ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Hatherton Canal - Wikipedia

Hatherton Canal - An Overview - LHCRTに地図が載っています。

ハザートン運河 (Hatherton Canal)

ハザートン運河はイングランド、スタッフォードシャー南部にある スタッフォードシャー・ウスターシャー運河 の遺棄された支線である。 これは 2 段階で建設された、 最初の区間は 1841 年に開通し、 本線をチャーチブリッジ (Churchbridge) に接続し、 ここからトラムウェイがグレート・ワイアリー石炭鉱山 (Great Wyrley coal mines) に接続した。 第 2 の区間はバーミンガム運河水路網との共同事業で、 チャーチブリッジをカノック延長運河 (Cannock Extension Canal) と 13 層連続水門によって接続し、 13 層連続水門は 1863 年にカノック延長運河と共に開通した。 石炭輸送はとても儲かり、運河は 1949 年までに使用され続けた。 これは 1955 年に正式に見捨てられ、チャーチブリッジ連続水門と延長運河の多くは露天掘りにより破壊された。

ローマン・ウェイ・ホテルから行ける供給橋
公に行ける東端

復元計画は 1975 年に開始し、 「リッチフィールドおよびハザートン運河復原トラスト」 (Lichfield and Hatherton Canal Restoration Trust) の先駆組織が 1989 年に作られた。 これ以来、彼らは熱心に働き、運河を保護・復原したが、 運河は M6 有料自動車道のルートにより脅かされた。 まもなく交渉により、2 つの排水溝の条項となり、 1 つはトラストが経費を出し、もう 1 つは道路建設者が経費を出し、 これらは再配置した運河の予定コースに使用されることになる。 2006 年に技術会社のアラップ (Arup) は 破壊された区間の代替ルート -- グローブ・ベイシン (Grove Basin) とカノック延長運河の接続 -- の実現可能性調査を提出した。 環境問題の懸念から、2 回目の実現可能性調査が ワイアリー・エシントン運河の「ヘイズ卿支線」 (Lord Hayes Branch) に接続したルートに関して、 2009 年にアトキンズ (Atkin's) により提出された。 スタッフォードシャー・ウスターシャー運河とのジャンクション近くの 短い区間は航行可能で、残りを復原してワイアリー・エシントン運河への新しいルートを建設する経費は 2009 年に £4410万 と見積もられていた。

  1. 歴史
  2. 復原
  3. ルート
  4. 興味ある地点
歴史

ハザートン運河は 20 年ほどの間に 2 つの別々の運河会社により 2 段階で建設された。 建設された最初の区間は スタッフォードシャー・ウスターシャー運河のカーフ・ヒース (Calf Heath) の ハザートン・ジャンクションからチャーチブリッジまで走り、 スタフォードシャー・ウスターシャー運河会社により本線運河の支線として建設された。 1798 年に類似のルートを取って、 ワイアリー (Wyrley) の近くのバーノン氏 (Mr. Vernon) が所有する炭鉱と接続するトラムウェイの提案があった。 トラムウェイの計画は運河会社により拝借され、1826 年と 1830 年の測量の基礎になったが、 建設された支線は少々違ったルートを取り、1837 年に測量された。 異常なことに、工事のための議会法が獲得されず、 従ってプロジェクトに必要なすべての土地は地主との合意により買収しなければならなかった。 交渉は 1839 年 4 月 4 日に完了し、この時点で会社はロバート・フロスト (Robert Frost) から £12,345 の見積書を受け取り、 建設が開始した。 この段階は 1841 年 4 月に完了し、 石炭の輸送に使用されるターミナルからグレート・ワイアリーへのトラムウェイは翌年に完成した。 運河とトラムウェイは (運河の) 収入で資金繰りした、というのは運河会社はこの時とても儲かっていたからで、 株主への配当は 30 年以上もの間 25 セントを越えていた。 支線は会社の委員長であるハザートン卿にちなんでハザートン支線と呼ばれた。 支線はおよそ 3.5 マイル (5.6 km) の長さで、 8 基の水門を通り抜けて上昇した。 第 2 段階はスタッフォードシャー・ウスターシャー運河バーミンガム運河水路網の共同事業であった。 後者は当時、カノック延長運河 (Cannock Extension Canal) を計画していた。この運河はワイアリー・エシントン運河の支線で、 カノック近辺の石炭鉱山に貢献するものであった。 1854 年に同意が得られ、ハザートン支線とチャーチブリッジのカノック延長運河の間に 13 層の連続水門を建設することになった。 土地の買収経費は分かち合ったが、スタッフォードシャー・ウスターシャー運河が連続水門の建設費用を支払ったようである。 連続水門は 1858 年と 1859 年に建設されたが、1863 年まで使用されることがなく、 この年にカノック延長運河が完成・開通した。 この区間はバーミンガム広域都市圏の北端沿いに有益なルートを開いた。 2 つの支線の全長はおよそ 4 マイル (6.4 km) であった。

