ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

List of ancient watermills - Wikipedia

以下は、ヨーロッパの古代における水車 (mill, ミル) のリストです。 水車は穀物用 (製粉用) が大多数ですが、ヨーロッパの水車は古来、 穀物用以外にも使用されています。

watermill の訳語として「水力ミル」 を当てることにしました。

古代の水力ミルの一覧 (List of ancient watermills)

古代の水力ミルの一覧は、 古典古代 (classical antiquity) における 水力による穀物ミル (grain-mill) と産業ミル (industrial-mill) の概観を ヘレニズム時代の始まりからローマ帝国の時代を通じて与えるものである。

バルブガル・ミルは南仏の急な斜面にあり、古代で最大
のミル複合施設と思われている。この容量は近くの
アルル (Arles) の町のパンの供給に十分であった。
小アジア、ヒエラポリスの水力駆動のローマの鋸ミル
の図。この 3 世紀のミルはクランクと連接棒の機構
を組み込んだ最も初期の既知の機械である。
  1. 歴史的概観
  2. 最も初期の証拠
  3. 記述された情報源
  4. 図による表示
  5. 考古学的発見
歴史的概観

水力ミル (watermill) は自然の力を 人間の肉体労働に置き換える最初の機械形式である (但し帆は除く)。 それゆえに、テクノロジーの歴史と、 これが成長と関わる経済の研究に特別な場所を保持している。

水力ミルの発明は、 アレクサンダー大王の征服とヘレニズム (Hellenistic, 古代ギリシャの) 科学とテクノロジーの興隆の結果、 ギリシャ化された (hellenized) 東地中海に起きたと思われる。 これに続くローマ時代には、水力の使用は多様化し、 異なる形式の水力ミルが導入された。 これに含まれるのは、垂直ミルの 3 種類全てと、 更には水平水車は無論の事である。 主に製粉に使用され、それ以外に水力が使用されたのは:  穀物をつくこと、鉱石の粉砕、石を鋸でひくこと、 そして恐らくは製鉄炉のふいごである。

増大した研究の興味が近年にローマの水力ミルの場所の知識を随分向上した。 帝国の西半分における数多くの考古学的発見が、 今や東のプロビンス (province、 属州) の現存する文献を補足している;  これらが実証することは、水力テクノロジーの突破口は早くも AD 1 世紀に起きたことで、 以前に考えられたように中世の開始まで遅延することがなかったことである。 データが示すことは、帝国の大半の部分で、穀物ミルが広く拡散したことで、 産業ミルも (帝国の) 東西どちらにも証拠がある。 穀物ミルの普及が自然に意味することは、 水力ミルは典型的には田舎の現象であることであるが、 これは都会の環境にも重要性を増した。

以下のデータは、およそ AD 500 年頃までまたがる。 大多数がローマ時代のものである。

最も初期の証拠

以下は、異なる形式の水力ミルと色々な産業工程への水力の使用の最も初期の古代の証拠である。 この一覧に中世初期のものが続く。

年代水力ミルの形式言及 (あるいは発見場所)現代の国
恐らくは BC 3 世紀の前半 水平水車のミル ビザンティン (発明場所とされる) トルコ
恐らくは BC 240 年頃 垂直水車のミル アレクサンドリア (発明場所とされる) エジプト
BC 71 年より前 ? 穀物ミル (水力ミル) ストラボン (Strabon),
XII,3.30, 556 年頃
トルコ
BC 40 年/10 年 下掛け水車 ウィトルウィウス
(Vitruvius) X, 5.2
不明
BC 40 年/10 年 恐らく練る機械 ウィトルウィウス
(Vitruvius) X, 5.2
不明
BC 20 年/AD 10 年 上掛け水車 テサロニカのアンティパテル
(Antipater of Thessalonica)
IX, 418, 4-6
不明
AD 70 年頃 トリップ・ハンマー 大プリニウス (Pliny), 博物誌
(Naturalis Historia) XVIII,23.97
イタリア
AD 73 年/4 年 恐らくは縮充機
(fulling mill)
アンティオキア (Antioch) シリア
AD 2 世紀 複数ミル複合施設 バルブガル・ミル フランス
AD 2 世紀末 胸掛け水車 レ・マルトル・ド・ヴェール
(Les Martres-de-Veyre)
フランス
AD 3 世紀後半 鋸ミル、クランク、
連接棒、歯車列
ヒエラポリス石棺 トルコ
AD 3 世紀末 or
AD 4 世紀始め
タービン・ミル シャムトウとテストゥール
(Chemtou and Testour)
チュニジア
? 多分溶鉱炉 マルセーユ フランス
訳注
  1. レ・マルトル・ド・ヴェール (Les Martres-de-Veyre) は ピュイ=ド=ドーム県 (Puy-de-Dôme) のコミューン。
  2. シャムトウとテストゥールに関しては 水力タービンタイムラインに言及がある。
下掛け水車 胸掛け水車 上掛け水車
記述された情報源

