ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Beebe Windmill - Wikipedia

ビービー風車: Google map ストリートビュー

ビービー風車 (Beebe Windmill)

ビービー風車はスモック風車で、 ブリッジハンプトン (Bridgehumpton) の オーシャン・ロード (Ocean Road) と ヒルドレス・アベニュー (Hildreth Avenue) の角の南東にある。

ビービー風車
  1. 歴史
  2. 説明
歴史

ビービー風車はレスター・ビービー (Lester Beebe) のために サッグ・ハーバー (Sag Harbor、港) で 1820 年に建設された。 彼の死後、ローズ・ゲルストン (Rose Gelston) によって買収され、 彼はこれをブリッジハンプトンまで移動し、ここで 50 年以上操業した。 1882 年に、ジェームズ・サンフォード (James Sanford) がこれを買収し、 鉄道の南側に移動した。 後に、蒸気エンジンが設置され、 風が吹いていない時に動力を供給した。 1888 年に風車はロング・アイランドのミルライトの ナサニエル・ドミニー (Nathaniel Dominy) により修理され、 1889 年に鉄道の北の場所に移動した。 これは 1915 年に至るまで、ブリッジハンプトン製粉会社 (Bridgehampton Milling Company) によって操業された。 この年、ジョン E. バーウィンド (John E. Berwind) が買収し、彼の 夏の別荘に移動した。

1977 年の 「歴史的な米国工学記録」 (HAER, Historic American Engineering Record) に記述されたことは:  これは 「ロング・アイランドの風車で最初にはずみ車 (fly)、調節器 (regulator)、及び鋳鉄の歯車を備えたもの」 であり、これらの元々のものを備えた唯一のものであることであった。 これはロング・アイランドで装飾的デザインを持った唯一の風車である。 これらの造作により、 これは 「イングランドの風車と対比されるロング・アイランドで唯一の現存する風車」 である。 風車は 1978 年に 「国の歴史登録材」 (National Register of Historic Places) に追加された。

説明

ビービー風車は 4 階建てのスモック風車で、 ファンテールで 風向きに向くオージー形 (ogee) のキャップが付いている。 4 枚の一般帆 (common sail) が木造の風車軸 (windshaft) に支えられ、 木造のクラスプ・アーム (clasp arm) のブレーキ・ホイール (brake wheel) と同様である。 後者は直立軸 (upright shaft) の一番上にある鋳鉄製転がり歯車 (wallower) を 駆動し、下端の鋳鉄製大平歯車 (great spur wheel) が オーバードリフト臼石を駆動する。

訳注
クラスプ・アームに関しては 風車軸の訳注を参照の事。 (ホイールを軸に固定する井桁構造)
ビービー風車の機械
HAER の風車
ブリッジハンプトンの
ビービー風車