ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Victoria Bridge, Bath - Wikipedia

ビクトリア橋: Google map、 フォトスフィア: 橋の上

この橋はエイボン川に架かっていますが、この箇所は ケネット・エイボン運河の一部分になっています。 要所要所に堰と水門がある。

ビクトリア橋、バース (Victoria Bridge, Bath)

イングランド、バースのビクトリア橋は 1836 年に建設され、エイボン川に架かっている。 橋はグレード II の 「指定建造物」 (listed building) に指定された。

橋は吊り橋の重要な実例で、 当初は馬と荷車が利用したが、後には自転車と歩行者が利用した。

ビクトリア橋 橋の位置

デザイン:ケーブル支え・二重カンチレバー吊り橋 (cable-stayed double cantilever suspension bridge)

建設

ケーブル支え・二重カンチレバーの橋はモトリー (Motley) とドレッジ (Dredge) によって建設され、 スパンが 45.7 m (150 フィート) で、 鎖がバース石の塔から垂れ下げられている。 路面はアイバーによって鎖に接続され、 アイバーは普通と違って垂直でない。 ジェームズ・ドレッドはバースのビール醸造業者であったが、 橋をデザインして、醸造所のビールを運ぶために使用した。 こうすれば、渡し舟を使用したり、 市の中心部を通り抜ける迂回路を使用する必要もなかった。 建設には £1,760 かかった。 彼は今日では吊り橋でもっと一般的なケーブルではなく、鎖に基づく先細の原理 (taper principle) の特許を取った。 ドレッジの橋のデザインは吊り橋の発展における 「非常に重要であるが、比較的短命な段階」 と思われている。

主スパンの鎖は 155 個の節から成り、各節は 2.5 m (8.2 フィート) の長さで、 2 本の錬鉄の吊り棒を支えている。 路面は木製の厚板で作られている。

当初は橋は馬が牽引する荷車に使用されたが、 後には自転車と歩行者のみに使用された。

閉鎖と修復

2010 年 10 月に橋が閉鎖された、 これは梁とケーブルの安全性の懸念からであった。 これは市のサイクリング・グループの批判を引き起こした。 2010 年 10 月に再開通したが、すぐ閉鎖された。

2008 年の橋

更なる検査が 2011 年 9 月に構造技術者により実施された。 2011 年 11 月に、曳舟道が閉鎖され、航行自身もすべての船舶に対して閉鎖された。 橋は 「危機歴史遺産」 (Heritage at Risk) に登録された。

修復経費は 2011 年に £300万 と見積もられた。 橋の両側に支えをして、一時的に固定する緊急工事が 2011 年 11 月に実施された。 完全修復は元々 2013 年冬までに計画されていた。

橋の修復工事は 2014 年に開始し、内部構造が装着されて、 修復中に橋と運河の両方が使用できるようにした。 橋は分解されて、鋼による追加の補強をして再建され、 暗緑色 (dark green) に再塗装された。 橋は 2015 年 1 月 15 日に公式に再開通した。