支線の交通は相当なものであった。 チャーチブリッジの連続水門を降下する石炭の動きは 1902 年に 1 ヵ月におよそ 12,000 トンであり、 一方 1905 年にスタッフォードシャー・ウスターシャー運河は 722,000 トンを運び、 そのうち 225,000 トンが石炭で、主にカノック炭田からのものであった。 石炭は支線の消滅に貢献し、1940 年代に支線がますます鉱山の地盤沈下に影響されたからである。 運河は 1950 年 8 月に商用交通が停止し (但し 1951 年 2 月に一隻の石炭ボートがあった)、 1955 年に見捨てられた。 1952 年の夏に、賃貸ボート (hire boat) が運河を下り、この一部分には水が無かった。 この部分は、チャーチブリッジの連続水門を含め、まもなく露天掘りにより破壊され、 それ以来、再開発された。

復原

運河復原の考えは 1975 年に始めて発展した、 これは計画において、州構造計画を作ることを要求する法律の結果であった。 ウェスト・ミッドランズ構造計画は復元運河を線形公園にする考えを含み、 露天掘りで破壊された区間を避けるバイバスにすることを含んでいた。 提案された北部交通軽減道路 (Northern Relief Road) によるルートへの更なる脅威により、 1989 年に 「オグリー・ハザートン復原協会」 (Ogley and Hatherton Restoration Society) が形成され、これは内陸水路協会 (Inland Waterways Association) がペルサル (Pelsall) で決起集会を開催し、運河の窮状をハイライトした後のことであった。 この協会は後で 「リッチフィールド及びハザートン運河復原トラスト」 (Lichfield and Hatherton Canals Restoration Trust) となり、一方、交通軽減道路は M6 有料自動車道となった。

1995 年、開発された自動車道は再びルートの脅威となり、 この時 M6 自動車道の提案された拡大計画には、交差する場所で運河に関する条項がなかった。 トラストは幾つかの文書を作り、道路計画審理に提出した。 トラストは M6 有料自動車道の建設にかかわる政府機関と交渉を継続した、 もっとも航行可能な排水溝を提供する経費は £200 から £300 の間ぐらいであった。 しかし、ついに同意に到達し、 トラストは £150,000 を集めて A5/A34 の ラウンドアバウトの下の排水溝に支払うことになり、 自動車道の下の主排水溝は政府が資金繰りすることになった。

運河は今では活発な復元プロジェクトの一部分である。 ブリティッシュ・ウォーターウェイズの要請の下に コンサルティング技術会社アラップ (Arup) が 2004 年と 2006 年に実施した実現可能性調査の結果、 チャーチブリッジ・バイパスの提案された新しいルートは新しい水門を通り抜けて、 カノック延長運河のグローブ・ベイシン (Grove Basin) における新しいジャンクションまで走ることになった。 しかしながら、このルートは幾つかの理由から到達できないことが判明した。 これはカノック延長運河が特別保護地区に指定され、 水に浮かぶ希少な サジオモダカ族 (floating water plantain) のコロニーになっていたからである。 2 回目の実現可能性調査は 2009 年にアトキンズ (Atkins) が完成し、 今では特定されたルートでは、代替にかってのヘイズ卿支線を経由して、 ワイアリー・エシントン運河に合流するものであった。 このルートは環境の懸念を満たす助けとなり、地元の地主に望ましく、 必要となる新しい道路橋の数を少なくするものであった。

