ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Roman aqueduct - Wikipedia
ローマの水道 (Roman aqueduct)

ローマ人はおびただしい数の水道を建設し、 遠方の水源から水を市や町に運び、 公共の浴場、トイレ、泉、個人の家に給水した。 廃物は複雑な下水システムで取り除き、 近くの河川に流し、町を清潔に保ち、排水から解放した。 水道は鉱山の操業、製粉、農場や庭に水を提供した。


ローマ領ガリア (現在の南フランス) のポン・デュ・ガール
複数のアーチ、上段はローマ時代の ニームに水を運ぶ水道を包含する。。
下段は川を横断する広い道路を通すために、1740 年に拡幅された。

水道は重力のみで水を移動し、 わずかに下方に傾斜した、石やレンガやコンクリートの導管で建設された。 大半が地中に埋められ、 地形 (等高線) にしたがって、 邪魔な山は迂回するか、場合によってはトンネルを掘った。 谷や低地が入り込めば、導管は橋の上を通すか、 水を高圧パイプ -- 鉛や陶磁器や石ででたもの -- に注ぎ、 サイフォンで通した。 大半の水道システムは沈殿槽、導水路、必要に応じて給水制御する配布タンク から構成されていた。

ローマの最初の水道はローマ市の牛市場にある泉に給水した。 AD 3 世紀までに、ローマ市には 11 の水道があり、100 万人以上の水浪費経済を支えた。 大半の水はローマ市の多くの公共浴場に供給された。 ローマ帝国中の市と町はこのモデルを真似し、 公共の利益と市のプライド -- 「万人が熱望するだろうし、また熱望した、高価ではあるが必要な贅沢」 -- として水道に資金を供給した。

大半のローマの水道は信頼でき、耐久性があることが判明し、 幾つかはいまだに部分的に使用されている。 水道の測量と建設の方法は ヴィトルヴィウスの本 「建築」 (De Architectura、BC 1 世紀) に記されている。 フロンティヌス (Frontinus) 将軍は彼の公的な報告書で、 ローマ帝国の公共給水に関して、問題、使用および乱用に関してもっと詳細に述べている。 水道構造の顕著な実例には セゴビアの水道橋の支持橋脚とコンスタンチノープルの水道が給水する水槽がある。

  1. 背景
  2. 計画、測量と建設
  3. 使用
  4. 使用の衰退
背景
ローマ帝国の異常な偉大さは何よりも 3 つのことにはっきり表れている: 水道、舗装道路、排水溝の建設。
ハリカルナッソスのディオニュシオス、「ローマ古代誌」3.67.5

水道技術を開発するまでは、 ローマ人は、古代社会の同時代の大半の人々と同様に、 地元の水源 -- 例えば泉や川 -- に依存し、 これを補充するために 私有及び公共の井戸から手に入る地下水、 あるいは壺や水槽に貯水される季節的な雨水があった。 このような水源に依存する古代の共同社会の成長可能性は制限されていた。 ローマの水道は厳密にはローマの発明ではない -- ローマの技術者はローマと同盟していた エトルリアのギリシャ人の水制御技術に親しんでいたことであろう -- しかし、これは著しく成功することが判明した。 帝国時代の初期に、 ローマ市の水道は 100 万人以上の人口と公共の快適環境のための浪費的給水を支え、 ローマの生活の基本的な 1 部分となった。 水道水の排水は市と町の下水を激しく流れた。 水道からの水が使用されたものには: 荘園、装飾用の都市・郊外の庭、市場の庭、農場と農業用地所 -- これはローマの経済と富の中心であった。

