ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Heckington Windmill - Wikipedia

ヘッキントン風車: Google map Google map に投稿された写真、その 1, Google map に投稿された写真、その 2

ヘッキントン風車 (Heckington Windmill)

ヘッキントン風車は、8 枚帆の塔風車で、帆が健在な英国で唯一の塔風車である。

ヘッキントンはイングランド、 リンカンシャーの スリーフォード (Sleaford) とボストン (Boston) の間にある。 風車はヘッキントン鉄道駅のとても近くにあり、ここから、 19 世紀に「駅風車」 (Station Mill) の名前があった。 風車はグレード I の指定建造物である。

保存された風車
  1. 建設
  2. 歴史
  3. 公開時間
  4. 8 枚帆の風車
建設

これは 1830 年にミルライトのエドワード・イングルデュー (Edward Ingledew) (彼は、他の建造物に加え、 1831 年にラグビー塔風車 (Wragby)、 1837 年にウォルサム風車 (Waltham)、 そして以前のピックワース塔風車 (Pickworth) を建設) の計画に基づいて建設された。 風車は最初の所有者で、 創始者のマイケル・ヘアー (Michael Hare) のために赤いレンガで建設され、 外壁はタールで塗られ (湿気を入れないようにするために、黒いビチュメン塗料 (ビチュメン = 天然アスファルト) が使用され)、 5 枚帆の風車 (アルフォード風車 (Alford) にとても似ていた) でサットン (Sutton) のシングル特許帆 (末端幅 (tip-width) が 15 フィート、根本幅 (heel-width) が 12 フィート) で建設され、裏 (back) のどちらの側にも縦方向のシャッターがあった (長さ 36 フィート)。 風車は 6 階建てで、各階はフロアーと呼ばれ、(下から順に) 次のようになっている:  地上フロアー (ground floor, [訳注:日本的に数えた時の一階])、 粉末フロアー (meal floor、[訳注:英国式に数えた時の一階])、 臼石フロアー (stone (stage) floor)、 下容器フロアー (lower bin floor)、 上容器フロアー (巻き上げフロアー) (upper bin floor (hoist floor))、 粉塵フロアー、あるいはキャップ・フロアー (dust or cap floor)

歴史

最初は 5 本の帆が 3 組の臼石 (ミルストーン (millstones)) を駆動し、60 年間穀物を製粉した。 しかしヘアー (Hare) が 1834 年 4 月前に死亡し、風車の所有者の未亡人であるアン・ヘアー (Ann Hare、旧姓ボナー (Bonner)、1807 年 - 1879 年) は幼い子息 (ジェームズ (James)、 1831 年生誕) と共に残され、 彼女は 1836 年頃、地元の製粉業者であるスレイトホルム・ナッシュ (Sleightholme Nash、1769 年 - 1847 年) と再婚した。 風車はまもなくジョセフ・ナッシュ (Joseph Nash、スレイトホルム・ナッシュ (Sleightholme Nash) の以前の婚姻による子息) に手渡され、 これが 1890 年に機能を失う前の最後の製粉業者であった。 風車が後方から風を受けて帆を逆方向に回転した。 これは落雷によりファンテール (fantail) が破壊された後のことで、 キャップが制御を失って回転し、キャップ全体が吹き飛ばされ、 その縁が上部歯車と共に破壊され、5 枚の帆がすべて粉々になり、 塔の縁が破壊された。 ナッシュ (Nash) は破壊された風車を見捨てた。 1891 年にウィバートン (Wyberton) のジョン・ポックリントン (John Pocklington) は 78 年間を経て機能を失ったタックスフォード風車 (Tuxford's mill) の 8 枚帆と、歯車の付いたキャップを買収した、 何の計画もないままにボストンの競売でたった £72 で手に入れた。 (注意。塔風車の経費は 1830 年に £2.000 であった。) 取引の条件として、彼は風車の場所から、すべての機械を取り除かねばならなかった。 そこで、彼はキャップを搭載する適当な風車の切り株を緊急に必要とした、 彼は新しく手に入れたものを置く場所がなかったのである。 彼は壊れたヘッキントン風車を買収し、1891 年から 1892 年の始めにかけて、 白いタマネギ型で、ファンテール (fantail) で駆動するタックスフォード風車のキャップを ヘッキントン風車に装着し、これに続く 54 年間の作動を開始した。 後に、彼はこのそばの小屋に大きな円型鋸ミル (saw-mill) を設置し、 これも風力で駆動し、ライン・シャフトを使用した。 これは棺桶用のニレの板を作るのに使用された。 ジョン・ポックリントン (John Pocklington) が成功したのは:  製粉業、パン焼き、建築、製材、そして農業であった。 この当時、今日に至っても、風車 (工場) はポックリントンの風車 (Pocklington's Mill) と呼ばれた。