アトキンズが見積もった運河再建の経費はヘイズ卿支線の新しい区間の建設を含め、 £4410万 となることであった。 ルートはグローブ・ベイシンに至るものよりも、わずかに長いが、 経費は £460万 少ない。といのはグローブ・ベイシンのルートはワイアリー No. 3 炭鉱からの 廃物により汚染された土地を通り抜ける長い掘割 (cut) があるからである。 提案されたルートは A5 道路と M5 有料自動車道の下を通る新しい排水溝を組み込んでいる。

ルート

運河はスタッフォードシャー・ウスターシャー運河本線をカーフ・ヒース (Calf Heath) で離れる。 大きなマリーナがジャンクションの近くの北側にあり、 このあとで橋が運河を越える小さな道路を通し、 次に最初の水門に入る。 水門の上流には、より広い区間が追加の係留場所を提供し、 そのあとで第 2 の水門がある。 この水門は改造されて、一方に棚があり、これが近くの造船所の乾ドック施設を提供している。 水門の上部から出ることは可能でない。

カーフ・ヒースにおける
マリーナと水門 1, 2

水門の向こうには浚渫して航行できる状態に戻せる区間があるが、 M6 自動車道がこの上に建設されている。 排水溝が自動車道の下の水の流れを維持しているが、航行するには十分に多くくない。 しかし自動車道の盛土は十分に高く、航行できる排水溝を挿入できる。 自動車道のすぐ手前に、ドッグ橋 (Dog Bridge) があったが、 これは取り壊されて、この上の道路は自動車道の建設の一部分として再配置された。 1 つの可能な解決は道路の向こうに新しい水門を建設して水門 2 の代替にして、 間の運河の水位を低くすることである。 自動車道の向こうでは Scrawpers End 橋が運河を越えてオーク・レーン (Oak Lane) を通しているが、 これは低くされ、およそ 4 フィート (1.2 m) の頭上余地しかない。 ここでは交換のリフト橋が必要となるかもしれない。 次にゲイリー貯水池 (Gailey reservoirs) からの給水線があり、 これは確実に無傷で残された。というのは水が本線に給水されているからである。

サレドン・ミル橋 (Saredon Mill) は良好な状態であり、 トラストのボランティアが手すりを再建している。 相当な作業がそれ以降になされ、木を取り除き、曳舟道を復帰し、有益な歩行路ができた。 横断する橋が低くされているが、多くの交通があり、リフト橋は選択肢ではない。 ここには水路に水があり、ほとんど航行可能である。 キャッツ橋 (Cats Bridge) が排水溝で交換されている。 というのはこれは地盤沈下で苦しんだからである。 この向こうの供給橋はトラストにより取り壊された。 というのは橋にはひび割れがあり、地盤沈下により沈み込んでいたからである。 これは交換されることはないであろう、 というのはもはや有益な目的に貢献していないからである。

サレドン川 (Saredon Brook) の堰は水路にもっと多くの水を供給し、 このあとでメドウ水門 (Meadow Lock) に進入する。 これは大まかに無傷な構造である、もっとも運河が閉鎖される前は地盤沈下で苦しんだ。 トラストのボランティアは水門上流の曳舟道の障害物を取り除き、 歩行者がローマン・ウェイ・ホテル (Roman Way Hotel) の裏手にある橋まで到達できるようにした。 相当な工事が実施され、曳舟道への進入坂道が建設されて、 橋が復元された。この橋はしばしばホテルの敷地で撮影される結婚写真の背景になっている。 橋の向こうでは別の川が水を供給しているが、この地点の後では、 運河はもはやブリッジ・ウォーターウェイズによって所有されておらず、埋め立てられている。

A4601 道路がウェッジ・ミルズ橋 (Wedge Mills Bridge) を横断するが、 元々の橋と水門は道路が拡幅された時に破壊された。 Joveys 水門はとても浅く、ワイアリー川のコースに再使用され、この川は流れを変えて 下水施設 (sewage works) を収容した。 次の 2 つの水門 -- ローズマリーの水門 (Rosemary's) とウォークミル水門 (Walkmill) (ブリッジタウン No.2 (Bridgtown) とブリッジタウン・トップとも呼ばれる) -- は今では工業団地の下にある。 グレート・ワイアリー・ベイシン (Great Wyrley Basin) はホーキンズ・ベイシン (Hawkins Basin) と同様に、ここにあった。 これは運河に水路で接続され、 曳舟道の橋とリフト橋が水路を横断し、 水路はその後でワイアリー川 (Wyrley Brook) を水道橋で横断して、 2 エイカー (0.81 ha) のベイシンに到達した。 水道橋は M6 有料自動車道の建設中に明るみに出て、 プロジェクトの一部分として破壊された。 この区間による運河の復元は可能ではなく、 元々の路線の南側のルートが提案され、 ここは サウス・スタッフォードシャー行政地区議会 (South Staffordshire District Council) とカノック・チェイス行政地区議会 (Cannock Chase District Council) の地方計画に含ませることによって、 保護されていた。