ローマ市の水道

ローマにはその城壁内に幾つかの泉があったが、 地下水の味の悪さには定評があり、 テヴェレ川 (Tiber、イタリア語 Tevere) からの水は汚染と、水が介在する疫病により、ひどく影響を受けていた。 ローマの水の需要は、恐らく長い間、地元の供給を越えていたが、 BC 312 年にローマ市の最初の水道 アッピア水道、(Aqua Appia) が監察官 (sensor) の アッピウス・クラウディウス・カエクス (Appius Claudius Caecus) により依頼された。 アッピア水道はこの時の 2 つの重要な公共プロジェクトの 1 つであった。 もう一つはローマと カプア (Capua) の間の戦略的道路でこれはいわゆるアッピア道路の最初の区間であった。 どちらのプロジェクトも極めて重要な戦略的価値があった。 というのは第 3 次 サムニウム戦争 (Third Samnite War) がこの時点で 30 年程継続していたからである。 道路は部隊の急速な移動を可能とし、デザインもしくは幸運な偶然によって、 アッピア水道の大半は埋められた導管を通り、 攻撃からは比較的安全であった。 水道はローマから 16.4 km 離れた泉で給水され、 全長で 10 メートル降下し、毎日およそ 75,500 m3 の水をローマ市の牛市場の泉に給水した。 この場所はローマ市の最も低い公共のスペースの 1 つである フォルム・ボアリウム (Forum Boarium) であった。 第 2 の水道である旧アニオ水道 (Old Anio) は 40 年ほど後に依頼され、 エピロスのピュロス (Pyrrhus of Epirus) から没収した財産で資金供給された。 この流量はアッピア水道の倍以上あり、高いアーチでローマ市に進入し、ローマ市のより高い場所に給水した。 BC 145 年にローマ市は再び成長しすぎて、 2 つの水道では不足になった。 1 人の公的な委員は水道の導管が腐食し、水が漏水と違法な取水により枯渇されていることを発見した。 執政官 (praetor) のクイントゥス・マルチウス・レックス (Quintus Marcius Rex) は水道を修復し、第 3 の 「もっと健全な」 給水をするマルキア水道 (Aqua Marcia) -- ローマの最も長い水道で、十分に水位が高く カピトリヌスの丘 (Capitoline Hill) に給水できた -- を導入し、完成するまでに 2 年が必要であった。 工事は 180,000,000 セステルティウス (sestertius ) の経費がかかり、 完成するのに 2 年が必要であった。 需要が更に増え、 水道がもっと建設された: BC 127 年のテプラ水道 (Aqua Tepula)、 BC 33 年のユリア水道 (Aqua Julia) があった。 水道建設プログラムは帝国時代にピークを迎えた。 アウグストゥスの統治の時代に、ヴィルゴ水道 (Aqua Virgo) が建設され、短いアルシエティナ水道 (Aqua Alsietina) が建設され、 トラステヴェレ (Trastevere) の人造湖に給水され、 ここで海戦が演じられて民衆を楽しませた。 別の短いアウグスタ水道がマルキア水道を 「優れた品質」 の水で補足した。 カリグラ皇帝は 2 つの水道工事を開始し、 彼の後継者の クラウディウス (Claudius) がこれを完成した: 69 km (42.8 マイル) のクラウディア水道 (Aqua Claudia) -- 上質の水を与えたが何回か壊れた --、 新アニオ水道 (Anio Novus) -- すべてのローマの水道の中で最も高く、最も信頼できるものの 1 つであったが、 濁りやすく変色しやすかった。 沈殿槽を使用したのにもかかわらず、とりわけ雨の後でなりやすかった。


ローマのマッジョーレ門
クラウディア水道とローマで最も高い
新アニオ水道の支持アーチで作られている。

ローマの大半の水源はアニオ川 (the Anio) -- テヴェレ川の東にある現代の アニエーネ川 -- の峡谷と高地にある泉であった。 水道の接続、給水線、配布タンクからなる複雑なシステムがローマ市の至る所に給水した。 トラステヴェレ -- ローマ市のテヴェレ川より西の領域 -- ではローマ市の東の水道の幾つかの延長が役を担っており、 橋の路面に埋められた鉛のパイプで川を横断し、逆向きのサイフォンになっていた。 日常の修理や保守工事のために川を横断する給水を閉鎖しなければならない時には、 アルシエティナ水道の 「明確に不健全な」 水がトラステヴェレの公共の泉に使用された。 トラヤヌス皇帝が 109 年にトライアーナ水道 (Aqua Traiana) を建設した時に終に事態が改善した。 これによりブラチャーノ湖 (Lake Braccciano) のまわりの帯水層から直接トラステヴェレに きれいな水が運ばれた。 3 世紀末までに、ローマ市は国が資金提供する 11 の水道で給水された。

