ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Belle of Louisville - Wikipedia

ベル・オブ・ルイビルはパワー・ステアリングを装備した優れものです。 操船エンジンを参照のこと。

ベル・オブ・ルイビル (Belle of Louisville)

ベル・オブ・ルイビル はケンタッキー州ルイビル市により、 所有・操業されている蒸気ボートであり、 年間の操業期間中はダウンタウンの波止場で係留されており、 この場所は 「リバーフロント 広場/展望台」 (Riverfront Plaza/Belvedere) の隣である。 この船は元々アイドルワイルド (Idlewild) と呼ばれ、 ペンシルバニア州ピッツバーグの 「ジェームス・リース & サンズ会社」 (James and Rees & Sons Company) により 1914 年に 「メンフィス郵便船会社」 (Memphis Packet Company) のために建造され、 最初はアレゲニー川 (Allegheny River) で任務に就いた。 この蒸気ボートは、すべて鋼の上部構造とアスファルトの主甲板で建造され、 このクラスの船では次の点で史上最高記録を持っていると言われている: 航行距離、操業年数、おとずれた場所。 ベル・オブ・ルイベルの事務所は メイヤー・アンドルー・ブローダス (Mayor Andrew Broaddus) の船上にあり、 これも 「国の歴史的ランドマーク」 (National Historic Landmark) の一つである。


ベル・オブ・ルイビル
訳注
メイヤー・アンドルー・ブローダス (アンドルー・ブローダス市長) は救命船で、 ベル・オブ・ルイビル の傍で係留されている。 写真 Google 衛星写真
  1. 歴史
  2. ベル・オブ・ルイビル が 100 才になる
  3. フィクションの中の ベル・オブ・ルイビル
  4. ギャラリー
歴史

アイドルワイルド はテネシー州メンフィスとアーカンソー州ウェストメンフィスの間の乗客用フェリーとして操業していた。 この船は綿、材木、穀類のような貨物も輸送した。 次にこの船は 1931 年にルイビルに来て、 ルイビルのダウンタウンの近くのフォンテーヌ・フェリー遊園地と、 ルイビルの上流およそ 14 マイル (23 km) の行楽地であるローズ・アイランドの間の往復をした。 アイドルワイルド は定期遊覧船として 1934 年から第二次世界大戦を通じて操業し、 この間には特別な装置を装備して給油ハシケ (oil barge) を押した。 この船はミシシッピ川沿いの軍事基地に配属された部隊の米国慰問団 (USO) の浮かぶナイト・クラブの任務にも就いた。

1947 年に、船は J. Herod Gorsage に売却されて、 長期間 アイドルワイルド の船長を務めたベン・ウィンターズ (Ben Winters) の死に際の望みに 敬意を表してアヴァロン (Avaron) と改名された。 これに続く数年間に船は色々な港を訪れ、そのすべてが次の川沿いにあった: ミシシッピ川、ミズリー川、セント・クロワ川 (St. Croix)、イリノイ川、カノーワ川 (Kanawha)、 オハイオ川、そしてカンバーランド川。 船が立ち寄った多くの港には次が含まれていた: ネブラスカ州オマハ、ミネソタ州スティルウォーター (Stillwater)、ウェスト・バージニア州モンゴメリー、 そしてテネシー州ナッシュビル。

1962 年にアヴァロンは破損状態になり、生涯の終わりを見ることになったかも知れないが、 この時 ジェファーソン郡の裁判官であるマーロウ・コック (Marlow Cock) は競売で船を $34,000 で購入し、 ルイビル市のウォーターフロント (水辺空間、waterfront) とのつながりを修復することを望んだ。 ルイビル市とその大切なウォーターフロントとの関連は何年もの間に衰退し始めており、 これは自動車の普及と高架州間道路 I-64 の建設によっていた。 しかし、ルイビル市と豊かな歴史を共有する蒸気ボートの購入は完璧な解決であった。 船はルイビルにやってきて、ベル・オブ・ルイビル と改名された。

ベル・オブ・ルイビル の購入はルイビル市と市が面する川の間の関係を作り直す多くの試みの始まりを引き起こした。 このような努力には次の創設が含まれていた: 展望台 (Belvedere)、オハイオ川を見下ろす高架野外公園、 国内的にも認められた川の一部に沿って広がる 「ウォーターフロント公園」。

復元

ボートの復元は造船技師のアラン L. ベイツ (Alan L. Bates) (現在ではベイツ船長) により監督された。 ベイツの本 「蒸気ボート ベル・オブ・ルイビル, 1964 年」 (Str. Belle of Louisville, 1964) はボートとボートで働いた人達の歴史に関しての主要な情報源であり続けている。

