ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Sleaford Navigation - Wikipedia

この水路は ザ・フェンズあるいはフェンランズにある水路です。

スリーフォード水路の地図の kml ファイル

スリーフォード水路 (Sleaford Navigation)

スリーフォード水路はイングランド、リンカーンシャーのスリー川 (River Slea) の 12.5 マイル (20.1 km) の運河化で、1794 年に開通した。 水路はチャペル・ヒル (Chapel Hill) の近くのウィザム川とのジャンクションから、 スリーフォード (Sleaford) の町まで走り、7 基の水門を通り、 この大半が製粉所 (mill) に隣接していた。 資金不足から意図したターミナルの手前で停止したが、 次第に成長して資金的に成功した。 1857 年に鉄道の到来により、急激に衰退し、1878 年に議会法により、 公式に見捨てられたが、更に 3 年間、開通したままであった。 下流部分は 1940 年代に至るまで、航行可能であったが、 この時導水路 (sluice) により航行できなくなった。

ヘイバーホルム水門の遺棄された隔室
復原を待つ

運河復原の興味は 1972 年に始まり、 航行は最初の 8 マイル (13 km) が復原され、 1986 年に 「下流カイム水門」 (Lower Kyme lock) が再開通した。 スリーフォード水路トラスト (Sleaford Navigation Trust) は全水路の復原に向けて働き、 2004 年に河床のスリーフォード側の端を買収することに成功した。 スリーフォードの短い区間が 2010 年に開通し、これはリフト橋が設置されてからであった。

訳注
ここの 「リフト橋」 は バスキュール橋と思われます。

近くの航行棟 (Navigation House) はかって事務所として使用されたが、 運河のビジター・センターに復原され、隣接する 「種倉庫」 (seed warehouse) は 「クラフト・デザイン国内センター」 (The National Center for Craft & Design) に 転換された。

  1. 歴史
  2. 復原
  3. コース
  4. 興味ある地点
歴史

スリー川の源泉はスリーフォードの西で、アンカスター (Ancaster) の近くにあり、 東方向に流れて、 スリーフォードを通り抜け、サウス・カイム (South Kyme) に向かい、 これ以後 (川は) カイム・オー (Kyme Eau) と呼ばれ、 ウィザム川とチャペル・ヒル (Chapel Hill) で合流する。 カイム・オーは少なくとも エドワード 3 世の治世以来、航行可能であった。 というのは 1375 年にギルバート・ダンフランビル (Gilbert d'Umframville) はケスティーブン (Kesteven) の人々にあてた食料品を運ぶボートから 違法な通行料を徴収したことにより告発された。 彼はこれを 12 年間継続しており、国王の前で弁明したことによると、 川はドッグ・ダイク (Dog Dyke) からブラント・フェン (Brent Fen) まで航行可能であるが、 川にはドロがたまり、堤防は修理を必要とする貧弱な状態であった。 彼は修理をすることに同意して、専売特許証 (letters patent) により、 通行料を課す権利を与えられた。

影響力のある地主 -- 例えばヘイバーホルム修道院 (Haverholme Priory) のサー・ジェニソン・ゴードン (Sir Jenison Gordon) とアスワービー (Aswarby) のサー・クリストファー・ウィッチコート (Sir Christopher Whitchcote) -- は地域の交通を改良することを望み、スリーフォードを運河でグランサム (Grantham) に 接続する提案を 1774 年に考えたが、 1783 年にスリー川とカイム・オーに沿ってウィザム川に至る航行接続の計画がその代わりになった。 1 月 16 日のスリーフォードの公開の会合に引き続き、委員会 (committee) が作られて、 計画を推進した。 運河が利益を生むようにするために、ウィザム川委託委員会 (commissioners) と、 スリー川を出入りする河川交通の通行料を引き下げるための交渉が始まった。 当初ははねつけられたが、委員会 (committee) は固執し、委託委員会 (commissioner) はまもなく条項に同意した。

