ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Mount Pleasant Mill - Wikipedia

マウント・プレザント風車: Google map ストリート・ビュー

マウント・プレザント風車 (Mount Pleasant Mill)

マウント・プレザント風車 (Mount Pleasant Mill) は イングランド東 ( ヨークシャー & ザ・ハンバー) の ノース・リンカンシャー (North Lincolnshire) の ノース・クリフ道路 (North Cliff Road) に沿った カートン・イン・リンジー (Kirton in Lindsey) の北にある風車である。

マウント・プレザント風車、リンカンシャー
  1. 建設
  2. 歴史
建設

これは 1875 年に製粉業者の Edric Lansdall のために 建設され、4 枚特許帆 (four-patent-sailed) の付いた、 わずかに先細のタールを塗った塔風車で、 玉ねぎ形のキャップと、 それ以前に設置された柱風車の残存ラウンドハウス (roundhouse) の頂上にファンテールがある。 以前の手作りレンガのラウンドハウスの壁と、 機械成形したレンガで新たに上から重ねた塔の間のつなぎ目はほとんど区別がつかない。 第 2 フロアー、すなわち臼石フロアーでは、 元々 3 組の臼石 (2 組のピーク石 (灰色石) と 1 組の 珪岩 (quartzite、フランス石)) が駆動されたが、このうち、1 組の灰色石のみが残っている。 このピーク石はイングランドの南西のヨークシャーと北東ダービーシャーのピーク・ディストリクト (Peak District) で採石される グリット (millstone grit) の岩から切断される。

この風車には名前をもらった風車が ストックトン=オン=ティーズ (Stockton=on=Tees) にあり、 これは 1790 年頃に建設され、 4 枚帆で高さがおよそ 80 フィートの風車でステージの付いたものであり、 (この風車と) 反対の色に塗られ (白く塗られた塔に、黒い玉ねぎ形のキャップ) 、1920 年代後半頃に取り壊された。

歴史

マウント・プレザント風車は 1933 年まで風力で動作し、 1977 年までシングル・シリンダーのクロスリー (Crossley) ディーゼル・エンジンで動作した。 これを動作させたフレッド・バンクス (Fred Banks) は アルフォード風車 (Alford Windmill) も所有した。 これは、この地域でヘファム風車 (Heapham Mill) を除いて、 1920 年代と 1930 年代の元々の未修復の装置と機械を備えた唯一の風車であった。 オークのキャップ枠 (cap frame) を備えた元々のキャップはまだ定位置にある。 元々の 風車軸 (windshaft)、 転がり歯車 (wallower)、 直立軸 (upright shaft)、 及び 大平歯車 (great spur wheel) は鋳鉄製で、 木造のブレーキ・ホイールの歯車輪も鋳鉄製であった。 もっともブレーキ・ホイールのクラスプ・アームは木造で、 ブレーキも木造で、すべてが 1930 年代に設置されていた。 風車の改良は古い 「袋持ち上げ機」(sack hoist) の代りの 「エレベーター」 (elevator) で、 これは 「転がり歯車」 (wallower) の下側の 「まさつ車輪」 (friction ring) によって動作し、 ハルスト枠 (hurst frame) に向けて第 1 容器フロアー (3 番フロアー) に持ち上げた。 これ (ハルスト枠) はどっしりした木材枠 (timber frame) のことで、 伝達歯車と重い臼石のケースを支え、回転する臼石とその歯車 (ストーン・ナット (stone nut)) の 振動を軽減する助けになっている。 これは塔風車の中の分離した構造で、振動と騒音が建物自身に伝達されることを防止する。

訳注
クラスプ・アームはブレーキ・ホイールを風車軸に固定する方法の事で、 風車軸の訳注を参照。

風車は 1991 年に復元され、 商的に操業する小麦粉風車であり、有機小麦粉を製造し、 一般に販売している。 観光客のための喫茶店がある。

2015 年 11 月 29 日に、風車は強風で深刻な被害をこうむり、 2 枚の帆と、ファンテールの帆 (tail-fan) が引きちぎれた -- あるものは 200 ヤード (180 m) 離れた所に着地した。 風車は 2 週間閉鎖され、 今では電動モーターが稼働し、 フランス製のバー石 (burr) とダービーシャーのピーク石 (peak) に動力を与えている。 事業は通常通り継続し、色々な有機小麦粉と新鮮なパンを製造し、 薪釜オーブン (wood-fired oven) を使用している。