ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Enterprise (1814) - Wikipedia
エンタープライズ (1814 年)
(Enterprise (1814))

蒸気ボート エンタープライズ はニューオーリンズからペンシルバニア州ブラウンズビルに至る雄大な航行により、 始めてミシシッピ川とその支流で蒸気ボートの交易が現実的であることを実証した。


エンタープライズ のルイビルへの速い旅 (1815 年)
  1. 初期の頃
  2. ニューオーリンズへの航行
  3. ニューオーリンズの戦い
  4. ブラウンズビルへの航行
  5. ニューオーリンズのエンタープライズ裁判
  6. 最後の航行
  7. 残されたもの (レガシー、Legacy)
  8. ギャラリー
初期の頃

エンタープライズ (Enterprise or Enterprize) はダニエル・フレンチによりデザイン・建設されたエンジンと動力伝達機構を持ち、 1814 年の 6 月より前に、所有者 -- マノンガヒラ・オハイオ川蒸気会社の株主 -- によりブラウンズビルで進水した。 エンタープライズ はイズリアル・グレッグ (Israel Gregg) の指揮の下で、 最初はブラウンズビルとケンタッキー州ルイビルの間の乗客と貨物の輸送に使用された。 この船は 6 月から 12 月にかけて、ルイビルからピッツバーグまでの 600 マイルの旅程を 2 回敢行し、 川の強い流れに逆らったものであった。 この 2 回の旅程により、エンタープライズ は始めて蒸気ボートによる交易がオハイオ川で現実的であることを実証した。

ニューオーリンズへの航行

12 月 2 日に アンドリュー・ジャクソン (Andrew Jackson) 将軍はアラバマ州モビール (Mobile) からニューオーリンズまで行進し、 英国の大軍による差し迫った軍事侵入に迎え撃つことの命令を受けていた。 ジャクソンは軍事物資の補給 -- とりわけ補給が乏しくなっていた小火器と弾薬 -- を何度も要請した。 これに向けて株主達は エンタープライズ を送ることを決定した。 指揮はヘンリー・ミラー・シュリーブ (Henry Miller Shreve) に移譲された。 彼はブラウンスビルの住人で、経験を積んだキール・ボートの船長で、 オハイオ川とミシシッピ川の航行の危険を直接知っていた。 1814 年 12 月 21 日に エンタープライズ はピッツバーグを後にして、 ニューオーリンズに向い、積み荷は 「大砲玉、砲架、鍛冶屋の道具、馬具など」 であった。 12 月 28 日に エンタープライズ はルイビルのフォールズ・オブ・ザ・オハイオ (オハイオ川の滝、the Falls of the Ohio) を通り過ぎ、1815 年 1 月 9 日に、ニューオーリンズ港に軍事物資の補給を届けた。

ニューオーリンズの戦い

通常の条件下では、 エンタープライズ がルイジアナ州の水域に航行することは、 ロバート R. リビングストンとロバート・フルトンに譲渡された 「領域内蒸気ボート独占権」 (monopoly) に抵触することになった。 しかしながら、アンドリュー・ジャクソン将軍が 12 月 12 日に 戒厳令を布告したため、エンタープライズ は独占権から保護され、州の水域を自由に航行できた。

エンタープライズ による軍事物資の補給にもかかわらず、 ジャクソンの軍隊は極度に物資が不足し、とりわけ、小火器、火薬、銃弾が不足していた。 軍事物資を搭載した数隻のボートがナチェズの近くに来ていることの報告を受け、 ジャクソンは エンタープライズ を派遣した。 ボートの場所がわかり、エンタープライズ はボートを牽引して、ニューオーリンズに届けた。 次に、エンタープライズ はナチェズまでの往復をもう一度繰り返し、 その後レッド川 (Red River) を経由して、アレクサンドリアまで 250 名の部隊を牽引した。

ブラウンズビルへの航行

1815 年 2 月 4 日に、英国艦隊は全部隊が乗船して、モビール湾 (Mobile Bay) に向けて出港した。 2 月 16 日、米国上院は ヘント条約 (Treaty of Ghent) を批准し、 終に 1812 年の戦争が終結した。 しかしながら和平が成立したことの公的な知らせが 2 月末に至るまでニューオーリンズに到達しなかった。 2 月 22 日にエンタープライズの波止場使用料の支払いが記録されている。

3 月 1 日に、シュリーブはナチェズの新聞に広告を出し、 エンタープライズは 「ナチェズとニューオーリンズの間を 3 月の最初の週まで 9 日に一度定期往復をする」 とした。 この時、エンタープライズがルイビルに向けてニューオーリンズを出港した。 3 月 13 日に、アンドリュー・ジャクソンは戒厳令を無効にした。 4 月 21 日にエンタープライズの波止場使用料の支払いが記録されている。

5 月 1 日にジョン・リビングストンは ヘンリー・シュリーブ船長とマノンガヒラ・オハイオ蒸気ボート会社が ローバート R. リビングストンとロバート・フルトンに譲渡された 「領域内蒸気ボート独占権」 に抵触するとして、連邦法廷に嘆願書を提出した。

