ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Minor basilica - Wikipedia

本文中のバシリカの名称は、英語での名称の直訳を記述しており、他の言語での名称とのずればあるかもしれません。

マイナー・バシリカ (Minor basilica)

マイナー・バシリカ (ラテン語: Basilica minor、複数形: Basilicæ minores) はカトリック教会の建物で、 聖管区 (Holy see) あるいは遠い昔からの習慣により、バシリカの肩書が与えられたものである。 現在、認可の布告は 『神の礼拝の会合と聖餐の規律』 (Congregation for Divine Worship and the Discipline of the Sacraments、 典礼秘跡省) を通して、教皇により与えられている。

教会との関連で、建築に関しての文筆家はバシリカ の用語を使用して、 特別な様式で建設された教会を述べている。 初期キリスト教の目的のために建設された司教の大聖堂バシリカはこの様式で、 半公的な世俗バシリカ (semi-public secular basilica) のモデルで建設された。 そして、その大きさと重要性が増大したことは、市政の権力が司教の手に次第に移ること (gradual transfer of civic power into episcopal hands) を示し、これは 5 世紀に進行中であった。

18 世紀には、この用語に教会法上の意味 (canonical sense) が登場し、 建築様式と関連がなかった。 この教会法上の意味におけるバシリカは、 メイジャー (大きな) バシリカと マイナー・バシリカに分割された。 今日では、4 ヶ所のみが -- 全てローマにある -- がメイジャー・バシリカに分類されている。

ティンティナブルム (tintinnabulum) とコノパエウム (conopaeum)、
(使徒のベルと傘) はローマ・カトリック・バシリカに与えられるユニークな
装飾の特権である。上の写真は、ベルギーのビルボールデ (Vilvoorde) の
『慰めの聖母のマイナー・バシリカ』 (Minor Basilica of Our Lady of Consolation)
  1. 特権、義務と条件
  2. カテゴリー
  3. 他のマイナー・バシリカ
  4. ギャラリー
特権、義務と条件

以前、バシリカの身分に付属した特権には他の教会よりもある種の優先権があった。 コノパエウム (conopaeum) (傘に似たバルダカン (baldachin、[訳注:天蓋]) で、 アンブラキュラム (umbraculum), ombrellino, papilio, sinicchio とも呼ばれる)、 及びベル (ティンティナブルム (tintinnabulum)) の権利 -- これらは公式行事 (state occasion) の聖職者の行列の先頭で、並んで運ばれた -- とカッパ・マグナ (cappa magna、ゆったりとした服、マント) の権利である -- 後者はキャノン (canon) あるいはカレッジエイト教会の世俗メンバーにより、 聖務日課 (Divine Office) をアシストする時に着用された。 メイジャー・バシリカの場合には、 これらの umbraculae は金の布 (cloth of gold) と赤いベルベットで作られ、 一方、マイナー・バシリカのものは、黄色と赤の絹で作られた。 色彩は伝統的には、教皇管区とローマ市のどちらにも関連していた。

これらの外的な象徴は、カッパ・マグナのものを除き、時々バシリカで見ることができるが、 この問題に関しての聖管区 (Holy see) の最も最近の規則は、1989 年に発行され、これに関して言及していない。 バシリカであることの特権は、現在では、2 つの物質的な特権を与えるのみである:  バシリカの垂れ幕 (banner)、家具 (furnishings) 及びハンコ (seal) に教皇の象徴である交差した鍵を含める権利、 そしてバシリカの教区牧師がサープリス (surplice) の上に独特なモゼタ (mozzetta) を着る権利である。 他の特権には、今では、バシリカの肩書の譲渡を祝う礼拝式と、 特別な日々にバシリカで祈る者に対しての完全な寛大を与えることに関連している。