競売の前に船体は米国沿岸警備隊により不適格と宣告された。 コンクリートのつぎはぎが、しばしば被害を受けた船体に重量を加え、 更には上部構造の中の甲板や造作に累積した何世代もの修正も同様である。 これらはドライ・ドックではぎ取られて修理されるか、ボランティアが取り除いた。

残されたものはきれいにされ、 表面が準備され、新しい大工仕事で仕上げて、 ボートの 20 世紀初頭の起源と両立するような形式でペンキが塗られた。

クラーク・"ドック"・ホーレイ (Clarke "Doc" Hawley) 船長は アヴァロン の時代にボートで働いていた。 彼は 2 つの巨大なシリンダーの端に付いていたネームプレートがスクラップとして売却されることを防ぐために、 これを引き上げていた。 そして、今や彼はそれをボートに戻した。 ホーレイはまた、競売の前に、自分の経費で助手を雇い、 冬に備えて水で満たされた配管から排水させた。 これで配管は凍り付いて破裂することがなくなった。 これの意味することは、ボートの機械部の復元が可能で、 しかも壊れた配管を大々的に再装備する必要がある場合よりもはるかに少ない経費で可能であった。

エンジンや駆動系ではないが、色々な工作物がはぎ取られて別枠の競売で売却されていた。 これにはボートの元々の蒸気オルガンがあった。

ボランティアは、調整して使用できるような資材を寄付した。 それらの幾つか -- 例えば真鍮製の蒸気動力の湾曲部清浄用のポンプで、サイフォンと呼ばれるもの -- は沈没した蒸気ボートで、まだ視認でき、浅いところにあるものから部品を調達した。 幾つかの不足な部品は地元の鋳造所で注文製造したが、 船が製造された初期の時代のボートの写真からスタイルをコピーした。 保存の程度はかなりなもので、 ボートは 19 世紀の (操船) 技術でも、今なお操縦することができる。 もっとも現在では現代的な通信による補助がある。 核の部分は本物であるが、ボートには元々の復元の一部ではない改良が所々にある。 圧縮空気で駆動するオルガンは喪失していた元々の楽器の代わりとしたが、 満足できるものでなく、究極的には本当の蒸気オルガンで置き換え、 ボートは現在これを使用し、 出港の用意が出来た時にルイビルのダウンタウンの多くのブロック (街区、block) で聞くことができる。 新しいオルガンはインディアナ州ペルーのモアクラフト・マニュファクチャリング (Morecraft Manufacturing) により建造され、1988 年に設置された。 この楽器はボートがアヴァロンと呼ばれた時代に使用していたニコル (Nichol) 製の楽器の複写である。

ボートの舳先もベーツにより 1960 年代後半にデザインしなおされ、 大蒸気ボート・レース (Great Steamboat Race) でボートがより良い競争者になるようにした: 元々の、より丸い舳先は最高速度では波が侵入しやすい傾向があった。

ベル・オブ・ルイビル としての経歴

1963 年 4 月 30 日に、 ベル・オブ・ルイビル は蒸気ボートの デルタ・クイーン (Delta Queen) とのレースで、 最初の航行をした。 このレースは匹敵しがたい川の伝統の始まりであった。 今日に至るまで ベル・オブ・ルイビル と別の競合するボート -- 以前はデルタ・クイーン -- は毎年ケンタッキー・ダービーの直前の水曜日に互いに身構える。 これがケンタッキー・ダービー祭のイベントである大蒸気ボートレースである。

ベル・オブ・ルイビル が 2004 年の
大蒸気ボートレースでスタート
ベル・オブ・ルイビルが海賊旗 をひるがえしている。
2006 年の大蒸気ボートレース

何千人もの観客が川の両側に並び、レースを注目した: レースを開始した最初の年には参加者は同じ年のケンタッキー・ダービーよりも多かった。 元々ケンタッキー・ダービーの職員はダービー祭の一環として蒸気ボート・レースを受け入れることは 気乗りしなかったといわれている。 というのは、昔から 「賭け事」 の言葉では 「ボート・レース」 とは非誠実な方法で結果が影響される 「馬のレース」 を意味するからであった。 ルイビルの言い伝えでは (ボート) レースは不正手段があるかもしれないが、 内部の人は騙すことは不可能だと強く主張している。 というのはレースにはルールがなく、賞金は自慢する権限と、 メッキされた鹿のツノのみで、鹿のツノは勝利したボートの船首楼 (forecastle) に搭載するだけだからである。

今日では ベル・オブ・ルイビル は最も古い操業中の川の蒸気ボートと認められ、 1972 年に 「国の歴史登録財」 (National Register of Historic Places) に登録され、 1988 年に 「国の歴史的ランドマーク」 (National Historic Landmark) として指定された。