以下は、水力ミル、あるいは水力駆動の機械を言及する文芸、碑文、あるいは記録の 情報源の一覧である。

参照位置時代証拠の種類注釈
アンミアヌス・マルケリヌス
(Ammianus Marcellinus)
18.8.11
アミダ (Amida)
[訳注:現代の
ディヤルバクル]
AD 359 年 歴史 複数ミル複合
施設
テサロニカのアンティパトロス
(Antipater of Thessalonica)
IX, 418.4-6
不明 BC 20 年/
AD 10 年
上掛け水車の
最も初期の言及
アウソニウス (Ausonius),
モゼラ (Mosella, [訳注:モーゼル川])
362 - 364
ルーアー川
(Ruwer river)
AD 370 年頃 水力駆動の
大理石鋸
と穀物ミル
ヴェロイア (Beroea) マケドニア AD 2 世紀 布告 (decree) 水力ミルから
の税収
ケドレノス (Cedrenus),
歴史概要(Historiarum
compendium) p. 295
インド AD 325 年頃 歴史
CG-CI, pp. 86–90, no. 41 コリントス (Corinth) AD 6 世紀    
ラテン碑文集成 (CIL),
III, 5866
ギュンツブルク
(Günzburg)
AD 1 世紀/
3 世紀
碑文 製粉同業者組合
(Miller’s guild)
ラテン碑文集成 (CIL),
III, 14969, 2
Promona
[訳注: イリュリクム
(Illyricum) の古代都市]
AD 1 世紀/
4 世紀
碑文  
ラテン碑文集成 (CIL),
VI, 1711
  AD 480 年頃 碑文  
ユスティニアヌス法規
(Codex Justinianus),
XI, 43, 10, 3
コンスタンティノープル AD 474 年/
491 年
法的な規定  
テオドシウス法規
(Codex Theodosianus),
XIV, 15.4
  AD 398 年 法的な規定  
ディオクレティアヌス
(Diocletian), XV, 54
  301 AD 価格布告  
Euchromius, VII,
pp. 138–9, no. 169
サルディス (Sardis) AD 4 世紀から
5 世紀/6 世紀
碑文 水力ミル技術者
ニュッサのグレゴリオス
(Gregory of Nyssa),
In Ecclesiasten, III, 656A Migne
  AD 370 年/
390 年頃
神学 水力駆動の
大理石鋸 ?
ヨハネス・カッシアヌス
(John Cassian),
Conlationes Patrum
  AD 426 年 ? 神学  
Letter エジプト AD 5 世紀   恐らく水力ミル
リバニウス (Libanius),
Or. 4.29
アンティオキア
(Antioch)
AD 380 年代 修辞学 (Rhetoric) 水力ミルの税金
MAMA, VII, p. 70, no. 305,
lines 29–32
Orcistus AD 329 年頃 碑文 町の特権
Mar. Aur. Apollodotos Kalliklianos ヒエラポリス AD 3 世紀
の後半
碑文 水力ミル操業 同業組合の一員
Molitor シャトーヌフ
(Châteauneuf)
AD 1 世紀 碑文  
パッラディウス (Palladius),
農業論 (Opus agriculturae),
I, 41, (42)
  AD 4 世紀/
5 世紀
論文
(treatise)
水車を駆動する
のに排水を使用
大プリニウス (Pliny)、 博物誌
XVIII, 23.97
イタリア AD 70 年頃 百科事典 水力駆動杵
サビニアヌス
(Sabinianus) I, 18
  AD 450 年頃 聖人伝  
ストラボン (Strabon),
XII, 3, 30 C 556
カバイラ
(Cabira、/kəˈbaɪrə/)
BC 71 年以前 地理学  
タルムード (Talmud),
Shabbat, I, 5
  AD 70 年より
以前 ?
   
