノイ州の金融危機で数年間停止した。 運河委員会は連邦政府の 284,000 エーカー (115,000 ヘクタール) の土地を授けられ、 これを 1 エーカーあたり $1.25 (309 $/km²) で売却して、建設資金を工面した。 それでも、工事を完成させるためには米国東部や英国の投資家から資金を借りる必要があった。

運河工事の大半は以前エリー運河で働いたアイルランドの移民によって実施された。 工事は危険とみなされ、多くの労働者が亡くなった。 しかしどれほど多かったのかを示す公的な記録はない。 運河を建設するために骨を折ったアイルランドの移民はしばしば下層階級として嘲笑され、 他の市民に随分軽んじて扱われた。

運河は 1848 年に完成し、全経費は $6,170,226 であった。 シカゴ市長のジェームス・ハッチンソン・ウッドワース (James Hutchinson Woodworth) は開通式を主宰した。 ポンプが使用され、シカゴの近くで運河に水が汲みあげられた。 これはまもなくキャルメット (Calumet) 給水運河の水で補足された。 給水線はキャルメット川の水で供給され、元々はイリノイ州ブルー・アイランド (Blue Island) からのものであった。 デュパージ川 (DuPage River) は更に南で水を提供した。 1871 年に運河は深くされ、流れを速くして下水の処理を改善した。

完成

運河はまもなく 60 フィート (18 m) の幅で、6 フィート (1.8 m) の深さになり、 両側に曳舟道が建設され、ラバに引き具をつけて、運河に沿ってハシケを引かせた。 町が運河沿いに計画され、ラバが引くことができる距離に応じて間隔をあけた。 運河には 17 基の水門と、4 基の水道橋があり、これによりミシガン湖とイリノイ川の 140 フィート (43 m) の高度差を克服した。 1848 年から 1852 年にかけて、運河は人気の高い乗客ルートであった。 しかし 1853 年に乗客サービスが終了した。 このとき、シカゴ・ロックアイランド・大西洋鉄道が開通し、運河と平行して走った。 運河は 1882 年に輸送量で最盛期を迎え、1933 年まで使用された。

訳注
乗客輸送に使用されたボートがどのようなものであったのかに関しては ボランティア (運河用ボート)をご覧ください。

1871 年のシカゴ大火災 (Great Chicago Fire) からの驚くべき復旧を経験し、 シカゴはシカゴ川の岸に沿って急速に再建された。 川は市の発展にとって、とりわけ重要であった。 というのは家庭、農場、(家畜の) 飼育場や他の産業からの廃物はすべて川に捨てることができたからで、 これはミシガン湖に流された。

凋落と取り換え

しかしながら、湖は飲料水の水源であった。 1885 年の大変な豪雨の時に、濁流は川のごみを押し流し、 とりわけひどく汚染されていたバビー川 (Bubby Creek) から押し流し、 湖のはるか沖にまで押し流した。 (市の給水口は 2 マイル (3.2 km) 沖にあった。) 疫病が発生しなかったが、 この危機一髪に対応して、イリノイ州議会は 1889 年にシカゴ衛生地区 (Chicago Sanitary District) (現在の都市下水処理場 (Metropolitan Water Reclamation District)) を創設した。

新しいイリノイ州の機関は以下のような計画を考案した:水路や運河の建設により、川の流れを逆にして、 ミシガン湖から切り離し、汚染された水を下流に流し、ここでデス・プレーンズ川 (Des Plaines River) に流出させて希釈し、ほどなくミシシッピ川に流れ込むようにすること。

1892 年にシカゴ川の一部の流れの向きが、アメリカ陸軍工兵隊 (Army Corps of Engineers) により逆向きになり、川とシカゴの下水の多くが ミシガン湖に流れ込むのではなく運河に流れ込むようになった。 川の流れが完全に逆転したのは、衛生・船舶運河 (Sanitary and Ship Canal) が 1900 年に開通した時であった。

この運河は 1933 年に、イリノイ水路で取り換えられ、 これは現在でも使用されている。

若返り

実際の元々のイリノイ・ミシガン運河は自然公園に転換され、 歴史とエコロジーと芸術をまとめて、シカゴの発展における運河の重要性を伝えている。 2003 年に、「シカゴ公園地域」(Chicago Park District) は -- イリノイ・ミシガン運河協会と共同で -- 「コンサベーション・デザイン・フォーラム」を採用して、 ブラウンフィールド・サイトを 1 つの土地に転換して 受動的なレクリエーションに利用できるようにし、しかもこの土地の植物種が風景の背景になることを依頼した。 自転車トレイルに沿った壁に組み込まれた説明パネルが地元の高校の芸術科の学生によりデザインされた。 また、きわめて品位が下がった岸辺を修理するために土地の安定化技術も相談している。 (水位が 5 フィートまでも上下する。)

今日、運河の大半は長くて細い線上の公園となっており、 カヌーを漕いだり、62.5 マイル (100.6 km) のハイキングやサイクリング用のトレイルとなっている。 (公園はラバの曳舟道の上に作られている。) 公園には博物館や歴史的な運河の建物も含まれている。 公園は、1984 年に米国議会により、最初の「国の歴史遺産回廊」に指定された。


新しい水門とダムの構造
これが歴史的なイリノイ・ミシガン運河の代わりとなった。
隣接する自治体

イリノイ州北部の多くの町は、その存在をイリノイ・ミシガン運河に依存している。 シカゴ、ロックポート (Lockport)、モリス (Morris) そしてラサル (LaSalle) は運河の建設資金を集めるために、運河委員会により細分された。

運河の通り道の町は東から西に向けて次のようになっている:

訳注
Google map: ブリッジポート サミット ウィロウ・スプリングス ルモント ロムオービル ラックポート ジョリエット チャナホン モリス セニカ マルセイユ オタワ ユティカ ラ・サール ペルー
関連した人々
フォックス川水道橋
イリノイ州オタワ
オークス・セイブル川水道橋、
イリノイ州モリス
水門管理人の家と水門
オークス・セイブル川
グース・レイク・プレーリー
野生生物地域、イリノイ州モリス
水門 3、
イリノイ州モリス
歴史的ルート 66、
イリノイ州ルート 53
イリノイ・ミシガン運河が重複
イリノイ州ジョリエット
訳注
  1. プレーリー (priarie)、牧草地、(米国の Mississippi 川 流域の)大草原
  2. イリノイ州のプレーリーは氷河によってできた地形。かってはイリノイ州の 60% 以上を占めた。
  3. Google map: グース・レイク・プレイリー