ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Peterborough Lift Lock - Wikipedia
ピーターバラ・リフト水門
(Peterborough Lift Lock)

ピーターバラ・リフト水門はカナダ、オンタリオ州、ピーターバラ市の トレント運河に属したボートリフトであり、 トレント・セバーン水路の水門 21 である。

二重リフト (dual lift) は水圧ボートリフトとしては世界で最も高く、19.8m を昇降する。 これは一般の水門が通常は 2m しか昇降しなかった時には注目に値する実績であった。 しかし、形式を限定しなければ、今日では世界で最も高いボートリフトではない。 ベルギーの ストレピ・テュー (Strépy-Thieu) にあるリフト (ストレピ・テュー・ボートリフト) は より大きな容量 (1,350 トン) と高度差 (73.15m) がある。

1980 年代に、ビジター・センターが水門の横に建設された。 ここにはボートに乗ってリフトを越える双方向シミュレーションがあり、 リフト水門の建設の詳細を述べた歴史展示もある。

ピーターバラの多くの住民は冬にはリフト水門の下の運河でスケートをする。

ピーターバラ・リフト水門は 1979 年に カナダの国の歴史遺跡 (National Historic Site of Canada) に指定され、 1987 年には アメリカ機械技術者学会 (American Society of Mechanical Engineers) により 「歴史的機械工学ランドマーク」 (Historic Mechanical Engineering Landmarks) に選定された。

トレント・セバーン水路には類似の水圧リフト水門 -- カークフィールド・リフト水門 -- がカークフィールドの 頂上区間の近くにあり、ベイスンは同じ大きさであるが、 昇降はより小さい。


ピーターバラ・リフト水門の前からの光景
訳注
Google map: ピーターバラ・リフト水門
  1. 説明と操作
  2. 歴史
説明と操作

水門には 2 つの全く同じ (バスタブ (湯船) のような) 船舶ケーソンがあり、 これにより船舶が昇降する。 どちらのケーソンも両端の軸のまわりで回るゲートによって囲まれており、 運河の上層と下層区間には、ケーソンとの接続部で軸のまわりで回るゲートがある。 ケーソンのゲートは運河のゲートのスロットに差し込まれ、連動して開く。

どちらのケーソンもピストンの上に設置され、 ピストンを支えるシャフトは地面の中に沈み、水で満たされて (互いに) パイプで接続され、 このパイプには横断制御バルブがついている。 ケーソンはコンクリートの塔に固定されたレールにより上下に誘導される。 ケーソンを水で満たす (1040m3) と、重さが 1,700 トンで、 長さが 42.7m で、幅が 10m で、深さが 2.1m となる。

外部動力は必要ではない:リフト水門は重力のみで作動し、 つり合いの原理を使用する。 水門が動作する周期中にはケーソンの 1 つは必ず上昇し、もう一つは必ず降下する。 ケーソンの 1 つが頂点の位置に到達すると、 ケーソンは上層区間の水位よりも 30cm 下で停止し、制御バルブが閉鎖される。 シーメンスの超音波センサーが 30cm の違いを決定する補助に使用される。 上層区間と下層区間のケーソンのゲートが開放され、 水位が同じになるまで水が上のケーソンに流れ込む。 余分の 30cm の水の重さは 144 トンで、上部のケーソンの全重量は 1,844 トンになる。 上部のケーソンで上昇した船舶は運河の上層区間に出る。次に 水門を通過しようとする新たな船舶が下層、もしくは上層のケーソンに進入する。 船舶が固定されると、ゲートはすべて閉鎖され、水圧シャフトを接続するパイプ横断バルブが 開放される。 上部のケーソンの方が下部のケーソンより重いので (1844 トン 対 1700 トン)、 上部のケーソンはピストンを押し下げ、シャフトの水を接続パイプを経由して、 下部のケーソンのシャフトに流し込む。 この力により、下部のケーソンのピストンが持ち上がり、ケーソンを頂点に持ち上げる。 新たに下降してきた上部ケーソンと下層区間のゲートが開くと、 余分の 30cm の水が流れ出て、運河の下層区間の水位と同じになり、 降下してきた船舶があれば外に出る。 これにより繰り返しが継続する。

歴史

リフト水門は (トレント・セバーン水路の一部である) トレント運河の (工事) 監督であった リチャード・バーゾール・ロジャース (Richard Birdsall Rogers) によりデザインされた。 1896 年に彼は操業している実例を見るためにフランス、ベルギーそして英国を訪れた。

リフト水門が建設された理由の一つは政治的なものであった。 当時、連邦選挙が実施されようとしており、 地元の支持をテコ入れするために、 計画は最優先にまわされた (fast tracked)。 1896 年に建設が認可され、 実際の作業図面が用意される前に契約が締結された。 政府はそれでも敗北し、 リチャード・ロジャースは前政権との関連を心配し、 作業図面を小出しに公開した。 この方法は成功し、これにより彼は主デザイナーとして継続した。 最終的な計画には多くの技術的に初めてのものが含まれていた。 これはコンクリートから作られた最初の水門で、 鉄筋で強化されていないコンクリート製で、当時は世界中で建設されたものの中で最大のものであった。

建造はピーターバラのコリー・アンド・ラヴァ―ジュリー (Corry and Laverdure) が手掛け、地面を掘り起して コンクリートの塔と水門を建造し、 一方モントリオールのドミニオン橋梁会社 (Dominion Bridge Company) は金属製品を製造し、 これにはピストン、水圧装置そして大きなケーソンが含まれており、1904 年に完成した。 リフト水門は 1904 年の 7 月 3 日に何千人もの群衆の前で公的に開通し、 今日でも完全使用されている。

     
ピーターバラ・リフト水門 ピーターバラ・リフト水門 (横から) 史実に基づくリフト・モデルの展覧会
ピーターバラ・リフト水門