ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Steering engine - Wikipedia
操船エンジン
(ステアリング・エンジン、Steering Engine)

操船エンジン (Steering Engine) とは船の動力操舵 (パワー・ステアリング) 装置である。

歴史

最初の操船エンジンで、フィードバック機構がついたものは 1866 年にイザムバード・キングダム・ブルネルSS グレート・イースタン に設置された。 スコットランドの技術者であるジョン・マックファーレン・グレー (John McFarlane Gray) によりデザインされ、 ジョージ・フォレスター社 (George Forrester and Company) によって建造された。 これは蒸気動力の機械的な増幅器で舵 (ラダー) の位置が操舵輪 (ホイール、wheel) の位置に合致するように駆動される。 グレート・イースタン は当時としては、はるかに大きかったので、 その大きさによりパワー・ステアリングが必要なものとなった。

グレーの元々の
エンジンのデザイン、1867 年
RMS オリンピック
操船エンジン、1910 年頃

大きな蒸気動力の戦艦が手動 (マニュアル) で操船 (ステアリング) すれば、 舵 (ラダー) を急激に回転するには非常に大勢の乗組員が必要であった。 王立海軍は、かって手動 (マニュアル) 操船と蒸気動力操船の比較テストにおいて、 HMS ミノタウロス (Minotaur, 1863 年進水) の舵を手動で引くのに 78 人が滑車装置をけん引する必要があった。

訳注
  1. 上の文章は少し誤解を招きそうです。 HMS ミノタウロス は 1863 年に進水しますが、 任務に就くのがその 4 年後です。しかもこの船に蒸気動力による操船が導入されるのが、1875 年のことです。 (HMS Minotaur (1863))
  2. SS グレート・イースタンの操船エンジンは操舵輪 (ホイール) の位置が機械的に差動ネジ (differential screw) に伝達され、これが蒸気弁を操作します。(ジョン・マックファーレン・グレー を参照。) 以下に登場するベル・オブ・ルイビル では操舵輪の位置が エンジン命令電信で伝達されるので、 仕組みは同じではない。

蒸気動力の操船エンジンが、これ以後、大きな蒸気船で使用された。 右上の写真に RMS オリンピック -- RMS タイタニック の姉妹船 -- の操船エンジンが見えている。

ミシシッピ川形式の蒸気ボートベル・オブ・ルイビル (Belle of Louisville) (元々は アイドルワイルド (Idlewild) と呼ばれ、このクラスでは最古参) は操船エンジンを備えていた。 元々の装置は、シングル複動蒸気シリンダー (single double-acting steam cylinder で 複数のエンジン上の船尾側に搭載され、走行方向の真横に動いた。 エンジンの蒸気バルブは機械的結合により制御され、 機械的結合はエンジン命令電信の両側に搭載されたレバーまで延長していた。 操船エンジンは公開されている。 機能的な記述はアラン L. ベーツ (Alan L. Bates) の 1965 年の本 「蒸気ボートベル・オブ・ルイビル」 で与えられている。ベーツはこのボートの復元を監督した造船技師で、 彼の述べることによると、操船エンジンの使用中には、 操舵輪が 「扇風機のように速く」 回転する。 この情報源は操船が困難なこの形式の船での機能的必要性も述べている。 この形式の船では、浅い喫水と、水面上に高く出ている外形により、 風が変化する時には舵を急激に変更する必要があり、 この問題が操船エンジンによって処理されるのである。