チャーチブリッジ連続水門があった地表は 1950 年代に露天掘り鉱山によりはぎ取られ、 運河のルートは完全に痕跡が消えた。 スタッフォードシャー州議会は A5 道路と M6 有料自動車道の間の土地を少々保有し、 これが運河の新区間として適切なルートとしてみなされている。

提案された新ルート

チャーチブリッジから、 提案された新ルートは州議会の土地で、A5 道路のそばを通り、 南向き料金所の場所で南方に向く。 次に新ルートはおよそ 1.9 マイル (3.1 km) ウォッシュ川峡谷 (valley of Wash Brook) を通り、 1000 ヤード (900 m() 区間を上昇して、 ロード卿支線のワイアリー・エシントン運河とのジャンクションからおおよそ 330 ヤード (300 m) 地点の ロード卿支線の埋められた場所に合流する。 ロード卿支線の最後の区間は改装される。

ヘイズ卿支線のフィッシュリー・レーン橋
ここを新しい支線が通る。

ルートの水門の大半は 9.2 フィート (2.8 m) の落差がある。 ホルフォード水門 (Holford Lock) とゲインズ水門 (Gains Lock) のあとで、ルートは東に向き、 ここで農道がリフト橋で横断することになる。 ルートは次にワイアリー No. 3 炭鉱に関連した廃物場所の北と東に沿って通過し、 ウォッシュ川を横断する。川はこの地点では暗渠になっている。 地主との議論に従い、運河は 10 フィート (3.0 m) の深さの掘割 (cutting) にして、 この地帯を横断する。 次に固定橋がこの配置の上を越えて進入路を通し、 その後で運河はゲインズ・レーン (Gains Lane) の下を通過する。 このためには道路面はおよそ 7 フィート (2.1 m) 持ち上げて、 橋の構造の下に 8 フィート (2.4 m) の航行頭上余地を与えることが必要とされる。 運河は次に、ウォッシュ川を横断することになり、 川はおよそ 66 ヤード (60 m) 傾きを変えて、 適当な大きさの暗渠が建設されなければならない。 アトキンズはこの区間を最も危機的であるとした、 というのは道路と川が近くにあることによっていた。

公の歩行路は、ゲインズ・レーン (Gains Lane) とキャッドマンズ・レーン (Cadman's Lane) の間で、ルートを横断し、これらの道は部分的に曳舟道に沿ったルートに変更されることになる。 農道が次に暗渠を横断するが、どちらも変更して、暗渠が運河の下を、 逆向きサイフォンを使用せずに通過するように変更しなければならない。 キャッドマンズ・レーン (Cadman's Lane) と呼ばれる公の歩行路は 向きを変えて次の水門で運河を横断するようにしなければならない。 3 基の水門が続き、これはダーク・レーン水門 (Dark Lane)、 パイロン水門 (Pylon)、 そしてキャッドマンズ水門 (Cadman's) と呼ばれる。 パイロン水門 (Pylon Lok, 鉄塔水門) の名前がこのように命名されているのは、 これが大きな送電線の鉄塔 (electricity pylon) に近い場所にあるからである。 キャッドマンズ水門では農道が水門の後部の上を通り、 隣接する排水溝 (ditch) は水門の前部の下を通り、水位を維持することになる。 運河は再び、キャッドマンズ・レーンと交差し、レーンはある程度、曳舟道に沿って迂回し、 レーンがしばしばウォッシュ川により氾濫する事実に起因する問題を軽減している。 ウォッシュ川水門はその後部の上に橋があり、 キャッドマンズ・レーンが元々のルートに再結合することを可能にしている。 水門の向こうでは運河は盛土の上に建設され、場所によっては 16 フィート (5 m) の 高さになる。