この時は、スリー川はカイムより上流は航行可能でなかった、 というのは水路は不適切で、コースには漁業堰 (fishing weir) と水力製粉所 (water mill) があったからである。 河川交通の認可を得るための議会法を得るために 3 回の試みがあったが、すべて敗北した。 1791 年にウィリアム・ジェソップ (William Jessop) と ジョン・ハドソン (John Hudson) が依頼されて、 新しい測量と計画を準備した。 ジェソップはある程度の評判がある運河技術者で、幾つかの水路に経験があり、 これにはニューアーク (Newark) のトレント川が含まれていた。 一方、ハドソンはそれほど知られていなかったが、東部イングランドとヨークシャーでの運河建設に 経験があった。 彼らの報告が 1791 年 11 月 25 日に出版され、河川改良の経費を £9,979 と見積もった。 計画はサー・ジョセフ・バンクス (Sir Joseph Banks) の支援を受けた。 彼は准男爵で、自然科学を後援し、1778 年以来、王立学会 (Royal Society) の会長であった。 議会法を獲得するための 4 回目の試みは成功であった、 恐らくは彼の影響によっていた。

訳注
英語版の Wikipedia の fishing weir には日本語の Wikipedia の 梁漁にリンクが張ってあります。しかし、この両者には違いがあり、fishing weir には 河口に設置されて、海から遡上してくる魚を取るものが含まれています。そのため、 簗漁の訳語を採用せずに fishing weir を逐語訳した漁業堰の訳語をあてました。

議会法は 1792 年 6 月 11 日に通過し、 「スリーフォード水路の所有者の会社」 (The Company of Proprietors of the Sleaford Navigation) ができ、 この会社が水路の建設・保守の権限を持ち、 水路はスリーフォードの町を通り抜け、 スリーフォード製粉所の排水路 (Sleaford Mill Stream) と カイム・オー (Kyme Eau) のコースに沿い、 チャペル・ヒルで、あるいはその近くで、ウィザム川に至ることになっていた。 会社はプロジェクトのために £13,000 の資金を集め、必要であれば更に £6,500 を 集める権利があった。 資金の大半はリンカンシャー内で集められ、株式の半分はスリーフォードに住む人によって 購入された。 6 名が選ばれて委員を務め、委員会は最初の会合でジョセフ・バンクスに謝意を表明した。 1973 年末までに、 £16,000 が集められて建設資金となった。

ホーンキャッスル運河 (Horncastle Canal) は同時に建設されようとしており、 2 つの会社は交渉して、両方のプロジェクトを監督する技術者を見つけようとした。 彼らはヘンリー・イーストバーン (Henry Eastburn) を打診したが、 彼は引き受けることがなかった。そこで チェシャー (Cheshire) のミックル・トラフォード (Mickle Trafford) のウィリアム・コウリー (William Cawley) が任命された。 幾つかの製粉所を切り抜けるために、 5 基の水門が必要で、 ロウアー・カイム (Lower Kyme) で、 フラット・ダイク (Flat Dyke) の近くの Ewerley 教区に追加の水門があった。 これらはブロード水門 (broad lock, 幅広水門) 60×15 フィート (18.3×4.6 m) で建設され、スリーフォードからの全落差は 43 フィート (13 m) であった。 全額 £4,000 となる水門と橋の 6 つの建設契約はジョン・ダイソン・シニア (Jorn Dyson Sr.) に授与され、彼はピーター・タイラー (Peter Tyler) とジョン・ラングウィズ (John Langwith) と共に働いた。 欠陥が 1794 年にハイバーホルム水門で報告され、 運河の開通が表明された時に、ダイソンは広告を出して、 彼が実施した工事の支払いを受け取るまでは運河は開通しないとした。 会社はこれに応じて、 このような不一致を解決する場所は法廷であるとし、 開通式は 1794 年 5 月 6 日に先行した。 承認議会法が明示したことは終端がキャッスル・コーズウェイ (Castle Causeway, 城の土手道) で、ここから南の製粉所の川を通って南の橋を通り抜け、 オールド・スリーフォード (Old Sleaford) とニュー・スリーフォード (New Sleaford) を通るスリーフォードの製粉所の川に沿っていることであった。 資金的な困難さから、意図された終端の手前で停止し、 その代わりに会社はスリーフォードの今のカレ・ストリート (Carre Street) の東に波止場を建設した。

操業

水路のトレードは適当であったが、会社は建設費の超過で苦しめられた。 配当は 1795 年、1817 年、1818 年、そして 1824 年に支払われた。 しかし利益は 1826 年までに改善し、その時に定期的な配当が支払われた。 1836 年と 1856 年の間では配当は 5% から 8% に及んだ。 所有者達は通行料を徴収するのではなく、通行料徴収係に集めさせた。 1816 年にジョン・キーワース (John Keyworth) はこの特権 (徴収係になること) に £1,010 を支払い、一方 1839 年にはジョシュア・バウアー (Joshua Bower) は £1,590.を支払った。 この慣習は受取が少なくなった 1851 年に終了した。