文書は礼拝式を特別に注意して祝う義務をバシリカに課し、 肩書の譲渡を要求した教会に要求していることは:  礼拝学的に神に捧げ、活発な牧師の礼拝式の中心として抜きんでており、他の手本になるべきことである。 バシリカは十分に大きくて、聖域が十分にあるべきである。 バシリカは歴史、遺物や神聖な像で良く知られているべきで、 十分に多くの司祭 (priest) とミニスター (minister) と適切な聖歌隊 (choir) が仕えているべきある。

多くのバシリカは著名な教会でしばしば相当な巡礼者がいる。 2009 年 12 月に、グアダループの 『聖母のバシリカ』 は グアダルーペの聖母の記念祭の金曜日と土曜日の最中に、 6100 万人の巡礼の新記録があった。

カテゴリー

2017 年 11 月 15 日現在で、 世界中で 4 つのメイジャー・バシリカと 1,757 のマイナー・バシリカがある。 1,757 のマイナー・バシリカのうち、3 ヶ所はペイパル・マイナー・バシリカ (papal minor basilica) の肩書と、 4 ヶ所はポンティフィカル・マイナー・バシリカ (pontifical minor basilica) の肩書を持っている。

ペイパル・マイナー・バシリカ (Papal minor basilica)

3 ヶ所のペイパル・マイナー・バシリカは:  『壁の外のセント・ローレンス』 (Saint Lawrence outside the Wall)、 『サン・フランチェスコ・ダッシジのバシリカ』 (Basilica of San Francesco d'Assisi)、 及び 『サンタ・マリア・デグリ・アンジェリ』 (Basilica of Santa Maria degli Angeli)、 後の 2 ヶ所はどちらもアッシジ (Assisi) にある。

ポンティフィカル・マイナー・バシリカ (Pontifical minor basilica)

4 ヶ所のポンティフィカル・マイナー・バシリカ (pontifical minor basilicas) は:  バーリ (Bari) の『セント・ニコラスのバシリカ』 (the Basilica of Saint Nicholas in Bari)、 ロレートの『ホーリー・ハウスのバシリカ』 (the Basilica of the Holy House in Loreto)、 パドゥアの『セント・アンソニーのバシリカ』 (the Basilica of Saint Anthony of Padua)、 そして ポンペイの『ロザリーの聖母の神殿』 (the Shrine of the Virgin of the Rosary of Pompei) である。 パドゥアのバシリカ以外の全ては、 何年かの間、『ポンペイ、ロレート及びバーリのポンティフィカル神殿の枢機卿委員会』 (Cardinalatial Commission for the Pontifical Shrines of Pompei, Loreto and Bari) と合同で監督されたが、これは 1996 年に活動を停止して、 『ポンペイのロザリーの聖母の神殿のポンティフィカル代理』 (Pontifical Delegation for the Shrine of Our Lady of the Rosary of Pompeii) と『ロレートのホーリー・ハウスの神殿のポンティフィカル代理』 (Pontifical Delegation for the Shrine of the Holy House of Loreto) を設置した。

4 ヶ所の全てのポンティフィカル・マイナー・バシリカには今では個々のポンティフィカル代理 (delegate) がいる。 バーり・バシリカ (Bari basilica) に対しては、 国務省 (聖管区) (Secretariat of State (Holy see)) に依存しており、 ポンティフィカル代理 (pontifical delegate) は地元のメトロポリタン大司教 (metropolitan archbishop) である。 ロレート (Loreto) とポンペイ (Pompei) のバシリカに対しては、自身の高位区 (territorial prelature) の中にあり、 ポンティフィカル代理は地元の高位聖職者 (local territorial prelate) である。 パドゥア・バシリカのみに対して、 ポンティフィカル代理 (現在は Francesco Gioia、 カメリーノ= サン・セヴァリーノ・マルケ (Caverino-San Severino Marche) の名誉大司教) は地元の司教 (現在は Antonio Mattiazzo) とは違っている。

レッサー・タイプ (Lesser type)

