ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

High Salvington Windmill - Wikipedia

ハイ・ソルヴィントン風車: Google map フォトスフィア

本文中に登場するグラインド風車は同じ敷地にあるようですが、フォトスフィアなどにはまだ反映していないようです。

ハイ・ソルヴィントン風車
(High Salvington Windmill)

デュリントン風車 (Durrington) あるいはハイ・ソルヴィントン風車 は、 サセックス州ハイ・ソルヴィントンにあるグレード II の指定建造物の 柱風車 (post mill) で、復元されて、稼働状態にある。 風車は海抜 320 フィート (98 m) にあり、流入する海風を利用することができる。

ハイ・ソルヴィントン風車
復元された風車
  1. 歴史
  2. 神話
  3. 復元
  4. 説明
  5. 製粉業者
  6. グラインド風力ポンプ (Glynde windpump)
歴史

風車の最も初期の言及は教会の記録にあり、 これが示すことでは製粉業者が 1615 年に罰金を課された。 バッジェン (Budgen) の 1724 年の地図は、この場所に風車を示している。 現在の風車は 1750 年頃に建設され、1774 年の火災に対して明らかに保険をかけていた。 風車は 1897 年まで、ワージング地区 (Worthing area) のために製粉し、 この時、T F ウィズダム大佐 (Colonel T F Wisdom) により買収された。 売却の条件は風車を稼働状態に保つことであった。 風車は退役して、1905 年まで動物のエサをひく役目をした。 20 世紀の大半では、風車は顧みられることがなかったが、1907 年に木造のラウンドハウスはコンクリート構造で 交換され、喫茶店として使用された。 1959 年に、ワージング・バラ議会 (Worthing Borough Council) が風車の面倒を見ることになった。 バージェス・ヒル (Burgess Hill) のミルライト企業である 「E Hole & サン諸氏」 (Messrs E Hole and Son) が 1961 年に風車を修復し、 新しいストックと 4 枚の帆を装着した。 1976 年 3 月に、帆の 1 つが突風で壊れ、他の 3 つが取り除かれた。 風車の調査から、うまく修理されていないことが明らかになった。 ワージング町議会 (Worthing Town Council) は復元プロジェクトを設置した。 ラウンドハウスは 1990 年に再建されて、オリジナルをよく再現し、 復元された風車は 1991 年に製粉を開始した。 イースト・グリンステッド (East Grinstead) から救済した穀物倉庫を 1994 年に風車に再設置した。 1998 年に発見されたことはストックの 1 つが裂けていることであった。 新しいストックが積層カラマツ (laminated larch) から製造され、 帆が装着された。

2008 年初めに、ソルヴィントン区 (Salvington Ward) の 3 名の議員、市長のヒーサー・マーサ― (Heather Mercer)、 議員のジャック・マーシュ (Jacque Marsh) と議員のノエル・アトキンズ (Noel Atkins) はミル・トラスト (Mill Trust) に全額で £3,000 を、それぞれ市長予算とパイロット区予算計画 (pilot Ward Budget Scheme) から贈与した。 これは現在のゲートハウス (gatehouse, 門番小屋) を観光客の情報センターとして改装することに貢献することになり、 これは 2009 年末に完成する。

神話

残念なことに、多くがデュリントン風車 (現在はハイ・ソルヴィントン風車と呼ばれる) に関して書かれ、これは公式な記録となり出版されたが、 これに関しては独自の研究がないようである。 この節はこれらの神話の幾つかの一掃を試みる。

風車と水車の経済が新しい蒸気動力のローラー・ミル (roller mills) により、 地盤を奪われていった時に、 昔流の製粉業者は新しい生活方法を見つけなければならなかった。 ハイ・ソルヴィントンでは、製粉業者の妻は、丘をよじ登ってきた観光客に 常に 1 杯の水を求められ、お茶を 1 杯提供して料金を取るアイデアをひらめいた。 これにより、ハイ・ソルヴィントン喫茶店が始まった。 製粉業者のスカット (Scutt) が自殺してから、その後の 「製粉業者」 は 風車を観光目的にすることを選び、軽食 (refreshment) 及び風車と機械を見物するために 階段を上ることに料金を課して金にした。 これは風車とその機械を無傷に保つことに貢献したが、 製粉業者は風車の既知の歴史を練り上げて美化し、 従って、多大な神話が作られて、観光客を引き寄せ、わくわくさせた。 これらの神話は引用され、引き合いに出され、 色々な製粉業者が自分たちの話をちらしに印刷して、訪れる人々に配って信用させた。

柱木材 (post tree) の神話
訳注
柱風車 (post mill) を支える柱を post tree と呼びます。 (チレンデン風車説明の 4 番目の絵を参照) この呼び方は少し妙な言い方 (直訳すれば「柱の木」) で、 何も知らない人が聞けば、生きた木の一部であるかのように 考える可能性があります。ここから神話を作ったようです。