水路は繁栄したが、これを拡張する計画もあった。 最初の計画はウィルズフォード (Wilsford) の西まで拡張することで、 1827 年に提案された。 6 年後 J. ローブ (J. Robe) と彼の子息がこの考えを復活させた。 -- これは 1774 年に始めて提案されたもので、スリーフォードからグランサム (Grantham) までの 16 マイル (26 km) であった。 同じ年にスリーフォードのトレーダーが、水路をキャッスル・コーズウェイの認可された終点まで 延長しようとした。 建設時に会社が述べたことはコーズウェイまでの最後の 500 ヤード (460 m) のために £700 しか 残っておらず、これでは不十分で、現在の終端に適切な波止場を提供した。 これらの延長のどれもが追及されることがなく、 1837 年に計量機械を設置する計画がエスカレートし、運河の事務員の住居と計量事務所が 建設された。 1841 年にクレーンが設置されたが、成功はすぐにも鉄道の到来により脅かされた。

衰退

グランサムからスリーフォードまでの鉄道が 1857 年に開通した。 これは 1859 年にボストン (Boston) まで延長され、水路と直接競合した。 衰退は急速であった。 収入は 1858 年の £981 から 1868 年の £168 まで落ち込み、 株式の値段は 1860 年から 1863 年の間に £40 から £10 に下がった。 会社は 1871 年までに赤字となった。 見捨てるための議会法が 1878 年 6 月 17 日に得られたが、 水路は 1881 年 5 月 14 日まで実際には閉鎖されることがなく、 この日は所有者の最後の会合であった。 議会法により、会社はスリーフォードに最も近い 3 基の水門を埋めることが要求されたが、 残りの構造には特別な条項があった。 次の 3 基はヘイバーホルム修道院に属する土地で囲まれた川の区間にあり、 良好な状態にされて、 修道院を所有していたウィンチルシー & ノッティンガム伯爵 (earl of Winchilsea & Nottingham) の マーレイ・フィンチ・ハットン (Murray Finch Hatton) に手渡された。 彼はこれを維持することも見捨てることもできたが、 もしも見捨てることを選択すれば導水路 (sluice) を建設することが要求された。 最後の水門は一旦良好な状態になった時に、 ウィザム川の委託委員会に手渡され、 ゲートを取り除いて水門を埋めることも選択できた。

公的には閉鎖されたが、フィンチ・ハットンもウィザム委託委員会も水門を維持することを選択し、 エワービー・ウェイス・コモン (Ewerby Waithe Common) からウィザム川までの水路の下流 6.5 マイル (10.5 km) は 1940 年代まで 航行可能であった。 この時、下流カイム水門 (Lower Kyme lock) は導水路で交換され、 これにより航行の障害となったが、1986 年に水門が復帰した。

復原

1972 年に、ロナルド・ラッセル (Ronald Russell) は 「 イングランドとウェールズの失われた運河 」 ( Lost Canals of England and Whales ) と題した本を書き、 この中で当時遺棄されたと考えられた 78 の運河の詳細をまとめた。 これは幾つかの復元計画の触媒となり、この中にスリーフォード水路が含まれていた。 この計画は当初はスリーフォードの運河の末端を中心とし、 スリーフォード市民協会 (Sleaford Civic Society) により奨励されていた。 1977 年 11 月 4 日に、 スリーフォード水路協会 (Sleaford Navigation Society) が作られ、 全運河の航行を復元する目的を持ち、 他のリンカンシャー州の水路に関しての研究を出版した。 協会は、その計画で 1980 年に何とかして アングリアン・ウォーター水道公社 (Anglian Water Authority) の支援を得た、 これにより、カイン・オー水門の復元となり、 1986 年 11 月に再開通した。 低い歩道橋の持ち上げとサウス・カイム (South Kyme) のボート旋回場所 (winding hole) の 建設により、水路の最初の 8 マイル (13 km) は航行に復帰した。 1991 年に工事がコブラーズ水門 (Cobblers lock) で開始し、1994 年に完了した。 もっともこれにはゲートが装着されていない、というのは水位を上げる前に、 この区間の上流の堤防を強化する必要があるからである。

