ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Saxtead Green Windmill - Wikipedia

サクステッド・グリーン風車: Google map ストリート・ビュー

サクステッド・グリーン風車
(Saxtead Green Windmill)

サクステッド・グリーン風車はグレード II の指定建造物の柱風車で、 イングランド、 サフォーク、ウッドブリッジ (Woodbridge) のサクステッドグリーンにあり、 古代モニュメント (Ancient Monument) でもあり、復原された。

サクステッド・グリーン柱風車
  1. 歴史
  2. 説明
  3. 製粉業者
歴史

荘園の記録 (Manorical Records) によれば 1287 年以来、サクステッド (Saxtead) には風車があった。 現在のサクステッド・グリーン風車は少なくとも 1796 年にさかのぼり、 この時、製粉業者はエイモス・ウェバー (Amos Webber) であった。 1810 年に風車 (Mill House) はロバート・ホームズ (Robert Holmes) のために建設された。 風車は 1853 年頃に後ろから風を受けた (tailwinded)。 この頃、帆が破壊されて作り直されたが、 1854 年にウィックハン・マーケット (Wickham Market) のミルライトであるウィットモア & ビニョン (Whitmore and Binyon) は新しい鋳鉄製の機械と 風車軸 (windshaft) を装着し、機械の配置をヘッド・アンド・テール (Head and Tail、上下) からブレスト (Breast stones、左右) に変更した。 風車が 3 度目に設置されたのはこの年である。 メルトン (Melton) のミルライトであるコリンズ (Collins) は 1870 年代にこの風車で働き、 ウィットモア & ビニョン (Whitmore and Binyon) は再び 1890 年代にこの風車で働いた。 1926 年から、ミルライトのジェシー・ワイトマン (Jesse Wightman) (彼は当初は製粉業者の A. S. アルドレッド (Aldred) の徒弟) は、所有者のために修理して手助けとなり、1947 年に最後の製粉業者の死亡により、 風車が商的に作動を停止するまで継続した。

風車はスティーブン・チャールズ・サリバン氏 (Mr. Steven Charles Sullivan、1908 年 - 1997 年) -- A. S. アルドレッド (Aldred) の義理の子息 -- に手渡され、 彼は 1951 年に風車を「工場省」 (Ministry of Works、[訳注:第二次世界大戦中に資産を徴用した組織]) の保護下に置いた。 風車は、現在、スティーブン・サリバン & ジョナサン・サリバン (Stephen and Jonathan Sullivan) によって所有されている (これにより風車は 1873 年以来同じ一族の所有)。 風車はジェシー・ワイトマン (Jesse Wightman) の監督の下で、1957 年から 1960 年の間に完全に再建された。 交換された冠木材 (crowntree) は、取り壊されたウェザリングセット (Wetheringsett) の 風車から手に入れたものである。 風車は 1984 年以来、 イングリッシュ・ヘリテッジ (English Heritage) の保護下にある。

風車は 2008 年に作られた新しい帆の組で修理された。

説明

サクステッド・グリーン風車 (Saxtead Green Mill) は 3 階建てのラウンドハウス (roundhouse) がある柱風車である。 風車には鋳鉄製の風車軸 (windshaft) で支えられた 4 枚の特許帆 (Patent sail) があり、 ファンテールで風の方向を向く。 風車にはブレスト (breast、左右) 配置の 2 組の臼石 (ミルストーン (millstone)) がある。 すべての機械はブレーキ・ホイール (Break Wheel) を除き鋳鉄製で、 ブレーキ・ホイールはオーク材でできている。

製粉業者