ローマ帝国の水道

何百もの類似な水道がローマ帝国中で建設された。 もっともローマ市自身を給水したものほど広範ではなかった。 これらの多くは崩壊したり、破壊されたが、 幾つかは無傷のまま残っている。 2 つの顕著な現存する水道は フランスのポン・デュ・ガールとスペインのセゴビア水道橋である。

計画、測量と建設
水源と測量

泉は水道の水源としては最も普通なもので、 ローマ市の水源の大半はアニオ峡谷とその高台の色々な泉であった。 泉の水は石造あるいはコンクリート製の建物 (spring house) の上流から進入し、 ここで水道の導管に入った。 水がある程度の距離を運ばれる時は、 水道が走る地域を注意して測量し、 水が全距離を許容できる勾配で流れることを確実にする必要があった。 泉がばらばらにあれば、幾つかの導管によって、 本管に給水する必要があった。

幾つかの水道はダムから水を引いた。 これには例えば地方市のエメリタ・アウグスタ (Emerita Augusta) の水道に給水する 2 つのダム (まだ使用されている) がある。 ヴィトルヴィウスは 「建築」 (De Architectura) の巻 8 で、一定の給水、踏査方法、 飲用に適するか否かのテストを確実にする必要性を述べている。 各種の測量器材が地形を横切って、水道のコースをプロットするのに使用された。 水平水準はコロバテス -- 平らな木枠で水準器がついていた -- を使用してチェックされた。 コースと角度はグローマでプロット・チェックすることができたであろう。 グローマは比較的単純な装置で、恐らくはもっと洗練されたディオプトラ -- 現代のセオドライトのご先祖 -- で置き換えたことであろう。

訳注
ディオプトラは使用されていないと思う。 英国産業革命の時の運河建設でも三角測量は登場していない。 同じ方法かどうかは不明であるが、 ハダースフィールド・ナロー運河ハダースフィールド・ナロー運河/建設 の最初の文がそれらしいヒントを与えている。
健康の問題

停滞する水と水が媒介する疫病 (water-borne disease) の関係は良く知られていた。 ギリシャとローマの医者は鉛の悪影響を知っており、 これは鉛を採掘したり、鉛を処理する人達のことから知っていた。 そして、この理由から陶磁器のパイプが鉛のパイプよりも好まれた。 鉛のパイプが使用される場合には連続的な水の流れと、 水で運ばれる鉱物の避けざるを得ない堆積が水溶性の鉛による水の汚染を削減した。 にもかかわらず、水中の鉛濃度は泉の水よりも 100 倍以上高濃度であった。

導水管と傾き

ローマの大半の水道は底が平らで、地下 0.5 m から 1 m で走る導管の区間には、 一定の間隔で点検用の蓋が付いていた。 地表より上の初期の導管は通常、厚い (石の) 板で覆われていた。 初期の導管は切石で作られたが、共和国時代の末頃から、 この代わりにレンガで表面を覆ったコンクリートがしばしば使用された。 導管に使用されるコンクリートの裏打ちは通常は水密であった。 水流は重力のみに依存した。 導管で輸送される水の体積が依存したものは: 集水水文学 (しゅうすいすいもんがく、catchment hydrology) -- 降雨、吸収、そして流出 --、 導管の断面、そしてその勾配であった。 大半の導管は 2/3 の深さで流れていた。 導管の断面は保守の要求からも決定された。 労働者は導管に入り、すべての箇所にアクセスする必要があり、 しかも構造に与える乱れを最小限にする必要があった。

"Galería de los Espejos"(鏡の廊下)
1 世紀に アルバラシン (スペイン)の近
くに建設された 25 km の水道の一部、
山に掘削されたこのような区間と
開放区間から構成される。
スペイン、タラゴーナ水道橋
(Tarragona Aqueduct) の導管