放置土地助成金 (Derelict Land Grant) により資金繰りをされ、 技術コンサルタントのビニーズ (Binnies) は 1994 年に実現可能性調査を実施し、 完全復元が可能であると結論した。 プロジェクトのための新しい管理機構が 1997 年に作られ、 この時スリーフォード水路トラストが作られ水路協会が解散した。 トラストは運河構造の復原で働き続け、成功裏に運動して、 「水路倉庫」 (Navigation Warehouse) が 1998 年に取り壊されるのを防いだ。 地方議会が 2002 年に運河会社の倉庫と以前の事務所の復原のために 資金を組織し、 リンカンシャー州議会は更なる調査費の資金繰りをして、 再開通した運河の適切な給水方法を探している。 以前の 「種倉庫」 (seed warehouse) は今ではザ・ハブ (The Hub) の一部となり、これは 「クラフト・デザイン国内センター」 (National Center for Craft and Design) を収容し、 芸術協議会 (Arts Council) により支援され、 英国における国際クラフト・デザインの奨励と展示のための指導的センターの 1 つとなっている。

2004 年に水路トラストはスリーフォードのカレ・ストリート (Carre Street) とボーン・ミル (Bone Mill) の間の河床を買収することができ、 これにコグルスフォード・ミル (Cogglesford Mill) の水門の島が含まれていた。 下流カイム水門は 2008 年冬に改装された。 上流ゲートは垂直ギロチン・ゲートで、ゲートを持ち上げるのに、 ハンドルを 350 回まわす必要があり、降ろすのに 350 回まわす必要があった。 新しい水門ゲートが装着され、あまり回さなくてもよい歯車機構により、水門の操作が 楽になった。 スリーフォードからコグルスフォード・ミル水門に至る、およそ 0.6 マイル (0.97 km) の水路が再開通し、これは町の中央のリフト橋が建設されてからのことであった。 リフト橋は 2008 年 12 月末に設置された、 もっとも油圧操作歯車は 2010 年 1 月まで装着されていなかった。 イーストゲート・グリーン (Eastgate Green) の新しいスリップウェイ (slipway) を建設する工事も実施され、 トレーラー・ボート (trailed boat) が町の区間に進水できるようになった。 このために注意深く計画して、 27 本の成熟した木に被害を与えないようにして、 92 フィート (28 m) の堤防を広げて係留場所を作ることになった。 資金提供したのは:リンカンシャー州議会、内陸水路協会 (Inland Waterways Association)、 廃物リサイクル環境会社 (WREN, Waste Recycle Environment Ltd.) で、 後者が 「埋め立て共同体資金」 (Landfill Communities Fund) を管理した。 新しい橋と施設の公式の開通式は 2010 年 7 月 3 日に実施され、 この時 3 隻のボートがスリップウェイから進水した。 ボストンとスリーフォードのカヌー・クラブのメンバーが出席した。

コース

運河の上流の端はナビゲーション・ヤード (Navigation Yard) で、 スリーフォードの町の中央近くにある。 かっての事務員の住居である航行棟 (Navigation House) は今ではグレード II の 指定建造物で、改装された。 ここに展示 (interpretation center) があり、 訪問客は運河の歴史を学ぶことができる。 ナビゲーション・ヤードとボーン・ミル水門の間のスリー川は運河トラスト (Canal Trust) により所有されている。 ターミナルの下流からすぐの場所に、 新しい鋼製のリフト橋が運河を横断し、このすぐ後で川が東岸から離れる。 これは川の古いコースで、コブラース水門 (Cobblers lock) の下流で運河と合流する。 最初の水門はスリーフォードから 0.6 マイル (0.97 km) の所にあり、 これによりボートがコグルスフォード・ミル (Cogglesford Mill) を通過できる、 このミルは復元された 18 世紀の製粉所で、今なお小麦粉をひくのに使用されている。 これはノース・ケスティーブン・ディストリクト議会 (North Kesteven District Council) により 管理されている。 リンカーンからスポールディングに至る鉄道が次に横断し、 このあとでダイアーズ・ミル (Dyers Mill) あるいはボーン・ミル (Bone Mill) 水門に到達し、 スリーフォードから 1.5 マイル (2.4 km) であり、A17 スリーフォード・バイパス橋が覆いかぶさっている。

