ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Zaanse Schans - Wikipedia

ザーンセ・スカンスとは「ザーン砦」 (ザーン = Zaan = 川の名称、スカンス = 砦) のような意味らしい。

ザーンセ・スカンスの風車の用途から、ヨーロッパの風車が色々な工場に使用されたことがわかります。

ザーンセ・スカンス (Zaanse Schans)

ザーンセ・スカンス (Zaanse Schans) はオランダ、ザーンデイク (Zaandijk) の近くの ザーンダム (Zaandam) の近辺にある。 ここは良く保存された歴史的風車 (windmill) と家屋のコレクションで良く知られている。 1961 年から 1974 年にかけてザーンストレーク (Zaanstreek、ザーン地方) 中の古い建物が ローボーイ・トレーラー (lowboy trailer、家屋をそのまま輸送できる床の低いトレーラー) を使用して、この場所に移転された。 ザーンス博物館 (Zaans Museum) は 1994 年に最初のザーンセ・スカンス風車の近くに設立され、 近辺の南にある。

ザーンセ・スカンスの風車 オランダにおける
ザーンセ・スカンスの位置
  1. 語源と歴史
  2. 呼び物
語源と歴史

ザーンセ・スカンス (Zaanse Schans) の名称はザーン川と、 その元々の機能であるオランダ独立の 80 年戦争の間のスペイン軍に対しての防御用陣地 (sconce、オランダ語のスカンス (schans)) に由来している。

呼び物

ザーンセ・スカンスはオランダの人気の高い観光客の呼び物の 1 つで、 ヨーロッパ産業遺産の道 (ERIH, European Route of Industrial Heritage) のアンカー・ポイント (anchor point) である。 この近隣は 2014 年におよそ 160 万人が訪れた。 ここにはザーンデイク・ザーンセ・スカンス鉄道駅 (Zaandijk Zaanse Schans railway station) がある。 アムステルダム中央駅から 18 分である。

ザーンセ・スカンスには 7 つの博物館がある。 -- 織り手の家 (the Weavers House), 桶屋 (the Cooperage), the Jisper House, ザーン・タイム博物館 (Zaan Time Museum), アルバート・ハイン博物館店 (Albert Heijn Museum Shop) 及びパン屋博物館 (the Bakery Museum) である。 全ての近辺は人気の高い観光客の呼び物で、 混雑のし過ぎを解消するための地方政治の議論がある。

ザーンセ・スカンスの空からの光景
風車の一覧
風車の名前、左から右:  ヘト・ヨング・スカープ (Het Jonge Schaap、若い羊 ("The Young Sheep")),
デ・ズーカー (De Zoeker、探究者 ("The Seeker")), デ・カット (De Kat、猫 ("The Cat")),
デ・ゲクローンデ・プーレンブルフ (De Gekroonde Poelenburg、王冠をかぶったプーレンバーグ ("The Crowned Poelenburg"))
及び デ・ハウスマン (De Huisman、雑役夫 ("The Houseman"))