ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Oldland Mill, Keymer - Wikipedia

ナトリー風車: Google map Google map に投稿された写真

キーマーのオールドランド風車
(Oldland Mill, Keymer)

オールドランド風車は 18 世紀の柱風車で、 ウェスト・サセックスのキーマー村にある。

2016 年の公開日の風車
  1. 歴史
  2. 復元
  3. 説明
  4. 製粉業者
歴史

オークランド風車は 1700 年頃建設された。 (この地域の風車の最も初期の記録は 1703 年のものである。) これは元々開放架台風車で、後でラウンドハウスが追加された。 記録によると一基の風車が 1755 年にキーマー (Keymer) に建っており、 1783 年の地図で風車が記されているが、1795 年の地図では表示されていない。 1801 年の 「国内防衛スケジュール」 (National Defence Schedule) は風車を記録しているが、 1813 年の陸地測量部 (Ordnance Survey) の地図と 1829 年のグリーンウッド (Greenwood) の地図は風車を省いている。 しかしながら、陸地測量部の大スケールの測量技師の原稿は風車を示している。 記録によれば風車は 1828 年に健在であった。 オールランド風車は 1912 年まで風力で操業していた。 風車は 20 世紀始めに荒廃し始め、凋落し続けた。

サセックス考古学協会 (Sussex Archaeological Society) は 1927 年に風車を獲得し、 修理がバージェス・ヒル (Burgess Hill) の 「E. ホール & サン社」 (E. Hole & Sons) により 1934 年に実施された。 1976 年、ハソックス・アメニティ協会 (Hassocks Amenity Association) の年会 (Annual General Meeting) で、「ウィールド・ダウンランド野外博物館」 (Weald and Downland Open Air Museum) の作業に関して話があった。 オールランド風車をどのようにして保存するかの問題が持ち上がった。 風車は当時、サセックス考古学協会が所有していた。 風車は 1977 年にミルライト企業の 「ビンセント・パージター & エドウィン・ホール社」 (Vincent Pageter and Edwin Hole) により 調査され、崩壊しそうであることが発見された。 1979 年にサセックス考古学協会との交渉をしてから、 ハソックス・アメニティ協会は 1980 年に風車をリースして、ボランティア主導の復元を開始した。

その時以来、風車は DEFRA からの助成金の恩恵を被り、相当な工事が完成し、 ほとんど完全にボランティアにより実施された。 風車はむき出しの基本まで剥がされ、多くの新しい部品が最初から、 完全に、そして正確に建設されて、腐った部品の代りになった。 全風車は再び被覆され、2007 年 10 月 18 日現在では、 4 枚の羽根が定位置に持ち上げられた。 風車は 2008 年 10 月に何 10 年もの間に始めて穀物を 1 回分製粉し、 詳細な依頼に引き続き、風車は今では定期的に小麦粉を製粉し、 サセックスで小麦粉の販売に登録した数少ない風車の 1 つになった。 これはサセックスで最古な稼働風車で、今では風車は 「オールドランド風車トラスト」の世話を受け、 これは登録慈善団体で、風車を所有している。

元々の補助駆動システムが復元されて、2015 年に任に就き、この時、蒸気動力が 100 年以上の間で 始めて機械を駆動するのに使用された。

復元

最初の作業パーティが 1980 年 8 月 2 日に風車のゴミを片付け、 ラウンドハウスの屋根を暫定的に修理した。 1981 年に 2 つ残っていた羽根とストックが HMS ダイダラス (HMS Daedalus) の船員の助力の下に取り除かれた。 1983 年に A の字型のフレームが建設されて風車軸を支えた。 風車は続く 10 年の間に復元され、 多くのフレームは交換され、これには含まれたものは:  架台冠木材 (crown tree)、 胸部、後部、側部のフレームがあった。 新しい直径が 8 フィート 8 インチ (2.64 m) のクラスプ・アーム方式の ヘッド・ホイールとブレーキが 2006 年に 建設された。 ヘッド・ホイールはニレで、シデの歯、オークの腕木が付いていた。

訳注
クラスプ・アームはホイールを軸に固定する方式の一つ (風車軸の訳注を参照)。
説明

オールドランド風車は柱風車で、1 階建ての 8 角形のラウンドハウスの上にある。 これは 4 枚のバネ帆 (spring sweep) を持ち、後部棒 (tailpole) で風向きに向ける。 風車軸は鋳鉄製で、1873 年にルイス (Lewes) のミルライトであるボアズ・メドハースト (Boaz Medhurst) により鋳造された。 2 組の臼石 (ミルストーン (millstone)) があり、ヘッド (前方) とテール (後方) に配置されている。

製粉業者