ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Thorpeness Windmill - Wikipedia

ソープネス風車: Google map フォトスフィア

フォトスフィアで右の方に 90 度程度向きを変えると、「雲の中の家」が見える。

ソープネス風車 (Thorpeness Windmill)

ソープネス風車 (Thorpeness Windmill) はグレード II の 指定建造物の柱風車で、 イングランド、 サフォークのソープネスにある。 これは 1803 年にオルドリンガム (Aldringham) で建設され、 1923 年にソープネス (Thorpeness) に移動した。 元々は穀物風車 (corn mill) として建設され、 ソープネスに移動した時に揚水風車に変換された。 これは「雲の中の家」 (House in the clouds, 家の外見をした給水塔) に揚水している。

ソープネス風車
  1. 歴史
  2. 説明
  3. 製粉業者
  4. 公開
歴史

ソープネス風車は 1803 年にオルドリンガム (Aldringham) の穀物風車として建設された。 1890 年代にはオグルヴィ家 (Ogilvy) が製粉業者であった。

1922 年の冬にオルドリンガム風車はウィックハム・マーケット (Wickham Market) のミルライト企業である 「ホイットモア諸氏」 (Messrs Whitmore's) により、取り壊された。 エイモス・クラーク (Amos Clarke) が任にあたったミルライトであった。 これはソープネスで再建され、「雲の中の家」に給水した。 「雲の中の家」は実際は家に見せかけた給水塔である。

風車は 1940 年に至るまで、「雲の中の家」に水を給水することに使用され、 1940 年に、この仕事をするためにエンジンが設置された。 戦争の間、何人かの子供がファンテールが駆動する回転車輪が走る線路を妨害した。 その結果、階段が持ち上がり、風車が前に傾き、階段が空中に持ち上がった。 何人かの男たちが風車の階段に座ったが、自然な状態に戻らなかった。 ホイットモア (Whitmore) のミルライトのテッド・フレンド (Ted Friend) が呼ばれ、 まもなく大きなハンマーを巧みに使用して風車を元に戻した。 1972 年にファンテールが嵐で吹き飛ばされ、1973 年 9 月に、風車は 風車が立っているヒース (heath, 荒地) の火災によって被害を受けた。 帆が 1 本とストックが破壊された。 1975 年に、サフォーク海岸行政地区議会 (Suffolk Coastal District Council)、 とソープネス地所 (Thorpeness Estate)、及び地方委員会 (Countryside Commission) は資金を助成して、風車の復元を可能にした。 風車は 1977 年に復元され、その後、ソープネス地所からサフォーク州議会 (Suffolk County Council, カウンティ議会) が風車を購入した。

2010 年に、議会は風車を予定価格 £150,000 で市場に売りに出した。

議会は 2010 年 11 月に £72,100 の申し入れを受理した。

説明

ソープネス風車は 1 階建てのラウンドハウスの上の柱風車である。 これはサフォーク様式で配置したファンテールで風向きを向く。 4 枚の特許帆は鋳鉄製の風車軸 (windshaft) で支えられている。 ブレーキ・ホイールは三連ポンプ (three throw pump) を駆動し、 これが、深さ 28 フィート (8.53 m) の井戸から「雲の中の家」に格納されたタンクに揚水する。 風車は、1 時間に 1,800 英ガロン (8,200 リットル) を持ち上げることができる。 風車はハシゴに搭載された 6 枚羽根のファンテールで風向きを向く。

製粉業者
公開

ソープネス風車は今では私有物であり、この理由から公開されていない。 風車は所有者により限定的 (ad hoc basis) に公開される。 更なる情報はフェースブックの「ソープネス風車の友」 (Friends of Thorpeness Windmill) を検索せよ。