残りの 1,750 のマイナー・バシリカはすべて単にこのように (レッサー・タイプに) 分類されている。

トッレ・デル・クレーコ (Torre del Greco) には 『聖十字のポンティフィカル・バシリカ』 (Pontifical Basilica of the Holy Cross) があり、 自身のホームページ -- ここで 1849 年の 教皇ピウス 9 世 (Pope Pius IX) と 1990 年の ヨハネ・パウロ2世 (Pope John Paul II) の訪問を思い起こしている -- のみならず、世界のマイナー・バシリカの一覧にも記されているが、 しかしながら、ここでは単にマイナー・バシリカとしている。

このようなイタリアの教会 -- マイナー・バシリカであるが、ポンティフィカル・マイナー・バシリカと認められていないもの -- で別なものは、 ナポリ (Naples) の 『スペインのサン・ジャコモのポンティフィカル・ロイヤル・バシリカ』 (the Pontificia Reale Basilica di S. Giacomo degli Spagnoli) がある。 この名称はポンティフィカルでロイヤル (王室) とされており、幾つかの他の情報源からも確認された。

ポンティフィカル・マイナー・バシリカとして登録されていないが、単にマイナー・バシリカとして登録されている スペインのポンティフィカル・バシリカの 1 つは マドリッドの 『セント・マイケルのポンティフィカル・バシリカ』 (Pontifical Basilica of St. Michael) であり、 この所有権は 1892 年以来、スペイン王国のローマ法王庁大使館 (Apostolic Nunciature) に譲渡されている。

ポンティフィカル・バシリカの記述は恐らく時々教会法の根拠なしに与えられ、 教会によっては、ポンティフィカルであるか否かは、バシリカの肩書に対しての権利のリストには含まれていなかった。 ナポリ県 (the province of Naples) のグルーモ・ネヴァーノ (Grumo Nevano) の町のバシリカは イタリア語版の Wikipedia で、 『司教セント・タマロのポンティフィカル・バシリカ』 (Pontifical Basilica of Saint Tammaro the Bishop) と呼ばれ、 この呼称は正面の "Basilica Pontifica" の刻文 (inscription) で確認される。 これ以外には、 ビトント (Bitonto) の 『セント・コスマスとセント・ダミアンのポンティフィカル・バシリカ』 (the Pontifical Basilica of Saints Cosmas and Damian) と アヴィリアーノ (Avigliano) の 『カーメル山の聖母のポンティフィカル・バシリカ』 (the Pontifical Basilica of Our Lady of Mount Carmel) がある。

1 つのペイトリアーク・バシリカ (patriarchal basilica)、 すなわち、ベニスの サン・マルコ (St. Mark) のペイトリアーク大聖堂バシリカ (Patriarchal Cathedral Basilica of St Mark) がペイトリアーク (patriarchal) と呼ばれるのは、 ベニスのペイトリアーク (patriarch, 初期の bishop) の大聖堂だからで、これはマイナー・バシリカである。

他のマイナー・バシリカ

マイナー・バシリカは大多数で、 これに含まれるのは:  幾つかの大聖堂、 多くの技術的には教区教会、 幾つかの神殿 (shrine)、 そして修道院 (abbey) と女子修道院 (convent) である。 幾つかの祈とう室 (oratories) と半私的な礼拝の場所が、 マイナー・バシリカの地位に持ち上げられ、 例えば、カナダ、ケベック州モントリオールの Saint Joseph's Oratory がある。

メキシコ・シティの 『グアダルーペ (Guadalupe) の聖母の旧バシリカ』 (The Old Basilica of Our Lady of Guadalupe) は 1754 年に ベネディクト 14 世 (Benedict XIV) によりバシリカに指定された。 メキシコより北のアメリカの最初のものは、ケベック市の 『ノートルダム・ド・ケベック大聖堂』 (Notre-Dame de Québec Cathedral) であり、1874 年に 教皇ピウス 9 世 (Pius IX) により持ち上げられた。 ミネアポリスの 『セント・メアリーのバシリカ』 (Basilica of Saint Mary) は 米国で最初のバシリカで、 1926 年に 教皇ピウス 11 世 (Pope Pius XI) により指定された。 コロンビアではラス・ラハス大聖堂 (Las Lajas Cathedral) が 1954 年以来マイナー・バシリカであった。 アフリカでは コートジボワール (Cote d'Ivoire) の ヤムスクロ (Yamoussoukro) の 『平和の聖母のバシリカ』 (Basilica of Our Lady of Peace) が 『セント・ピーターのバシリカ』 よりもわずかに大きいと報告されている。

