ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Strumpshaw Hall Steam Museum - Wikipedia

ストランプショウ・ホール蒸気博物館: Google map

ストランプショウ・ホール蒸気博物館
(Strumpshaw Hall Steam Museum)

ノーフォーク州ストランプショウのストランプショウ・ホール蒸気博物館は トラクション・エンジン (Traction engine)、 スチーム・ローラー (Steam Roller)、 ショーマンのエンジン (Showman's engine)、 及び蒸気ワゴン (Steam wagon) が展示され、 これらが走るのは 特別な時と 4 月から 10 月の各月の最後の日曜日である。

ホール自身はグレード II の指定建造物で、 敷地にはオートキャンプ場 (touring caravan site) がある。 ホールと農場地所の近くにはストランプショウ・フェン RSPB 保護地区 (RSPB = Royal Society for the Protection of Birds 王立鳥類保護地区) がある。

  1. ストランプショウ・ホール
  2. 歴史
  3. 博物館の展示
  4. ストランプショー蒸気ラリー
  5. コレクションで呼び物にされている製造業者
ストランプショウ・ホール

この既存の家は 1835 年にトーマス・タック (Thomas Tuck) により建設された。 2 階建ての資産は漆喰を塗った基礎の上に赤レンガで建設され、 サッシの窓を含む 3 つの区画 (bay) の造作があり、スレートの寄棟造 (hipped slate roof) が上に乗り、 2 つの煙突がある。 中央の区画は ペディメント (pediment) で拡張され、 ドーリア式のポーチ (Doric porch) がある。 主要な建物は、ビクトリア時代に、より低い 2 階建ての「使用人のための翼部」 (service wing) を付けて追加され、 後者は 3 つの窓の広さがある。 これは 1979 年にグレード II の指定建造物になった。

歴史

コレクションはウェズレー・キー (Wesley Key) により個人的に開始され、 彼の家族が今なお、ホール、敷地、大半の展示物を所有している。 キー (Key) はまもなく、彼のコレクションを公開し、当初は公開日に公開し、 あとで博物館として公開し、 この博物館は今なお、4 月と 10 月の間に公開している。 博物館は、現在はウェズリー (Wesley) の孫であるジミー・キー (Jimmy Key) により所有されている。

博物館の展示

主コレクションは地所の以前の農場の拡張場所に格納され、 これに再開発された離れ家と特別に開発された拡張部分が加わっている。 始めは、コレクションに色々な移動可能なエンジンと固定エンジンのコレクションで、 産業用途農業用があり、大半が上記で駆動したが、幾つかの初期の内燃エンジンもあった。 フェアグラウンド (fairground、催し会場) コレクション且つ劇場 (theater) コレクションがあり、 これには大きなクリスティ・ワンダー・オルガン (Christie Wonder Organ) が含まれる。 博物館にあるのは: ギャレット (Garret) 形式の トラクション・エンジンで、まだ業務中のもの 一台の可動蒸気ワゴン (a working Steam Wagon)、 脱穀機のついたプラウ・エンジン (a Ploughing Traction Engine)、 プラウ・エンジンのついた古いプラウ (an old plough with Ploughing engine) である。

博物館には外部に狭軌鉄道があり、大半の開館日に走っている。 これは一台のシンプレックス (Simplex) ディーゼルで、蒸気エンジンに見せかけたもので構成され、 単純な 4 輪の客車を牽引している。 同じ場所の農場では、実地のフェアグラウンドで少々乗ることができ、 これは通常操業されており、観光客が乗ることができる。 ここには、珍しい種類の鳥のコレクションもある。

ストランプショー蒸気ラリー

この公園は、年に一度の蒸気ラリーに使用され、 春の銀行祭日 (Spring Bank Holiday) の週末に開催される。 このイベントで呼び物にするのは: 蒸気のはいった博物館のエンジン、 およそ 50 台の訪問中の他のエンジンが列席し、 更には蒸気の入った 30 台のミニチュアである。 このイベントには大量の時代物で、クラシックなトラクターと商業車両が展示され、 毎日パレードがある。

コレクションで呼び物にされている製造業者

全てが展示されてはいない。

時代物のトラクター

水平エンジン

ビーム・エンジン

鉄道機関車