現存する最後の 8 枚帆
の塔風車、ヘッキントン
製粉フロアーの光景、
2011 年中頃

ポックリントンが 1941 年に死亡してから、 風車は 1946 年にその後 40 年間操業を停止した。 (帆の) シャッター (リンカンシャーでは "シェード" (shade) と呼ばれる) が帆から取り除かれた。 1953 年に風車はケスティーブン州議会 (Kesteven、/ˈkɛstəvən/ or /kəˈstiːvən/) の手に渡り、 議会は最初の復元をして、古い風車が取り壊されるのを防ぎ、珍しいランドマークとして復元した。 8 枚帆のうち 4 枚のみが設置された (オールド・ボリングブローク風車 (Old Bolingbroke) とワインフリート・セント・メアリー風車 (Wainfleet St. Mary) からの帆で、 ヘッキントンから 22 マイル / 25 マイル北東にあった)。 風車はリンカンシャー州議会 (Lincolnshire County) の手に移り、1986 年に風車はついに稼働状態に 復原された。 修理には 192 個の新しいシェード (shade) と 4 枚の新しい帆が含まれ、 「ヘッキントン風車の友」 (Friends of Heckington Mill) により支えられ、 新しい帆の全重量は 5 トンであった。 キャップの張り出しは、これがもっと広い塔頂を持つ風車からのものであることを確実に示している。 柱風車 [訳注:塔風車の間違い] と スモック風車 (オランダ形式の風車) としては珍しく、 帆船風車 (sail-windmill、地中海近辺にあるような、棒の形をしたストック (stock) と 3 角形の帆) としては当たり前であるが、 帆の端が鋼の棒あるいはケーブルで結び付けられ (訳注:写真から帆を結ぶケーブルが見える)、 帆が垂れ下がるのを防止しているが、この種の風車の帆ではおそらく不必要である。 より大きな木造歯車の一部分は木造の歯ではなく、鉄の歯がある。 6 つのフロアーの中で、3 番目のものは二層の容器フロアーの下のフロアーで、2 つの穀物清浄機がある -- 電動モーターで駆動される現代的なものともう一つは古い風力駆動の分離機である。 第二フロアーである臼石フロアーには、元々 3 組の臼石 (2 組の灰色石と、1 組のフランス製の 珪岩) があり、 最初のフロアに降りる駆動装置があり 4 番目の臼石 (ミルストーン (millstones)) の組がある。 地上フロアーには、5 番目の臼石の組が設置され、必要であれば、 むしろエンジンにとって必要であれば (訳注:帆を取り換えてエンジンの馬力があがった場合には)、 風力で駆動することもできた。 風車は一階には混合器 (mixer) を収容し、 これに付け加え、地上フロアーからのエレベーターを収容した。 8 枚帆により提供される広い帆の領域と、良く風が吹く場所であるため、 風車は 4 組の臼石 -- 今ではフランス製の (珪岩の) 臼石といわゆるピーク石 (Peak stone、ダービーシャーシャーの砂岩) -- を駆動し、非常にかすかな風で動作し、他の地元の風車が動作できない時も可能である。 追加の仕上げ装置 (dresser) が、時々白い小麦粉を作るのに使用される。

さて特徴的な 8 枚帆風車は 「ヘッキントン風車トラスト」 (Heckington Mill Trust) により運営され、 1986 年に再開した。2004 年に風車に、より大きな復元が実施され、2014 年には帆が取り換えられた。

公開時間

風車が公開されているのは:

8 枚帆の風車

ヘッキントン風車はイングランド全てとリンカンシャーに 4 基あったおよそ 12 基の 8 枚帆風車の最後のもので、 これに含まれたものは:

これらの風車は部分的に、4 枚帆や住居に転換されたり、 取り壊されたり、あるいは廃墟としてなお存在している。

地中海の風車 (帆船風車 (sail-windmill)) は もっと帆があったようであるが、これらの帆は実際は 6 本までの 長い棒枝 (polestock) があり、輪の形をした 12 本の丸い帆枝 (sailstock) を形成し、各々が 1 枚の 3 角形の帆を保持している。 これらは オランダ形式の風車にあるような、 シャッター型式 (shutter-type)、あるいは格子型式 (lattice-type) の帆 (キャンバスの帆が格子羽根 (lattice blade) に付属したもの) がない。 この上に、6 枚の (15 フィートまでの) 短いパドル (櫂) の形の 帆を持つ少々の風車が北ヨーロッパと東ヨーロッパにあり、 フィンランドには 8 枚帆の中空柱風車で、 類似の短い帆の形式を持つものがある。

訳注
sail-windmill は意味が不明で、一応「帆船風車」 の訳語を与えたが、 風車の帆ジブ帆 を指している可能性が高い。

米国のロード・アイランド (Rhode Island) のボイド (Boyd) の風車は 8 枚帆 を持つ、より大きな風車の別の実例である。

短い帆を持つ 8 枚帆柱風車
ロシア、 オネガ湖 (Lake Onega)、キジ島 (Kizhi)