ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Chicago Sanitary and Ship Canal - Wikipedia
シカゴ衛生・船舶運河
(Chicago Sanitary and Ship Canal)

シカゴ衛生・船舶運河 は歴史的に シカゴ排水運河 (Chicago Drainage Canal) と呼ばれ、 シカゴ川をデス・プレーンズ川 (Des Plaines River) に接続した。 この運河はシカゴ川の本流 (Main Stem) と南支流 (South Branch) の向きを 逆にした。シカゴ川は今ではミシガン湖から流出し、そこに流入しているわけではない。 関連したカルメット・サガナッシュキー水路 (Calumet-Seganashkee Channel、下の地図では Cal-Seg Channel と書いてある) は少し南のカルメット川に同じことをして、 シカゴ衛生・船舶運河がデス・プレーンズ川と南で接続する地点までの中間点で運河に接続している。 2 つの水路は五大湖水路とミシシッピ川システムの間の船舶のための唯一の航路を提供している。

シカゴ衛生・船舶運河
(シカゴ排水運河と呼ばれた時)
昔のイリノイ・ミシガン運河の場所、
大まかにはシカゴ衛生・船舶運河が交代

運河は基本的に下水処理計画として建設された。 1900 年に運河が開通するまでは、シカゴ市の下水はシカゴ川に投棄され、 ミシガン湖に流出した。 シカゴ市の飲用水の取り入れ口は (湖の) 沖合にあり、 下水が取り入れ口に到達し、深刻な疫病の勃発の原因になることが恐れられた。 下水システムはすでに川に流出していたため、 決定したことは川をせき止め、流れを逆にし、 すべての下水を内陸に送り、デス・プレーンズ川に流し出される前に (少しは) 浄化されることになる。


建設前

建設後 (1900 年頃)
長方形の茶色、制御施設、● 音速流速計
衛生・船舶運河の建設前後の水の流れ、イリノイ・ミシガン運河は描
かれていない。1900 年にもあるが、水の流れには一般的に影響なし。
訳注
Des Plaines の発音 /dɪsˈpleɪnz/ ( IPA/English)
( Des Plaines River Des Plaines, Illinois)

第 2 の目的はより初期のイリノイ・ミシガン運河 (I&M, Illinois and Michigan Canal) を置き換えることで、 この運河は元々 1848 年にミシガン湖とミシシッピ川を接続したが、 コースを拡幅する試みに失敗した。 新しい運河の建設の一環として、全ルートを建設して、もっと大きな船が 航行できるようにした。 これは幅 202 フィート (62 m) で深さ 24 フィート (7.3 m) であり、 I&M の 3 倍であった。 I&M は新運河の開通で、2 番目のルートとなり、 1933 年に、イリノイ水路網 (Illinois Waterway network) の創設で完全に廃止された。

運河は「広域シカゴ下水処理場」 (Metropolitan Water Reclamation District of Greater Chicago) により操業されている。 1999 年に、システムは米国土木技術者学会 (American Society of Civil Engineers) により、 「千年紀土木技術モニュメント」 (Civil Engineering Monument of the Millennium) に指定された。 運河は 2011 年 12 月 20 日に国の歴史登録財 (National Register of Historic Places) に登録された。

  1. 建設理由
  2. 計画と建設 1887 年 - 1922 年
  3. 五大湖からの水の迂回
  4. 運河の汚染
  5. アジアン・カープと運河
建設理由

初期のシカゴの下水システムはミシガン湖、あるいはシカゴ川に直接廃棄し、 これが湖に流入していた。 シカゴ川の水源は湖で、沖合 2 マイルにある水の取り入れ口 (water intake crib) であった。 下水が水源に進入して、チフス、コレラや赤痢に至ることが恐れられた。 1885 年のものすごい嵐の時に、雨は川のゴミを湖のはるか沖に流し、 (1885 年のコレラの疫病の報道は嘘であるが) 将来の類似の嵐がシカゴにおける大疫病の 原因となる恐怖を駆り立てた。 嵐が破局的な事態の原因とならなかった唯一の理由は天候が通常より、 冷えていたからである。 「シカゴ衛生地区」 (The Sanitary District of Chicago、現在の 広域シカゴ下水処理場) が この危機一髪の事態に呼応して、1889 年にイリノイ州議会で創設された。

付け加えると、 運河は、より古く、より小さな (1848 年建設の) ミシシッピ河川システムの導水路としての イリノイ・ミシガン運河を補足し、 究極的には置き換えるものとして建設された。 1871 年に、古い運河は深くされて、川の流れを逆にして、 航行改善する試みがなされたが、川の逆流は 1 シーズンしか続かなかった。 I&M 運河は市の下水と産業、例えば家畜置き場からの無制限な廃棄の結果、随分と汚染した。

