ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Trent–Severn Waterway - Wikipedia

以下の文章を読む時には運河の地図トレント・セバーン水路の地図が参考になります。

トレント・セバーン水路
(Trent–Severn Waterway)

トレント・セバーン水路はオンタリオ州南部の コッテージ・カントリー (cottage country) を横断する運河のルートで パークス・カナダにより管理されている線状のカナダ国定史跡である。 以前は産業や輸送目的に使用され、(現在は) リクリエーション用ボートや観光目的に 保全されている。 水路は五大湖の二つ -- オンタリオ湖とヒューロン湖 -- を接続し、 東の終端はトレントで、西の終端はポート・セバーンである。 トレント・セバーン水路の (人工的でない) 自然な水路には以下のものが含まれる: トレント川 (Trent River)、オトナビー川 (Otonabee River)、 カワーサレイクス (the Kawartha lakes)、シムコー湖 (Lake Simcoe)、 カウチチング湖 (Lake Cauchidhing)、セバーン川 (the Severn River)。 5 月から 10 月までは航行用に開放されているが、沿岸の土地や橋は年中開放されている。


トレント・セバーン水路への入口
訳注
  1. コッテージ・カントリーとはカナダ東部にある コッテージ (cottage, 小屋) や (避暑用の) 夏の別荘 (summer home) のような施設がある場所の一般的名称で、 都会の避暑客が多く集まる場所。都会ごとに (別々の) コッテージ・カントリーがあり、 オンタリオ州のトロントではマスコーカ地域 (Mukoka)、カワーサ地域 (Kawathas)、ハリバートン (Haliburton) が 対応し、オタワではライドウ湖の地域 (Rideau Lakes) が対応する。 以上は Cottage country - Wikipedia からの抜粋。
  2. カワーサ湖 (カワーサ・レイク、Kawartha Lake) と呼ばれる湖があるが、上では Kawartha Lakes (カワーサ・レイクス) とあり、 複数形である。そのためカワーサ湖群とでも訳せるかもしれない。 一方カワーサレイクスと呼ばれる自治体もある。
  1. 地理
  2. 歴史
地理

水路の全長は 386 km (240 マイル) で、オンタリオ州のトレントで始まり、 およそ 32 km (20 マイル) の人工の水路がある。 水門は 45 基あり、 これには 36 基の通常の水門と 2 基の階段水門ピーターバラカークフィールドの二基の水圧リフト水門、 そしてビッグ・シュート・マリン鉄道がある。 マリン鉄道はセバーン川の上部区間と下部区間の間でボートを輸送している。 水路には更に次のものがある:39 基の旋回橋、 160 のダムと多くの制御構造があり、 湖や川で洪水制御と航行用に水位を制御し、 オンタリオ州の中央部のコッテージ・カントリーのおよそ 18,600 平方 km (7,182 平方マイル) の排水を担っており、 4 つのカウンティと 3 つの単独の都市にまたがる。 これは 100 万人のカナダ人が住む場所である。

トレント・セバーン水路はバルサム湖 (Balsam Lake) で海抜 256.3 m (840 フィート 1 インチ) の最高点に 達し、五大湖と セントローレンス川 (Saint-Laurence River) の集水盆地で船舶が航行できる最高点である。 マノンガヒラ川 (Monongahela River) の航行可能な最高点 (これはミシシッピ川の集水域に属している) はウェスト・バージニア州のフェアモント (Fairmont) の海抜 263 m (862 フィート 10 インチ) で北米で 最高の場所である。 一方、ライン・マイン・ドナウ運河 (Rhine-Main-Danube Canal) の最も高い頂上区間は 406 m (1,332 フィート) でこれよりも更に高い。 トレント・セバーン水路は パークス・カナダにより管理され、 更に歴史的運河規制委員会 (Historic Canal Regulations) の権威下にある。 (委員会は概要を構成し、航行の責任と資源の保護、浚渫と埋め立ての作業、 ボート乗りのキャンプ施設の運用などは委任されている。) 368 km (240 マイル) の航行回廊には 4,500 km (2,796 マイル) の岸辺と 500 平方 km (193 平方マイル) の水がある。 125,000 以上もの私有あるいは商用の土地がトレント・セバーン水路に隣接している。 トレント・セバーン水路はこのルート上にある 18 箇所の水力発電所のための ドミニオン水力法令 (Dominion Water Power Act) の規約による責任と権力がある。

2007 年 5 月に 6 名からなる独立のパネル (審査員団) が任命され、 水路を評価した。 パネルのメンバーは 16 以上の自治体における 30 以上の会合で、 1000 名以上の人から意見を聞いた。パネルは 2008 年の 4 月に 環境省 (Federal Minister of Environment) に報告書を提出した。

