ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Norwood Tunnel - Wikipedia
ノーウッド・トンネル (Norwood Tunnel)

ノーウッド・トンネルは 長さ 2,884 ヤード (2,637 m)、 幅 9.25 フィート (2.82 m)、 高さ 12 フィート (3.7 m) の レンガ (全部で 300万個ある) で裏打ちした運河トンネルで、 チェスターフィールド運河にあり、 西の入り口はイングランド、ダービーシャーのノーウッドにあって、 東の入り口はサウス・ヨークシャーのキヴィトン (Kiveton, /ˈkɪvɪtən/) にある。

ノーウッド・トンネルの東の入り口
  1. 原点
  2. 長さ
  3. 退潮
  4. 今日のトンネル
原点

チェスターフィールド運河の議会法は 1771 年 3 月 28 日に通過した。 ジェームス・ブリンドリーは主任技術者に任命され、 わずか 4 ヵ月で資本が集められ、所有者は彼に 1771 年 7 月 11 日に工事の開始を指図した。 John Varley は工事の書記 (Clerk of the Works) で、 日々のプロジェクト管理を引き受けた。 非常に楽観的に、彼らはノーウッド丘のノーウッド・トンネルの工事で、建設を開始することを決定した。 この工事は困難で、多くの事故があり、あるものは命を失った。 もっとも会社は工事で亡くなった人の家族には情け深かったようである。

ブリンドリーが 1772 年 6 月 26 日に会議で述べたことでは、 予定ではトンネルは 2 年で完成し、全運河は 4 年で完成することであった。 彼はどちらの完成も見ることはなく、9 月 24 日に亡くなった。 John Varley が残され、ブリンドリーの死後 1 人で代理主任技術者を継続した。 1774 年にブリンドリーの義理の弟が主任技術者となり、John Varley は常駐技術者の地位を保持した。 中間の短い区間を除き、トンネルはレンガで裏打ちされた。 そこで会社はハートヒル (Harthill) にレンガ工場を設立し、 レンガ屋を募集した。 300 万個のレンガが必要で、会社は原料とこれを焼くための石炭を供給した。 これを実施することは易しかったはずである、 ノーウッド丘の周りの地域は石炭が十分に埋蔵されていたからである。 しかし、議会法の条項の述べることでは、運河の建設時に見つかった すべての鉱石は土地の購入前の所有者に属していた。 そこで運河会社は石炭を購入するために Duke of Leeds と交渉する必要があり、 場合によっては彼らが現在所有する土地から購入する必要があった。

プロジェクトの興味ある側面は 1774 年 5 月に起き、 この時、小さな帳簿の記録で、 5 シリング (25 p) がサミュエル・ワット氏 (Mr. Samuel Watt) に 5 月 22 日に支払われ、これはトンネルからボートを引き出す機械のモデルを作って、 委員会に実演したためであった。 ワットがジェームス・ワットと関連していたかどうかは知られていない。 このジェームス・ワットは 1760 年代に改良した蒸気エンジンを開発した人で、 機械が自己牽引することは明らかに早すぎた。 これが移動する鎖あるいはロープで、蒸気エンジンによって駆動されたという示唆がある。 しかし、これ以上はこのアイデアから知られておらず、何らの行動もとられなかった。 ノーウッド・トンネルは 1775 年 5 月 9 日に公式に開通し、 「ダービー・マーキュリー紙」 (Derby Mercury newspaper) が祝賀の記事を載せた。 300 人ほどの人たちが、これには Henshall と主な労働者の何人かが含まれ、 3 隻のボートでトンネルを通り抜けて輸送された。 彼らは音楽バンドに付き添われ、通り抜けるのに 1 時間と 1 分がかかった。 トンネルの長さは 2,550 ヤード (2,330 m) と言われ、地表からの最大の深さは 36 ヤード (33 m) で、 これは完全にまっすぐであった。というのは一方の端で眺めると、もう一方の端の日の光が見えたからである。 当時は、これはジェームス・ブリンドリーのヘアキャッスル・トンネル (Harecastle Tunnel) と共に、 合同で英国で最長の運河の記録を持っていた。

1775 年 7 月の終わりに、トンネル建設で使用された装備の競売が東の入り口で開かれた:

完全なホース・ジン (Horse Gin) 1 式、直径 14 フィートの車輪、3 フィート 6 インチの滑車、 - 完全なホース・ジン 1 式、直径 11 フィートの車輪、3 フィート 6 インチの滑車、 - 完全なホース・ジン 1 式、直径 10 フィートの車輪、2 フィート 8 インチの滑車、 - 水エンジン車輪 (Water Engine Wheel) 1 式、直径 20 フィート - 水エンジン車輪 1 式、直径 17 フィート - 水エンジン車輪 1 式、直径 16 フィート - 9 式の回転円筒と台木 (Turn Burrels and Stand Trees) - 20 ヤードの木造ポンプ管 (20 Yards of Pump Trees)、内径 8 インチ - 4, 6 インチの鋳鉄製作業部品 - 風エンジン (Wind Engine) 1 式 - スミスふいご 1 式 - 馬の水桶 4 式、 スライド棒の枠に固定された幾つかのローラー、 円筒車輪と鎖、 スライドとポンプ棒の継ぎ目
訳注
装置名はあまりはっきりしないが、ホース・ジンとはウィムのこと。 水エンジン車輪とは恐らく 「水車」 で、風エンジンとは 「風車」 のことと思われます。 あとの装置はあまりはっきりしない。