人気のある神話は風車の柱 (post) が、この場所に生えている木の一部で、 その根が地下に何メートルも伸びていることである。 どのような風車も 1740 年代にこのように建設されていな事実とは別に、 喫茶店の持ち上げられたフロアーが一旦、1907 年に建設された 6 角形 のコンクリート製のラウンドハウスから取り除かれると明らかなことに、 柱は予期されたように、 対角状のクォーターバー (quater bar) により、クロスツリー (cross tree) に押し付けられて地面の上に吊るされ、 クロスツリー自身はレンガの橋脚の上に安置され、 柱の基礎はクロスツリーの中央に楔止めされ、 楔は柱を平衡させるために使用され、 石、帆、そして機械が追加・取り除かれると、 バック (風車本体) の変化する重さ配分を 調整した。

この神話は幾つかの出版物に登場し、これには 1950 年代にブリストルの セント・スティーブンス・プレス (St. Stephens Press) により出版された 表題の無いちらしが含まれる。 (これには 1987 年を 「53 年前」 と言及し、 表紙には以下のテキストが含まれていた:  「ワージングを訪れた人は 200 年前の風車とその素晴らしい古い木造機械を 見落としてはいけない。」) このちらしによると、 「ソフヴィントンの柱自身はとても興味ある。 およそ 20 年前にその基底部で発掘が実施され、 どのような手段が使用されて、かくもしっかりと地面に植え付けられたかが発見され、 これが風車の重さと 200 年間の冬の嵐を耐える結果を生んだのか発見された。 発掘している人に驚きであったことは、地下 12 フィートに、柱の端があるのではなく、 大きな根の成長が停止しているのが見つかり、分かったことは、 生きたオークが切り詰められて、立ったまま使用されたことであった。

この神話はレックス・ウェイルズ (Rex Wailes) の記事「ある風車の誤った考え」で論駁され、 「英国ニューコメン協会紀要」 (Transactions of the Newcomen Society of Greate Britain) の 1961 年号で出版された。

「1914 年に操業した」 神話

「風車は 1914 年に再び操業したと言われている」

Brunnarius の主張では、風車は 1914 年に再び操業している。 しかし、この時には風車は一方向に固定され、6 角形のコンクリート製のラウンドハウスの建設により、 風車は完全に 360 度風向きに向くことができなかった。 1970 年代にコンクリート製のラウンドハウスの角が復元により取り除かれて、 始めて風車は完全回転できた。 復元された木造のラウンドハウスが 1907 年以前のデザインで建設され、これがコンクリート製のラウンドハウス の代りになって、風車が 360 度風向きに向くことができた。 どのような証拠も Brunnarius の主張を支持していない。

「ファンテール」 神話

イングリッシュ・ヘリテッジ (English Heritage) により 維持されている「指定建造物登録」 (Listed Ruilding Register) によれば、 ハイ・ソルヴィントンの風車はファンテールを持っているとされている。 このデータが「国内モニュメント記録」(National Monuments Record) (これもイングリッシュ・ヘリテッジにより維持) に侵入したように思われ、これが、その注釈で引用していることは:

(TQ 1227 0666) 元々はデュリントン風車、現在はソルヴィントン風車と呼ばれる。 柱形式で、ラウンドハウスとファンテールが付き、1700 年の日付が入り口の上にある。 機械は稼働状態。

ワージング町 (Worthing) 出版の 「特別な建築的あるいは歴史的興味のある建物の一覧」 の 1976 年 5 月 21 日版の 21 ページ からの引用である。

しかしながら、これに関するどのような証拠も見つかっておらず、 風車が 1959 年にワージング・バラ議会 (Worthing Borough Council) により買収された時に、 風車を風向きに向けることは、 可能な限りでは (「1914 年に操業した」神話を参照)、 テールポール (tail-pole、後部棒) を押すことで達成された。

「ハイ・ソルヴィントン風車トラスト」 を助けた色々な古い人達が報告したことでは、 1949 年に風車を訪問することになっていた調査官はハイ・ソルヴィントンまで来なかった。 従って、これがエラーの起きた原因であろう。

私的家屋の神話

同じ「国内モニュメント記録」 (National Monuments Record) は 1970 年 12 月 31 日付けの実地調査官の コメントを引用し、これが述べることは:

風車は外的に見事な状態に復元された。今では私的家屋である。

この引用は F1 ASP 31-12-70 として与えられている。

製粉業者の小屋は、この場に存在していたが、 これは何十年前かに取り壊されて、風車に隣接する家屋の後方に建設された 施設への出入りに道を譲った。 風車の 6 角形のコンクリート製ラウンドハウスは 1907 年/1908 年に建設され、 1970 年には喫茶店に使用されていたが、その時、及びそれ以来、住居施設はなかった。

復元

1976 年に 1 枚の帆が壊れてから、風車が検査されて明らかになったことは、架台がシバンムシ (Death Watch Beetles) により弱体化していることであった。 機械と臼石 (ミルストーン (millstones)) が風車から取り除かれて保管された。 鋼枠が建設され、架台と冠材木 (crown tree) が置き換えられる間に風車を支えることに使用された。 新しい直径 10 フィート (3.05 m) のブレーキ・ホイールが建設され 1985 年に装着された。 1 対の帆が 1987 年に装着された。 帆にはブレーキがかけられていたが、1987 年の大嵐 (Great Storm) の時に回転していた。 2 番目の帆の組が 1988 年に装着された。 ラウンドハウスは 1990 年に再建され、復元された風車は 1991 年 4 月 4 日に始めて製粉した。