『ノートルダム・ド・ケベック大聖堂』、
マイナー・バシリカに昇進した
メキシコの北の北米の最初の教会

メキシコ・シティ―の 『グアダルーペの聖母のバシリカ』 は 毎年迎え入れる巡礼の数を基礎にすればバチカン市に次いで 2 番目である。 (1200 万人と 2000 万人の中間。) フランスの ルルド (Lourdes) の聖域 (Sanctuary) は毎年 500 万人から 600 万人を受け入れている。

20 世紀にはマイナー・バシリカの肩書を与える教会の数を増やす公表された傾向があった。 多くの中の実例にあるものは:  フランシスコ・フランコ (Fransisco Franco) の墓を含む教会、 マドリッドの近くの記念碑的な 戦没者の谷 (Valley of the Fallen) の多くの教会、 カリフォルニア州カーメル (Carmel) の 『カルメロのサン・カルロス・ボロメオの伝道』 (Mission San Carlos Borromeo de Carmelo) 、 マニラ大聖堂 (Manila Cathedral) (イントラムロス (Intramuros) あるいはマニラの元々のスペイン人の集落の 『無原罪の御宿り (Immaculate Conception) のマイナー・バシリカ』 とも呼ばれる。) である。 世紀末にかけて、より厳密な規則が適用され、例えば大聖堂はどのような場合にせよ、 バシリカより序列が上のため、マイナー・バシリカの肩書は、もはや与えられなくなった。

3 つの大陸に セント・パトリック (Saint Patrick) に奉献 (dedicate) した 7 つの バシリカがあり、 ダーグ湖 (Lough Derg、[訳注:アイルランドの湖の島にある『セント・パトリックの煉獄』 (St. Patrick's Purgatory) ]), モントリオール (Montreal), オタワ (Ottawa), ニューヨーク (New York), ダニーデン (Dunedin、[訳注:ニュージーランド]), フリマントル (Fremantle、オーストラリア) 及びメルボルン (Melbourne) である。

ギャラリー

2017 年 12 月 31 日現在で、 1768 のマイナー・バシリカ (2006 年の 3 月 26 日の 1476 からの増加) があり、このうちの多数はヨーロッパにあり (イタリアだけでも 571、 これにはより高い身分のもの (ペイパルあるいはポンティフィカル) を全て含む; フランスに 171;  ポーランドに 148;  スペインに 120;  ドイツに 76;  オーストリアに 33;  ベルギーに 29;  オランダに 27;  ハンガリーに 16;  チェコ共和国に 15;  スロバキアに 14;  スイスとポルトガルに各々 12;  マルタに 10;  クロアチアとリトアニアの各々に 8;  スロベニアに 7;  その他の多くの国にこれ以下)、 多くがアメリカにあり (米国に 85;  ブラジルに 69;  アルゼンチンに 47;  コロンビアに 36;  メキシコに 30;  カナダに 25;  ベネズエラに 16;  ペルーに 13;  チリに 9;  ボリビアに 8;  ウルガイに 5;  エル・サルバドールに 4;  そしてそれ以外は少し)、 そして少しあるのはアジア (インドに 23;  フィリピンに 15;  聖地 (ホーリーランド、イスラエル/パレスチナ)、 そしてそれ以外が少し)、 アフリカ (全部で 21; ガーナが 4; そして幾つかの国が 1 あるいは 2) そしてオーストラレーシア (オーストラリアに 5; ガムに 1;) である。