ノーウッド・トンネルは運河の頂上区間の大きな部分となり、 ノーウッド多層水門 (Norwood Locks) が西の入り口から下降し、 東の入り口の東 2.2 マイル (3.5 km) のところからソープ多層水門 (Thorpe Locks) が下降する。

トンネルは曳舟道がなく、従って乗組員によってトンネルを押し進む。 ナロウボートを前進させるために、 乗組員が運河トンネルの壁や天井を足で押す行程はレギングと呼ばれる。

長さ

トンネルの実際の長さには少々不一致がある。 建設時の情報はダービー・マーキュリー紙の記事も含め、 長さを 2,550 ヤード (2,330 m) と引用している。 Hadfield と Roffey もこの長さを引用している。 Roffey はこれが建設された時に 2 番目に長いトンネルであったと主張した。 ブリンドリーのもう一つの偉大なトンネル -- トレント・マージー運河の ヘアーキャッスルトンネル (Harecastle) -- は 1775 年の 4 月に開通し、 この長さも議論の対象であるが、Rees によって 2,880 ヤード (2,630 m) と引用され、 ブラッドショー (Bradshaw) の中で Sales により 2,897 ヤード (2,649 m) と引用されている。 Hadfield が認めるように、トーマス・テルフォードが 2 番目のヘアーキャッスル・トンネルを 建設した時にこれが延長されたかもしれない。

マンチェスター、シェフィールド & リンカンシャー鉄道 (MSLR) は 1847 年にチェスターフィールド運河を買収した。 シェフィールドからゲインズバラ (Gainsborough) に至る鉄道が近くに建設された時に、 トンネルは長くされたり、短くされたりしたかもしれないとの主張があった。 その前任者 -- 提案されたマンチェスター & リンカーン・ユニオン鉄道 -- の 1845 年の地図はトンネルの出入り口を現在の位置で表示している。 Hadfield が述べることではブラッドショーは長さを 3,102 ヤード (2,836 m) と引用し、 現代の多くの情報源はこの例に従っている。 実例には Cumberlidge が含まれるが、ニコルソン (Nicholson) は 2,893 ヤード (2,645 m) と 引用している。 リチャードソン (Richardson) は 2,880 ヤード (2,630 m) と引用し、 ヘアーキャッスル・トンネルの Ree の長さと同一である。

Skempton は John Varley の伝記の項目の中で長さを 2,884 ヤード (2,637 m) と 引用し、多くの出版で幅広い違いがあることを認めている。 彼はトンネルが長くされたり、短くされたりした証拠がないことを確認し、 引用された長さは陸地測量部のトンネルの入り口の座標から得られたもので、 長さを計算するのにピタゴラスの定理を使用したと説明している。

退潮

大きな炭鉱がトンネルの上に開発され、「キヴィトン・パーク炭鉱会社」 (Kiveton Park Colliery Company) が操業した。 トンネルの下の石炭薄層からの石炭の摘出は重要な地盤沈下の問題を引き起こし、部分が沈み始めた。 水位が一定なため、水位は一定なため、天井が水面に近くなった。 1871 年に MSLR は天井を持ち上げる 20 年を開始して、ノーウッド・トンネルを通過できるようにした。 全経費は £17,043 で、1 ヤード当たり £7 であると言われた。 トンネルの天井を全長に渡り、実際に持ち上げることは、側壁を長くし、 半円アーチを再建することで実施された。 この工事が、元々のものか建設立て坑のものかわかりにくくしている。

豪雨の数日後にトンネルの 12 - 14 ヤード区間が 1907 年 10 月 18 日に崩落し、 Harthill に至る道路の近くの野原に大きな穴を残した。 退潮する運河には最小限のボート交通しかなく、崩落を修理する経費は 正当化されることがなく、トンネルはこれ以来遮断され、 チェスターフィールド運河が 2 つの区間に分離された。

今日のトンネル

チェスターフィールド運河は主にチェスターフィールド運河トラストの努力から、 ノーウッド・トンネルの東の入り口までは復元された。 チェスターフィールドからステーブリー (Staveley) に至るトンネルの西の部分も 復元された。更なる復元が進展中である。 トンネルの現在の計画はキヴィトン・パークのトンネルの開通が含まれ、 掘割を作ってからノーウッドに至る残りのトンネルを復元することである。

ノーウッド・トンネルの西の入り口、2006 年