ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Dowery Dell - Wikipedia

デル (Dell) は「小さな谷」の意味です。だからダウリー・デルは「ダウリー谷」の意味ですが、 ここではここにあった高架橋の話をしています。

ダウリー・デル高架橋のあった場所: Google map アップされた写真 (橋脚の台座)

ダウリー・デル高架橋はヘイルソーウェン鉄道に属し、 この鉄道は 1878 年に開通しています。

ダウリー・デル (Dowery Dell)

ダウリー・デルはウスターシャー州 (Worcestershire) ハニントン村 (Hunnington) の近くにあり、 鋳鉄製の鉄道高架橋で有名であった。 この高架橋は 1964 年に取り壊されるまで、 ヘイルソーウェン (Halesowen) からロングブリッジ (Longbridge) に至る鉄道を通していた。

類似の構造

高架橋は架台 (trestle) で支えられた格子ガーダー橋の希少な実例という点で顕著である。 この組み合わせは英国にかって恐らく他に 1 つの実例しかなかったが、 幸いなことに現存し、これはベナーリー高架橋である。 もっとも、これはダウリー・デル高架橋ほど高くない。 他の良く知られた架台で支えられた高架橋 -- 例えばメルドンビーラクラムリンのもの -- は上部構造が格子トラスでなく、 典型的にはウォーレン・トラスであり、 他のガーダー橋はキュー鉄道橋 (kew Railway Bridge) のように、 典型的には鉄のケーソンで支えられた低い橋である。

ダウリー・デル高架橋 ダウリー・デル高架橋
の 1 つの橋脚
ダウリー・デル高架橋で
蒸気機関車が
ロングブリッジに向けて通過
遺物

鉄道ルートをたどる歩行路を歩けば、デルに残されたレンガ製の橋脚の台座が見える。