ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Outwood Windmill - Wikipedia

アウトウッド風車: Google map ストリートビュー Google map に投稿された写真

アウトウッド風車 (Outwood Windmill)

アウトウッド風車はグレード I の指定建造物 (Grade I listed) の柱風車で、 サリー州 (Surrey) アウトウッド (Outwood) にある。 1665 年にトーマス・バッジェン (Thomas Budgen) -- サリー州ナットフィールド (Nutfield) の製粉業者 -- により建設され、これは英国で最古の稼働風車である。

この風車は対となる風車の 1 つで、そばに 1797 年に建設されたスモック風車があった。 後者は、背が最も高い英国で最古のスモック風車であったが、1960 年に崩壊した。

  1. 歴史
  2. 説明
  3. 公開
  4. 製粉業者
歴史
柱風車 (Post mill)

アウトウッド風車は 1665 年トーマス・バッジェン (Thomas Budgeon、1640 年 - 1716 年) のために建設された。 元々の設置の譲渡証書 (deed) がなお残っている。 トーマス・バッジェン (Thomas Budgen) は風車建設の資金繰りのために 2 人の義理の兄弟から金を借りた。 彼は借金を 2 年以内に返却できた。 風車の建築者は ロンドン大火 (Great Fire of London) -- 25 マイル (40 km) ほど遠くで燃えていた -- を眺めたと従来言われている。 1678 年に、 トーマス・バッジェン (Thomas Budgen) は秘密集会法 (Conventicle Act) の下で、 先導的な説教者として有罪となり、 £20 の罰金となった。

アウトウッド柱風車

ジョン・バッジェン (John Budgen) は父親が死亡して、風車を引き継ぎ、 1715 年に、風車とレンガの窯 (brick kiln) の 免役地代 (quit rent) を支払っている。 ジョン・バッジェン (John Budgen) は 1765 年に亡くなり、地代は未亡人が 1768 年に亡くなるまで支払った。 1768 年にはエゼキエル・バッジェン (Ezekiel Budgen) は兄弟のアイザック (Isaac) と論争になり、 これによりウィリアム・バッジェン (William Budgen) (エゼキエル (Ezekiel) の甥) が 1796 年に 風車の近くの土地の一角を譲渡され、この上に風車を設置する自由を与えられた。 1806 年までに、風車はジョン・ジャップ (John Jupp) が所有した。 ウィリアム・ジャップ (William Jupp) は 1880 年より前のある時点で風車を引き継ぎ、1934 年に 亡くなるまで、これを操業した。 1929 年に、古代建築物保護協会 (Society for the Protection of Ancient Buildings) の風車部門は風車を最高に重要なものと見なした。 バネ帆 (Spring sail) の組が 1931 年に追加された。 協会はこれらを £80 の経費で、製造・装着するために トーマス・ハント (Thomas Hunt) -- ソハム (Soham) のミルライト -- に支払った。 ウィリアム・ジャップ (William Jupp) は取り壊すために風車を売却しないことに同意し、 工事の条件が実施された。 その時、世間の注目を浴びて、風車への注文が増えた。 1931 年 10 月 30 日に、会合が開催されて、古い帆の組を交換するための資金が 要請された。 ヒレア・べロック (Hilaire Belloc) は当時サセックス州のシプリー風車 (Shipley) を所有していており、 主要な演説者であった。 サー・ジョセフ・ランク (Sir Joseph Rank) は資本予約者の 1 人であった。 1933 年に 1 組の帆が中古で購入された。 これらは、これ以前に ノーフォーク州 (Norfolk), フォーンセット・エンド (Forncett End) のブラック風車 (Black) にあったもので、 風車は 1932 年に取り壊された。 帆は風車に 60 年以上あったものの代りになった。 ウィリアム・ジャップ (William Jupp) は 1934 年に亡くなった。

