ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Manchester Docks - Wikipedia

ドックとは船が接岸して荷降ろしや荷揚げをする場所ですが、厳密には ドック (海洋) によると、 英国英語では潮の干満にかかわらず水位が一定となるように水門が付いている場所のことのようです。 しかし、マンチェスター・ドックスはマンチェスター船舶運河にあるので、潮の干満の影響は 受けないはずなので、水門は不要となります。但し、以下の文章を読めば現在は、水質の問題があるため水門が付いています。

マンチェスター・ドックス (Manchester Docks)

マンチェスター・ドックスはノース・ウェスト・イングランドのマンチェスター船舶運河 の東の端にあるサルフォード、ストレットフォード、マンチェスターにまたがる 9 つのドック のことである。 これらは 1894 年からマンチェスター港の一部となり、1983 年に閉鎖した。


20 世紀初頭のマンチェスター・ドック 9 (左上)
ドック 8 はその右で、船舶運河は手前。

ドックは船舶運河の上流区間の終点であり、 沿岸船や外洋船の目的地で、 積載されていたのは貨物と限られた数の乗客で、 しばしばカナダとの往復をした。

マンチェスター・ドックスは 2 つの区間に分割される: (一つは) トラフォード道路旋回橋の西の、より大きなサルフォード・ドックスで、 (もう一つは) トラフォード道路旋回橋の東のポモーナ・ドックスである。 どちらの区間も全部で 4 つのドックから構成され、 大きなものは西にあるもので、ポモーナのドック 5 は完成されることはなかった。 動作可能な 8 つのドックのうち、ポモーナにあるドック 1 のみがマンチェスター市内にあるものである。 ハル大空襲によるハル港の被害から、1948 年の大半で、 マンチェスター・ドックスは英国で 3 番目に忙しい港になった。

1970 年代に、ドックは急激に衰退したが、これは主にコンテナ化によるせいである。 貨物船がますます大きくなるにつれ、船は運河を航行できなくなり、 更にこれに加え、ヨーロッパや東洋との交易が増えるにつれ、 マンチェスター・ドックスの使用が徐々に減った。 1982 年には、残った運河は閉鎖され、この地域は遺棄された。

この地域を再開発する必要性を認め、 サルフォード市議会は 1984 年に遺棄地助成金を使用して、サルフォード・ドックスを購入した。 「サルフォード波止場開発計画」が 1985 年の 5 月に採択され、 この場所を、商用、住居用あるいはレジャー用途に完全な再利用・開発をすることが提案された。

  1. サルフォード・ドックス
  2. ポモーナ・ドックス
サルフォード・ドックス

サルフォード・ドックスは西側 (下流) のブロックで、 運河から東北東に走る大きな 4 つのドックから構成され、 9, 8, 7, 6 と番号が打たれ、最後の 3 つは (船が) 向きを変えるベイスンとしての 機能がなくなっている。 これらは現在ではサルフォード波止場 (Salford Quays) として 再開発されている。


マンチェスター・ドックスの 1924 年の図

ドックが分割されてできたベイスンの名前はすべて北米の湖の名前になっており、 ドックと北米の強い貿易関係を反映している。

ドック 6 の上流には運河の壁に三角形のくぼみがあり、他のドックと類似の配置となっている: これは元々は固定した道路の橋の下を通る第二の航行可能な水路であった。 19 世紀の終わりに、水路は橋より上流が埋められ、その残りが船着き場として維持された。 後にこの支線は今日見るような痕跡に切り落とされてしまった。

ドック 9 が建設されている時に、もう一つのドック (ドック 10) がドック 9 の下流に、 しかもこれに平行に建設される計画があった。 1921 年の地図には計画されていたドックがいまだに見えていたが、 後の地図では省略されている。

ポモーナ・ドックス

ポモーナ・ドックスはマンチェスター船舶運河の 5 つのドックの組のことである。 現在ではサルフォード波止場と呼ばれている前述のドックと異なり、 ほとんど再開発されなかった。

トラフォードのポモーナ・ドックスの
現代的なオフィス開発。これがかって
忙しく働いていた水辺であることを
示す痕跡がない。
  ドック 3 のブリッジウォーター運河の水門への入り口

ドック 5 (オードサル (Ordsall) ドック) は他のドックとは反対側の 堤防にある長方形のドックであり、ドック 3-4 の丁度反対側に位置していた。 ドック 4-2 は角度を成して運河から東の方に走り、 どれもおよそ 600 フィート (180 m) の長さがあった。 一方、ドック 1 (大部分がマンチェスター市内にある) は 少々長く 700 フィート (210 m) で北東方向にほとんど運河と平行して走っていた。

運河の公的な終点は数百メートル上流で、歩道橋が運河を横断している場所である。 主要な 4 つのドックとポモーナ・ドックスの間には旋回道路橋があった。 1960 年代には、旋回道路橋の開閉は狩猟用ラッパで合図をした。

ポモーナ・ドックスはポモーナ・ガーデンズがあった場所に建設され、 その名前はローマの女神の ポモーナに由来している。 サルフォード波止場とポモーナ・ドックスを分離している旋回道路橋は永久に閉鎖され、 小さなプレジャー・ボートのみがその下をくぐってポモーナ・ドックスに進入できる。 庭園の名前 (ポモーナ) がコーンブルック (Cornbrook) のパブの名前となった。 この地域には マンチェスター・メトロリンクのポモーナ駅がある。

訳注
グーグルマップのストリート・マップでは マンチェスター・メトロリンクの駅には電車のアイコンが表示され、 この上にマウス・カーソルをのせると、駅名がカナで表示されます。