ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Spider Bridge at Falls of Schuylkill - Wikipedia

橋があったと思わるれる場所: Google map

スクーカル川の滝のスパイダー橋
(Spider Bridge at Falls of Schuylkill)

スクーカル川の滝のスパイダー橋 は 1816 年にペンシルバニア州フィラデルフィアの北部で、 スクーカル川を横断して設置されたワイヤー・ケーブルの歩道橋である。 橋はつつましやかで、一時的な構造であったが、 世界史で最初のワイヤー・ケーブルの吊り橋であると思われている。

ジェームズ・フィンリー殿によって発明された
鎖橋の光景」、ザ・ポート・フォリオの 1810 年
6 月号、ウィリアム・ストリックランドの絵
ペンシルベニア州における位置
  1. 鎖橋
  2. ワイヤー・ケーブルの歩道橋
  3. 位置
鎖橋

スクーカル川の滝の鎖橋ジェームズ・フィンリーによってデザインされた鉄鎖吊り橋で、 1808 年にスクーカル川の滝に建設された。 これは米国で設置された最も初期の吊り橋の 1 つであった。 建設資材を供給するために、製鉄業者のジョサイア・ホワイト (Josiah White) とアースキン・ハザード (Erskine Hazard) は東の橋台の近くの川沿いに圧延工場を作った。

フィンリーはスクーカル川の滝の橋の特許を取り、 広く公表したが、これは成功ではなかった。

上部構造の一部は 1810 年 9 月に牛が横断している時に崩れ落ち、 1816 年 1 月に雪のひどい重さで崩れ、崩壊した橋の上に雪と 1 切れの腐った木材が残っていた。
ワイヤー・ケーブルの歩道橋

鎖橋の崩壊はスクーカル川滝村の住民には非常に不便であり、 最も近くの橋は 5 マイル下流のコロッサス (Colossus) であった。 ジョサイア・ホワイト (Josiah White) は彼のワイヤー・ケーブルの歩道橋のモデルとして 鎖橋を使用して、フィンリーの鉄鎖をワイヤー・ケーブルで置き換えた。

オーストリア、ツィラータール・アルプス
(Zillertal Alps) のワイヤー歩道橋

ホワイトとハザードは川の西側に 2 つの工場 (mill) を持っており、 1 つは製材所 (saw-mill) で、もう 1 つは白鉛 (white lead) を作る工場であった。 ワイヤー工場 (wire-mill) は川の東側にあった。 一時期には 2 つの建物があった。 滝 [鎖] 橋の崩落の折には、ホワイトとハザードは奇妙な一時的な橋を設置し、 彼等の工場の一番上の窓から、西側の大きな木に川を横断してワイヤーを吊るした。 これが曲線状に垂れ下がり、そこから別のワイヤーを吊るして、 幅 18 インチ [0.45 m] の板の床を支えた。

この橋の床の長さは 400 フィート [121.9 m] あり、中間に支えがなかった。 全経費は 125 ドルであった。 彼等は通行人 1 名あたりに 1 セントの料金を課し、通行料によって建設費が償還された時に、 通行料を無料にした。

注意が掲示され、一度に 8 人のみが橋にのることが許されたが、 [ペンシルバニア州の] ギャゼット紙 (Gazette) に寄稿した訪問客は、一度に 30 名の人がのっているのを目撃し、 しかも無礼な子供が行ったり、来たり走り回っていた。

スパイダー橋がどれほどの期間、開通していたのかに関しては正確な記録がないが、 恐らくは 1 年以内である。 鎖橋の橋台に木造の覆い橋 (カバード・ブリッジ) が 1818 年に完成した。

ワトソン

陸軍大尉のジョシュア・ローリー・ワトソン (Joshua Rawley Watson) は英国陸軍の将校で、 1816 年にフィラデルフィアを訪問し、 彼がスパイダー橋 (蜘蛛橋) と呼ぶものに軍事的な可能性を見た。 彼は長さが 407 フィート (12 m) と記録し、立面図を描いて日記に次のように書いた:

[6 月] 15 日。 ここにはワイヤーの工場があり、経営者は巧妙な人で、 スクーカル川を横断してスパイダー橋を建設し、労働者が工場から出入りできるようにした。 -- 彼の名前はホワイトで、クエーカー教徒である。