ヴィトルヴィウスは水路に低い勾配を勧め、更に 1:4800 以下にしないことを勧めた。 恐らくは浸食と水圧による構造への被害を防止するためである。 この値は現存する石造りの水道の測定された傾きと十分に一致する。 ポン・デュ・ガールの傾きは 1 km あたり 34 cm で、 全長 50 km で垂直に 17 m しか降下しない: これにより 1 日当たり 20,000 m3 を輸送できた。 水圧採鉱で使用された一時的な水道の傾きははるかに高く、例えばウェールズの ドラウコシ (Dolaucothi, 最大勾配はおよそ 1:700) と北スペインのラス・メドゥラス (Las Medulas) がある。 永続する導管で急な傾きを回避できなければ、 水路の下方に段をつけて水路を広くし、 受け入れタンクに排出させて、水流を散らして侵食する力を削減した。 段付きの滝を落下すれば、再酸素負荷 (re-oxygenate) により 水が新鮮になった。

ローマ市の水道の導管をあわせた長さは 780 km と 800 km 超の中間であると見積もられている。 このうち 47㎞ (29 マイル) が地上の石造構造で運ばれる。 これらはおよそ 1 日当たり 100 万立方メートル (300 万ガロン) の水を供給し、 バンガロール市の現在の水の供給量の 126% の容量である。バンガロール市は人口 600 万人である。

最も長いローマ (帝国) の水道システムはコンスタンティノープルのヴァレンス水道 (Valens Aqueduct) に付随するものである (Mango の本 1995 年)。 「この既存のシステムは記録されている最も長いローマの水道 -- カルタゴとケルン -- の 2 倍半あるが、最も重要なことは産業革命以前の最も傑出した測量業績を表していることである。」

ザグアン水道 (Zaghouan Aqueduct) は長さが 92.5 km (57.5 マイル) ある。 これは 2 世紀に建設されて、 カルタゴ (現在のチュニジア) に水を供給した。

橋梁とサイフォン

導管は石造りやレンガ製あるいはコンクリート製のアーチで峡谷を横断できた。 ポン・デュ・ガールはどっしりとした石造りの多層橋脚を持つ導管で、 現存する実例の中で最も印象的なものの一つであるが、 道路橋としての機能も担っていた。 とりわけ深い、あるいは長い窪地の横断には (橋ではなく) 逆向きのサイフォンも使用できた。 これでは導管は発送タンクで終了し、 ここで水が複数のパイプに注がれた。 この複数のパイプが下層に移り、 低い噴流橋 (venter bridge) で谷を横断してから受け入れタンクに上昇した。 受け入れタンクは (発送タンク) よりもわずかに低い高度にあり、 ここで別の導管に (水が) 放水され、全体の勾配が維持された。 サイフォンのパイプは通常はハンダ付けした鉛で作られ、 時々コンクリートに詰めたり、石の筒に通して強化された。 それほど多くはないがパイプ自身が石造、もしくは陶磁器製で、雄雌結合で接続され、鉛で密閉された。 ヴィトルヴィウスはサイフォンの建造を述べ、 閉鎖、噴出そして最下層での噴流の問題を述べている。 最下層では圧力が最大となっていた。 にもかかわらず、うまく建造して保守が良ければ、サイフォンは万能で効果的であった。 ジエ水道 (Aqueduct of the Gier) の高圧サイフォンの水平区間は 橋に登って、航行河川を通過し、コンクリートに詰めた平行な 9 本の鉛のパイプを使用した。 現代の水圧エンジニアは類似の技術を利用して、 下水管や上水管が窪地を横断する際に使用している。