2 つの碑文
(inscriptions)
アンティオキア AD 73 年/74 年 碑文 恐らく縮充ミル
西ゴート族法典(Visigothic Code)
VII,2,12 and VIII,4,29–30
  AD 5 世紀末 法的規則  
Vita S. Romani abbatis, 17–18   AD 450 年頃 聖人伝 水力駆動杵
ウィトルウィウス (Vitruvius),
X, 5.2
  BC 40 年/10 年 工学 下掛け水車の
最も初期に記述
ウィトルウィウス (Vitruvius),
X, 5.2
  BC 40 年/10 年 工学 恐らくは、こね機
訳注
  1. ラテン碑文集成 (CIL) = Corpus Inscriptionum Latinarum = 古代ラテン語碑文の集成。
  2. Promona は イリュリア (Illyricum) の古代都市。
図による表示

この章は水力ミルの絵による表示を扱い、これは古代の絵画、レリーフ、モザイクなどで 保存される。

場所
(あるいはオブジェクト)
時代 証拠の形式 識別/遺構
ローマの「5 月墓地」
(Coemeterium Maius)
イタリア AD 3 世紀末 壁画  
ウティカ
(Utica)
チュニジア AD 4 世紀 モザイク  
コンスタンティノープル
大宮殿
トルコ AD 450 年/
500 年頃
モザイク 恐らく、可能性がある表示
ヒエラポリス石棺 トルコ AD 3 世紀後半 レリーフ 水力駆動石鋸
最も初期の既知の
クランク&連接棒システム
考古学的発見
水力ミルの場所

