ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Wearmouth Bridge - Wikipedia

ウェアマス橋: Google map ストリートビュー

ウェアマス橋 (Wearmouth Bridge)

ウェアマス橋はサンダーランドでウェア川を横断する 通り抜けアーチ橋である。 この橋は川が北海に注ぐまでにある最後の橋である。


ウェアマス橋

現在の橋は同じ場所にあった 3 代目のウェアマス橋である。 最初の橋は 1796 年に開通し、19 世紀に再建された。

  1. 歴史
歴史
最初の橋、1796 年 - 1929 年

最初のウェアマス橋は 1796 年に開通し、 基礎石は 1793 年 9 月に置かれた。 この橋は下院議員のローランド・バードン (Rowland Burdon) に後援され、 トーマス・ウィルソン (Thomas Wilson) によりデザインされた。 現在の橋の銘板によれば、橋の建設は 「サンダーランドの成長の触媒であることが判明した」。 というのはモンクウェアマス (Monkwearmouth) とビショップウェアマス (Bishopwearmouth) の間の交通はそれ以前は渡し舟によるもののみで、 最も近くの橋はチェスター=ル=ストリートにあったからである。 元々は歩行者にも通行料が課せられていたが、 歩行者の通行料は 1846 年に廃止された。


1796 年の鋳鉄製の橋

この橋はアイアンブリッジにある有名な橋に続く 2 番目の鉄の橋であったが、 名目スパンが 240 フィートで倍以上長く、3/4 の重さしかなかった。 実際は建設時点で世界で最も大きな単独スパンの橋 (70 m) で、 崩壊したトレッツォ橋に匹敵した。 およそ £28,000 の経費を使用して、 1796 年 8 月 9 日に開通した。

1805 年の修理と 1857 年の再建

1805 年には、太陽の熱により、十字チューブの幾つかが抜け落ちて、 修理しなければならなくなった。

1857 年から 1859 年にかけて、橋はロバート・スチーブンソンにより再建された。 彼は (路面を) はぎ取って、 6 本の肋材にし、迫石台を持ち上げて、 中央の隆起を平坦にした。 橋は 1859 年 3 月に再開通し、 1885 年に通行料が完全に廃止された。

現在の橋、1929 年 - 現在

増大する交通量を収容するために、 1927 年に現在の橋の建設が始まった。 これは モット、ヘイ、アンダーソン (Mott, Hay and Anderson and fabricated) によりデザインされ、 有名な橋梁建設会社であるサー・ウィリアム・アロル会社 (Sir William Arrol & Co) により、ググラスゴーのダルマーノック鉄工場 (Dalmarnock Ironworks) で製造された。 (彼らは有名なフォース・レール橋 (Forth Rail Bridge) も、 ロンドンのタワー・ブリッジの鋼構造も建造した。) 新しい橋は古い橋のそばに建設され、 交通を閉鎖しないようにした。 1929 年 10 月 31 日にヨーク公爵 (後の 国王ジョージ 6 世) により開通式が挙行された。


南側から見たウェアマス橋

橋の建設費は £231,943 であったが、このうち £12,000 は古い橋の解体費用であった。

橋は認められた権威者であるニコラウス・ペヴズナー (Nikolaus Pevsner) より、最初の橋とは違い興味をひかないものとして述べられている。 彼は最初の橋に関しては 「最高に優雅である」 と言っている。

1879 年に隣接する鉄道橋が建設され、 鉄道はモンクウェアマス (Monkwearmouth) からサンダーランドの中心に延伸した。

川の更に上流で、別の橋 -- クイーン・アレクサンドラ橋 -- が 1909 年に完成し、 パリオン (Pallion) 地域とサウスウィック (Southwick) 地域を接続した。

橋はチェスター=ル=ストリート (Chester-le-Street) とサウス・シールズ (South Shields) の間の A183 道路を通し、A1018 道路を通している。 後者は A19 道路の昔のルートであったが、タイン・トンネルにつながるバイパスが建設された。 この橋はグレード II の指定建造物である。