計画と建設 1887 年 - 1922 年

1887 年までに、土木技術によってシカゴ川の流れを逆流させることが決定された。 技術者のアイシャム・ランドルフ (Isham Randolph) の述べることでは、 湖岸からおよそ 12 マイルにある尾根が、ミシシッピ川流域システムを五大湖流域システムから分離している。 この低い分水嶺はコロンブス以前の時代からアメリカ原住民に知られており、 彼等はシカゴ川流域からデス・プレーンズ川盆地流域に横断するための 「シカゴ・ポーテッジ」 として使用した。 イリノイ・ミシガン運河は 1840 年代にこの分断を横断して建設された。 シカゴ川の下水と汚染をより良く排水する試みから川の流れはすでに 1871 年に逆流され、 この時イリノイ・ミシガン運河は十分に深くされ、1 シーズンの間、川の流れが逆になった。 間もなく尾根を切り通して、 排水を湖から、デス・プレーンズ川、イリノイ川を通して、ミシシッピ川、そしてメキシコ湾に流す計画が登場した。 1889 年、イリノイ州本会議は 「シカゴ衛生地区」 (SDC, Sanitary District of Chicago) を創設して計画を実施した。 建設中に 4 年間の混乱の後で、アイシャム・ランドルフは新しく作られた 「シカゴ衛生地区」 の主任技術者 に任命され、プロジェクトにはびこる多くの問題を解決した。 運河が建設される一方で、 シカゴ川の完全な逆流は工兵隊がイリノイ・ミシガン運河を更に深くした 1892 年に達成された。

訳注
ポーテッジの意味は アレゲーニー・ポーテージ鉄道 の冒頭で説明しています。
シカゴ排水運河の建設、1900 年代

ランドルフが解決しなければならない問題の 1 つは、およそ 2000 名の組合労働者のストライキで、 ルモント (Lemont, 地名) とジョリエット (Joliet) が中心となった。 1893 年 6 月 1 日に、 石切り工が賃金カットに抗議してストライキをした。 この行動は 1200 名の運河の労働者も引き込んだ。 報道によると 400 名の石切り工が 6 月 2 日に運河プロジェクトの全長に沿って ルモントとロメオ (Romeo) の間を行進し、仕事場所における 「恐怖支配」 (reign of terror) を実施し、 「こん棒と拳銃で武装し」 ("armed with clubs and revolvers")、 「アルコールでほとんどきちがいになった」 ("almost crazed with liquor")。 9 日目に、ストライキ中の労働者は交代の労働者、及び警官隊と衝突し、 知事のオルトゲルト (Altgelt) は州兵の第 1 連隊、第 2 連隊を出動させた。 何十人も負傷し、少なくとも 5 人が殺された: ストライキ中の労働者 Gregor Kilka, Jacob (or Ignatz) Ast, Thomas Moorski, マイク・バーガー (Mike Berger), 及び 17 才の巻き添えのジョン・クルーガ (John Kluga) がいた。 ストライキは 15 日までに決着した。

新しいシカゴ衛生・船舶運河はシカゴ川の南支流とデス・プレーンズ川をロックポートで接続し、 ミズーリ州検事総長が開放命令をする前の 1900 年 1 月 2 日に開通した。 しかしながら、1 月 27 日になって始めて完全放流された。 1903 年から 1907 年に至る建設により、運河はジョリエットまで延長された。 これは SDC が以前に建設されたイリノイ・ミシガン運河をシカゴ衛生・船舶運河で置き換えたかったからである。 流量を制御するのは: ロックポートの発電所、シカゴ港の放水路、 キャルメット川のオブライエン水門 (O'Brien Lock) の放水路であり、 ウィルメット港 (Wilmette Harbor) のポンプである。 2 つの運河が後に建設されて、 システムに追加された。 1910 年のノース・ショア水路 (North Shore Channel)、 及び 1922 年のカルメット・サガナッシュキー水路である。

訳注
ノース・ショア水路はシカゴ川の北支流が北上してミシガン湖に接続するまで、 カルメット・サガナッシュキー水路はカルメット川との接続水路。

シカゴ衛生・船舶運河の建設はこの時までに北米で 実施された最大の土壌移動作戦 (earth-moving operation) であった。 1 世代の技術者の訓練の事も注目すべきである。 彼等の多くは後にパナマ運河で働いた。 1989 年に 「シカゴ衛生地区」 (Sanitary District of Chicago) は 「広域シカゴ下水処理場」 (Metropolitan Water Reclamation District of Greater Chicago) に改名された。

