ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Basingstoke Canal - Wikipedia

ベージングストーク運河の地図
ベージングストーク運河の地図の kml ファイル

ベージングストーク運河 (Basingstoke Canal)

ベージングストーク運河 は英国の運河で、1794 年に完成し、 ウェイ水路 (Wey Navigation) を経由して、 ベージングストークをウェーブリッジ (Weybridge) のテムズ川に接続するために建設された。

ウォーキング (Woking) を通り抜ける
ベージングストーク運河

ベージングストークから、この運河が通り抜けるか そばを通るのは: グレイウェル (Greywell)、 ノース・ウォーンバラ (North Warnborough)、 オディハム (Odiham)、 ドグマーズフィールド (Dogmersfield)、 フリート (Fleet)、 ファーンバラ空港 (Farnborough Airfield)、 アルダーショット (Aldershot)、 マイチェット (Mytchett)、 ブルックウッド (Brookwood)、 ナップヒル (Knaphill) そして ウォーキング (Woking) である。

この運河は決して商的には成功ではなく、 1950 年から保守されないため、ますます遺棄された。 何年もの間、顧みられることがなかった後で、 1977 年に復元が始まり、 1991 年 5 月に運河はウェイ川 (River Wey) から ほとんどグレイウェル・トンネル (Greywell Tunnel) まで完全航行可能な水路として 再開通した。 しかしながら、この使用は現在の所、水の供給が少ないことと、保護問題から まだ限界がある。

  1. 歴史
  2. 復元
  3. 運河の失われた区間
  4. ベージングストーク運河局
  5. 建築的造作
歴史

この運河はハンプシャー (Hampshire) における農業の発展を刺激するために考えられた。 1778 年の議会法に引き続き、必要な資金を集める問題から、 10 年後の 1788 年 10 月まで建設が開始せず、1794 年 9 月 4 日に完成した。 技術者のジョン・スミートン (John Smeaton) と彼の助手の ウィリアム・ジェソップ (William Jessop) はベンジャミン・ヘンリー・ラトローブ (Benjamin Henry Latrobe) と 共に運河で働いた。 ベージングストークから運ばれた主な貨物は木材であった。

1831 年に、ロンドンからサウサンプトン (Southampton) への鉄道計画が再び発展した時、 ベージングストーク運河会社はその代わりに運河とイッチェン水路 (Itchen Navigation) の間の 接続を提案した。この提案は鉄道計画で働く人に拒絶され、 運河会社は鉄道に反対しないことに同意した。

運河は決して商的に成功ではなく、ロンドン・サウス・ウェスタン鉄道 (London and South Western Railway) の建設前にさえ、使用されなくなった。 この鉄道は運河のほとんど全長で、運河に平行して走っていた。 商的使用は 1910 年に終了したが、運河の低レベルの使用は継続した。

1913 年に A. J. ハームズワース氏 (Harmsworth) は ベージングストーク と呼ばれるボートで運河を航行しようとした。 この旅行は運河を開通したままにしたい望みを動機にしていた。 といのは 1788 年の運河議会法は、もしも運河が 5 年間使用されなければ、 運河が建設された土地は元々の所有者に返却することを明示していたからである。 運河全体を航行することは不可能であると判明したと思われるが、 これにもかかわらず、運河は見捨てられなかった。

第一次世界大戦中に王室技術者は運河の経営を引き継ぎ、 ウーリッジ (Woolwich) からの補給を輸送するために使用した。 運河は兵士にボートの扱いを訓練させるためにも使用された。

A. J. ハームズワース氏は後に (1922 年) 運河を購入して、 限られた商用輸送とプレジャー用に何隻かのボートを走らせた。 運河は 1947 年に彼の死で売却され、1950 年までに新ベージングストーク運河会社 (New Basingstoke Canal Co. Ltd.) の手に渡っていた。 この会社は (総管理者のジョウン・マーシャル (Joan Marshall) の管理の下で) 運河の復元を継続した。 しかし、1957 年に深刻な失敗があり、1968 年には重要な決壊があった。 1960 年代末までに事態を改良するためのボランティアの努力にもかかわらず、運河は基本的に遺棄された。

復元

1966 年に 「サリー・ハンプシャー運河協会」 (Surrey and Hampshire Canal Society) が 地元の運河の熱狂家によって作られ、遺棄された運河を再開通させることを視野に置いていた。 彼らはキャンペーンを行う上で助けになり、 これは 1976 年のハンプシャーとサリーのカウンティ議会による運河の買収で頂点を迎えた。

1977 年 2 月に職の創設プロジェクトが開始し、ディープカット (Deepcut) の 連続水門の復元工事の実施を目的にした。 工事は運河協会の工事と協調し、運河協会は週末に工事パーティを組織し、 一方、職の創設チームは週日に働いた。