現代のスペイン、セゴビアの水道
の高架区間にあるアーチ
点検、保守と規則

ローマの水道には包括的な保守が必要とされ、これには以下が含まれる: 定期的な保守、 偶発的な導管の破損の修理、 砂利などのゴミを導管から取り除くこと、 水源が硬水であれば水路を狭める炭酸カルシウムの付着を除去すること。 点検とアクセス用の地点が標準的埋設導管では一定間隔で提供されていた。 硬水を使用するサイフォンではパイプの直径が狭いため特別な保守の問題があった。 しかし、鉛や陶磁器や石のパイプは十分短く作られていたので、 損傷を受けたり詰まったりした部分を簡単に取り換えたり、清掃することができた。 幾つかには密閉した開口部があり、 ここから、恐らくは引きずり出すような装置を使用して清掃ができたことであろう。 水道保守のチームの日々の仕事に関してはほとんど知られていない。 彼らの仕事は恐らく過酷で、 終わることがない決まりきった仕事で、 時々緊急事態が起きたことであろう。 水道の全閉鎖はまれなことで、できる限り短時間にしたことであろう。 修理は需要が最小の時にするのが良く、これは恐らく夜間であった。

フランス、 メスの水道集水槽
一つのアーチのカバーが 2 つ
の水路を守る。1 つを閉鎖して
も、もう 1 つが部分的に水を供給
ドイツ、 アイフェル (Eifel) 水道
の一部、AD 80 年に建設。
保守をしなかったため、水路が
炭酸カルシウムの付着で狭くなった。

許可を受けた個人使用者と、 公共の水道から彼らの私有地に至るパイプの口径 -- 口径が太ければ流量が多くなり、料金が高くなった -- に関しては何らかの方法で登録されていた。 料金を安くするための不正や詐欺は一般的であった: この方法に含まれるものは: 許可を受けていない取水口の取り付け、追加の取水口、 鉛パイプの違法な拡張、 このいずれも賄賂や無節操な水道官吏と労働者の共謀があった。 公的な鉛パイプに刻み込まれていた情報には: パイプ製造業者名、取り付け業者名、及び契約者名とその資格が含まれていることがあった。 帝国時代に公的水道から、私的用途に水を引く権利が与えられることは帝国的な特権であった。

使用
市と家庭

ローマの最初の水道 (BC. 312 年) は非常に低い水圧で給水し、 市の主な交易センターと牛市場に多かれ少なかれ一定の比率で給水した。 恐らく階段状に連なった水槽あるいは池があり、 上層は家庭用で、下層は交易されている家畜のためであった。 ローマ人の大半は手桶や貯水用の壺 (jar) を水で満たしてアパートまで運んだ。 (水道の) 放水口の高さは非常に低かったので、市のどの家庭にも建物にも直接給水することが できなかった。 あふれた水はローマの主要下水に流れ、そこからテヴェレ川に流れた。 この時点ではローマには公共の浴場はなかった。 最初のものは、恐らく隣接するカンパニア (Canpania) の前例に基づいて、 次世紀に建設された。 限定された個人的な浴場と小さな街角の公共の浴場は私的な水の供給を受けたことであろう。 しかし、一旦水道がローマ市の高い位置に持ち込まれると、 大きな十分に設備の整った公共の浴場が市内の至る所に作られ、 飲料水は高い水圧で公共の泉に配送された。 公共の浴場と泉はローマ文明に固有な特色となり、 浴場は重要な社会センター (social center) となった。

都会のローマ人の大半は複数階からなるアパート (insulae) に住んでいた。 幾つかのアパートでは水が供給されたが、 家賃の高い下層の住民のみが対象で、 それ以外の人々は公共の泉から自由な水を汲み上げた。

農業

ローマ帝国の人口の 65% から 90% が何らかの形で農業に関わっていた。 荘園、あるいは地所が公共の水道に近ければ、 農家は認可書の下に、夏の灌漑のために、あらかじめ決められた期間、 一定量の水道の水を引くことができた。 これは下流の使用者への給水が枯渇することを防ぐためで、 水が最も必要で不足する時に、 競合する人々の間で公平な配布を確実にするためであった。 水は地中海の農業経済では恐らく最も重要な因子であった。 ローマ帝国のイタリアでは自然な水 -- 泉、小川、川、湖 -- が地形に不均等に分布し、 水が最も必要とされる時、即ち、温かく乾燥した夏の生育期間に不足しがちであった。 コルメラ (Columella) はどの農場にも泉や小川や川があるべきであると勧めているが、 すべての農場がこうではないと認めている。