ヨーロッパ
西ヨーロッパ:
『ロザリーの聖母のバシリカ』、
ポルトガル、 ファティマ (Fátima)
バルセロナ: サグラダ・ファミリア
2010 年にベネディクト16世によ
り奉献され、マイナー・バシリカ
アイルランド『クノックの聖母
-- アイルランドの女王 --のバシ
リカ神殿』 メイヨー州 クノック
アイルランド:『聖パトリック
の煉獄』、ダーグ湖、アルスター
『聖グレゴリー・ザ・グレート』、
イングランド、ストラットン=オン=
ザ=フォス (Stratton-on-the-Fosse)
イングランド、
『ウォルシングハムの
マイナー・バシリカ』
西ヨーロッパ:
『エストレラ・バシリカ』
(Estrela Basilica)
ポルトガル、リスボン
西ヨーロッパ:
Liebfrauenkirche
(聖母教会)
ドイツ、 トリ―ア
西ヨーロッパ:
『Basilique Notre-Dame de
Marienthal』 (マリエンタール
のノートル・ダム・バシリカ)
西ヨーロッパ:
『グロス・セント・マーチン』
(Gross St. Martin)
ドイツ、ケルン
中央ヨーロッパ:
『聖ゴーデハルトのバシリカ』
ドイツ、ヒルデスハイム
カナリア諸島:
『カンデラリアの聖母の
バシリカ』、スペイン
テネリフェ
中央ヨーロッパ:
『聖アダルベルトの
バシリカ』、ハンガリー
エステルゴム
中央ヨーロッパ:
『リヘンの聖母のバシリカ』
ポーランド,リヘン・スタリ
中央ヨーロッパ:
『聖母被昇天のバシリカ』
ポーランド、クシェシュフ
(Krzeszów)
中央ヨーロッパ:
『セント・ピーターとセント・
ポールのバシリカ』、
チェコ共和国、プラハ
中央ヨーロッパ:
『祝福された聖母メアリーの訪れの
バシリカ』、スロバキア、レボチャ
マリアンスカ・ホラの丘
(Mariánska hora)
南ヨーロッパ:
『セント・フランシス・バシリカ』
イタリア、パレルモ
南ヨーロッパ、
『タ・ピーヌの祝福された
聖母の国立神殿』マルタ、
ゴゾ島 (Gozo)
南ヨーロッパ:
『セント・ジョージの
バシリカ』マスタ、ゴゾ島
南ヨーロッパ:
『セント・ヘレンのバシリカ』
マルタ、ビルキルカラ
(Birkirkara)
東ヨーロッパ:
『聖キャザリン・バシリカ』
ロシア、 サンクトペテルブルク
南ヨーロッパ:
『聖母被昇天のバシリカ』
マルタ、モスタ (Mosta)
サン・ピエトロ・カステロ
(San Pietro di Castello,島)
イタリア、ベニス
ザラゴサ (Zaragoza, スペイン)
『ピラールの聖母の大聖堂バシリカ』
アフリカと中東
北アフリカ:
『バシリカ・ノートル・ダム
ダフリーク』 (Basilica
Notre Dame d'Afrique)
アルジェリア、アルジェ
西アフリカ:
『無原罪の御宿り
のバシリカ』
ベナン (Benin) の
ウィダー (Ouidah)
中東:
『苦悩のバシリカ』
イスラエル、エルサレム
中東:
『パドゥアのセント・
アンソニー教会』
トルコ、イスタンブール
西アフリカ:
『ヤムスクロの平和
の聖母のバシリカ』
コートジボワール
ヤムスクロ (Yamoussoukro)
東アフリカ:
『聖家族の大聖堂
バシリカ』、ケニヤ
ナイロビ
東アフリカ:
『ミュニヨンヨ殉教者神殿』
ウガンダ、カンパラ
(Kampala)
東アフリカ:
『ウガンダ殉教者のバシリカ』
ウガンダ、Namugongo
アジアとオセアニア
西アジア:
『良好な健康の聖母
のバシリカ』、インド、
タミール・ナードゥ州、
Verankanni
西アジア:
『サンソーム・バシリカ』