五大湖からの水の迂回

シカゴ衛生・船舶運河はミシガン湖から水を取り込んで、 これをミシシッピ水域に吐き出すものである。 建設時には迂回される水の分量は米国工兵隊により認可され、 河川港湾法の条項に基づき陸軍長官 (Sectretary of War) により承認されていた。 しかしながら、この制限は重要視されることがなく、規制されることがなかった。 増大した水流は未処理の下水をもっと急速に押し流すが、 航行には危険とみなされ、五大湖とセント・ローレンス川の水位との関連で工兵隊の懸念であった。 1907 年から訴訟が続き、まもなく運河の下流の州が 「シカゴ衛生地区」 の側に付き、 ミシガン湖の下流の州とカナダは 「シカゴ衛生地区」 の反対に回った。 「シカゴ衛生地区」対 「米国」 の訴訟は 1925 年の最高裁の法廷でまもなく決着し、 「ウィスコンシン州」 対 「イリノイ州」 の訴訟は 1929 年に再び決着した。 1930 年に運河の管理は米国工兵隊に引き渡された。 工兵隊はミシガン湖から運河への水量を減らしたが、 水の流れは航行用に開けたままにした。 このような決定により 「シカゴ衛生地区」 は下水処理を加速することを促された。 今日では、五大湖からの水の迂回はカナダとの国際条約により規制され、 これは国際合同委員会と五大湖の州知事を通して規制されている。

イリノイ州ウィロウ・スプリングス
における運河、1904 年
ロックポートにおける水門&ダム
運河の汚染

シカゴの下水処理システムでは糞便を軽く処理しただけで、運河に排出している。 これは塩素の影響の懸念からで、 「シカゴは米国の大都市の中で、稀に違っている: 3 大下水処理で、消毒処理をほとんどしていない」。 その結果、運河の水には糞便の大腸菌群のコロニーがあり、 「運河沿いの標識は運河の水は人が触るのに適切でないと警告している」。

アジアン・カープと運河

2009 年 11 月 20 日に、 米国工兵隊はアジアン・カープ (アジアの鯉、Asian Carp) の 1 個の DNA サンプルが電気障壁の上流で見つかったことを表明した。 電気障壁はアジアン・カープが五大湖に移住するのを防止するために設置されたものである。 銀色の鯉は "飛び鯉" とも呼ばれ、ミシシッピ川を移住して、五大湖にも侵入する可能性がある。 鯉は 50 ポンド以上にも成長し、水上に飛ぶことで知られている。 鯉は 1970 年代にアーカンソー州のナマズ養殖所で藻を取り除くために EPA (環境保護庁) の 祝福を受けて始めて導入された。 鯉は養殖所から逃げてミシシッピ河川システムに移住した。 今では鯉は五大湖をミシシッピ川水域に接続する人工の運河を通じて、五大湖に侵入する恐れがある。 鯉は 濾過摂食により地元の魚を排除して、 元々の種の食物連鎖の底部を取り除こうとしている。

訳注
アジアン・カープの動画は随分ありますが、 Insane Asian Carp Attack : 飛んでくる大量のコイ... などを参考にしてください。

2009 年 12 月 2 日に、シカゴ衛生・船舶運河が閉鎖され、 米国環境保護庁とイリノイ州自然資源局 (IDNR, Illinois Department of Natural Resources) は 魚の毒の ロテノンを散布してロックポートの北でアジアン・カープを殺そうとした。 アジアン・カープは 2 ヶ月の商用電気猟で見つからなかったが、大量の魚殺しにより、1 匹の鯉が見つかった。

2009 年 12 月 21 日に、ミシガン州検事総長のマイク・コックス (Mike Cox) がシカゴ衛生・船舶運河の即座の閉鎖を求めて、 最高裁に訴え、ミシガン湖からアジアン・カープを排除しようとした。 イリノイ州と運河を建設した米国工兵隊が訴訟の共同被告人となった。

ミシガン州の訴訟に対抗して 2010 年 1 月 5 日にイリノイ州検事総長のライザ・マディガン (Lisa Madigan) は対抗訴訟を最高裁に提起し、 ミシガン州の要求を拒否することを要請した。 イリノイ州の側に立って、 イリノイ州商工会議所とアメリカ水上輸送業者協会 (American Waterways Operators) は宣誓供述書を提出して、 議論したことは: シカゴ衛生・船舶運河の閉鎖は何百万トンもの重要な積み荷の移動を阻害することになり、 このような積み荷には:鉄鉱石、石炭、穀類等が含まれ、全体では年間 $15億 に達し、 何百、あるいは何千もの職が失われることに寄与するとした。 しかしながら、ミシガン州は幾つかの他の五大湖州と共に議論したことは: スポーツ及び商用の漁業と、漁業に付随した観光は、五大湖全体で年間 $70億 になると見積もられ、全五大湖州とカナダに影響する ことであった。

2010 年 1 月 19 日に、米国最高裁判所は準備的な運河閉鎖の差し止め命令を拒否した。 2011 年 8 月に、控訴審でも準備的な差し止め命令が拒否された。