以下は古代のものとされた発掘された、あるいは調査された水力ミルの一覧である。

場所時代識別/遺構
Mouzaïa des Mines, near アルジェリア 不明 不特定な遺構
Oued Bou Ardoun アルジェリア 恐らく
AD 2 世紀/3 世紀
不特定な遺構
Oued Bou Ya'koub アルジェリア 不明 Drop-tower mill
Oued Mellah アルジェリア 恐らくは AD 4 世紀 Drop-tower mill
アードリー (Ardleigh),
Spring Valley Mill
イングランド 不明 恐らくローマの水力ミル
の場所、臼石を含む。
チェスターズ (Chesters) イングランド 恐らく AD 3 世紀 導水路、ミル室、排水路、臼石
(mill-race, mill-chamber,
mill-race, millstones)
フラートン (Fullerton) イングランド 不明 水力ミル 2 基
ハルトホイッスル・バーン (川) 出口、 (Haltwhistle Burn Head) イングランド AD 225年 - 270年 全設備
イッカム (Ickham) I イングランド AD 150年 - 280年 導水路、ミル建物、臼石破片
イッカム (Ickham) II イングランド AD 3 世紀、4 世紀 導水路、導水路ゲート、
ミル建物、臼石破片
ネトルトン (Nettleton) イングランド AD 230 年 導水路、導水路ゲート、
水車立坑、排水路
ワーレル (Wherwell) イングランド AD 3 世紀末、
もしくは 4 世紀
ミル水路、ミル建物 (?)、
臼石破片
Willowford イングランド AD 2 世紀末
or 3 世紀
水路、導水路 (?)
臼石破片
バルブガル・ミル
(Barbegal mill)
フランス AD 2 世紀 複数ミル複合施設、2 本のミル水路 の上掛け水車、水道で給水
フォンヴィエイユ (Fontvieille),
Calade du Castellet
フランス AD 5 世紀/6 世紀 水平水車ミル
カンヌ (Gannes) フランス 恐らく
AD 4 世紀/5 世紀
水平 (?) 水車
ラ・クロ (La Crau) フランス AD 2 世紀 垂直水車ミル
ラ・ギャルド (ヴァ―ル県)
(La Garde (Var))
フランス 不明 垂直水車ミル
ラット (Lattes) フランス 不明 不明
ル・カネ=デ=モール
(Le Cannet-des-Maures)
フランス AD 5 世紀 2 基の水平水車ミル
レ・ザルク (ヴァ―ル県)
(Les Arcs (Var))
フランス AD 2 世紀/3 世紀 垂直水車ミル
レ・マルトル=ド=ヴェール I
(Les Martres-de-Veyre)
フランス AD 1 世紀 不特定な遺物
レ・マルトル=ド=ヴェール II
(Les Martres-de-Veyre)
フランス AD 2 世紀末 全施設、胸掛け水車
リヨン=ヴェーズ
(Lyon-Vaise)
フランス AD 1 世紀末に放棄 臼石、ミル室木材
ポラン (Paulhan) I–III フランス 40 年/50 年 -
AD 3 世紀始め
連続する 3 基のミル
ペズナ (Pézenas) フランス AD 2 世紀 水平水車ミル
タラドー (Taradeau) フランス AD 2 世紀末 -
4 世紀
水平水車ミル
ボビンゲン (Bobingen) ドイツ AD 117 年/138 年 柱、板、導水路
インデン (Inden) ドイツ BC 1 世紀末 臼石、水車軸ベアリング、
パドル (paddle) 破片
レースニヒ (Lösnich) I ドイツ AD 2 世紀/4 世紀 ? 導水路、水車立坑、
臼石破片
レースニヒ (Lösnich) II ドイツ AD 2 世紀/4 世紀 ? 導水路
ミュンヘン=ペルラッハ
(Munich-Perlach)
ドイツ AD 2 世紀末 ミル室、導水路、臼石破片
複式駆動 (duplex drive)
アテナイのアゴラ (Athens, Agora) I ギリシャ AD 5 世紀と
6 世紀
水道、水車立坑
ミル室、排水路
アテナイのアゴラ (Athens, Agora) II ギリシャ AD 460 年/475 年
から 580 年頃
完全な施設
アテナイのアゴラ (Athens, Agora) III ギリシャ 不明 不特定な遺物
El-Qabu イスラエル 恐らくローマ 不特定な遺物
En Shoqeq イスラエル AD 2 世紀 ミルが付属した
石造ダム
ファロッド (Farod) I–III イスラエル AD 5 世紀
or 6 世紀
3 基の drop-tower ミル
フォロッド (Farod) IV–V イスラエル 不明 ミル 2 基
マーガンミハエル
(Ma'agan Michael)
イスラエル AD 3 世紀 ? 石造ダム、
11 基のダム
ナホール・タニニム
(Nahal Tanninim)
イスラエル AD 4 世紀始め/
7 世紀中頃
複式駆動の 6 基の垂直水車
ポンペイの下掛け臼石
Wadi Fejjas I–III イスラエル 恐らくローマ 3 基の drop-tower mill
Wadi Serrar イスラエル 恐らくローマ 不明
ヤーコン川 (Yarkon) イスラエル AD 2 世紀 不明
オデルツォ (Oderzo) イタリア AD 2 世紀 導水路
ローマ (Rome),
カラカラ浴場
(Baths of Caracalla) I
イタリア 212 年/235 年の中間
から 3 世紀中頃 (AD)
2 つの垂直水車ミル
ローマ (Rome),
カラカラ浴場
(Baths of Caracalla) II
イタリア AD 3 世紀中頃
から 5 世紀
垂直水車ミル
ローマ (Rome), ヤニクルム (Janiculum) イタリア AD 3 世紀始め 水道、貯水池、導水路、臼石
セピノ (Saepinum) イタリア 恐らく帝国初期 水道、導水路ゲート、
水車立坑、排水路
San Giovanni di Ruoti イタリア AD 1 世紀始め 不特定な遺物
ヴェナフロ (Venafro) イタリア 恐らく帝国初期 下掛け水車、臼石
ゲラサ (Gerasa) ヨルダン AD 6 世紀 水力石鋸ミル、2 台の 4 枚刃鋸
クランク&連接棒のシステム、
歯車列無し
Wadi al-Hasa ヨルダン 恐らくローマ末期 少なくとも 19 基の恐らく
drop-tower mill
Oued es Soueïr モロッコ 不明 不特定な遺物
アヴァンシュ (Avenches) スイス AD 57 年/58 年 - 80 年 導水路木材
ローダースドルフ (Rodersdorf), Klein Büe スイス AD 1 世紀 臼石、導水路
パルミラ (Palmyra) シリア 恐らくはローマ 不特定な遺物
シャムトウ (Chemtou) チュニジア AD 3 世紀末/
4 世紀
3 基のらせんタービン・ミル
水平車輪
テストゥール (Testour) チュニジア AD 3 世紀末/
4 世紀
3 基のらせんタービン・ミル
水平車輪
コロサイ (Colossae) トルコ 不明 恐らくは複数ミル複合施設
クルシュンルの滝
(Kurşunlu Waterfall),
ペルゲ (Perge) の近く
トルコ 不明 不特定な遺物
Lamus river トルコ 古典末期と思える 7 基の水平水車ミル
臼石

