ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Billingford Windmill - Wikipedia

ビリングフォード風車: Google map ストリートビュー

ビリングフォード風車 (Billingford Windmill)

ビリングフォード風車はグレード II* の指定建造物で、 イングランド、ノーフォーク州ディス (Diss) の近くのビリングフォードにある レンガ製の塔風車 (tower mill) である。 2009 年 7 月現在で、風車は修理中で、新しい帆が作られている。

ビリングフォード風車
  1. 歴史
  2. 説明
  3. 製粉業者
歴史

1797 年に出版されたウィリアム・ファーデン (William Faden) のノーフォークの地図に一基の風車が始めて記された。 これは柱風車 (post mill) で 2 組の臼石 (ミルストーン (millstone)) を駆動した。 風車は 1859 年 9 月 22 日に吹き飛ばされた。

新しい塔風車 (tower mill) がウィリアム・チャプリン (William Chaplyn) のために建設され、 柱風車 (post mill) の代りになった。 これには £1,300 の経費がかかり、1860 年 3 月に完成した。 1872 年に、製粉業者のヘンリー・パイク (Henry Pike) は消費に不適な (穀物の) 粉 (meal) を提供したことにより、 訴えられた。 彼は粉にでんぷん繊維を少々加えたことを認めた。 判決は彼の有利になったが、30 シリングが控除され、 経費の要求は認められなかった。

ウィリアム・チャプリン (William Chaplyn) は 1881 年に亡くなり、風車は 1881 年 6 月 21 日に、 キングズ・ヘッド・ホテル (King's Head Hotel) で競売で売りに出されたが、 売却されず、後にされることになった。 この時までに、風車は蒸気エンジンで駆動されることになった。 風車は何年もの間、次々と製粉業者が動かした。 オイル・エンジンが 1916 年までに補助動力として設置された。 1924 年風車はジョージ・デインズ (George Dains) により買収され、彼がこれを動かし、 1929 年に共同経営をした。 1933 年に彼の子息のアーサー (Arthur) が事業に加わり、風車で仕事をしたが、 第二次世界大戦で英国海軍に呼び出された。 1945 年に彼が戻って、£300 以上を風車に費やして、これを稼働状態に戻した。 風車は 2 枚の帆に縮小した。 アーサー・デインズ (Arthur Daines) は 1956 年まで風力で風車を操業し、 ノーフォークで風力で商的に仕事をした最後の風車になった。 製粉は 1959 年まで、エンジンの動力で継続し、 この時 鳥の疫病が勃発して最後のトレードが消滅した。

風車はビクター・ヴァリアント (Victor Valiant) が保存するつもりで購入した。 1962 年 2 月に、アルフォード (Alford) のミルライト企業の 「トンプソン諸氏の企業」(Messrs Thompson's) が復元工事を開始した。 古代建造物保護協会」 (Society for the Protection of Ancient Building) が 1962 年 3 月に要請し、 £1,450 が要請された。「歴史建築物委員会」 (Historic Buildings Council) と 「ノーフォーク州議会」 (Norfolk County Council, カウンティ議会) から各々 £1,000 の助成金が与えられた。 復元は £3,939 の費用がかかった。キャップはタールが塗られていたが、白く塗装された。 風車の周りの 「離れ」 (outbuilding) は取り壊された。 1965 年 9 月 24 日にヴァリアント氏 (Valiant) は 「ノーフォーク風車トラスト」に風車を与えた。

1976 年 1 月 2 - 3 日の晩にファンテールが突風で破壊された。 代りが作られ、1976 年 3 月に、ミルライト企業の 「バレット及びローン諸氏の企業」 (Messrs Barrett and Lawn) により 1976 年 3 月に装着された。 1977 年 7 月 14 日に、長さ 52 フィート (15.85 m) の組み立てられた鋼の ストックが 「レナード & ローン社」 (Lennard and Lawn) により 取り付けられ、1962 年に復元された時に取り付けられた ベイマツ (Columbian pine (米国松)、ダグラスファー) のストックの代りになった。 1998 年、「ノーフォーク風車トラスト」 (Norfolk Windmills Trust) は風車を完全に稼働状態に戻した。 2002 年にリンダ・ジョスリン (Linda Joslin) はビリングフォードの最初の女性製粉業者になり、 ボランティアのチームと共にイングランドの有機小麦の製粉を始めた。 50 年間で初めてのビリングフォード・ローフ (Billingford Loaf、ローフ = パンの塊) がその年に製造され、 ノーフォーク中でとても人気があり、風が十分に強い時にはいつでも、臼が小麦をひいた。 リンダ (Linda) は所有者ではなかったが、 長い公的な議論で風車の維持を依頼されてから、 風車を去ることを余儀なくされた。 風車は数年間使用されず、その結果、凋落した。 2009 年 6 月 11 日に、帆は取り除かれた、というのはこれは腐り、交換する必要があった。 新しい帆が、アルフォード (Alford) のミルライト企業であるトンプソンズ (Thompsons) により製造されていた。

説明

ビリングフォード風車は 5 階建ての塔風車で、ボートの形をしたキャップがあり、 ファンテールで風の方向を向く。 塔は縁のレベルまで 36 フィート (10.97 m) の高さである。 これには 4 枚のダブル特許帆があり、鋳鉄製の風車軸 (windshaft) で支えられている。 ブレーキ・ホイールには "W SKINNER 1860" と刻まれた銘板が取り付けられている。 大平歯車 (great spur wheel) は直径がたった 5 フィート 4 1/2 インチ (1.64 m) しかない。 2 組の臼石はオーバードリフトで駆動されている。 第 3 の組が、風車の地上フロアーのハースト枠 (hurst frame) に収容され、エンジンで駆動することができる。

秋の全光景、西から 2010 年の風車
製粉業者