ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Barbegal aqueduct and mills - Wikipedia
バルブガル水道とミル
(Barbegal aqueduct and mills)

バルブガル水道とミル (Barbegal aqueduct and mill) はローマの水力ミル複合施設 (watermill complex) で、南フランス、 アルルの町 (Arles) の近く、フォンヴィエイユ・コミューン (commune of Fontvieille) の 地域にある。 複合施設は「古代世界の機械力の既知の最大の集積場所」 (the greatest known concentration of mechanical power in the ancient world) として言及され、16 基の上掛け水車は古代ミル複合施設の最大のものと考えられている。

小麦粉の製粉容量はおよそアルル (Arles) の (人口の) 1/4 であった。

別の類似のミル複合施設はローマの ジェニゴロ (Janiculum) にもあった。 示唆される点は、このような複合施設はアミダ (Amid、[訳注:メソポタミア]) のような他の重要なローマの場所に存在したことである。

水道 (aqueduct) アルル古代博物館の
バルブガルの水力ミルのモデル
  1. 説明
  2. 他のミル (mill)
  3. この場所を訪問する
  4. 影響
説明

バルブガル・ミル (Barbegal mills) はフォンヴィエイユ (Fontvieille) の近くのアルル (Arles) の 12 km 北にあり、ここでアルル水道 (Arles aqueduct) が急峻な丘に 到達する。 ミルは 16 基の水車 (waterwheel) から構成され、 8 基の水車が 2 列になって、急峻な丘の中腹を下っている。 水路と個々のミル (mill) の基礎には多大な石造りの遺構があり、 あわせるとミルが建設されている丘を登る階段になっている。 このミルは 1 世紀末から、3 世紀末にかけて操業した。 ミルの容量は 1 日小麦粉 4.5 トンと見積もられ、 当時のアレラーテ (Arelate、[訳注:アルルの古名]) の恐らく 30,000 人から 40,000 人の住民のうち、 10,000 人分のパンを供給するのに十分であった。 考えられていることは、水車は上掛け水車で、排水は丘の基底部まで順番に水車を駆動したことである。

ミル (mill) に給水するローマの水道 (aqueduct) はフランスのアルル (Arles) (当時はアレラーテ (Arelate) と呼ばれた) の町に水を供給するためにも建設された。 2 本の水道 (aqueduct) はミル複合施設のすぐ北で合流し、 導水路 (sluice) が複合施設への給水を制御した。

ミル (mill) 水道 (aqueduct) 複合施設の遺構
16 基の上掛け水車
他のミル (mill)

垂直水力ミル (vertical water mill) はローマ人によく知られ、 ウィトルウィウス (Vitruvius) により、BC 25 年の デ・アーキテクチュラ (De Architectura、建築について) で記述され、 大プリニウス (Pliny the Elder) により AD 77 年の 博物誌 (Naturalis Historia) で言及された。 後の言及されているものは、 ビザンチウム (Byzantium) のフローティング水力ミル (floating water mill) 及び、 モーゼル川 (river Moselle) のソーミル (sawmill, 鋸ミル) があり、 後者の言及は詩人の アウソニウス (Ausonius) によるものである。 逆向き上掛け水車 (reverse overshot water-wheels) の複数積み上げ列の使用は ローマの鉱山で広く使用され、とりわけスペインとウェールズにあった。 バルブガルのミル (mill) が、小麦をひいていない時に、 木材や石を鋸でひくことに使用されたことはあり得ることである。 AD 3 世紀のヒエラポリスの鋸ミル (sawmill) はクランクで駆動する 枠鋸 (frame saw) がこのようにして使用されていることを示し、別のものは エフェソス (Ephesus) で発掘されている。

この場所を訪問する

バルブガル (Barbegal) への訪問者は、 細い道路 (minor road) が元々の水道 (aqueduct) の壮大な遺構を横断する場所で駐車でき、 そのあとで、水道 (aqueduct) の遺構に沿っておよそ 250 m ほどを歩き、 尾根の裂け目を通り抜けて、ミル複合施設の頂上に到達する。 アルル古代博物館 (Arles Museum of Antiquity) は啓蒙的なミルのモデルを再建している。 この場所は現在は雑草が生え、廃墟を探索するには注意が必要である。

影響

イングランドの科学史の歴史家ジェームス・バーク (James Burke) は 「バルブガル水道とミル」 のようなローマの水車技術を調査して、 結論したことは、 これが シトー会 (Cistercians) と彼らの水力に影響を与えたことで、 これは今度は産業革命に影響した。 以上は 10 部からなる 「コネクション」 (Connections, BBC テレビ番組) の 4 番目に あったもので、これは 「数の信仰」 (Faith in Numbers) と呼ばれた。