スタンリー・ジャップ (Stanley Jupp) が次に風車を引き継いだ。 1930 年代に、風車はほとんど使用されず、凋落し始めた。 更なる復元のための計画が描かれたが、第二次世界大戦で延期した。 製粉は 1949 年に停止し、この時、胸材 (breast beam) がひび割れて、風車軸 (windshaft) が落下し、帆がラウンドハウス (roundhouse) の屋根に接触した。 一時的な修理がバージェス・ヒル (Burgess Hill) のミルライト企業の E. ホール & サン社 (E. Hole & Son) により実施され、その次に 1952 年に広範な修理が続き、 これには新しい胸材 (breast beam) と側柱 (prick post) が含まれた。 帆のストックの 1 つは 1955 年に欠陥があることが見つかり、 新しいバネ帆の組が装着された。 「工場省」 (Ministry of Works) からの £750 の助成金が与えられ、 工事の実施が可能となった。 但し、予約によって公衆が見学できることが条件であった。 1956 年 1 月に 2 本のストックの古い方が壊れた。 E. ホール & サン社 (E. Hole & Son) は 1958 年 10 月 25 日に新しいストックと帆を装着した。 ウィリアム・ジャップ (William Jupp) は 1962 年まで風車を運営した。 1962 年の秋に、風車はトーマス兄弟 (Thomas) に買収された。

1964 年 6 月 12 日に、風車は激しい雷雨に見舞われた。 風車の帆は後方から風を受け、新しい所有者が風車の向きを変えた時に救われただけで、 この時、風は横向きになった。 2003 年に風車は売りに出され、価格は £600,000 であった。 2012 年 1 月 5 日に帆が突風で被害を受けた。

スモック風車 (Smock mill)

1796 年 11 月 24 日にウィリアム・バッジェン (William Budgen) は柱風車の近くの土地の一角に風車を設置する許可が与えられた。 スモック風車は 1885 年までバッジェン家 (Budgen) により運営され、 この時ナットフィールド (Nutfield) のウールピッツ風車 (Woolpits) のエドワード・スコット (Edward Scott) は風車を £1,225 で借りた。 風車は後にエドワード (Edward) の子息により運営され、1903 年に風車の操業中に帆の 1 つが壊れた。 これは 1914 年まで 2 本の帆のみで操業し、必要であれば、 ポータブル蒸気エンジンで支援した。 1950 年に、風車の保存が提案された。 1953 年に実施された調査から、風車は cant post と (支配的な天候に面する) 西側の土台 (sill) が腐っており、 (修理) 経費は法外であった。 風車は 1960 年 11 月 25 日の早い時間に崩壊した。

アウトウッド・スモック風車、1903 年頃のスモック風車
無くなったファンテールの痕跡に注目
説明
柱風車

アウトウッド風車は 1 階建ての ラウンドハウスの上の 柱風車である。 風車には 4 枚のバネ帆があり、楕円バネ (elliptical spring) で制御され、 鋳鉄製のポール・エンド (poll end) を持つ木造の風車軸で支えられている。 風車は 2 組の臼石 (ミルストーン (millstone)) がヘッド・ホイール (Head Wheel) とテール・ホイール (Tail Wheel) に配置され、 テール・ポール (tailpole) で風の向きに向けた。

訳注
poll は世論調査の意味があるが、(かなづちなどの) 頭の意味もあり、 poll end には次の意味もある。 ( Poll end | Definition of Poll end at Dictionary.com)
the hub holding the sail arms of a windmill (風車の帆の腕を支えるハブ)
別の解説によると: ポール・エンド (poll end) = canister で、 「風車軸 (windshaft) の端の鋳鉄製の箱のことで、ここを帆のストックが通過する。」
なお、canister に関しては風車機械の 2 番目の図の中に記載がある。

下部構造

オークの架台は 2 本のクロスツリー (crosstrees、十字材) と 4 本のクォーターバー (quarterbars、1/4 材)、 及び主柱 (main post) から構成されている。 「十字材」 (crosstrees) は長さ 22 フィート (6.71 m) で、 断面が 12 インチ (300 mm) 平方であり、クォーターバー (quarterbar、1/4 材) も同様であった。 主柱は高さ 16 フィート 3 インチ (4.95 m) で、 29 インチ (740 mm) 平方の底部から、 直径 16 インチ (410 mmm) のサムソン・ヘッド (Samson Head) まで細くなる。 全体がラウンドハウスに格納され、ラウンドハウスは直径 22 フィート (6.71 m) で 高さが 9 フィート (2.74 m) の壁がある。

本体 (body)

風車の本体は平面図が 18×11 フィート (5.94×3.35 m) で天井までの高さが 39 フィート (11.89 m) である。 すべての製粉機械は本体に格納されている。 冠木材 (Crown Tree) は 1880 年の日付が入り、恐らく、その年に交換されたことを示している。 本体はおよそ 25 英トン (25.4 トン) である。