ディープカット連続水門の復元の助けのために
ボランティアが曳舟道に設置した軽鉄道軌道

18 年間の復元後に、32 マイル (51 km) の運河は 1991 年 5 月に再開通した。 ノース・ウォーンバラ (North Warnborough) からベージングストークまでの西の区間は、 グレイウェル・トンネル (Greywell Tunnel) に進入する場所から航行不可能であった。 トンネルは 1932 年に部分的に崩壊し、 その場所は白亜 (chalk) から粘土の地質に変化する場所で、 今では保護された蝙蝠のコロニーが住み着き、トンネルが復元されることがあり得なくなった。 西端の以前の運河のベイシンの幾つかはベージングストーク内とその周辺で、現代の開発によっても失われている。

運河は今ではベイジングストーク運河局 (Basingstoke Canal Authority) により管理され、 年中航行に開かれている。 水門の開放時間は非常に限られた給水により制限され、 建設以来運河を悩ませていた夏の閉鎖を延期する試みである。 ボート数も年間 1300 隻に制限され、 これは運河の大半が特別自然環境保護区 (SSSI) に指定されているからで、 その独特な水の化学的性質、水生植物、 そして トンボ目 ( トンボ亜目 (dragonfly)、 イトトンボ (damselfly)) の理由からである。

中間地点から東にかけて、 ヒースの生えた原野 (heathland) が運河を囲み、 まむし (viper) とトカゲ (lizard) のような爬虫類の生息地であり、 ヨタカ (nightjar)、モリヒバリ (woodlark)、ダートフォード・ウォーブラー (Dartford Warbler、ウォーブラー = 鳴鳥) のような 鳥の生息地である。 このヒースの大半が今日生き延びているのは、19 世紀末以来軍事訓練地域に使用されたからである。

マイチェット (Mytchett) には運河のインフォメーション・ビジター・センターがある。

運河の失われた区間

運河はベイジングストークの中心から開始していたが、 運河ルートの最後の 5 マイル (8 km) は今では失われている。 この運河の区間はグレイウェル・トンネルの閉鎖後に、 ボート交通が無いこと、一般的な放置、水が無いことにより使用されなくなった。 運河のこの部分にはアッシュ (Ash) 以後水門がなく、 一般的にルートは土地の地形 (等高線、contour) に沿っており、時々掘割、トンネル、そして 盛土 (embankment) がある。 このルートは運河が陸地測量図 (Ordnance Survey maps) の 75 m と 80 m の等高線 (contours) の間に入ることに気づけば 部分的に決定される。 運河の頂上区間のベージングストーク側の端の主な水源は グレイウェル・トンネル (Greywell Tunnel) の自然な泉であったようである ―ー古い陸地測量図 (http://www.ponies.me.uk/maps/osmap.htmlを見よ) では ロッドン川 (River Loddon) がそばを走っているが、ベージングストークで運河に入っていない。 (イーストロップ・ウェイ (Eastrop Way) -- 以前の運河のルート -- を見れば、 これは近くのロッドン川よりも現在は随分高度が高い)、 そしハッチ (Hatch) の近くのハイッシュ農場 (Huish Farm) の泉と水路が接続されていないのがわかる。 (この場所を見れば、ハイッシュ川 (Huish stream) が M3 のそばの古い運河の路床に流れているのがわかる。) しかしながら、フリート (Fleet) とアルダーショット (Aldershot) の運河の頂上区間で小さな川が流れ込んでいるのがわかる。 水が無いことを緩和する試みがグレイウェル・トンネルのすぐ東の小さな水門で明らかであり、 これは水位をおよそ 30 cm (1 フィート) ほど持ち上げているようである。 しかしながら、これは多くの盛土 (embankment) がある運河の長い区間であり、 ルート上の多くの盛土からの水漏れを防ぐ代わりに、運河を開通したままにする 安価な短期間の方法であったようである。

