ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Contoocook Railroad Bridge - Wikipedia

コントクック鉄道橋: Google map (衛星写真)、 ストリートビュー: 正面から

コントクック鉄道橋
(Contoocook Railroad Bridge)

コントクック鉄道橋はかってのコントクック峡谷鉄道 -- 最初はコンコード・クレアモント鉄道 (Concord & Claremont)、 後にボストン・メイン鉄道 (Boston & Maine) が所有していた路線 -- の覆い橋で、米国ニューハンプシャー州コントクック村の中央でコントクック川 (Contoocook River) にかかっている。 この橋は国の歴史登録財では、 ニューハンプシャー州ホプキントン町 (Hopkinton) の 「ホプキントン鉄道覆い橋」 と言及されているが、 コントクック村はホプキントン町に属している。

橋は 19 世紀に建設され、 米国で現存する最古の鉄道覆い橋で、 1960 年まで鉄道交通の任務に就いていた。 橋は 1989 年まで倉庫として使用され、 次に公的な資産となり、 州・寄付・ボランティアにより、近くの歴史的停車場と関連して保存されている。

ホプキントン鉄道覆い橋 位置
  1. 歴史
  2. 修復
  3. ギャラリー
歴史

この橋は 1849 年 - 1850 年に建設された軽量の鉄道橋と交換するために 1889 年に建設され (元々の橋はコンコード・クレアモント鉄道によって建設され、この鉄道は 1887 年に ボストン・メイン鉄道に買収された)、 米国で現存する 4 基の 「二重タウン格子鉄道橋」 の中で最古のもので、 現存する鉄道覆い橋の中で最古のものである。 (他の 「二重タウン格子鉄道橋」は 1907 年のニューハンプシャー州ニューポートのピアー橋 1906 年のニューハンプシャー州ニューポートのライトの橋、 1908 年のバーモント州ストウ (Stowe) のフィッシャー橋 (Fisher Bridge) である。) 橋は恐らくボストン・メイン鉄道の技術者ジョナサン・パーカー・スノー (Jonathan Parker Snow、1848 年 - 1933 年) によってデザインされ、 大工のデイビッド・ヘイゼルトン (David Hazelton, 1848 年 - 1908 年) により建設された。 スノーの下で、ボストン・メイン鉄道は、他のどの本線よりも長い複数の支線で木造の橋を使用し、 この最後のものを 1916 年に建設している。 近くのコントクック鉄道停車場は、より古いコントクック・クレアモント鉄道により 1850 年に建設された。

訳注
  1. 二重タウン格子がどのようなものであるかは、このページの最後の写真を見ればわかる。 2 つのタウン格子をずらせて重ね合わせている。
  2. フィッシャー橋の場所はバーモント州ストウではなくウルコットの間違いと思われます。
  3. コントクック鉄道停車場: グーグルマップ ストリートビュー、 アップされた写真: その 1 その 2
  4. 鉄道用の覆い橋の実例に、 ピアー橋ライトの橋フィッシャー鉄道覆い橋があり、 いずれも二重タウン格子トラスです。 これらは単線ですが、20 世紀に入ってから建設されているので重い機関車にも対応していると思われ、。 木造トラス橋 (木造覆い橋) は作り方によっては十分な強度を発揮したと思われる。 完全に鉄製の橋が木造トラス橋に取って代わるのは建造費で鉄の方が安くなるからです。

橋はこの形式としては、 最も明白に、大半が元々の構造を提示している。というのは他の橋は 随分と構造の修正が組み込まれているからである。 主トラスは二重タウン格子で、 連続して中央橋脚を越え、 各々およそ 71 フィート (22 m) の 2 スパンを形成している。 よく言われることだが、橋は大きく作り、切り詰められた。 中央の橋脚は川の流れにそぐうように、橋台と同様に斜めに作られている。 これは橋が川に斜めにかかっているからである。

橋は 1962 年に至るまで鉄道橋として使用され、1936 年の洪水と、 1938 年のハリケーンを生き延び、 その存続期間に 2 度基礎から引き離され、 中を通り抜ける鉄のレールによって完全に押し流されることから救われた。 鉄道の任務に引き続き、1962 年から 1990 年まで倉庫として使用された。

修復

ニューハンプシャー州文化資源局・歴史資源局の配布する 「昔の石の壁、2003 年秋」 (The Old Stone Wall, Fall 2003) に掲載された記事は次のように述べている。