機械

風車には何年もの間、幾つかの帆があった。 1905 年には奇妙な帆があったことが知られている。 1 つの組は 2 重シャッターのバネ帆 (double shuttered Spring sail) で、 長さ 25 フィート (7.62 m)、下端の 7 フィート 6 インチ (2.29 m) の幅から、 上端の 7 フィート 1 インチ (2.16 m) まで細くなっていた。 もう 1 つの組はより狭く、 下端の 6 フィート (1.83 m) から、上端の 5 フィート 6 インチ (1.68 m) まで細くなっていた。 これらは、鋳鉄製のポール・エンド (poll end) を持つオーク製の風車軸 (windshaft) で支えられている。 現在、風車にある帆は差し渡しが 60 フィート (18.29 m) である。 風車軸は長さ 16 フィート (4.88 m) で、 頸部分 (neck) の直径が 23 インチ (0.58 m) からテール (tail, 尾部) の 13 インチ (0.33 m) まで細くなっている。 風車軸 (windshaft) には 直径 8 フィート 3 インチ (2.51 m) の木造のヘッド・ホイール (Head Wheel、歯車) -- 108 本の歯がある -- と混合素材のテール・ホイール (Tail Wheel、歯車) -- 鋳鉄製の中心と木造の縁 (rim) -- が付いていた。 テール・ホイールには 84 本の歯がある。 ヘッド・ホイールに接続された臼石 (ミルストーン (millstone)) は直径が 4 フィート (1.22 m) のピーク石 (Peak stone) で、 テール・ホイールに接続された臼石はフランス製のバー石 (Burr stone) である。 どちらのホイールも過去には追加の機械を駆動していた。 ヘッド・ホイールはオート麦 (oat) 粉砕機 (現在は設置されていない) を駆動し、 テール・ホイールは「袋持ち上げ機」 (sack hoist) を駆動している。

スモック風車

アウトウッド・スモック風車は、ハイ風車 (High Mill) とも呼ばれ、 5 階建ての背の高いスモック風車で、 2 階レベルにステージがある。 これは高さが 2 フィート (610 mm) より低いレンガの基礎の上に建設された。 cant post は長さが 48 フィート (11.63 m) で風車はキャップの頂上まで 62 フィート (18.90 m) の高さであった。 これにより、これはかって建設されたスモック風車で、最も背の高いものの 1 つとなった、 もっとも最も背の高いスモック風車ではなかった (クランブルックの ユニオン風車がこの栄誉を担っている)。 普通とは違い、 地上フロアーは地表レベルより上で、およそ高さ 3 フィート (910 mm) であった。 スモックは基底部の平面の差し渡しが 26 フィート (7.92 m) で、 縁 (curb) で 13 フィート (3.96 m) であった。 キャップは平面図で 11×11.6 フィート (3.96×3.51 m) で 5 枚の帆を持つファンテールで風の向きに向いた。 4 枚の帆はバネ特許帆 (Spring patent) で、 差し渡し 80 フィート (24.38 m) あり、鋳鉄製の風車軸 (Windshaft) で支えられていた。 ブレーキ・ホイール (Brake Wheel) は直径 9 フィート 10 インチ (3.00 m) で、 鋳鉄製の直径 4 フィート (1.22 m) の転がり歯車 (Wallower) を駆動した。 これは、これ以前の直径 4 フィート 8 インチ (1.42 m) の転がり歯車 (Wallower) の代りとなり、 後者には 1864 年の日付が刻まれ、風車は 117 年の稼働期間に 3 つの転がり歯車があったことになる。 木造の直立軸 (Upright shaft) には 16 個の辺があり、 平坦部の差し渡しは 20 インチ (510 mm) で、 かみ合いクラッチ (dog clutch) が付き、 接続を切って、風車をポータブル・エンジンで駆動することができた。 木造の大平歯車 (Great Spur Wheel) は直径が 8 フィート 8 インチ (2.64 m) で、 120 本の歯が付いていた。 風車は 4 組のオーバードリフトの臼石を駆動し、 一組には 1859 年の日付があった。

公開

風車は 2013 年 5 月現在で、公開されていないようである。

製粉業者

次の製粉業者は 2 つのアウトウッド風車と関連しているものである。

柱風車
スモック風車