最後の区間には、 フィッシュ公園ゴルフ場 (Fishley Park Golf Range) の近くのゴルファーズ水門 (Golfer's Lock) と、 今はないフィッシュリー炭鉱に関連した立て坑の近くに 炭鉱水門 (Colliery Lock) がある。 水路は次に湾曲して、ロード卿支線に合流し、 ワイアリー・エシントン運河とのジャンクションに至る。 フィッシュリー・レーンがこれを横断し、これは改装することになるだろう。 一方、曳舟道はワイアリー・エシントン運河の反対側にあるが、 ロード卿支線の任務に就いていた移動橋 (roving bridge) はまだ存在している。 曳舟道は通常 10 フィート (3 m) の幅であるが、 アトキンズの提案では場所によっては 13 フィート (4 m) の幅にして、 5 トンのキャタピラー付きクレーン (crawler crane) が進入できるように、適切に建設することになる。 5 トンのキャタピラー付きクレーンは、この幅の曳舟道が提供されたシュロップシャー・ユニオン運河では 水門ゲートの交換に大変革を引き起こしたからである。

興味ある地点
歴史的ルート
地点座標備考
ハザートン・ジャンクション
(Hatherton Junction)
52.6743°N 2.0981°Wスタッフォードシャー・
ウスターシャー運河
水門 1
(Lock 1)
52.6750°N 2.0963°W
水門 2
(Lock 2)
52.6754°N 2.0940°W乾ドック、航行の限界
ドッグ橋 1
(Dog Bridge 1)
52.6769°N 2.0895°Wストレート・マイル
(Straight Mile、道路名). 排水溝
M6 自動車道橋
(M6 motorway bridge)
52.6773°N 2.0881°W水路が排水溝になっている。
Scrawpers End Bridge 2 52.6786°N 2.0843°Wオーク・レーン (Oak Lane)、
橋が下げられた。
サレドン・ミル橋
(Saredon Mill Bridge 3)
52.6781°N 2.0798°W供給橋
クロス橋 4
(Cross Bridge 4)
52.6793°N 2.0745°Wフォー・クロセズ・レーン
(Four Crosses Lane、道路名)、
下げられた
キャッツ橋 5
(Cats Bridge 5)
52.6798°N 2.0682°Wキャッツブリッジ・レーン
(Catsbridge Lane). 下げられた
水門 3 (メドウ水門)
(Lock 3 (Meadow Lock))
52.6792°N 2.0609°W
橋 7
(Bridge 7)
52.6788°N 2.0540°W供給橋
解放水路の限界
(Limit of open waterway)
52.6786°N 2.0523°W
A4601 ウェジズ・ミルズ橋
(A4601 Wedges Mills bridge)
52.6783°N 2.0498°Wウォルヴァーハンプトン道路、
次の橋までに水門4 と 5
ウォークミル・レーン橋
(Walkmill Lane Bridge)
52.6723°N 2.0355°W
M6 有料道路のそば
(Alongside M6 Toll)
52.6718°N 2.0293°W次のジャンクションまで水門 6, 7, 8
チャーチブリッジ・ジャンクション
(Churchbridge Junction)
52.6721°N 2.0227°Wハザートン運河の終端、
位置は地図から推測
ラマ―・ヒル・ジャンクション
(Rumer Hill Junction)
52.6784°N 2.0132°Wチャーチブリッジ支線の終端、
位置は地図から推測
新ルート
地点座標備考
グローブ・ベイシン
(Grove Basin)
52.652°N 1.9722°W カノック延長運河の最初に提案された
ターミナル
ゲインズ水門
(Gains Lock)
52.6623°N 2.0017°W
ダーク・レーン水門
(Dark Lane Lock)
52.6517°N 1.9954°W
パイロン水門
(Pylon Lock)
52.6499°N 1.9968°W
Cadman's Lock 52.6474°N 1.9961°W
ウォッシュ川水門
(Wash Brook Lock)
52.6444°N 1.9920°W
ゴルファーズ水門
(Golfer's Lock)
52.6419°N 1.9903°W
炭鉱水門
(Colliery Lock)
52.6386°N 1.9916°W
フィッシュリー・レーン水門
(Fishley Lane Bridge)
52.6366°N 1.9911°W
ヘイズ卿支線
(Lords Hayes Branch)
52.6361°N 1.9887°Wワイアリー・エシントン運河
とのジャンクション