ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Augusta Canal - Wikipedia

オーガスタ運河は動力を得ることを目的の 1 つにしています。 最初はどのようにして動力を得ているのか見当がつかなかったのですが、 どうも非常に単純なようです。運河はそばのサバンナ川から水を取り入れていますが、 水の取り入れ口の下流でサバンナ川は滝のようになった箇所があります。 そのため運河と川の間に落差があり、運河から水を取り入れて川の方に流せば水車の動力源となります。 水路は地下にあり、水車も地下にあると思われます。 クオリー・バンク・ミルでも水車は地下にあるので 間違いないと思われます。 動力を機械に伝達するにはドライブシャフト (駆動軸) とベルトを使用する必要があり、 動力伝達を効率的にするには工場を立体的 (複数階) にする必要があります。 (建物の内部には動力伝達用の垂直な立て坑があるはずです。) これが当時のミルが複数階建ての建物である本質的な理由のようです。だからミル (mill) は水車小屋であるはずがなく、 必ず複数階建ての建物になります。 (横方向に広がった平屋では各機械まで動力を伝達しようとすると効率が著しく悪くなる。)

通常は動力水車による工場は、水の取り入れ口と排水溝の理由から、密集して作ることが困難と思われますが、 オーガスタでは幾つもの工場を隣接して作ることができるようです。

Google map: オーガスタ運河

オーガスタ運河 (Augusta Canal)

オーガスタ運河は米国ジョージア州のオーガスタにある歴史的な運河である。 運河はサバンナ川によって給水され、 3 つの水平区間を通り抜け (全部でおよそ 12 マイルあり)、 オーガスタの郊外、都市部を通り抜け、色々な場所で川に戻っている。 運河はサバンナ川の滝線 (fall line) の水力を利用して工場を駆動するために考案された。 運河は元々の目的である動力、輸送、上水に連続的に使用され続けた米国で唯一つの運河である。


オーガスタ運河
訳注
上の写真はかなり古いものですが、恐らく次の場所が現在の姿です。
ストリートビュー: 現在の姿
  1. 歴史
  2. 国の指定
  3. 今日
  4. オーガスト運河の発見センター
歴史
19 世紀

オーガスタ運河は 1845 年に認可され、 当初は水源、動力源、輸送用として 1847 年に完成した。 この運河は米国南部で産業用運河として成功した数少ない運河の 1 つである。 建設時期には、 市の運河委員会はヘンリー・カミング (Henry Cumming) が長を務めた。 カミングは鉄道技術者の J. エドガー・トムソン (J. Edgar Thomson) に個人的に支払いをして、 計画のための最初の測量を実施させた。 1847 年には、現在エンタープライズ工場 (Enterprise Mill) がある場所に 製材所 且つ 製粉工場の建設が始まった。 オーガスタ製造工場 (Augusta Manufacturing Company) -- 横に無秩序に広がった 4 階建ての 繊維工場 (manufactory) -- がすぐに続いた。 これらはオーガスタ運河に沿って建設された多くの工場の最初のものとなった。

南北戦争の時までに、オーガスタは米国南部にある数少ない製造業の中心地の一つであった。 色々な要因の中で運河による動力と水運こそが、 南部同盟のジョージ W. レインズ (George W. Rains) 大佐がオーガスタを南部同盟火薬工場の場所として 選んだ理由であった。24 棟の建物がオーガスタ運河に沿った 2 マイルに広がった。 これらの建物は南部同盟政府がデザイン・建設し、(建設費用を) 支払った唯一のものであった。 これ以外の戦争産業が運河に沿って、あるいはその近辺に設立され、 オーガスタが物資の重要な中心地になった。


シブリー工場、南部同盟火薬工場の煙突、キング工場
訳注
  1. シブリー工場 (Sibley Mill) は上の写真の手前の煙突がある工場です。 Google map では英文表記のみあります。
    シブリー工場: Google map 衛星写真 Bing の概観図
  2. 「南部同盟火薬工場」は地名には載っていないが、上の写真の中央に見える煙突と思われ、 更にキング工場は上の写真の右手の建物と思われます。Bing の概観図で探すと、
    Bing の外観図: 南部同盟火薬工場 キング工場

南北戦争が 1864 年にジョージア州に移動すると、 北軍の将軍ウィリアム T. シャーマン (William T. Sherman) の部隊が移動して、 オーガスタとその巨大な火薬工場を攻撃するかもしれない恐れが出てきた。 しかし、シャーマンの行進は南部を通り抜け、オーガスタは無傷のままであった。 その結果、戦争が終了した時に、 オーガスタは他の多くの南部の都市よりは物理的にも、経済的にもある程度良好な状態であった。 人口が倍増し、復旧資金が利用可能で、復旧には運河の拡張も含まれていた。

運河は 1875 年に拡張された。 にわか景気の時にはエンタープライズ工場 (Enterprise Mill)、 キング工場 (King Mill) とシブリー工場 (Sibley Mill)、更にはロンバード鉄工場 (Lombard Ironworks) が建設され、 多くの他のプラントが開設ないしは拡張された。 農場に住んでいた多くの人たちが -- これには女性も子供も含まれ -- 工場で働くために オーガスタに移住した。工場により、この地域には工場村が興隆することになった。