運河は運河ベイシンで開始し、これはおよそフェスティバル・プレース (Festival Place) の映画館のある所である。 ここから運河はロッドン川沿いを走り、イーストロップ・ウェイ (Eastrop Way) の筋に沿っている。 古い運河ルートは周辺の環状道路の下を通り、 長いループをたどり、小さな川と湿性牧地 (water meadow) を超えるために、 部分的に盛土 (embankment) の上を通って、オールド・ベージング (Old Basing) に向かう、 ここでルートは今や荒れ果てたベージング・ハウス (Basing House) の宮殿の周りを進み、 オールド・ベージング (Old Basing) の東端を通って回る。 冬に水を収容する掘割 (cuttings) がオールド・ベージング (Old Basing) を通る所にある、 ミルキンペン・レーン (Milkingpen Lane) から少し離れたところから、 ベル・ビュー・ロード (Belle View Road) の後方の村 / キャバリエ・ロード (Cavalier Road) 地所の東端の農場を回って走る区間から存在している。 運河はハッチのパブの近くで、小さな複数の川を通り越すために別のループがあった。 (この区間の多くの (運河跡) に、M3 の建設時に建物が建設された。) そしてメープルダウェル (Mapledurwell) の方に向かって畑を盛土 (embankment) で超えた。 運河はアンドウェル・ドロウブ (Andwell Drove、Drove = 踏み固められた道) の下を通る小さなトンネルに向かい、 この時部分的にはアップ・ナトリー (Up Natory) に向かう盛土で、別の畑を横断する。 アップ・ナトリーからグレイウェル・トンネルの西口に至る運河の区間はなお存在し、 自然保護区となり、運河には水があり、運河の曳舟道を歩くことができる。 トンネルの西口に向かう許容されている歩行路により、 公共の歩行路にアクセスして、トンネルの東口に達することができる。

航行の限界はグレイウェル・トンネルの東およそ 500m のノース・ウォーンバラ (North Warnborough) の方に向かった地点である。 もっとも、トンネルの入り口に至る区間は恐らくカヌーで利用可能である。 この後、運河の復元区間が東に向けて航行可能である。

ベージングストーク運河歴史遺産の小道 (Basingstoke Canal Heritage Footpath) が フェスティバル・プレースからベージング・ハウスに至る 2 マイル (3 km) の運河ルートを追っている。

ベージングストークを運河の残存する区間と再接続する計画が過去に何度か議題にのり、 これはベージングストーク運河協会の長期間の目的のままである。 考えられた別の可能なアイデアは残存する運河をレディング (Reading) の近くで ケネット・エイボン水路に接続することであった。

ベージングストーク運河局

運河はハンプシャー・カウンティ議会とサリー・カウンティ議会により、 各自治体の領域内の土地が所有されている。 1990 年までに、どちらの議会も自分達の区間を別々に管理した。 決定されたことは、1 つの中央組織が全水路を管理することで、 ベージングストーク運河局 (Basingstoke Canal Authority) が作られた。

1993 年に、運河ビジター・センターが開設され、 ここが運河局の中央事務所として行動している。

運河局のスタッフはハンプシャー・カウンティ議会により採用・統治・支援されている; しかしながらセンターはサリー・カウンティ議会に属している。 どちらのカウンティ議会も、 運河が通過する水辺ディストリクト/バラ と同様に、運河局に収入を割り当てている。 運河局共同経営会社 (partnership) は ベージングストーク運河共同管理委員会 (Basingstoke Canal Joint Management Committee) -- サリー・カウンティ議会の共同委員会で、地方自治体の各々のパートナーの委員会メンバーで形成 -- により統治されている。

運河局の構造は 2011年に最後に見直しされ、2 つのカウンティ議会が、 彼らの地方チームから依頼幹部 (client officer) を割り当てて、 運河の戦略的方向を導かせ、かっての運河ディレクターの役目の部分を担わせている。 運河局は現在は運河マネージャー (canal manager)、上級運営幹部 (senior administration officer)、助手、ビジター・サービス・マネージャー、 ビジター・サービス幹部から構成されている。 運河は 5 名の運河隊員、1 名の上級隊員のチームにより維持され、 1 名の季節水門管理人により支援されている。

建築的造作

運河の顕著な造作はピルボックス (pillbox, 薬箱) と呼ばれる 大量のコンクリート製の掩蔽壕 (bunker) で、その全長に沿って今でもなお見ることができる; これらは第二次世界大戦の最中に予期されるドイツの侵入に対して、 防衛するための総司令部線 (GHQ Line, General Headquarters Line) の一部として建設された。

ベージングストーク運河のクロッカム波止場 (Crookham)
のドラゴンズ・ティース
訳注
ドラゴンズ・ティース (Dragons teeth) は戦車隊に対する防衛。

オディハム城 (Odiham Castle) が運河のグレイウェル側の端にある。 運河は城の外壁 (bailey) の一部を通り抜けている。

グレイウェル・トンネル (今では不使用) は長さ 1,230 ヤード (1,120 m) で、 英国で 12 番目に長い運河トンネルであった。

ギャラリー
グレイウェル・トンネル
の内部 (東端)
グレイウェル・トンネル
の東口
ノース・ウォーンバラの
リフト・ブリッジからの光景
ベージングストーク運河センター
サリー、マイチェット
ギルフォード道路橋
ベージングストーク運河
サリー、フライムリー・グリーン
ドライ・ドック
水門 2012 年に修理が実施中