コグルスフォード・ミルの水門隔室の遺構、上流ゲートは
導水路で置き換えられ、まだ使用されているミルの水位を維持

コーン・ミル水門 (Corn Mill lock) はスリーフォードから 2.4 マイル (3.9 km) にあり、 フォールディングハム・ミル (Holdingham Mill) の建物はグレード II の 指定建造物である。 これには小さな 6 角形の料金所が含まれ、水門管理人により使用された。 次はペーパー・ミル水門 (Paper Mill lock) で、 この後で運河はもっと東向きのコースを取り、3.5 マイル (5.6 km) 後に、 ヘイバーホルム水門 (Haverholm lock) に到達する。 近くにヘイバーホルム修道院があり、 1139 年ギルベルティニ修道院長 (Gilbertine prior) により設立された。 グレード II の指定建造物の廃墟はもっと後の時代のもので、 1835 年に H.E.ケンドール (H.E.Kendall) により設立されたチューダー様式の カントリー・ハウス (country house) の一部である。 運河を横断する橋は 1893 年に建設され、これもグレード II の指定建造物である。 4.7 マイル (7.6 km) で、コブラーズ水門 (Cobblers lock) に到達し、 ここは 1896 年以来の航行限度であった。このすぐ向こうの南岸に揚水所があり、 運河は直角に曲がって、エワービー・ウェイス・コモン (Ewerby Waithe Common) をかすめ、 このあとでフェリー農場 (Ferry Farm) のそばで、別の直角の角がある。 今では橋が運河を越えて、フェリー・レーン (Ferry Lane) を通している。 少し行くと、ヘッキントン・トンネル (Heckington Tunnel) と呼ばれる屈曲部があり、 ここでカー・ダイク (Car Dyke) -- 85 マイル (137 km) を走るローマの水路 -- の区間が南方に曲がり、ミッドフォダー・ドレイン (Midfodder Drain) がこれに平行して走る。

ヘイバーホルム水門のすぐ下流の道路橋

このあたりのどこかで、川の名前がスリー川からカイム・オー (Kyme Eau) に変わる。 サウス・カイム村が続き、サー・ギルバート・ダンフランビル (Sir Gilbert d'Umframville) のために 14 世紀に建設された 4 階建ての要塞化した塔がある。 これは高さ 77 フィート (23 m) で、堀で囲まれている。 2 つの道路橋と 1 つの歩道橋が村で水路を横断する。 ダムフォード・グラウンズ (Damford Grounds) -- フェンランドの低地帯 -- が村の北にあり、 主要排水溝 (main drainage ditich) であるダムフォード・ドレイン (Damford Drain) が西岸のポンプ場で川に水を汲み上げられている。 東岸にあるフェリー・ブース・ファーム (Ferry Booth Farm、渡し船小屋農場) -- グレード II の指定建造物である 18 世紀の建物 -- そして西岸の同名の農家を通り過ぎてから、 下流カイム水門に到達する、スリーフォードから 10.6 マイル (17.1 km) である。 水路が東に急に曲がって、20 フット・ドレイン (20 Foot Drain) とポンプ場が川に合流し、 一連の氾濫ゲート (flood door) とチャペル・ヒル橋 (Chapel Hill bridge) に到達し、 これ以後はウィザム川で、南北に流れてボストンに至る。

水路の入り口の氾濫ゲート、ウィザム川の水位が
上がると閉鎖するようにデザインされている。
興味ある地点
地点座標備考
チャペル・ヒル氾濫ゲート
(Chapel Hill flood doors)
53.0702°N 0.1991°Wウィザム川とのジャンクション
下流カイム水門
(Lower Kyme lock)
53.0550°N 0.2160°W
サウス・カイム
(South Kyme)
53.0306°N 0.2517°W
コブラース水門
(Cobblers lock)
53.0330°N 0.3198°W
ヘイバーホルム水門
(Haverholme lock)
53.0315°N 0.3541°W
ペーパー・ミル水門
(Paper Mill lock)
53.0223°N 0.3794°W
コーン・ミル水門
(Corn Mill lock)
53.0179°N 0.3785°W
ボーン・ミル水門
(Bone Mill lock)
53.0104°N 0.3852°W
Coggeshall Mill lock 53.0018°N 0.3994°W
運河起点
(Canal Head)
52.9983°N 0.4067°Wターミナル
キャッスル・コーズウェイ
(Castle Causeway)
52.9971°N 0.4166°W法令のターミナル