ページの最終校正年月日 :
英語・日本語の翻訳

英語から日本語に翻訳しようとする時に色々困難なことに遭遇するのですが、 どういうわけだか、どこにもその理由が書かれていません。このようなことを少しまとめてみることにしました。

  1. 英和辞典は大学入試に特化されすぎている
英和辞典は大学入試に特化されすぎている

市販の大半の英和辞典は一般的にあまりよくありません。 これは、英和辞典の大半が大学入試用に特化しているためです。 入試に出題されないような前置詞、単語の意味を掲載していないのです。 だから、このような辞典を何冊使用しても、正確な意味が分かりません。

とりわけ前置詞がひどい

入門時点で一番困るのは恐らく前置詞です。もう今となっては前置詞の意味を調べるために 辞典を調べるようなことはありませんが、この問題をクリアーできたのは、たまたま

Consice Oxford Dictionary (コンサイス・オクスフォード辞書)

を使用したからで、1, 2 年ほど使用した後は前置詞のことを辞書で調べることはなくなりました。 (この辞書は比較的安く、英和辞典よりも安い可能性があります。) この辞書では前置詞の意味が完全に、しかもとても簡潔に掲載されています。しかし、実際に調べるには 一々辞書の掲載例のどれと一致するか調べるのにとても長時間かかります。 必ず掲載されていると信じて探さないといけません。 気楽に探していたのでは見落とす可能性があり、何度も最初から探す必要があったこともあります。 しかし、そのうち使用しなくても意味がわかるようになります。 しかし、専門書を読むには論理的理由から、前置詞の意味を事細かに探す必要はないのが普通です。 そのため、専門書を先に読んでいれば、コンサイス・オクスフォード辞書は使用しなかったと思うし、その必要性がない。 私が、コンサイス・オクスフォード辞書を使用したのは専門書を読む前でした。

英和辞典で前置詞のことが過小評価されているのは、英語の教え方の理由にあるのかもしれない。 遠い記憶ですが、前置詞を日本語の「でにおは」と同じものと教えられた気がする。 しかし、これは全く違い、前置詞は場合によっては「動詞」に近い。例えば for somewhere とあれば、for は 「へ」 と訳すように教えられる。これでもよいが、 「に向かい」 と訳してもよく、これでは動詞の扱いに近くなる。

注意
日本語の 「でにおは」 は非常に妙な役割をしています。元々、日本語では書き言葉は漢文に始まり、 漢文では、返り点などで読み方に順番を付けて、更に読みやすいように送り仮名や「てにおは」を付けます。 これを前提にすると、「てにおは」は単に読みやすくするためのもので、必要不可欠ではありません。 ところが英文の前置詞はないとまるで意味が分からなくなります。こちらは必要不可欠なのです。

この典型例に 「through arch bridge」 があります。これは翻訳する時に 「下路式アーチ橋」 とでも訳さないと いけない規則になっているそうですが、これはそもそもおかしい。 through は前置詞ですが、これは 「てにおは」 ではなく動詞に近く、翻訳する時には「通り抜ける」の意味で 翻訳しないといけないのです。私はこれを通り抜けアーチ橋と訳しています。 これは直訳ですが、こうしないと、あちこちで翻訳ができなくなるためです。

恐らく、これは戦前の「聡明な識者」が英語を読めなかったためと思われます。

英和辞典の掲載単語が少なすぎる

専門書を読む段階で洋書を読むようになりますが、 その頃に専門用語は英和辞典に掲載されていないことを教わります。 専門用語に関しては、別の辞典があるのが普通で、 これで用語を調べることができます。(各学会が色々な形で辞書を提供している。)

しかし、これは英和辞典にあてはまることで、 英々辞典では事情が違います。英々辞典では前書きを見てみれば、すぐわかることですが、 多くの分野の専門家が辞書の編纂に関与しており、日本のように英文学者 (あるいは英米文学者) のみが辞書の 編纂に関わることがありません。 (国語辞書に関しても日本では国語学者が辞書の編纂をするのが普通ですから、辞書というものが英語圏と日本語圏で 意味が違うことがわかります。) そのため簡単な専門用語であれば英々辞典に掲載されているのが普通です。 (多くの専門用語は日常的な英単語に意味を追加して使用しており、 このような用語も日常的に (新規に追加された意味で) 使用されることもあるため、 これらを辞書から排除すると非常に妙なことが起きます。)

日本の英和辞典の編纂でも、英々辞典と同じように (多くの専門家で) 作ることが考えられます。 ところが、英単語で困る単語の類は少し古い用語のことが多く、 英和辞書の編纂に多くの専門家を配置しても、 基本的には同じようなことになるだけかもしれません。 (多分役に立たない、英語圏の専門家は古い用語を知っているが、 日本語圏の専門家は古い用語を知らないことが多い。)

現状の英和辞典は「英文学辞典」あるいは「英米文学辞典」

現状での英和辞典の限界に関しては、これを「英文学辞典」(「英米文学辞典」) と理解すれば、 その限界を正しく理解できていることになります。 そのため、文学に登場しそうもない英単語を英々辞典で調べる必要があるのです。 しかも、1 冊の英々辞典で事が足りることは非常に少なく、 何冊も必要となることが普通で、現在のようにインターネットが使えないととても資金不足になることは目に見えていると思います。

現状の「英和辞典」 は 「英文学辞典」あるいは「英米文学辞典」なので このような 「英和辞典」 が何冊あっても、調べることができない単語は永久にそのまま残ります。 (嘘と思うのであれば、私がしているように英文の Wiipedia の項目の翻訳をしてみようと思えば、 すぐに英和辞典に載っていない単語がぞろぞろ登場します。しかし、これに気が付かない可能性もある。 このような単語は普通に使用される単語の可能性が多く、単語自身が辞典に掲載されていても、該当する意味が 載っていないことがあり、英和辞典を真に受ければ意味不明な文脈が並ぶ。) 従って、比較的よく使用されていると思われる日本の「電子辞書」もこの問題を抱えていることがわかります。 (英語の教師がこれを使用しているからと言って、これが効果があるわけではありません。 これは英文学辞典なのです。) つまり、いくらこのような辞書を作ろうと、調べることができない英単語は必ず残るのです。 英語の教師が得意なのは英文学なのです。 (但し、入試英語や学校の英語の授業には役に立つと思われる。 学校で使用するテキストの類では、 文学英語でない場合には、 英単語を英文学で登場するものに置き換えてある可能性が極めて大きい。) しかも、これに専門用語の辞書をいくら加えようと、専門用語の辞書は現代用語なので、 少し古い用語は辞書の項目には出てこないのです。

文化・環境の違いが誤訳の原因になる

またこれ以外にも英和辞典に登場しない普通の英単語はあると思います。 実はこれが曲者で、文化・環境の違い に依存することがあります。 この典型例に 「millwright」 (ミルライト) があります。 英和辞典には水車大工と機械設置工のような意味が載っていると思います。 millwright は英国産業革命以前には、水車や風車を設置して、水車小屋や風車小屋の機械を動くようにする人です。 所が、欧米の水車は単に川に設置するのではなく一般的には人工水路を作り、 ここに水車を設置する場合が大半なのです。だから millwight は測量を実施して人工水路 (運河) を 作ることができる人になります。対応する日本語がありません。従って、私は ミルライトとカナ表記しました。 これは同じような職業に見えながら、文化・環境が違うと、実施する作業が違い、職業の内容が 基本的に違うためです。だから日本語の環境で同等の言葉を選んでも誤訳となるのです。