次は古代の臼石 (ミルストーン (millstones)) の散在する発見の一覧である。 水力駆動の臼石と動物がキャプスタンを回転して駆動されるものを区別する方法が ないことに注意せよ。 しかしながら、大半は水車により駆動されたものと想定される。

場所時代 (or 発見の状況)遺物
Barton Court Farm イングランド AD 4 世紀井戸 4 つの臼石の破片
チェッドワース
(Chedworth)
イングランド ローマのビラ (villa) 1 つの下側の臼石
と上側の臼石の破片
Chew Park イングランド AD 3 世紀末
or 4 世紀始め
完全な上の石
と下の石の破片
ディケット・ミード
(Dicket Mead)
イングランド ローマの建物 臼石の破片
リーズ (Leeds) イングランド ローマの陶器、
AD 1 世紀と 2 世紀
臼石の破片
リトルコートのローマのヴィラ
(Littlecote Roman Villa)
イングランド AD 2 世紀の木造建物 臼石の破片
ロンドン イングランド AD 1 世紀 - 2 世紀 幾つかの臼石
ロンドン イングランド AD 2 世紀末のローマの船 1 つの未完成の臼石
セルジー (Selsey) イングランド 不明 臼石の破片
ビンドーランダ
(Vindolanda、遺跡)
イングランド 恐らくローマ 4 つの臼石
ウォンテッジ (Wantage) イングランド 博物館に展示 2 つの臼石
ウーラストン (Woolaston) イングランド AD 320 年頃 2 つの上側の臼石
ラ・シャペル=タイユフェール (La Chapelle-Taillefert) フランス AD 2 世紀の陶器と硬貨 1 対の臼石
リヨン (Lyon) フランス 博物館に展示 多くの出版されていない臼石
パリ フランス 博物館に展示 6 基の臼石
アーレン (Aalen) ドイツ 博物館に展示 5 基の臼石
ケルン (Cologne) ドイツ 博物館に展示 3 基の臼石
ダージング (Dasing) ドイツ 不明 臼石の破片
コブレンツ (Koblenz) ドイツ 博物館に展示 幾つかの臼石
マイエン (Mayen) ドイツ 石切り場 未完成のローマの臼石
ブダペスト (Budapest) ハンガリー 博物館に展示 6 基の臼石
ベト・シェアン (Beit She'an) イスラエル AD 4 世紀末
or 5 世紀始め
上側の臼石
Buqueiah イスラエル 古代の水車の
ものとされている。
上側の臼石
ボローニャ (Bologna) イタリア 博物館に展示 6 基の臼石
ナポリ (Naples) イタリア 恐らくはローマ 幾つかの臼石
ローマ、 パラティーノ
(Palatine)
イタリア AD 4 世紀
or 5 世紀
少なくとも 5 基の水車の
47 基の臼石
アプルム (Apulum) ルーマニア AD 2 世紀 or 3 世紀 1 対の臼石
クルジュ=ナポカ
(Cluj-Napoca)
ルーマニア AD 2 世紀 or 3 世紀 上側の臼石
Micia ルーマニア AD 2 世紀
or 3 世紀
1 対の臼石
カエ―ウェント
(Caerwent)
ウェールズ 鍛冶屋 臼石
ウィットン (Whitton) ウェールズ 不明 臼石の破片
水車と他の部品

巨大な臼石よりも、もっと珍しいが、ミル機械の木製、あるいは鉄製の部品の発見も、 古代の水力ミルの存在を示す。 大きな石の臼 (mortar) が多くの鉱山で発見されている。 この変形から示唆されることは、水車により駆動される自動粉砕機である。

場所時代 (or 発見の背景)遺物
グレート・
チェスターフォード
(Great Chesterford)
イングランド AD 5 世紀始めの貯蔵物 鉄の棒 (spindle) に 3 枚の
木の皮の羽根 (winged runds)
が付いたもの
シルチェスター
(Silchester)
イングランド AD 4 世紀中頃の貯蔵物 鉄の軸 (spindle)
サン=ドゥルシャール
(Saint-Doulchard)
フランス AD 1 年/10 年から 50 年頃 パドル (paddle)、ミル室の柱
コニンブリガ
(Conimbriga)
ポルトガル 博物館に展示
AD 1 世紀のものといわれている。
水車
Hagendorn スイス AD 2 世紀末 3 つの下掛け水車
ドライコシ (Dolaucothi) ウェールズ AD 1 世紀、2 世紀 近くの石の金床 (anvil)
(ピムサイント石 (Carreg Pumsaint))