2008 年、噴出フロアー (spout floor) の窓のそばの間柱 (studding) における ロープ・バーン (rope burn, ロープによる焦げ目) の発見により明らかになったことは、 これは恐らくブレーキ・ロープを落とすための穴 (pop-hole) で、これにより最近実施されるように、 製粉業者が風車の後方からではなく、風車の外壁からブレーキ操作ができた。 「ミルライト」復元・保守のボランティアは復元の信ぴょう性の改善を決定し、 穴 (pop-hole) と取り外し可能なシャッターを備えた窓で交換した。

2009 年 7 月に、足場が設置されて、風車本体 (buck) の外壁が塗装された。 窓枠も修理されて、再塗装された。

説明

ハイ・ソルヴィントン風車は 1 階建てのラウンドハウスがある柱風車である。 柱風車はがんじょうなオークの柱の上で回転し、 柱は重いパイン (pine、松) のクォーターバー (quarter bar) の架台で支えられ、 架台は 2 本のクロスツリー (crosstree) で支えられ、 これ自身は 4 つのレンガの橋脚 (pier) の上に安置されている。 架台は 1907 年以前の構造をモデルにした木造ラウンドハウスで保護されている。 柱の頂上にはサムソン・ヘッド (Samson head) が装着され、 これが冠木材 (crown tree) -- 大きな重いオークの木材で、これに風車の本体が付属 -- を支えている。

風車は 1 組の一般帆 (common sail) と 1 組のバネ帆 (spring sail) を持ち、鋳鉄製のポール・エンド (poll end) [訳注:ポール・エンドに関してはアウトウッド風車説明/柱風車の訳注を参照] を持つ木造の風車軸 (windshaft) で支えられている。 風車には 2 組の臼石があり、前方 (head, ヘッド) と後方 (tail、テール) に 配置されている。 前方の臼石はダービーシャーのピーク石 (Peak stone) が粗削りの製粉に使用され、 後方の臼石はフランス製のバー石 (Burrstone) から作られ、 パリの漆喰に埋め込まれている。これらの臼石は繊細な製粉に使用される。 石の各組はそれ自身の歯車で、駆動し、ヘッド・ホイール (head wheel) とテール・ホイール (tail wheel) と呼ばれる。 「ハイ・ソルヴィントン風車の友」 (Friends of High Salvington) は ヘッド・ホイールを再建しなければならなかったが、 テール・ホイールはオリジナルな珍しいコンパス・アーム (compass arm) のデザインを持ち、 今ではあまりに壊れやすいため製粉には使用されていない。

テンター装置 (tenter gear) が設置されて、臼石の間のスキマを調節し、 テンター・スクリュー (tentering screw) を経由して、調節できる通常のレバー (lever) のシステムと共に、 風車に付属したロープがあり、これにより半トン (500 kg) の 滑り石 (runner stone) を持ち上げることが可能で、 一方、ガバナー (governors) は風速を調節して、 これに応じて (臼石の) スキマを広げたり狭くした。

訳注
テンター装置は ミルストーン (millstones) によれば、臼石の間のスキマを調節する装置と 思われます。
製粉業者
グラインド風力ポンプ (Glynde windpump)

ハイ・ソルヴィントン風車トラストは 2007 年後半に、 グラインド風力ポンプ (Glynde windpump) -- もっと小さな中空柱風車 -- を手に入れ、2007 年 - 2009 年に復元を完成した。 これは元々 - 50.859°N 0.069°Eにあり、19 世紀中頃に建設され、 恐らく近くの石切り場の (貨物用) ロープウェイに動力を供給したか、 あるいは消石灰を作るために (for slaking the lime)、平行切断ヶ所 (cutting parallel) から 一連の石灰窯に水を持ち上げた。 朽ちかけたポンプの遺物はアンドルー・ノーマン (Andrew Norman) が救済し、 ハイ・ソルヴィントン風車トラストが手に入れる前に復元を開始し、 トラストが復元を完成して既存の風車のそばに設置した。

架台は頑丈な基礎の上に埋め込まれ、この上に復元された柱が搭載された。 バック (buck, 本体) が復元され、 1929 年に撮影された元々の写真の通りの大きさになった。 風車軸とクランク軸の間の歯車比が調節され、新しい歯車ホイールが切り出された。 容易に取り外せる屋根が設置され、新しい帆がデザイン・建設された。 「全国の風車の週末」 (National Mills Weekend) の最中の 2008 年 5 月 11 日 日曜日に、見かけを復元した風力ポンプが 除幕した。

建設エラーにより、時計方向に回転した帆は再建することになった。 2009 年に、帆は再建され、今では正しく反時計方向に回転している。 ポンプが獲得され、2009 年 7 月に、再装着された。 ポンプの設置と連接棒 (con rod) への接続は 2009 年 8 月 と 9 月に実施され、 これによりグラインド風力ポンプ (Glynde Wind Pump) は 50 年間で始めて水を汲み上げることができた。