全体としてはローマの共同体は必要に応じて共有する水を割り当てることに注意を払っている; しかし夏には雨で供給される水源がなくなり、 池と貯水池が汚くなる。 頼りになる夏の水源がない農地は事実上価値がなかった。 生育期間には、あまり大きくない地方の用水システムの水の需要は ローマ市と同じくらいの水を消費した。 これに加えて、家畜は、その排出物が畑の肥料となるが、 年中えさを与え、水を与えないといけない。 少なくとも、ローマの地主や農家の幾分かは、部分的あるいは完全に水道の水に依存して、 主要なあるいは全ての収入源として穀物を育てた。 しかし、これに関わった水道の水の比率は憶測しかありえない。 もっと確実なことは町や市の水道の創設により、 もろくて、いたみやすい農産物の徹底して効率の良い市場向け農業をもたらした。 このような農産物には 花 (香水と祭りの花輪)、 ぶどう、野菜、果樹園の果物、豚や鶏のような小さな家畜があり、 都市の市場に近い場所に市場向け農業をもたらした。

農地における水道使用の認可は生産効率につながることがあり、 土地の価値を増やし、余剰の食料の売り上げにより、現金収入を増やした。 田舎では水道から水を引く許可はとりわけ手に入れにくかった。 このような権限の行使と乱用は色々な既知の法的な論争と判決にさらされ、 少なくとも 1 つの政治闘争があった; BC 2 世紀初頭の カト (Cato) が監査官 (censor) であった時に、 すべての非合法の田舎 -- とりわけ土地を所有する上流階級 -- の取り入れ口をブロックしようとした -- 「彼が土地を買うのにいくら使ったか見てみろ。そこで彼は水を引いている」。 彼が試みた改良は良くても一時的なものであった。 違法な取水は資産 -- これには違法に水を引いた土地とその生産物が含まれる -- の没収により処罰されたが、 この法律は決して適用されなかったようであり、恐らく実行不可能であった; 余剰な食料が価格を下げていたからである。 とりわけ穀類の不足は飢饉と社会不安につながった。 現実的な解決は都市住民の水の需要と穀類の生産者との間のバランスを取ることで、 後者の利益に税を課し、ローマの貧民に対する施し (いわゆる穀物施し (corn dole)) と軍隊にとって 適当な価格の十分な穀類を確保することであった。 非生産的で、恐らくは強制できない禁止措置を課すよりは、 当局は個々の水の認可 (田舎ではほとんどなかった) の許可書を与え、 水の取り入れを制限したが、あまり成功しなかった。 1 世紀にはカトと同様に、 大プリニウス (Pliny the Elder) が穀類の生産者をどなりつけたが、 彼らは公共の水と公共の土地から利益を得続けて、太り続けた。 幾人かの地主はこのような制限とややこしさを避けるために、 必ずしも彼らの土地の上にはない遠隔の泉から水を手に入れる権限を買収した。 数は少ないが、とても豊かで地位がある人は自分の水道を建設して、 水源から彼らの荘園まで水を引いた。 Mumius Niger Valerius Vegetus は隣人から泉とその水の権限、及び中間の接続回廊の権限を購入し、 10 km をわずかに下回る水道を泉から自分の荘園に至るまで建設した。 この Vegetiana 水道 (Aqua Vegetiana) の計画と許可は 元老院の精査 (senatorial scrutiny) と同意が更に必要とされ、 これが与えられたのは計画が他の市民の水の権利を侵害しそうにもないと 思われた時であった。

産業用

幾つかの水道は産業地帯に給水し、 通常は地面に掘られた開放水路を経由し、 水の損失を防ぐために水路を粘土で裏打ちをしたり、 木製のシャッターを付けた。 このような水路は急な傾斜で操業するようにデザインされ、 急な傾斜は鉱山の操業に必要とされる大量の水を放出した。 水は水力採掘 (hydraulic mining) に使用され、 表土をはぎ取り、ハッシング (hushing) により鉱石を露出させ、 「火つけ」 (fire-setting) により、 すでに加熱され弱体化した鉱石を含む岩を砕き、流し去った。 水は更に水車駆動の圧断機 (stamp) やトリップ・ハンマーに動力を与え、 鉱石を処理するために砕いた。 このような水路と機械の証拠は南西ウェールズのドラウコシ (Dolaucothi) で発見されている。