重要な工事が州の所有するコントクック鉄道覆い橋で 8 月に始まった。 「覆い橋保存国内協会」 (National Society for the Preservation of Covered Bridge) はニューイングランドの納屋と橋の所有者であるティム・アンドリュース (Tim Andrews) を採用して、橋の 4 隅の垂れ下がる角を持ち上げ、 劣化した路床を交換させようとしている。 協会はイーストマン・トーマス基金 (Eastman Thomas Fund) からアンドリュースの建設経費を寄付した。 橋は歴史資源局の行政保護下にあるが、歴史資源局は保守のための資本予算 (captal budget) を持っていない。 過去何 10 年間以上も、国内協会は側板 (side sheathing) の修理、 橋の平坦な金属屋根を寄付し、 木造橋のための難燃剤を購入し、 橋の保守に数知れないボランティア労働を提供した。 現在の建設作戦のために、アンドリュースは彼の最後の仕事 -- アンドーバー (Andover) のバッグ覆い橋での賞を獲得した復元 -- から重い I-形鋼 (ニューハンプシャー州輸送局に貸与されたもの) を持ち込んだ。 アンドリュースは橋が 1936 年の洪水と 1938 年のハリケーンで引き離された時に生じた幾つかのよじれも 真っすぐにすることを望んでいる。 コントクック橋はコンコード・クレアモント鉄道で生き延びた 3 基の覆い橋の 1 つである。 他の 2 つは西ニューポートにあり、 これも州により所有されているが、資源・経済開発局によるトレイル (trail、歩行路) の橋として管理されている。 これらの 3 基のコンコード・クレアモント支線の橋は世界で生き延びた 8 基の鉄道覆い橋の中で最も見事なものに属している。 1989 年のコントクック橋は 8 基の中で、最古のもので、 ニューポートのピアー橋 (1907 年) は最長で、 ニューポートのライトの橋 (1906 年) は唯一の現存する二重タウン格子鉄道橋で、 完全な木造積層厚板アーチ (laminated wood plank arches) を持っている。 この希少性を認め、 「歴史的な米国工学記録」 (HAER、Historic American Engineering Record) はコントクック橋とその姉妹橋ライトの橋 を詳細な調査のために選択し、この夏に記録することになっている。 橋は 1960 年に鉄道交通の任務を停止した後に、次々に個人的に所有された。 橋は 1989 年にホプキントン町の所有物 (コントクックはホプキントンに属する村) となった。 ホプキントンは橋を所有して保守することを望まなかったので、 橋をニューハンプシャー州に提供した。 ジャッド・グレッグ知事 (Judd Gregg) と州議会はその贈り物を 1990 年に受領した。 州の法律により、歴史資源局 (DHR) が自治体から州に寄付された歴史的な覆い橋の管理責任を負う。 資本予算がないため、 DHR は橋の保守のための資金的援助を 「覆い橋保存国内協会」 に完全に依存している。 DHR は 「コントクック・リバーウェイ協会」 -- これは近くのコントクック鉄道停車場 (1850 年) を所有している -- とも手を組んでいる。 協会 と DHR は共同して橋と鉄道駅の復元のために、「輸送促進基金」 (Transportation Enhancement grant) を獲得した。 橋の土台が確実に補強されれば、 促進基金と保全ナンバープレート (ムース・プレート) の収入を合わせて、 橋にスプリンクラーを設置し、 本物のボストン・メイン鉄道のペンキで外壁を塗り、 説明用標識 (interpretive signage) と内部の安全照明を設置することになる。
ジェームズ L. ガーヴィン (James L. Garvin), 州建築歴史家、2003 年 9 月
訳注
保全ナンバープレート (Conservation Licence Plate) とは、 ニュー・ハンプシャー州が実施しているプログラムで、 特別なナンバープレート (Moose Conservation and Heritage License Plates) を 購入すると、購入代金が歴史遺産などの補助資金に回される仕組み。 このナンバープレートがムース・プレートと呼ばれている。

2006 年に、橋の上流側の北の角の (トラスの) 下部水平要素 (bottom chord) に少々構造的な修理が実施され、 1938 年以来始めて、受け台 (bolster) が交換され、 床の材木が花崗岩の台 (pedestal) で置き換えられた。 工事費は 「覆い橋保存国内協会」 の寄付により支払われた。

最近、橋のわずかな変更が実施され、 2009 年 - 2010 年の冬の中頃に完成した。 これにはドライ・スプリンクラー、線形熱感知器、橋内部の人感センサーによる LED 照明 (LED motion sensor lighting) から構成され、 ニュー・ハンプシャー州輸送局がおよそ $123,300 の経費を支払い、設計をした。

訳注
  1. ドライ・スプリンクラーは原文では dry-head, open pipe sprinkler system と書かれています。 この用語で英文ページを検索すると dry sprinkler が登場したので、ドライ・スプリンクラーの訳語を当てました。 このスプリンクラーは、動作していない時には圧縮した気体がパイプに詰められ、 気体が熱によって解放されると、水がパイプに進入し通常のスプリンクラーと同様に動作するものです。 このような仕組みはスプリンクラーの中の水が凍結することを防止するためのものです。
  2. 線形熱感知器というのはよく使用される火災報知機の種類で、 初期状態でパイプの中に 2 本のケーブルがポリマーで絶縁されており、 熱が加わるとポリマーが溶け、電線がショートして火災を知らせるものです。
ギャラリー
HAER の外側の写真, ジェット・ロウ
(Jet Lowe) 撮影, 2003 年
HAER の内部の写真, ジェット・ロウ
(Jet Lowe) 撮影, 2003 年