インド、タミール・ナードゥ州
サンソーム (Santhome)
南アジア:
『ボム・イエスのバシリカ』
(bom = good, ポルトガル語)
インド、Velha Goa
南アジア:
『セント・メアリーのバシリカ』
インド、 カルナータカ州,
Bangalore
南アジア
『セント・ローレンス神殿』
(Attur 教会)、インド
カルナータカ州、Karkala
南アジア
『Lourdes (Poondi) の
聖母のバシリカ』、
インド、タミール・ナードゥ州
東南アジア:
『聖母のバシリカ』
ベトナム、ホーチミン市
東南アジア:
『Basilica de San Martin
de Tours (Taal)』、
フィリピン、バタンガス
タール (Taal)
東南アジア:
『マニラ大聖堂』
フィリピン、マニラ、
イントラムロス
(Intramuros)
東南アジア:
『サント・ニーニョの
バシリカ』、(Basilica
of Santo Niño)
フィリピン、セブ島
東南アジア:
『サン・セバスチャン
のバシリカ』、
フィリピン、マニラ
東アジア:
『Sheshan の聖母の
バシリカ』、
中国、上海
オーストラリア:
『天使のセント・メアリー
バシリカ』、ジーロング
(Geelong)
オセアニア:
『Dulce Nombre de Maria
Cathedral Basilica』、グアム
USA
オセアニア:
『平和の聖母の
大聖堂バシリカ』
米国ハワイ
東南アジア:
『聖ロレンツォ・ルイス
のマイナー・バシリカ』
フィリッピン、マニラ
東南アジア:
『Black Nazarene の
マイナー・バシリカ』
東南アジア:
『マナノアッグの最も
聖なるロザリオの聖母の
マイナー・バシリカ』
[訳注:フィリピン]
アメリカ
南米: 『聖ピーターと
聖ポールの大聖堂バシリカ』
スリナム パラマリボ
南米: 『ロサリオの聖母の
大聖堂バシリカ』
ロサリオ、アルゼンチン
南米:『アパレシーダの
聖母の国立神社のバシリカ』
ブラジル、アパレシーダ
(Aparecida)
南米: 『ラス・ラハス聖域』
(Las Lajas Sanctuary)
コロンビア、イピアレス
(Ipeales)
中米:
『サンサルバドル大聖堂』
エルサルバドル、
サンサルバドル
カリブ海:
『Basilica Cathedral of
Santa María la Menor』
ドミニカ共和国
サント・ドミンゴ
カリブ海:『慈善の聖母の国
立神社バシリカ』、キューバ、
サンチアゴ・デ・クーバ
北米:『サボパンの
聖母のバシリカ』
メキシコ、サボパン
北米:『聖メアリー
のバシリカ』
米国ミネアポリス
北米: 『洗礼者セント・ジョンの
バシリカ』、カナダ、
ニューファンドランド、
セント・ジョンズ
北米:『無原罪の御宿り
国立神社のバシリカ』
米国ワシントン DC
北米:無原罪の御宿り
のバシリカ』、米国、
フロリダ州、ジャクソンビル
北米:『セントルイス
大聖堂バシリカ』、米国
ルイジアナ州ニューオリンズ
北米:『永久の助けの聖母の
バシリカと神殿』、米国
マサチューセッツ州、ボストン
北米:『セント・スタニスラウスの
バシリカ』、米国マサチューセッツ
州、チコピー (Chicopee)
北米:『セイクリッド・
ハートの大聖堂バシリカ』
米国、ニュージャージー、
ニューアーク
北米:『大天使セント・
マイケルの大聖堂
バシリカ』、カナダ、
ニュー・ブランズウィック州
ミラミチ (Miramichi)
北米:『セント・ルイス
大聖堂バシリカ』、米国
ミズーリ州
北米:『セント・セシリアの大聖堂バシリカ』、
カナダ、ケベック州バレーフィールド