毎年開かれる船首楼祭は多くの実例の 1 つとして、 ベル・オブ・ルイビル がルイビル市中の幾つかのイベントにどのようにして影響を与えているかを示している。 音楽祭は 7 月中旬にウォーターフロント・パークで昼間に開催されるが、夕方遅くまで続き、 ベル・オブ・ルイビル はアフター・ショー&パーティーの開催地としての役割を持ち、 アフター・ショー&パーティーは明確に VIP チケットを持っている人のものである。 アフター・ショー&パーティーでは選別されたパーフォーマー (演奏者) が演じるうちに、 人々は川の眺望からルイビルの環境を経験する。これは彼らが ベル・オブ・ルイビル を乗り回している時に起きることである。

1997 年 8 月に、ベル・オブ・ルイビル は係留場所で部分的に沈没した: 以前のボートの乗組員の 1 人が後で破壊行為 (サボタージュ) により有罪となった。 直接の沈没の原因は市の水道による船体の氾濫であり、 水道は配管に接続されたまま放置され、配管がボートの船体に通じていた。 蒸気ボートの乗組員と地元の人々の敏速な行動により、ボートは救われ、修繕されて、元の任務に復帰した。

2007 年 2 月にマーク・ドーティ (Mark Doty) がベル・オブ・ルイビル の船長に就任し、 ケビン・マレン (Kevin Mullen) の代わりになった。マレンは 2006 年 11 月に職を去っていた。 ドーティの公式職名はマスター・オブ・フリート (艦隊船長、Master of Fleet) あるいは ポート・キャプテン (港の船長、Port Captain) である。

2009 年 10 月 17 日に、 ベル・オブ・ルイビル はオハイオ川のシックス・マイル・アイランドの近くのドックに衝突した。 目撃者の話では、事故は周遊の半ば頃に方向転換しようとしている時に起きた。 タグボートが船を安全な場所まで牽引するのに使用された。 ベル・オブ・ルイビル の職員が話した事とされることは: 風の理由からドックにぶつかった。 外輪の水かき板 (bucket plank) の 1/3 が衝突で被害を受け、 ジョッキー棒 (外輪の尾部を横断する主鉄棒) が曲がった。 事故は調査中で被害額は不明である。 しかしながら乗組員はドライ・ドックで修理せずに被害を修理することができた。 被害を受けた水かき板は倉庫に保管している在庫品と交換した。

ベル・オブ・ルイビル が 100 才になる

2014 年 10 月 18 日に ベル・オブ・ルイビル は 100 才になる。 祝賀するために 「ベルの大誕生パーティ」 ("The Belle's Big Birthday Bash") と題した 5 日間のリバーボート祭りがルイビル市のルイビル・ウォーターフロント公園に沿った部分で開催された。 国中から 8 隻のリバーボートが ベル・オブ・ルイビル に合流し、 ベルの 100 才の誕生日を祝った。 祭りが組み込んだものは:周遊、花火、リバーフロント・コンサート、熱気球グロー (hotair balloon glows)、そしてそれ以外。 祭りに参加したリバー・ボートには次が含まれている: スピリット・オブ・ジェファーソン (Spirit of Jefferson), アンソン・ノースラップ (Anson Northrup), ベル・オブ・シンシナティ (Belle of Cincinnati), カーネル (大佐、The Colonel), ジェネラル・ジャクソン (ジャクソン将軍、General Jackson), リバー・クイーン (River Queen), スピリット・オブ・ピオリア (Spirit of Peoria), セレブレーション・ベル (Celebration Belle)。 この 5 日間の祭りはルイビルで 100 年以上もの間に開催されたもので最大のリバーボートの集会であった。

訳注
熱気球グローは英語版の Wikipedia の Night glowに解説があり、それによると
ナイト・グローとは熱気球祭のクライマックスとして開催されるイベントである。 気球は日が沈んでから、打ち上げ場所 -- 広い場所やフットボールの競技場 -- に設置され、 打ち上げる場合と同じように膨らまされる。 しかし、上昇する代わりに、地上要員によって地上に固定される。 プロパン・バーナーは定期的に点火され、気球が熱い空気で膨らまされた状態にする。

ナイト・グロー、フィリピン国際熱気球祭
フィリッピン、アンへレス市 (Angeles City)

「ベルの大誕生パーティ」 の収入の 1 部分が船の保護資金にまわった。

フィクションの中の ベル・オブ・ルイビル

ベル・オブ・ルイビル はルーディ・ラッカー (Rudy Rucker) の 1988 年の小説 「ウェットウェア」 (Wetware) の中の (人工知能を備えた) 人物として登場し、 2031 年の月とルイビルが舞台となっている。

ギャラリー
1997 年の事件後に米国陸軍工兵隊
ベル・オブ・ルイビルの救助を支援
母港の 「4 番街波止場」 にいる
ベル・オブ・ルイビル
ベル・オブ・ルイビル
シンシナティのドックに入る。
グレート・アメリカン・ボールパークの傍