この非常に奇妙な細工が建設されている原理を独創的なものとして眺めた; 水平線あるいは歩道は 2 本の鉄のワイヤーで作られた円弧により吊るされ、 川を横断して両端で固定され、一方の端で工場に、もう一方の端で木に固定され、 水面上 50 フィートの高さに固定されている; 主ワイヤーに等間隔で垂直なワイヤーが固定され、 これに木材が固定され、この上に歩道の路面が設置されている; 両側の別のワイヤーが垂直なワイヤーを安定させ、 川を横断する助けになる手すりを安定させている。 歩道の長さは 407 フィートで、幅は 18 インチである。 ホワイト氏が教えたことでは、彼は一度に 42 名をのせたことがあり、一様に歩けば、 50 名が同時に橋を渡ることができると考えている。 このように飛ぶ橋は 2 本の 5 インチの大綱から、垂直なロープがあれば簡単に作ることができ、 非常に短い間に川を横断して、部隊を対岸に送ることができる。 作戦の全体を工夫すれば、 2 台の荷馬車を運ぶこともできる。

訳注
ワトソンは綴りを良く間違えているようで大綱 (hawser) を hauser と綴り、 describe (述べる) を discribe と綴っている。 他にも綴りを間違えているかもしれない。その場合には意味を取り違えている可能性がある。
7 月 1 日。すでに述べたようにワイヤー橋を横断した。 振動はきつく、そのような動きに不慣れな者には、橋の上を歩くのに困難が伴った。 我々は発明家で、所有者のホワイト氏に会った。 橋は彼の 「ワイヤ・釘製造所」 と連絡していた。

ワトソンの立面図は橋の構造を記録している。 2 本の主ケーブルは水面から、およそ 50 フィート上に固定され、 東岸ではホワイトの製造工場の 2 階に固定され、西岸では木の大枝に固定されていた。 24 対のサスペンダー・ケーブル (ハンガー) がおよそ 16 フィート間隔で、主ケーブルから降ろされ、 木造の床の横桁の端に固定されていた。 横桁の間を張り巡らす木造の縦桁 (joist) は 2 フィートの厚板と共に路面となっていた。 岸から岸に張り巡らされた一対の水平ワイヤーがサスペンダー・ケーブルと床の梁に接続され、 2 つ目の組が手すりとして機能した。 6 本の支線 (guy-wire) が橋を川の岩、及び両岸に固定する。 別の支線 (guy-wire) の組が木を後ろの別の木に固定している。 川の中央の支線で固定したマスト (guyed mast) は人間の背丈の倍くらいで、 中央の支えとして機能し、ここで主ケーブルは路面まで降下している。 両岸で狭い歩道は地面の高さにあり;川の上では水面上 16 フィートに吊るされている。

コルディエ

フランスの技術者のジョセフ・ルイ・エティエンヌ・コルディエ (Joseph Louis Etienne Cordier) はワイヤー歩道橋の説明を 1820 年に出版している。

橋は一方の岸は鉄ワイヤー工場の窓の縦仕切りの 1 つに接続され、 もう一方の岸は大きな木に接続されている。 橋を運ぶ 2 本の曲線は (それぞれ) 3 本の鉄ワイヤーから構成され、 3 本を一緒にすると直径が 3/8 インチである。 垂直な鉄ワイヤーがこれらの曲線から随所に吊り下げられている。 これらは、今度は水面上 16 フィートで路面を支える鉄のワイヤーを支えている。 歩道の厚板は長さ 2 フィート、幅 3 インチ、厚さ 1 インチである。 8 本の鉄のワイヤーが両側に接続され手すりになっている。
鉄ワイヤーの総重量 1314 ポンド
木材の総重量 3380 ポンド
釘の総重量 8 ポンド
総重量 4702 ポンド

この型式の橋は夏には 15 日で設置でき、全経費は 300 ドル未満である。

位置

19 世紀中頃のスクーカル川の滝の写真では、 2,3 階建ての建物が川岸に並んでいる。 これらの 1 つがスパイダー橋の主ケーブルが固定されたホワイト・ハザードの圧延工場かも知れない。

ワイヤー歩道橋の正確な場所は特定されていないが、 レディング鉄道橋 (1853 年 - 1856 年建設、今も使用中) と フォールズ橋の間にあり、 恐らくはルーズベルト・ブールバードの双子橋がスクーカル川を現在横断している場所である。

川の西側から見たスクーカル川の滝
レディング鉄道橋 (1853 年 - 1856
年建設、使用中) が鎖橋のおよそ
の位置。反対側の建物 の 1 つが
ホワイト・ハザードの圧延工場かも
知れない。ローレル・ヒル墓地が
上方右に見える。
ローレル・ヒルからの光景
スパイダー橋は鎖橋の上流にあり、
レディング鉄道橋 (中央) と
滝の覆い橋 (上右) の間の
どこかにあった。
2010 年の双子橋、
レディング鉄道橋 (左)、
滝の橋 (右端)