ラス・メドゥラスの採掘場所
に給水するために岩を
切り開いた水道
ドラウコシの金山の地図
水道が見える。

ドラウコシや北西スペインのラス・メドゥラス (Las Medulas) のような採掘場所には複数の水道があり、地元の川から鉱山の頭部に水を供給した。 水路は急速に劣化することもあるし、 近くの鉱石を取りつくせば無用になることもあった。 ラス・メドゥラスには少なくとも 7 つの水路があり、 ドラウコシには少なくとも 5 つある。 ドラウコシで鉱夫達が使用したものは: 貯水池と更にはハッシング用のタンク、 流れを制御するための導水路のゲート、 更には水の流れをそらすための射水路があった。 そのような水路の パリンプセスト (palimpsest) から採鉱の手順が推測できる。

幾つかの他の遺跡はまだ完全に調査・発掘がされていない。 このようなものに ハドリアヌスの長城 (Hadrian's wall) の南のランチェスター (Lanchester) の近くの Longovicium のものがある。 ここでは給水は鉄をフォージするためのトリップ・ハンマーに使用したかも知れない。

ローマ領ガリアのバルブガル (Barbegal) では、貯水池が水道に給水し、 階段状の 15 基ないしは 16 基の連続する上射式水車を駆動して、 アルル (Arles) 地域の製粉をした。 類似の配置が、これほど規模が大きくないが、 カイサリア (Caesarea)、Vernafrum そしてローマ時代のアテネで発見されている。 ローマのトライアーナ水道はテヴェレ川の西のヤニクルム (Janiculum) で 4 台の水車を駆動した。 カラカラ浴場 (Bath of Caracalla) の地下にある水車は上射式で水道によって駆動した。 これは公的な許可があるにせよ、ないにせよ、 水道で駆動した多くのローマ市の水車の 1 つに過ぎない。 5 世紀の法律により、水道の水を水車に不正使用することが禁止された。

使用の衰退

ローマ帝国の崩壊により、 幾つかの水道は敵により意図的に切断されたが、 多くは組織的な保守がなくなったため使用されなくなった。 水道が壊れたため、市の人口に影響があった: ローマは帝国時代の 100 万人以上の人口から 中世の 30,000 人まで低下した。 1436 年にローマを訪れたスペイン人のペドロ・タフル (Pedro Tafur) による 観察がローマの性質そのものを誤解していることが分かる。

市の中央を通り抜ける 1 本の川がある。 これはローマ人が随分多くの労力を使ってここに持ち込み、 真中に置いた。これがテヴェレ川である。 彼らは新しい川床を作った。 言われている事では川床は鉛ででき、 市の一方の端と反対の端に水路を作って入口と出口にし、 馬の水にも、人々に便利な他の用途にも使用された。 他の場所からローマ市に入ろうとするとおぼれた。

ルネッサンスの時にローマ市の巨大な石造りの水道の直立する遺跡は 建築家、技術者、そして彼らの後援者を触発した。 ローマ教皇ニコラウス 5 世は 1453 年にヴィルゴ水道の主水路を修復した。 かってのローマ帝国の多くの水道は良く修復されている。 15 世紀に再建されたスペインのセゴビアの水道橋はポン・デュ・ガールよりも進展しており、 アーチの使用が少なく、より高くなり、資材の使用が少なく、 より経済的である。 水道橋の建設技術は失われたわけではなく、 とりわけ、より小さなものに関しては、 水車に水を供給するそこそこの水路に使用された。 英国にあるこのような水車の大半が中世にパンを製造するのに開発され、 ローマで使用されたものと類似な方法が使用され、 地元の川や小川から取水した。