ジョン・リビングストンの嘆願は $5,000 の支払いと エンタープライズ の没収を要望した。 保安官は法廷により発行された命令に基づき、ヘンリー・シュリーブを直ちに逮捕し、 エンタープライズ を没収した。 5 月 2 日に弁護士のアブナー L. ダンカン (Abner L. Duncan) は保釈金を供託し、 シュリーブと エンタープライズ の解放を調停した。

5 月 6 日に、シュリーブと エンタープライズ はニューオーリンズを出港し、 1500 マイルの航行の後で、5 月 31 日ルイビルに到着した。 エンタープライズ はニューオーリンズからルイビルに到達した最初の蒸気ボートであった。 次に エンタープライズ はピッツバーグとブラウンズビルに向けて出港した。 この航行は、ニューオーリンズから 2200 マイルの距離があり、 ミシシッピ川、オハイオ川、マノンガヒラ川の強い流れに逆らって実行されたものであった。 この航行の重要性が西部中の新聞で表明された。

ニューオーリンズのエンタープライズ裁判

ディスパッチ (Dispatch) も エンタープライズ と同様に、 マノンガヒラ・オハイオ川蒸気ボート会社に所有され、1816 年の 2 月 13 日までに、 ブラウンズビルからニューオーリンズ港に航行した。 堤防に接岸している時に事件が ディスパッチ の船上で起き、 一等機関士のロバート・ロジャース (Robert Rogers) は次のように記録している:

我々は初春に到着し、すぐに堤防に停泊した。 エドワード・リビングストンと地方法務官 (Marshall of the district) がそれ以外の人々に伴われて乗船し、 我々の船長に通告したことは、 彼ら (フルトンとリビングストン) に蒸気ボートでルイジアナ州の水域を航行する独占権があり、 これはルイジアナ州議会が彼らに譲渡したもので、 彼らはその権限が抵触されることを許すわけにはいかないとした。 しかし、我々はその法律を知らなかったと嘆願すると、 彼らはこれに同意し、我々のボートが州を去って、戻ってこなければ、訴えるつもりはないとした。 これに続き、我々は少しの貨物と少々の乗客を乗せて、レッド川の急流をアレクサンドリアに向けて出発し、 貨物を降ろしてから、川の接続場所に戻り、ピッツバーグに向けてミシシッピ川を遡上した。

この事件の顛末は西部中の新聞で報道された。

差し迫った エンタープライズ 裁判に関連する重要書類がブランズビルからニューオーリンズに向けて、 ディスパッチ により送付され、弁護士のアブナー L. ダンカンに届けられた。

1816 年の 5 月のエンタープライズ裁判はルイジアナ地方の米国地方裁判所で開催され、 裁判長はドミニック A. ホール (Dominic A. Hall) であった。 原告を代表するのはジョン R. グリムス (John R. Grymes) で、 被告を代表するのはアブナー L. ダンカン (Abner L. Duncan) であった。 最初に、ダンカンは ダニエル・フレンチの改良された蒸気エンジンに関しての 1809 年の連邦特許証を法廷に提出した。 このエンジンが エンタープライズ を駆動していたのであった。 ダンカンが議論したことは、 この連邦特許がすべての被告人たち -- フレンチ、シュリーブ、そしてマノンガヒラ・オハイオ川蒸気会社 -- を独占者の告発から保護していることであった。 5 月 20 日に、ホール裁判官が言い渡したことは:地方議会は独占権を譲渡することによって、その権限を逸脱しているとし、 原告の主張を退けた。 1 通の手紙がルイビルの 1 新聞に掲載され、 この中でホール裁判官の判決のニュースが公表され、この判決の持つ蒸気ボートの交易と西部の経済への重要性を宣言した

著名な弁護士であったグリムスとダンカンはしばしば法廷で対決した。 しかしながら、法廷の外では彼らは共謀して、 非合法な方法でスペインの財産を奪って不当利益を得ていた。 共謀者には弁護士のエドワード・リビングストン、ダニエル・パターソン準将 (Commodore Daniel Patterson)、 密輸業者のピエール・ラフィー (Pierre Laffite) と海賊のジャン・ラフィー (Jean Laffie) がいた。

エンタープライズディスパッチ の没収により、 ケンタッキー州議会は 1817 年 1 月に決議を採択した。

最後の航行

エンタープライズは 1816 年 1 月 21 日にシッピングポートに到着し、 1816 年 1 月 25 日にニューオーリンズに向けて出港した。 エンタープライズは 2 月 27 日までにニューオーリンズの港に到着した。 エンタープライズは 4 月 5 日までにニューオーリンズの港に到着した。 エンタープライズは 1817 年にロック波止場 (Rock Harbor) で沈没したと報告されている。

残されたもの (レガシー、Legacy)

エンタープライズ は始めてミシシッピ川とその支流で蒸気ボートによる交易が現実的であることを実証した。 エンタープライズ 裁判は独占者が競争を制限する力を排除した。 この 2 つの事実により、米国西部の川における蒸気ボートの交易で、その後急速に発展する道が開かれたのである。

ギャラリー
西ペンシルバニア
の 1803 年の地図
ケンタッキー州議会の
1817 年の エンタープライズ 決議
フォールズ・オブ・ザ・オハイオ
の古い地図のロック島
訳注
地図は伊能忠敬がした方法と同じ方法で作成されている。 (円周儀を参照。) これが当時の米国の普通の地図作製法です。