歴史

サミュエル・シャンプラン (Samuel Champlain) は 1615 年にジョージア湾からヒューロン湖のクイント湾 (Bay of Quinte) まで内陸水路を旅行した最初の人である。 このルートは後に運河化されトレント・セバーン水路となった。


トレント・セバーン水路の水門 1

19 世紀中頃には、中央オンタリオの河川システムは 材木豪商 (lumber baron) が切り倒した木を市場に近い製材所に運ぶのに 使用した。伐採業者の多くは水門の建設に反対した。 水門は彼らの事業に干渉するからであった。 伐採業者は、しかしながら、 ボブケイジョン (Bobcaygeon) や フェネロン・フォールズ (Fenelon Falls) のような繁栄する共同体ができることを助成し、 このようなことから水門の建設が遅れることになった。

1833 年にカワーサレイクス地方で建設が始まり、 ボブケイジョンの水門がその最初となった。 ビッグ・シュートとスウィフト・ラピッズに設置された暫定的なマリン鉄道により 水路が完成するまで 87 年かかった。 1920 年になってようやくボートが全ルートを航行できるようになった。 運河はまだ完成していないという人もいる。 スウィフト・ラピッズのマリン鉄道は 1965 年に予定されていたように普通の水門に 交換されたが、 ビッグ・シュート・マリン鉄道はいまだに操業しており、 これを単独の水門で交換する初期の計画は見捨てられている。 ポート・セバーンの水門 45 は 運河を完成するための政治的圧力により急いで建設され、 運河の他の普通の水門の長さと幅に比較すれば現在でも大きさが小さいままである。 オンタリオ州のニューマーケットに建設することになっていた支線は建設中に見捨てられ、 完成することはなかった。 ケンペンフェルト湾 (Kempenfelt Bay) とノッタワサーガ川 (Nottawasaga River) を経由して、 ワサーガ・ビーチ (Wasaga Beach) に至る代替のルートも短期間考えられたが、 最後にはセバーン川のルートが採用された。 リトル・ゴー・ホーム湖 (Little Go Home Lake) とバクスター湖 (Baxter Lake) の間に水門を設置して、ハニー・ハーバー (Honey Harbour) を経由して、ジョージア湾に接続すること も考えられた。

遅い進捗状況がカナダ政府の目を引いた。 1878 年に総理大臣のサー・ジョン・A・マクドナルド (Sir John A. Macdonald) は 進捗を速めるために、運河の完成が政府の方針であることを明確にした。 運河の完成による経済的な恩恵を実現するためにオンタリオ市は政府が建設を再開する前に 幾つかの水門を建設した。 これにもかかわらず、1875 年から 1900 年にかけて運河の建設速度が遅くなった。 バルサム湖より以遠の航行は阻害されていたが、1907 年に カークフィールド・リフト水門が 開通した。 水門のシステムは中央オンタリオの発展に寄与し、 オンタリオ湖周辺の重要な交易拠点からの迅速で効率的な物資の流れを可能とした。 オンタリオ州のこの地域の起伏の多い荒れた大地では地上交通は極端に難しく、時間を浪費するものとなっていた。

運河がついに完成した時に、運河の建設目的である「地域の経済」には大きな効果がなかった。 完成するまでに、ボートが大きくなっていたため、運河のデザインが時代遅れとなっていたからである。 運河が想定したボートは余りに小さく、商用的に生育できなかった。 運河が建設中に鉄道網が更に発展し、運行が改善され、これにより人々が住む場所に影響を与えたこともある。

1910 年 - 1911 年に、タウンシップ・オブ・スミス (the Township of Smith) とチェモン・ヨットクラブ (Chmong Yacht Club) はトレント運河によって引き起こされる土地の被害に関して訴訟を起こした。

現在のウェランド運河 が 1932 年に完成した時、水路は商用目的には時代遅れとなった。 ウェランド運河は外洋を横断できるほど大きな船を処理できた。 もっとも積み荷は一般にモントリオールで、より大きな外洋船に積みかえられた。

トレント・セバーン水路は今でも事業を続けており、 国立公園事業体であるパークス・カナダにより整備され操業されており、 現在では観光やリクリエーション用のボートに使用されている。 観光船「カワーサ旅行」(Kawartha Voyageur) を運行する観光船会社もあり、 ハウスボート (住居用の船) の賃貸会社もある。 2013 年 6 月に、カワーサレイクスのハリバートン (Haliburton) 選挙区の国会議員である Barry Devolin は、法律 C-530「トレント・セバーン水路公社の法律」を再導入した。 これは水路の 1 世紀に及ぶインフラの資本強化 (recapitalise) をするためであった。

トレント・セバーン水路
がスコッツ・ミルズ水門で
ピーターバラに進入
ピーターバラ
リフト水門
カークフィールド
リフト水門
ビッグ・シュート
マリン鉄道