訳注
エンタープライズ工場: Google map ストリートビュー Bing の概観図

1890 年代には、オーガスタ市は古い揚水設備を運河の中間にある立派な構造で置き換え、 これはオーガスタ市が今でも使用している。 電気の時代の夜明けには、 運河の水力を最初の発電用の装置を駆動することに振り向け始めた。 1892 年にはオーガスタ市は電気の路面電車と街灯を誇りにした。 オーガスタ市はこれらの快適さを備えた南部で最初の都市であった。

20 世紀

20 世紀初めにはオーガスタでは洪水が大きな問題となった。 1920 年代と 1930 年代の大きな洪水の後で、 連邦公共事業促進局 (Federal Works Progress Administration) は 何百人もの労働者を配置し、 修繕と改良をして新しい越流水路 (spillway) を作り、運河をまっすぐにした。

20 世紀中頃には、運河はかえりみられなくなった。 繊維工場は閉鎖され始め、 産業活動は市の南に移動し始めた。 1960 年代のある時期に、 市の役人は運河から水を抜き、高速道路 (superhighway) を建設することを考えた。

オーガスタ運河を生き返らせることの明滅する興味は 1970 年代に登場した。 州立公園が提案されたが、決して実現されなかった。 1989 年にオーガスタ運河公社 (Augusta Canal Authority) が創設された。 この組織が今日の運河を管理している。 1993 年に後者は包括的な基本計画を発刊し、運河の開発の可能性を概説した。 1996 年には米国議会はオーガスタ運河を「国の歴史遺産地域」(National Heritage Area) に指定した。この指定はジョージア州では始めてであった。

21 世紀

オーガスタ運河公社は基本計画を前進させた。 2003 年にオーガスタ運河解釈センター (現在の発見センター (Discovery Center)) を生き返ったエンタープライズ工場の中に開設した。 2003 年末と 2004 年初めに、2 隻のピータースバーグ・ボート -- これはかって、木綿の梱包と農産物を積載して運河を行き来した貨物船に触発されたもの -- がガイド付きの遊覧を始めた。


オーガスタ運河遊覧ボートがエンタープライズ工場から出発

キングとシブリーの木綿工場は現在はオーガスタ運河公社が所有している。

国の指定

運河は「歴史的オーガスタ運河と産業地区」 (Historic Augusta Canal and Indutrial District) の一部で、 これは 1977 年に「国の歴史的ランドマーク」 (National Historic Landmark) に指定された。 運河は 1998 年に議会により、「国の歴史遺産地域」 (National Heritage Area) に指定され、 これはジョージア州では始めて指定された「国の歴史遺産地域」であった。

今日

オーガスタ運河はオーガスタ市の飲料水の主な水源で、 市で最も重要なものである。 運河は再開発の焦点にもなり続けた。 エンタープライズ工場やサザーランド (Sutherland) は 高収入事務所 (upscal office) やロフト形式のアパートなどに転換されている。 クロック・センター (Kroc Center) やカナルサイド・アパート (Canalside Apartment) のような新しい計画が建設された。 トレイルの開始場所の ハリスバーグ運河村 (Harrisburg Canal Village) やオーガスタ運河工場村 (Augusta Canal Mill Village) などの ような他の計画が提案、ないしは建設中である。

訳注
Webster にはロフト (loft) の最初の意味を次のように書いています。
  1. a) 屋根裏、もしくは屋根裏のよう空間、通常部屋に仕切られていない、 家や納屋などの屋根のすぐ下。
    b) 倉庫や工場の上階のどれでも。(any of the upper stories of a warehouse or factory)
わざわざこれを書いたのは 日本語版の Wikipedia では ロフトを最上階と断っているからで、原義にはこの意味がない。 それとクオリー・バンク・ミル の記述 (あるいは写真) からも当時の工場で複数階であるものは各フロアに大きな機械を置く必要があるので間仕切りがほどんどないはずです。 だからここで記述されているロフト形式のアパートは最上階のことではないと思われます。単に間仕切りのないアパートの こと。

エンタープライズ工場
ジョージア州オーガスタ

運河は今日ではリクリエーション用の施設によって最もよく知られている。 これには、毎日運航される電動ボートによるガイド付き遊覧、 ボート漕ぎ、カヤック、多目的トレイルが含まれる。 運河の最初の水平区間の 7 マイルの曳舟道がレクリエーション用のトレイルのバックボーン (backbone) になっており、これに新しいトレイルが追加されており、これには次が含まれる: リバー・レビー・トレイル、第三水平区間のトレイル、 SORBA の単軌道マウンテンバイク・トレイル。

訳注
SORBA (Southern Off-Road Bicycle Association、 南方オフロード自転車協会) は米国の南東地域のマウンテン・バイクのトレイル を建設・維持している組織。

カヌーがオーガスタ運河の先頭ゲートから出発
2004 年の「オーガスタ運河周遊と野外料理」
訳注
上の写真の場所を Bing の概観図で見ると、
Bing 概観図: 運河の水の取り込み口
オーガスタ運河の発見センター

オーガスタのエンタープライズ工場はオーガスタ運河の発見センター (Augusta Canal National Heritage Area Discovery Center) (2003 年 - 2014 には解釈センターと呼ばれた) の場所でもある。 双方向的な博物館が詳述していることは:どのようにして運河が建造されたのか、 どのようにして動作していたのか、水力発電、 運河沿いの工場の歴史、工場労働者の生活、 20 世紀の運河の凋落、運河の影響である。 運河の遊覧ボートの乗り場は発見センターにある。


オーガスタ運河発見センターの主標識
15番街とグリーン・ストリートの角
2014 年に設置