ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Stewart Aqueduct - Wikipedia

スチュワート水道橋の位置

スチュワート水道橋 (Stewart Aqueduct)

イングランド、ウェストミッドランズ (West Midlands)、スメスウィック (Smethwick) の スチュワート水道橋 (あるいは スチュワード水道橋 (Steward Aqueduct) は、 BCN 新本線運河 (1828 年) を越えて、BCN 旧本線運河 (1770 年) を通している。 新本線運河のそばの上方に、 西海岸本線 (West Coast Main Line, 1852 年、鉄道) のストア峡谷区間 (Stour Valley section) があり、 この 3 つの上に M5 自動車道 (1970 年頃) が橋を架けている。

スチュワート (あるいはスチュワード) 水道橋

このグレード II の指定建造物の水道橋は 1829 年にトーマス・テルフォードにより建設され、 この時、それ以前のジェームス・ブリンドリーのバーミンガム運河 (ウォルヴァー・ハンプトン・レベル) が彼の新本線 (バーミンガム・レベル) でバイパスされた。 どちらの運河も、ミッドランズの産業革命に貢献し、石炭と原料をバーミンガムに運び、 完成品を周辺と港に運んだ。

水道橋はかっての 「チャンスのガラス工場」 (Chance's Glass Works、1824 年) にあって、 スポン・レーン運河ジャンクション (Spon Lane Canal Junction) の近くにあり、 この場所は BCN 旧本線 (以前のバーミンガム運河) の ウェンズベリー・ルート (Wednesbury) とウォルヴァーハンプトン・ルート (Wolverhampton) が 合流する所である。

自動車道 (M5) が鉄道の上、
鉄道が運河の上、運河が運河の上。
自動車道の支えの後ろの水道橋、
バーミンガムの方を見る。